5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンがタッチタイプをマスターしたようです

1 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:51:04.12 ID:tfVKOnoJ0
最初に謝っておこうと思う。
オムさんと楽しみにしてくれてた読者さんが居たらごめんなさい。
それじゃ投下します。


まとめサイトさま
http://vipmain.sakura.ne.jp/344-top.html

2 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:51:24.59 ID:tfVKOnoJ0


(#'A`)「るああああっ! 」

从# ゚∀从「―――――ッ!! 」


ドクオめがけて滑走する砂の触手。
先端は砂であるにも関わらずギラリと煌いているような気がした。

だが、ドクオとてみすみす食らうわけにはいかない。
なんとかファイアーウォールとかを駆使して対応している。

その一方で僕は傍観することしか出来ず、必死な二人をよそに



( ^ω^)「モンハンおもすれー」

PSPを片手にゲームをしていた。


3 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:51:38.13 ID:tfVKOnoJ0






( ^ω^)ブーンがタッチタイプをマスターしたようです






4 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:51:59.13 ID:tfVKOnoJ0

('A`)「ところで、よッ!」

砂の槍を食い止めては、なんとか散弾性のワームで反撃はしている。
だが形勢は確実にこちらが不利。戦力的にも、力量的にも。

从 ゚∀从「んだよ!」

向こうは乗っているだろう。こちらは反撃をするのがやっとな状態で、加えて攻撃は丸っきり当たっちゃいない。

('A`)「お前の急ぐ理由っての教えてくれないか!?」

从 ゚∀从「ハッ、決まってらあ!」

砂の触手を、かいくぐり、ワームを一発けん制に放ち、距離をとる。





从 ゚∀从「指輪全部集めたら一年分のポテチが手に入るんだよ!」

('A`)「この指輪やるわ」

5 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:52:32.43 ID:tfVKOnoJ0






十一話    打ち切りの作品って色々伏線無視するよね





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:52:51.20 ID:R039ChcK0
夏カシス

7 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:52:58.25 ID:tfVKOnoJ0

( ・∀・)「待ちたまえ!」

从 ゚∀从「チッ、うぜぇのが来たな」

( ^ω^)「(いつの間に・・・・・・)」

('A`)「(しかもまたブーメランパンツ・・・・・・)」

しかしそこには突っ込まない。いや、なんか突っ込んだら空気嫁てないふいんき(←何故か変換できない)があるからだ。

从 ゚∀从「で、何のようだよおっさん」

( ・∀・)「誰がおっさんだ!お兄さんと言いなさい!まだまだぴちぴちだ!」

从 ゚∀从「加齢臭が・・・・・・」

( ;∀;)「畜生!Fuck!やっぱ話し合いは止めだ!」

从 ゚∀从「かかってこいよじーさん」


瞬間―――――



8 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:53:27.43 ID:tfVKOnoJ0


瞬間―――――

( ;∀;)「ファッキン!!」

从; ∀从「―――――ッ!!! 」

モララーさんが何かを打ち込んで、
その瞬間女性の着衣している服が砕けるように散った。
丁寧に説明しようと思ったけどいかんせん童貞だからまともに説明が出来ない。だから説明は省く。

って、あれ。これ不味くない?法的な意味で。
  _
( ゚∀゚)「コルァー!何をやっとんだー!」

うわあ、全員集合。

(#・∀・)「なんだねジョルジュ君!私は今忙しい!」
  _
( ゚∀゚)「手をわきわきしながら言うな。上半身裸の女性目前にしてそれは流石に酷い」


(#・∀・)「女の裸体など娘で見慣れてるッ!!」

(;^ω^)「あんたは何を娘にやってんだ――――ッ!!」

(#・∀・)「何もしてない!否、ナニもしていない!」

9 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:53:46.06 ID:tfVKOnoJ0




  \
:::::  \            モララーの両腕に冷たい鉄の輪がはめられた
\:::::  \
 \::::: _ヽ __   _     外界との連絡を断ち切る契約の印だ。
  ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_
   // /<  __) l -,|__) > 「ジョルジュさん・・・、僕、どうして・・・
   || | <  __)_ゝJ_)_>    こんなこと・・・しちゃったのかな?」
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )   とめどなく大粒の涙がこぼれ落ち
   ヾヽニニ/ー--'/        震える彼の掌を濡らした。
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂        「その答えを見つけるのは、お前自身だ。」
       6  ∂
       (9_∂          モララーは声をあげて喘いだ。


10 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:54:04.33 ID:tfVKOnoJ0

  _
( ゚∀゚)「んで、裸になってるにも関わらずおっぱい一つ隠さないお前も猥褻罪でとりあえず署に連行な」

从;゚∀从「うそお!?」
  _
( ゚∀゚)「どっちにしてもお前は危険物所持の疑いで逮捕じゃボケ」

从 ゚∀从「・・・・・・逃げるが勝ちよ!」

モララーさんをとっ捕まえながらの状況で何かの文字列を打つジョルジュさん。
まあ、多分。

从;゚∀从「ふげっ!」

案の定、障害物競走とかで出てきそうな網だった。
でもって、いとも簡単につかまってる女性があまりにも滑稽すぎて、思わず乾いた笑いが出てしまった。
  _
( ゚∀゚)「あ、あとその指輪思い出したんだけど」

('A`)「はい?」
  _
( ゚∀゚)「考えたら試作段階に過ぎないからそろそろ壊れるぞ」

(;'A`)「え?」


と、同時にドクオの指に収まっていた指輪が白光し、静かに砂の上へと朽ちていった。
同時に僕のも、女性のも、モララーさんのも、無論ジョルジュさんのも。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:54:22.16 ID:R039ChcK0
投下間隔短いぞ

支援

12 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:54:25.29 ID:tfVKOnoJ0

( ・∀・)「うーむ。これは打ち切り臭がするね」

(;'A`)「何の話ですか・・・・・・」

( ^ω^)「あれ?ということは、僕達はもう戦わなくてもいいってことなのかお?」
  _
( ゚∀゚)「まあ、その報告に今日はお前らを探してたしな。そしたらとんだ犯罪者が二人」

( ;∀;)「私には娘がいるんです!だから刑事さんどうか見逃してくださいよ!」
  _
( ゚∀゚)「うっせ早く歩け」

( ・∀・)「ノリが悪いねジョルジュ君」
  _
( ゚∀゚)「はいはい。どうせお前のことだからすぐ釈放だけどまあ、署に来いな?」

从 ∀从「俺は何のために戦ってたんだ・・・・・・ポテチが・・・・・・」


と、各々色々とぼやきながら、警察車の中へと姿を消し、すぐにその場を後にした。
で、残された僕達なんだけども。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:55:05.12 ID:R039ChcK0
支援

14 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:55:06.83 ID:tfVKOnoJ0

('A`)「・・・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・」

('A`)「・・・・・・これからどうする?」

( ^ω^)「・・・・・・終わったんだおね確かに」

('A`)「・・・・・・うん」

( ^ω^)「・・・・・・なんていうか、すごいしっくり来ないお」

('A`)「・・・・・・家に帰ったらさ」

( ^ω^)「・・・・・・うん」

('A`)「・・・・・・タイピングゲームやってみようぜ」

( ^ω^)「・・・・・・なんでだお」

('A`)「ブラインドタッチが出来てネットで上位が取れるかもしれないだろ?」

( ^ω^)「・・・・・・ある意味プラスになったお」


こうして、僕はタッチタイプをマスターしたのだった。


おわり。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:55:51.61 ID:R039ChcK0


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:56:00.16 ID:jhhTsfmV0
打ち切・・・・・ったりしないよね?するわけないよね?

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:56:59.98 ID:fjB5g/CA0
またまたご冗談を

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:57:25.50 ID:zb/uHvIn0
最近は打ち切りが流行りなの?

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 20:58:05.27 ID:jhhTsfmV0
orz


何というタッチの差…時すでに遅しか……

20 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 20:58:40.68 ID:tfVKOnoJ0


いや、真面目な話だったら書いてはいるんだけど
これがまたなんとも面白みがないというか、つまらないというか

自分的にも面白くない上にこれ以上プロットが練れなくなってるというか
言い訳だらけな上にバトル物はかけないというか

打ち切りです!

もっとネタが出てくればうそですのAAの一つも出すんだけどもね。ごめんね

21 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:01:36.60 ID:tfVKOnoJ0
そして

忘れてはいけないもう一つのパターン

ボツネタ編。

投下します

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:02:24.99 ID:fjB5g/CA0
支援かな

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:03:51.90 ID:jhhTsfmV0
ガールに続いてタッチタイプにもこのような仕打ちを受けるとは

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:05:10.95 ID:JjPj63QmO
打ち切りが流行でつか

支援

25 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:05:38.05 ID:u1lsxKQCO
……さるさん食らいました

26 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:06:40.11 ID:u1lsxKQCO
自ら携帯からさるさん回復支援

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:09:30.69 ID:UpO7q5zgO
可哀想な奴めwww
ざまあみろwww打ち切りとかするからだ

支援してやんよ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:09:41.23 ID:fjB5g/CA0
さるも何か言いたいんだろうな

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:10:00.70 ID:zb/uHvIn0
ガール、カウボーイ、タッチタイプ・・・次々と打ちきりになっていく中、はたして生き残るのは!

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:11:19.33 ID:YL9oEZ0O0
がっかりだ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:11:32.39 ID:R039ChcK0
総合ドコー?

32 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:12:45.95 ID:u1lsxKQCO

俺が一体何をしたっていうんだ!!なあさるさんよ!!

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:15:30.15 ID:JjPj63QmO
打ち切りしただろwwwww

さるさんも怒ってんよ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:17:04.79 ID:UpO7q5zgO
さる「あまり私を怒らせないほうがいい」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:20:42.82 ID:jhhTsfmV0
カウボーイ打ち切りになったの?うそん

36 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:20:53.72 ID:u1lsxKQCO
おかしいな……
もう解除されてもおかしくないんだけど……

とりあえず携帯から言えるだけのことを言おうと思う。
打ち切りに関しては申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
でもこれ以上ぐだぐだ長引かせるのは流石に無理だったんだ。
そんなもん作者の腕でなんとかしろってのもわかる。

だけども駄目なんだ。
真っ白なんだ。
プロットそのものが、先の構成が全く出てこない。

なのに他作品は出て来る…

ギャグとバトルとシリアスの三つを上手く絡めるのは僕じゃ無理でした

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:21:56.08 ID:zb/uHvIn0
この欲張りさんめ☆

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:22:56.17 ID:jhhTsfmV0
肉とかたけしとかパプワ辺りのあの感じか

39 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:25:50.64 ID:u1lsxKQCO
>>38
そんな感じなのかな。
初めての感覚なんだけど駄目だってのだけは分かった。

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:27:23.50 ID:zb/uHvIn0
今は駄目かもしれない
だが、先のお前ならできるかもしれねぇ

そんな俺は厨二病

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:28:24.98 ID:bLnyXVaYO
すごく残念だとだけ言っとく
ショボンお店頑張れ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:29:15.71 ID:+5vj4D9/0
打ち切りとか尻切れトンボとか
そんなんばっかりだな

まともに終わらせたことあったっけ?

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:30:16.92 ID:JjPj63QmO
お店に憑く神様の打ち切りはやめてくれよ?
wktkしてんだから

44 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:30:27.30 ID:tfVKOnoJ0
>>40
普通に惚れた。結婚してください。


さるさん解除できてるかな。てす、てす

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:33:00.65 ID:B3yyC0H40
ブーン小説書いたことない俺には何も言えないが・・・
お疲れ様、次に期待してるwww

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:34:30.03 ID:NOr7Y38GO
乙ですよ

47 :ボツネタ編 ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:35:01.98 ID:tfVKOnoJ0





全ての話が終わった時、時刻は既に深夜の2時を過ぎていた。

家に帰った時、カーチャンは酷く心配していた。

まず、ツンが頬を引っ叩かれ、僕は顔面を殴られた。

そして一言「こんな時間までほっつき歩いて心配かけさすんじゃないよ!!」だった。

普段はおちゃらけたカーチャンだったけど、この時のカーチャンは、『母親』がしっかりと根付いていた。


そして、今僕は









(  ω )「・・・・・・」

部屋で引き篭もっていた


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:38:25.49 ID:fjB5g/CA0
支援

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:38:27.67 ID:R039ChcK0
アニジャと呼ばれた男がいた。
オトジャと呼ばれた男がいた。

二人は仲が良かった。容姿は良くなかったが、頭が良く、健康だった。
二人はなんとか生き延びたものの、彼らの家族は皆、病気になってしまった。
そして、死んでしまった。

二人の故郷は、年々進む温暖化と、数年前に落とされた核爆弾のせいで砂漠となってしまった。

二人は故郷からはるか南の、VIP町西部地区を歩いていた。
ここもまた砂漠だった。
ゆっくりと、ふらふらしながら、水を飲んで、歩いてきた。

(;´_ゝ`)「オトジャ、水をくれ」

(´<_`;)「……あと少し耐えてくれ、俺のボトルにももう入っていない」

(;´_ゝ`)「……そうか」

西部警察に助けてもらおうか。そう思ったのか、アニジャは突然信じられないほどの大声を出した。

(;´_ゝ`)「たすけてくれーーーーーーーー!!!!!!!」

それでも西部警察は動きません


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:38:40.07 ID:R039ChcK0
ごめん、誤爆

51 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:38:50.39 ID:tfVKOnoJ0







九話 隣り合わせの現実。一歩踏み出せばそこは地獄。ヒッキーにとっての、外。






52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:43:14.97 ID:wGjNIHk+0
支援

53 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:44:38.32 ID:tfVKOnoJ0



戦うと決めた。
確かに、モララーさんと話して、全てを知り、そして決心した。

でも、いざ指輪を眺め思ってしまう。


戦えない。怖いんだ。あんな命のやりとり、僕には向いていない。
十数日前まで僕はただのニートだった。引き篭もりだった。

運動もせず、働くこともせず、ただ家のお金を貪り、生きていた。
ゴキブリ以上に価値のない、本当にどうしようもない生活をしていた。

だからこそ、今頃その自分の無力さを痛感してしまった。

何せ、元が元だ。

そして、あまりにも強大で、絶望的なまでの力の男――――ショボン。
僕と段違いの力を操るモララーさんですら歯が立たない、そんなレベル。

一体何をどうすれば、今の状況を打破できるのだろうか。
たかがニート風情の僕に、一体何が出来るのだろうか。


54 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:47:05.42 ID:tfVKOnoJ0


でも、それでも、戦わなくてはいけない。
戦える人は、限られている。

モララーさん一人に任せるわけにはいかない。絶対に。
なら、どうして




僕の身体は動こうとしてくれないんだっ―――――



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:47:08.34 ID:NYIG4yqDO
支援

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:51:40.32 ID:R039ChcK0
やっべ、さるくらった

57 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:52:00.58 ID:tfVKOnoJ0



・・・・・・

気がつけば、時計の針は夕方の6時を射していた。
結局あれから何一つ行動せず、ただただ時間だけが流れていった。
無論眠ることも出来なかった。眠る気になんてなれなかった。

頭の中で埋め尽くされるのは、ぐるぐるとした渦巻く感情、葛藤。
でもはっきりと分かっていることはある。戦わなくてはならないということ。
でないと、生きているのに、死んでいるのとなんら変わらない。むしろ、死んでいる方がいっそ綺麗だ。


ここまで頭の中で整理がついているのに
実際は何一つとして行動をしていない。


目の前にある死に臆して、足がすくみ、他の人に頼り、戦いの場から逃げてしまう。
他の人がやってくれる。他の人が救ってくれる。他の人が助けてくれる。

58 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 21:57:12.80 ID:tfVKOnoJ0

僕より、強い人が、
僕より、活躍する人が、
僕より、頭のいい人が、

全部やってくれる。


モララーさんと約束したのに、なのに僕は

何一つして、約束を守っていない。



僕は、何も・・・・・・何一つも・・・・・・


「なーに辛気臭い顔してんだよお前は」

背後から、突然に声が響いた。




――――――



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 21:58:01.39 ID:R039ChcK0
ええい!さるがなおるまで支援しとくよ!

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:02:12.74 ID:pBoAaFYQ0
さあさあ!支援!支援だよっ!

61 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:03:33.42 ID:tfVKOnoJ0


(  ω )「ドクオ・・・・・・・」

('A`)「あんだってお前はそんな顔してんだよ。馬鹿」

いえない。
いまさらになって戦いたくないなんて、いえない。

違う。戦いたくないんじゃない。もう、無理なんだ。
精神的に、もう戦うことが出来なくなってるんだ。


('A`)「・・・・・・まあ、深くは聞かないけどよ」

今は、ドクオの存在がただただ心苦しかった。
同時に、罪悪感が胸中を埋め尽くしていった。

そして、ふと、思った。

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:05:44.87 ID:fjB5g/CA0
支援

63 :( ´_ゝ`)アニジャとオトジャの旅のようです(´<_` ):2007/11/22(木) 22:06:36.12 ID:R039ChcK0
( <_  )「いままでありがとう。アニジャ……」

( <_  )「一番ほしかったのは、故郷じゃないんだ。」

( <_  )「もちろん故郷はほしいさ、でも……それよりも……」

(´<_` )「アニジャと、一緒に生きていたかったんだ」

(´<_` )「本当の宝物は、いつも隣にあったんだ。アニジャが、俺の本当の宝物だったんだ」

アニジャが生きていたら、なんと言っただろうか。
死んだ人は語らない。
けれど、こう言っただろう。

( ´_ゝ`)「美少女言われたい言葉ランキング、第1位にランクインだ。オトジャ」




( ´_ゝ`)アニジャとオトジャの旅のようです(´<_` )終

64 :( ´_ゝ`)アニジャとオトジャの旅のようです(´<_` ):2007/11/22(木) 22:06:59.87 ID:R039ChcK0
アッー!また誤爆!

65 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:08:27.22 ID:tfVKOnoJ0

(  ω )「ドクオは」

('A`)「あん?」

(  ω )「ドクオは・・・・・・戦うことが、怖くないのかお?」

遠まわし。あくまでも直接使えるわけにはいかない。
違う。そんな擁護的な意味じゃない。伝えられないだけだ。

結局僕は、戦うことが怖いんだ。
傷つくことも、無論、傷つけることも。人の命なんて背負えない。
どうしてモララーさんはあんなに平気な顔して歩くことが出来るんだ。

自分の研究で、妻という存在を失い、それでも尚、生きている。
改めて思う。強い人だと。僕の力が足元にも及ばないのも納得できる気がする。

製作者だから、とか設計者だからとかじゃない。
純粋に、強いんだ。精神も、肉体も。

だからこそ、あの人はあんなにもたくましく生きている。
妻を失ったからこそ、得た力なのかもしれない。

なのに僕はただ怖い。恐れてしまう。傷つけて傷つけられての戦いを。
誰かが倒れてしまう。誰かが死んでしまう。または自分が死んでしまう。

それが怖い。考えるだけでも、身体の芯から震えが、寒気がとめどなくあふれ出てくる。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:11:06.57 ID:R039ChcK0
支援

67 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:14:07.81 ID:tfVKOnoJ0

(  ω )「僕は、怖いお。怖くて、怖くて怖くて仕方ないお」

つい、出てしまった。
頭の中で蠢く恐怖。戦うことに対する、恐怖。

('A`)「馬鹿か」

(  ω )「・・・・・・お」

('A`)「怖くないわけないだろ」

(  ω )「なら・・・・・・」

('A`)「誰だって怖い。モララーさんだって、怖いはずだ。
    でもな、やらなきゃならない。他に誰がやる?その辺の子供が出来ることか?その辺の大人に任せれることか?
    いや、まず取り合ってもくれないだろうな。相手にもしてくれない。だったら、やるしかない」

(  ω )「僕には、出来ないお・・・・・・」

('A`)「ブーン」

(  ω )「お・・・・・・・?」

('A`)「戦えない。出来ない。無理。怖い。
    そう考えている時点で既にお前は戦えていない」

(  ω )「どういう・・・・・・」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:15:26.94 ID:fjB5g/CA0
支援

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:16:07.50 ID:R039ChcK0
支援

70 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:17:47.06 ID:tfVKOnoJ0

('A`)「戦うということが、どれだけ難しいか。
    死と隣り合わせあることが、どれだけ恐ろしいか。ショボンが相手の時はそれこそ死ぬさえ思った。
    心臓を冷えた手で触られるような悪寒すら感じた。でもな前を向いてなくちゃ駄目だった」

(  ω )「・・・・・・」

('A`)「止まったら、そこで引きずり込まれてしまう。恐怖って奴に。
    こればっかりは抑えられないんだ。だから前を向き続けた。諦めたら、そこで終わりなんだ」

(  ω )「・・・・・・」

('A`)「立ち止まったら、そのときすでに戦えていない。
    恐怖に沈んでしまったら、それまでだ。だから諦めるな。自分を信じろ。
    信じれるのは、最終的に自分なんだ」

戦う・・・・・・

最初から、戦っていなかった。戦場にすら、立っていなかった?
目の前の恐怖に抗うこともせず、ただ侵食され続け、この状態に、絶望だけの状態になるまで気がつけなかった。

モララーさんは、戦っていた。ドクオも、戦っていた。
そしてヒートさんですら、戦っていたんだ。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:17:57.24 ID:pBoAaFYQ0
支援

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:20:00.18 ID:R039ChcK0
ドックンカコイイ

73 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:22:56.18 ID:tfVKOnoJ0

なのに、僕は


戦うことすらしなかった。
ようやく気付けた。戦うこと、戦うということ、その意味に。

モララーさんに話されて、感じた確かな怒り。
でも、それは一時的なもので、すぐに沈んでしまった。

そりゃそうだ。あの時でさえも、モララーさんに対して同情していただけだったんだから。
同情していなければ、怒りすら沸いて来なかった。


・・・・・・戦わないと。
ショボンと。そして何よりも



自分と。


74 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:28:08.03 ID:tfVKOnoJ0


( ^ω^)「ドクオ」

('A`)「あ?」

( ^ω^)「目が、覚めたお」

('A`)「・・・・・・逃げるなよ」

( ^ω^)「もう、大丈夫だお」

でも、本当は

( ^ω^)「確かに、ちょびっと怖いお。・・・・・・違う。怖いお。
       今でも、ショボンと戦うことを考えたら体が震えてくるお。
       でも負けないお。折れないお。最後まで、諦めないお」

('A`)「上等だ」

にやり、と口を尖らせ、笑う。
しかし「だが」とドクオは付け加える。

('A`)「時として逃げることもアリだ。絶対的な力を目にした時、俺は逃げる。
    それがいかに無様でも、それがいかに情けなくとも、俺は生きるために、逃げる。
    死だけは、絶対に、避ける。それだけは覚えとけ」

( ^ω^)「・・・・・・わかんないけど、覚えとくお」

('A`)「おう」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:30:23.08 ID:R039ChcK0
支援

76 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:32:46.73 ID:tfVKOnoJ0

しばらく、沈黙が流れた。

でも、それは決して居心地の悪い、気分の悪い沈黙じゃない。
不思議と心が落ち着く、そんな沈黙。

静かに、何かが取れていった。

('A`)「うっし」

( ^ω^)「お?」

('A`)「んじゃ、まー・・・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・」

('A`)「桃鉄でもすっかwwww」

( ^ω^)「おっおっwwww」

それから、幾分と気が楽になった。
貧乏神がキングボンビーになったりと、苛立ちがたまったりはしたけども

そこに、さっきまであったあの心の闇は消え去っていた。

戦える。これからは、本当に戦える。
そう、確信した。

77 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:33:48.08 ID:tfVKOnoJ0






('A`)「うい、目的地ー」

( ^ω^)「伍連続・・・・・・僕の千載一遇カード・・・・・・」

しかしいざ勝負してみると、上手くいかないものだということも知った。




九話 おわり

78 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:35:53.12 ID:tfVKOnoJ0
支援して下さった方本当にありがとうございます。

あと今何気なくオムさんのとこに行ったら更新されててびっくりしました。
なんというか、オムさん、ごめんなさい。すいみあせんでしhjた

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:38:03.77 ID:fjB5g/CA0
改めて乙

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:39:31.86 ID:pBoAaFYQ0
ゴブリンさん乙!

81 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:40:17.62 ID:tfVKOnoJ0
乙くれる方本当にありがとうございます。あれ、ぼやけて画面が見えない・・・


それで、打ち切りとかやって、凄くあれなんですが
久しぶりに一レス短編とか書こうと思います。というか書きたいです。書かせて下さい。


1:( ^ω^)ブーンとξ゚听)ξツンの日常のようです

2:( ^ω^)ブーンがタッチタイプをマスターしたようです

3:(´・ω・`)ショボンのお店に憑く神様のようです('A`)

この三つの中からで書こうと思うのですが、出来たらお題と番号とか言ってくれたら嬉しいっす

82 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:40:48.26 ID:tfVKOnoJ0
>>80
ちょっと待てwwwwww
あんた誰だwwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:41:49.86 ID:R039ChcK0
乙、

「3」でお題は「(´・ω・`)の眉毛っていろいろあるよね」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:42:51.13 ID:R039ChcK0
誤爆については本当にすみませんでした

85 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:45:16.22 ID:tfVKOnoJ0
今タッチタイプの本編だけtxtファイルの要領見たら160kbもあってびっくらこいた。
それだけやって打ち切りにせざる終えなかった自分の技量が憎い。

>>83
把握です。ありがとうございます。あなたの支援で僕は救われていました。
誤爆とかは気にしないで大丈夫です。本当に。気にされたらこっちも打ち切りが非常に心苦しい。


オムさんと楽しみにしてた人いたら本当にごめんね!!打ち切りだけど

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:47:18.94 ID:tAHJ1KX4O
今北wwwww打ち切りってどういうことじゃーいっwwwwwwww


俺のこと覚えてるか……ほら……1レスで朝までお題出してた携帯厨だよ……
タッチタイプ……好きだったの……に……が……ま……

まっ、取り合えず乙!!!お疲れさんでした!

87 : ◆175R.0ombs :2007/11/22(木) 22:48:56.70 ID:wGjNIHk+0
ひどいゴブリンさん! 信じてたのに!

88 :(´・ω・`)の眉毛って色々あるよね ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:50:13.51 ID:tfVKOnoJ0

(´・ω・`)「ふう」

('A`)「・・・・・・」

(´・ω・`)「よし、今日も頑張ろうか」

('A`)「俺がいうのもなんだけどさ」

(´・ω・`)「ん?」

('A`)「もっと元気出してみたらどうだ?」

(´・ω・`)「なんでまた」

('A`)「活気があるほうが客は来ると思うぞ」

(´・ω・`)「うーん・・・・・・」


(`・ω・´)「よーし!今日も頑張るぞ」

(;A;)「ぎゃははははwwwwwww」

lw´‐ _‐ノv「・・・・・・気持ち悪い」

川 ゚ -゚)「流石にそれはないな」


(´・ω・`)「・・・・・・やれって言われたからやったのに・・・・・・」ショボーン

89 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:53:09.81 ID:tfVKOnoJ0
>>86
忘れもしない・・・あの時は世界が止まってるようだった・・・
すみません。ちょっと頭の中でギャグバトルシリアスという無茶を処理しきれなかったです。
なのでシリアス一本に絞って今は書いてました。すみませぬ。

一レス短編は今やってますので、出来たらお題とくれたら嬉しいな///

>>87
アンタはwwwwwwww
でも謝ることしか僕には出来ないのが事実。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:53:13.18 ID:R039ChcK0
(´・ω・`)カワイソス

91 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 22:56:07.55 ID:tfVKOnoJ0
ちょっと頭の中がまだタッチタイプ脳なのかもしれない。今からお店脳に切り替えます。
お題は随時募集中です

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:57:11.28 ID:wGjNIHk+0
シリアスの方を完結させるなら……
ま、まあ許してあげないこともないわよ! 早く続きを書きなさいよね! でもムリしちゃダメよ!

お題:「1」で「馴れ初め」を

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 22:57:38.68 ID:u9HNb5ZC0
シュールの死神の仕事の風景
もちろんシュールに

94 :93:2007/11/22(木) 22:58:14.76 ID:u9HNb5ZC0
あ、3のやつね

95 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:02:57.16 ID:tfVKOnoJ0
リアル電話が来てました。すみません。
とりあえずここまでお題把握しました。

>>92
あなた段々退治さんみたいになってるわよ
でも頑張ります。頑張らせてください。

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:09:57.68 ID:NFR8knhrO
え?打ち切り?
嘘…



ま、まぁ次頑張ってくれよな

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:13:39.62 ID:tAHJ1KX4O
2で「よせ鍋」をお願い

98 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:15:13.98 ID:tfVKOnoJ0
「1」で「馴れ初め」

つん ろくさい ぶーん ろくさい。
こうえんの すなばにて

ξ゚-゚)ξ「・・・・・・」

( ^ω^)「ぶーん!ぶーん!」

ξ゚-゚)ξ「・・・・・・」ポンポン

( ^ω^)「・・・・・・お?なにやってるお?」

ξ゚-゚)ξ「・・・・・・べつに」

( ^ω^)「ブーンもやるお!」

ξ*゚-゚)ξ「・・・・・・」

( ^ω^)「ふたりでおっきなおしろをつくるお!」

ξ*゚-゚)ξ「・・・・・・うん」

そっけないせいかくのわたしは えんじにさけられていました。
でも ぶーんはきにしなかったのです。

ただ、むじゃきで、じゅんすいで、こんなわたしでもいつでもはなしてくれる。

むかしから、そうだったから。
だから、今も、私は私で居られて、ブーンと一緒にいられるんだ。

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:20:13.92 ID:tAHJ1KX4O
2で「自転車」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:25:07.22 ID:tAHJ1KX4O


101 :シュールの死神の仕事の風景 ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:25:45.44 ID:tfVKOnoJ0
lw´‐ _‐ノv「・・・・・・」

lw´‐ _‐ノv「魂と肉体を分離させ、命を奪う。それが、死神である、私の役目。 
       動物には必ず寿命というのが存在する。そして、死んだものは天へと昇り、私の住む世界へとやってくる」

「・・・・・・」

lw´‐ _‐ノv「なのに、寿命以上に生きる予定外の存在が、イレギュラーがたまに存在してしまう。
       それを狩る。それが、私の仕事」

lw´‐ _‐ノv「あなたは、これ以上ここにいちゃ駄目」

「にゃー」

lw´‐ _‐ノv「駄目」

「にゃー・・・・・・」

lw´‐ _‐ノv「あなたが生きたいと望んでも、それは叶えられない」

「・・・・・・」

lw´‐ _‐ノv「御免」

「n・・・・・・」

・・・・・・イレギュラーの存在を居座らせてしまうと、その子は天界へ昇れない。
魂を浄化できず、生まれ変わることが出来なくなってしまう。
だから私は狩り続ける。それが私の役目、仕事だから。

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:28:35.06 ID:nJGVFPjgO
支援

103 :よせ鍋 ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:34:41.98 ID:tfVKOnoJ0
( ^ω^)「久しぶりの鍋だお!」

('A`)「カエル取ってきた!」

( ・∀・)「僕はたこを獲ってきた!」

ノパ听)「半年前の卵だあああああああああ!!」

( ^ω^)「よし、ちょっと落ち着け。お前らよく考えろ。これは鍋だ。わかるか?
       闇鍋じゃない。うん。ドクオ、はやまるな。電気を消すなアッー」

「カエル入れるぞー」
「たこ入りましたー」
「た、卵が出ない」

カチッカチッ(#^ω^)「ストオオオオオオプッ!!」

(;^ω^)「・・・・・・ナニコレ」

('A`)「たこの墨がまんべんなく吐き出され」
( ・∀・)「殻ごと入った卵に、まだ動いてるカエルか」
  _
( ゚∀゚)「ういーす!鍋だってー?」

ノパ听)「お、警察! ちょうどいいとこにきた! これ食べていいぞ! 」
 _
( ゚∀゚)「え?嘘、マジでいいのか?・・・・・・貰ったぁッ!・・・・・うんめぇwwww」


(;^ω^)(;'A`)(;・∀・)ノハ;゚听)「(美味しそうに食ってる―――――!!)」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:38:16.92 ID:tAHJ1KX4O
悪食ってレベルじゃねーぞwwwwwwww

今日でタッチタイプともお別れだしな、俺は「2」縛りでいくぜ!
お題は「同窓会」

105 :自転車 ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:40:34.52 ID:tfVKOnoJ0
ノパ听)「お父さん原付壊れたあああああああ!!」

( ・∀・)「な、何ぃ?」

ノパ听)「パンッ じゃなくて、どうしよう!今日用事があるのに」

( ・∀・)「フフフ、甘い。甘いぞ娘よ。何のために指輪はあるんだ!?」

ノパ听)「ま、まさかああああ!!」

( ・∀・)「そうだッ!ないなら作ればいい!」

ノパ听)「さすがお父さん!あったまいー!」

( ・∀・)「というわけで、出来たぞ」

ノパ听)「こ、これは・・・・・・」


ノパ听)「・・・・・・タイヤが、ない」

( ・∀・)「・・・・・・ドーナツじゃ、駄目かな」

ノパ听)「・・・・・・無理だよ」

( ・∀・)「あ、そういや倉庫に自転車あるわ」

ノパ听)「・・・・・・氏ね」バタンッ

( ;∀;)「娘に氏ねって言われちゃった・・・・・・悔しいッ」(ビクビク)

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:46:25.39 ID:rtZ+avXk0
支援

107 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:47:40.53 ID:tfVKOnoJ0
ξ゚听)ξ「お兄ちゃん、友達に今日同窓会誘われてるから行ってくるね」

( ^ω^)「お、行ってらっしゃい」

ξ゚听)ξ「行ってきます。今日は帰んないから」バタンッ


( ^ω^)「・・・・・・ドクオ」

('A`)「・・・・・・言うな」

( ^ω^)「・・・・・・僕達ってお」

('A`)「・・・・・・言うんじゃない」

( ^ω^)「・・・・・・・どうそうk(#゚A゚)「それ以上言うんじゃねええええええええぶひぇえええ!!!」

(;^ω^)「・・・・・・すまんこ」

('A`)「・・・・・・飲もう。これが俺ら二人の同窓会だ。同じ窓の下で行う会。素敵じゃねぇか・・・・・・はは」

( ^ω^)「おっと電話だ。・・・・・・はいもしもし、お、ギコかお?
       おー久しぶりだおー。え?同窓会?うん。・・・・・・わかったお!今すぐいくお!」プツッ

('A`)「なあ、ちょっとm( ^ω^)「ってわけだからドクオ家でのんびりしてるといいお!」


('A`)「は、はは・・・」

(#゚A゚)「キシェエエエエエエエエエエエエ!!!」

108 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:51:15.71 ID:tfVKOnoJ0
とりあえず、一レス短編はタッチタイプがやっぱり一番書きやすいことに気がついた。
なんでバトル物にしたのか。考えてみればあの時btcmと魔女狩りを見たのが発端だった・・・

それはともかく。
お題が・・・欲しいです・・・

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:52:39.78 ID:gwUTZJuV0
>>108
じゃあ、btcmと魔女狩りで

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:52:57.88 ID:tAHJ1KX4O
すまん途切れちまったか!

2で
「ファッション」「旅行」「セガ・サターン」を!

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:53:58.79 ID:DW6UUjQt0
ねーよwwwwww

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:54:18.78 ID:DW6UUjQt0
誤爆スマソ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:54:28.47 ID:QjnD+tyqO
タッチタイプで「ハインの日常」

114 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:54:47.73 ID:tfVKOnoJ0
>>109-110
よっしゃー!把握したぜー!

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/22(木) 23:55:47.19 ID:wGjNIHk+0
最近エロ分が足りないからエロ書いてください
2で

116 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:56:05.74 ID:tfVKOnoJ0
>>113
こっちも把握しましたぜー

117 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/22(木) 23:56:25.98 ID:tfVKOnoJ0
>>115
オトナ合作参加者なめんなよ!
把握だぜー!

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:04:36.03 ID:UwKgIP7MO
支援

119 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 00:06:39.35 ID:L9gM6uRr0
btcmと魔女狩り


( ^ω^)「ブーン系小説しりとりするお!」

ξ゚听)ξ「いいわよ」

( ^ω^)「僕からだお!btcm」

ξ゚听)ξ「魔女狩り」

( ^ω^)「リプレイ」

ξ゚听)ξ「異世界」

(;^ω^)「生きるということについて考える」

ξ゚听)ξ「十死」

( ^ω^)「死んでしまったようです」


(;^ω^)「十死・・・・・・」

ξ;゚听)ξ「十死・・・・・・」


( ^ω^)「大丈夫だお。信じてれば、いつか、きっと帰って来るお!」

ξ゚听)ξ「切実に帰ってきて欲しいわね」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:08:17.95 ID:xyMzTTWgO
支援

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:08:47.59 ID:GUxzQOqwO
まさかラジオネタをここで生かすとは……wwwwww

はぁ……十死…………

122 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 00:16:07.40 ID:L9gM6uRr0
所要が入ったので30分ほど、失礼します。
すみません。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:22:14.78 ID:GUxzQOqwO
あいよー
保守

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:22:46.11 ID:l3DzcmFn0
日ごとに減る様子が見えない安価絵師様(笑)スレを叩き潰しましょうw
良い事した後に飲むビールは格別ですよwww

http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195725776/
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195729208/
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195741118/


今日はこの3つでおkです、頑張りましょうwww


http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195743955/

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:30:23.51 ID:GUxzQOqwO
保守

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:36:59.22 ID:GUxzQOqwO
保守

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:49:19.75 ID:GUxzQOqwO


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 00:54:16.41 ID:vNkOQUz5O


129 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 00:56:14.91 ID:L9gM6uRr0
ごめんなさいもう少し時間かかります

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 01:08:13.53 ID:ebSdUYNAO


131 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:17:13.58 ID:L9gM6uRr0
ほんっっっとにすみませんでした
仕事のあれがどうとかそういうのでかなり遅れました。
すみません。今から書きます。お題は随時募集してます。すみません。短編書く作業に戻ります

132 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:23:18.39 ID:L9gM6uRr0
ファッション


ノパ听)「お父さん」

( ・∀・)「ん?どうした愛娘」

ノパ听)「えへ、じゃなくて。お父さんの服のセンスってちょっとずれてるよね」

( ・∀・)「何を失礼な。僕は天下無双の美徳センスを持つ男と自称しているくらいだよ」

ノパ听)「うん、それでちょっと普通の服を着てみて欲しいなーって思って」

( ・∀・)「あれースルー?」

ノパ听)「というわけで、これ」


着替え終了


( ・∀・)「・・・・・・ヒート」

ノパ听)「なになにー?」

( ・∀・)「お前も、親ゆずりのセンスしてるよ・・・・・・」


ノパ听)「服の真ん中のイラストにお茶碗って最高熱いじゃないかあああああ!!」

133 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:27:29.88 ID:L9gM6uRr0
旅行

  _
( ゚∀゚)「たまには旅行もいいもんだな。クー」

川 ゚ -゚)「そうだな」
  _
( ゚∀゚)「んだよ。あんまり嬉しそうじゃないな」

川 ゚ -゚)「そうでもない。結構嬉しいものだぞ」
  _
( ゚∀゚)「ん?そうか?ならいいんだが・・・・・・」


同時刻 同じ旅館にて

( ^ω^)「ドクオ」

('A`)「・・・・・・なんだ」

( ^ω^)「たまたま商店街の福引が当たったからって男二人で旅行ってどうなんだお」

('A`)「うるさい。言うな。それ以上言うな。よし、黙れ。黙るんだ。よーし良い子だ。
    ってちょっと待て。あそこにいるのは・・・・・・」
                             _
('A`)( ^ω^)ジーッ            川*゚ -゚)メ( ゚∀゚)

(#゚ω゚)(#゚A゚)「(あんにゃろおおおおおおおおおおおおお)」

134 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:33:29.71 ID:L9gM6uRr0
セガ・サターン

('A`)「どうした?」

( ^ω^)「セガサタみっけ」

('A`)「懐かしいなまた・・・・・・時代はPSPとかだぜ?」

( ^ω^)「いや、でもあの頃はあの頃でエロゲとギャルゲが発展して面白かったお」

('A`)「ああ・・・・・・そういえばそうだな」

( ^ω^)「僕が始めてエロゲをやったのもセガサタが始まりだったお」

('A`)「そうか」

( ^ω^)「いやあ、やっぱり久しぶりに見るとあの頃のセガサタは輝いてたお」

   〜         ('A`)「そうかー」

( ^ω^)「何故距離を開けた貴様」


('A`)「ぷよぷよって発想が出てこないお前にびっくりして引いたんだ」

( ^ω^)「3連鎖以上できないから嫌いなんだお」

('A`)「引くわ」

( ^ω^)「・・・・・・」

135 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:37:10.01 ID:L9gM6uRr0
ハインの日常


朝 六時起床

从 ゚∀从「ふわー・・・・・・ねみぃ・・・・・・」

从 ゚∀从「バイト7時からだったな・・・・・・」

从 ゚∀从「ちゃっちゃっと飯食って行くか」

昼 一時バイト終了

从 ゚∀从「さて、次はす●屋だったな」

从 ゚∀从「・・・・・・六時間働いて牛丼の並でもゴチになろうっと」

夜 十時帰宅

从 ゚∀从「・・・・・・明日も早いし、寝るか」


从;゚∀从「あ゛」

从 ゚∀从「・・・・・・」




从 ゚∀从「職場に指輪忘れてきた・・・・・・」

136 :2でエロ ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:40:47.91 ID:L9gM6uRr0

「あ・・・・・・ふぁ、らめ、だよう・・・・・・」

「そこっ、は・・・・・・っ」

「そん、な・・・・・・にっ・・・・・・」

「んぐ・・・・・・う・・・・・・っ」

「ふぁ、らめっ、らめ・・・・・・っ」

「き、きひゃう・・・・・・っ!きちゃ、うっ・・・・・・!」


「ああああああああああっ!!!」


カチカチ

カチカチ

ポンッ  削除しますか? 

→【yes】 【no】

カチカチ



('A`)「ああああああああああ!!またエロフォルダ消しちまったああああああ!!」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 01:45:27.57 ID:xyMzTTWgO


真剣神様 しゃべり場!

138 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:48:33.42 ID:L9gM6uRr0
>>137
ほいきたああ!

把握したよう

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 01:49:53.98 ID:AHU9fowi0
テンションたけぇなw

140 :真剣神様 しゃべり場! ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:52:36.47 ID:L9gM6uRr0

('A`)「さて、ここらでそろそろ愚痴の一つや二つもこぼしていいと思うんだ」

川 ゚ -゚)「いきなりどうしたドクオ」

('A`)「いや、単純にだな。ショボンのケチさについてだ」

川 ゚ -゚)「いや、あれは生活の為に仕方なくやってるんじゃないのか?」

('A`)「違う。今回俺は見てしまった。あいつがこっそりとやってることを」

川 ゚ -゚)「ふむ・・・・・・年齢と若さを考えてすると自慰とかも考えられるが」

(;'A`)「女性がそんなこと言うもんじゃありません」

川 ゚ -゚)「まあそれはいい。恥は捨てている」

('A`)「じゃ、乳を揉みたいと俺が言ったら?」

川 ゚ -゚)「全力をもって今まで払ってきた厄をぶつける」

('A`)「・・・・・・」

lw´‐ _‐ノv「じゃ、私はあなたの命を」

('A`)「・・・・・・スミマセンデシタ」


(´・ω・`)「(人がようやく息抜きで煙草を吸ってる矢先にこれだ。やれやれ)」

141 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:54:29.62 ID:L9gM6uRr0
眠い時特有のテンション及び創作意欲爆発中注意報発令中です!
お題募集してます

142 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 01:56:49.21 ID:L9gM6uRr0
オムライスさん愛してるー!!
読者の方々愛してるー!!


オムさんに関しては何かすげぇ速さで更新されてたので本当に感無量です。ありがとうございます。

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 01:57:47.80 ID:Pv2/pz6qO
ラフメイカー

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 01:59:58.50 ID:GUxzQOqwO
すまねー席外してた

2でお題「雪」「ラーメン」「テロリスト」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:00:50.72 ID:1PkBzyLt0
2と3融合して
(´・ω・`)ショボンのお店に憑く神様がタッチタイプをマスターしたようです('A`)

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:02:39.82 ID:aCJLgtQ+0
これまだ続いてたのか 最初らへんは好きだった

147 :ラフメイカー ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:03:05.11 ID:L9gM6uRr0
( ;ω;)「畜生・・・・・・」

(;A;)「いいんだよ・・・・・・慣れてるから・・・・・・」

( ;ω;)「今年も、クリスマス予定なしッ・・・・・・」

(;A;)「分かってた・・・・・・だって俺らニートだもんな・・・・・・」

( ;ω;)「サンタはもう来ない歳だしお・・・・・・っ」

(;A;)「誰も俺のことなんてわかっちゃくれねぇ!」

( ;ω;)「分かってくれるのは、先生だけだ!先生だけだ!」

プルルルル

('A`)「あ、はいもしもし。え?あ、ヒートか。うん、どした?ああ、今から?空いてるけど。ああ、分かった。んじゃまた後でな」

('A-)☆「というわけで・・・・・・じゃーな!」

(#;ω;)「ラフメエエエエエエエエエエイカアアアアアアアアアアア!!!!冗談じゃねぇええええええええええええ!!!」

( ・∀・)「はい、クリスマスプレゼント」

( ;ω;)「おおおおおおおお!!」ガサゴソ

( ^ω^)つ【くさや】  =( ・∀・)


(#゚ω゚)「(元気は出た。だけどなんだこの怒り・・・・・・やりどころのない怒りは・・・・・・!!)」

148 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:04:37.08 ID:L9gM6uRr0
>>144-145
把握です。お題ありがとうございます。うぇーい
しかし融合とはwwwwこれは書いてて楽しめそう

>>146
打ち切りです

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:07:15.05 ID:GUxzQOqwO
>>147
俺はいまでも好きだぜ

2で「夜食」「ディズニーランド」「初雪」

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:07:57.24 ID:Pv2/pz6qO
書いてもらうとうれしいなwwwwwww

3で

コーヒーメイカー

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:10:40.95 ID:xyMzTTWgO
テンション高すぎワロタ



職務質問

152 :◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:10:57.79 ID:L9gM6uRr0

( ^ω^)「お・・・・・・」

ξ゚听)ξ「雪だわ・・・・・・」

( ^ω^)「初雪だお・・・・・・」

ξ゚听)ξ「綺麗ね・・・・・・」

( ^ω^)「勢いも激しくないから、見ててうっとりするお・・・・・・」

ξ゚听)ξ「キメェ・・・・・・」

( ^ω^)「ゆっくりとした口調で言えば何でも許されると思うなお・・・・・・」

ξ゚听)ξ「なんで兄貴と初雪なんて見なきゃならないのかしら・・・・・・」

( ^ω^)「うるせーお・・・・・・こちとら彼女が欲しいお・・・・・・」

ξ゚听)ξ「アンタじゃ一生無理ね・・・・・・」

(#^ω^)「黙れおドリル・・・・・・」

ξ#゚听)ξ「うっさいわよたんぱく質と脂肪の塊・・・・・・」



('A`)「止めて!私のために喧嘩しないで!」

ξ#゚听)=つ)A(○=(^ω^#)ヘブァ

153 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:13:03.86 ID:L9gM6uRr0
>>149-151
そ、そんなにいっぱい・・・・・・///
らめぇぇええ!!

把握しました

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:13:31.71 ID:Pv2/pz6qO
支援

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:14:36.94 ID:4uwMpiuZ0
3で「純米大吟醸」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:16:26.84 ID:U9CPQUzB0
3で、その後来そうな神様を四人で談義する

157 :ラーメン ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:18:34.03 ID:L9gM6uRr0

( ^ω^)ズズズズズズズズ

('A`)ズズズズズズズズズ

ξ゚听)ξチュルチュルチュルチュルチュル

ノパ听)ドドドドドドドドドドドドド

( ・∀・)ズババババババババババババ

川 ゚ -゚)シュトン

( ^ω^)「ちょっと待てお。とりあえず後半三名お前らそこ座れ」

ノパ听)「なんだあああああああ!!ラーメンうめえええええ!!」

( ^ω^)「ヒートさんはやっぱいいお。引っ込んでくださいお。
       いや。だっておかしいですやんお。ズババババババって。ラーメンの効果音じゃないじゃないですかお」

( ・∀・)「それはだねブーン君」

川 ゚ -゚)v「指輪の力だよ」

( ^ω^)「んなバカなことあるはずないお・・・・・・」


( ^ω^)ズババババババババババッバッバッシュッシュットン

( ^ω^)「出たお・・・・・・」

158 :支援:2007/11/23(金) 02:21:28.71 ID:Pv2/pz6qO
何回もすまん、最後のお願いだ

3で

(´・ω・`)のお店に憑く貧乏神('A`)が招き猫( ^ω^)を見つけたようです

159 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:22:18.72 ID:L9gM6uRr0
テロリスト

( ^ω^)「でさーあれがさー」

('A`)「へーマジでー?それマジやばくね?」

ξ゚听)ξ「スイーツ(笑)」


( ФωФ)「我・輩! 参 上 !!」ピキーン


( ^ω^)「うわ、テロリストじゃん」

('A`)「やべぇじゃん。俺らやばくね?」

ξ゚听)ξ「恋空マジやばい(笑)」


(;ФωФ)「・・・・・・日を改めます」


( ^ω^)「ちょろいな」

('A`)「ちょろあまだぜ」

ξ゚听)ξ「こんな作戦で追い返せるとは思わなかったわ・・・・・・」


( ^ω^)「(というか、ほんとに逃げるかお普通)」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:26:44.41 ID:Pv2/pz6qO


161 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:29:29.39 ID:L9gM6uRr0


(´・ω・`)ショボンのお店に憑く神様がタッチタイプをマスターしたようです('A`)


(´・ω・`)「あっ!ネズミ!」

('A`)カタカタ

ズドンッ

(;´・ω・`)カタカタ

シュウゥ

('A`)「いや、便利だなこれ」

(´・ω・`)「そうだね。全部の窓をしっかり開けて突風起こせばゴミも一発で掃除できるしね」

川 ゚ -゚)「本当だな。痴漢対策として直接このキーボードで叩くことも可能だしな」

('A`)「いや、便利な世になったな本当に」

(´・ω・`)「ホントだね」



lw´‐ _‐ノv「でも、これ存在しちゃならないイレギュラーだから壊す」

(;´・ω・`)(;'A`)「あああ!!」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:31:28.08 ID:Pv2/pz6qO


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:34:06.28 ID:Pv2/pz6qO


164 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:35:37.26 ID:L9gM6uRr0
夜食

( ^ω^)「ところで、だお」モグモグ

('A`)「あん?」ムシャムシャ

( ^ω^)「どうしてドクオ、は。食べても太らないんだお?」モグモグ

('A`)「お前は食いすぎだ」ムシャリ

( ^ω^)「一日五食の何が悪いお」ムシャムシャ

(;'A`)「本気で五食かよ・・・・・・」ゴクン

( ^ω^)「朝、昼、夜、夜、夜」ムシャムシャ

(;'A`)「そりゃ太るわな・・・・・・」


ドタドタドタドタ!!

ξ#゚听)ξ「ちょっとこのピッツア野郎!また私のケーキ食ったでしょ!」

(#^ω^)「ツン!!」

ξ;゚听)ξ「な、何よ」

( ^ω^)「僕はピッツアのように薄くないお。ピッツアに失礼だお」

ξ゚听)ξ('A`)「・・・・・・」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:35:57.33 ID:Pv2/pz6qO
(´・ω・`)

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:36:38.06 ID:xyMzTTWgO
不覚にもwwwww

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:38:13.56 ID:4uwMpiuZ0
支援

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:39:02.36 ID:Pv2/pz6qO
('A`)

169 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:41:55.14 ID:L9gM6uRr0
ディズニーランド



( ^ω^)「・・・・・・ねえドクオさん」

('A`)「・・・・・・二回目だからこそ言うなよ」

( ^ω^)「・・・・・・どうしてこういういらない運があるんだお」

('A`)「・・・・・・うるせー。実際なら俺だって・・・・・・」

( ^ω^)「・・・・・・だったらヒートさんとでも行けばいいじゃないかお・・・・・・」

('A`)「・・・・・・誘ったけど、モララーさんと行くってさ」

( ^ω^)「そうかお・・・・・・モララーさんと・・・・・・え?」

('A`)「え?」       ( ・∀・)「はーはっはっはっはーはー!」

( ^ω^)「・・・・・・ねぇドクオさん」      ノパ听)「ジェエエットコオオスタアアア!!」

('A`)「見てない。俺は何も見てない」    ノパ听)(・∀・ )「「はっはっはっは」!!」

( ^ω^)「・・・・・・とりあえずホテルに戻るお」    ノパ听)「あっ!ミ●ーだ!」

('A`)「・・・・・・ああ」                ( ・∀・)「甘いなヒート!私のパンツにはミッ●ーが・・・・・・」


( ^ω^)「(ディズニーランド・・・・・・恐ろしい場所!)」

170 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:45:17.73 ID:L9gM6uRr0
初雪

( ・∀・)「おや、見てご覧ヒート」

ノパ听)「どうしたのおとうさん?」

( ・∀・)「ほら、初雪だよ」

ノパ听)「うわあ、綺麗・・・・・・」

( ・∀・)「まるでヒートのようだよ・・・・・・」

ノパ听)「お父さん・・・・・・」

( ・∀・)「ヒート・・・・・・」



ノパ听)「お母さん居ないからって娘にそういうセリフはないと思うよ」

( ;∀;)「だよねー!お父さんわかってるんだけどねー!」

ノパ听)「ついでに、ご近所様からはお父さん『可哀相な人』って言われてるよ」

( ;∀;)「あははー!お父さんわかってるんだけどねー!あははー!だよねー!」

171 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:50:54.93 ID:L9gM6uRr0
コーヒーメイカー


(´・ω・`)「ねえドクオ」

('A`)「あん?」

(´・ω・`)「新しいコーヒーメイカー買ったんだ」

('A`)「ほう。その、なんだ?こーひーってのは?というかめいかー?」

(;´・ω・`)「そうだったね、ドクオは横文字が少し苦手だったね」

('A`)「いいから教えてくれよ」

(´・ω・`)「コーヒーってのはね・・・・・・はい。これのことだよ」

('A`)「・・・・・・なんだこの黒いの。腐ってるんじゃないのか?」

(;´・ω・`)「それがコーヒーだよ。立派な飲み物」

('A`)「どれ・・・・・・うぇ!?苦ッ!苦ッ!苦ッ!!」

(´・ω・`)「それを作ってくれるのがこのコーヒーメイカーって奴さ」

(;A`)「そうか・・・・・・」


(;A`)「(・・・・・・二度と飲まねぇ・・・・・・)」

172 :職務質問 ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 02:56:09.59 ID:L9gM6uRr0
(,,゚Д゚)「よう、マスター」カランコロン

(´・ω・`)「ようこそ。いらっしゃい。久しぶりだね」

(,,゚Д゚)「ああ。ただ、今日はちょっと別件でな」

(´・ω・`)「ん、どうしたんだい?」

(,,゚Д゚)つ【警察手帳】「まあ、実は俺はこういうもんなんだが」

(´・ω・`)「へえ、警察官だったんだね」

(,,゚Д゚)「ああ。それで質問があってな」

(´・ω・`)「職務質問って奴かい?お手柔らかに頼むよ」

(,,゚Д゚)「あーそんな固い話じゃねーよ。この辺で怪しい男がいるって通報があってな」

(´・ω・`)「怪しい男?」

(,,゚Д゚)「ああ。黒無地の半そでのTシャツを常に着てて、更にボロボロらしい」

(;´・ω・`)「・・・・・・(ドクオだ)」

('A`)「大変だなアンタも」

(,,゚Д゚)「そうだなーギコハハハハ!」

(´・ω・`)「(黙っておこう・・・・・・)」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:57:24.05 ID:1PkBzyLt0
ラスト支援

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 02:57:51.29 ID:4uwMpiuZ0
支援

175 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 03:01:49.68 ID:L9gM6uRr0
純米大吟醸


('A`)「よー今帰ったぞー」カランコロン

(´・ω・`)「おかえり。ご苦労様」

lw`‐ _‐ノv「むっ!それはっ!」ピキーン

(;'A`)「おお?なんだ?これか?バイト先の人がくれたんだよ」

lw*´‐ _‐ノv「おお・・・・・・紛れもない・・・・・・純米の大吟醸だ・・・・・・おお・・・・・・」

('A`)「欲しいのか?」

lw*´‐ _‐ノv「・・・・・・・うん」

('A`)「じゃ、やるよ。俺酒とか飲めないしな」

(´・ω・`)「良かったねシュー」

lw*´‐ _‐ノv「うん・・・・・・・ちょっと飲む。ショボン、グラス頂戴」

(;´・ω・`)「やれやれ。神様もお酒を煽るものなんだね。はい、どうぞ」

lw*´‐ _‐ノv「いやいや。私は日本酒しか飲まない。全ては米が知っている」



lw*`‐ _‐ノv「・・・・・・美味しいな。美味しいな(・・・・・・飲みすぎちゃ駄目。ちゃんと取っておこう)」

176 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 03:08:56.14 ID:L9gM6uRr0
その後来そうな神様を四人で談義する

(´・ω・`)「そういえば、クーが来てからシューが来るのは結構早かったね」

lw´‐ _‐ノv「・・・・・・たぶん、暇つぶしで落としてるんだと思う」

('A`)「ということは、他にも誰か来るかも。ってことか?」

川 ゚ -゚)「有り得る。可能性は高いな」

(´・ω・`)「へぇ、他にもいっぱい居るんだね。他に、ってことは誰とか予想はつく?」

('A`)「そうだな、俺が知ってるのは後は俺とは対照的な能力を持ってる座敷わらしとかな」

(´・ω・`)「それはもし来てくれたら嬉しい限りだね」

川 ゚ -゚)「私とは直接関係ないが猫神とかな。実際ただの猫みたいなもんなんだが」

(´・ω・`)「猫神さまなんているんだね・・・・・・すごいね」

('A`)「シューはもし誰か来るとしたら誰が来ると思うよ?」



lw´‐ _‐ノv「・・・・・・悪魔」

(;´・ω・`)(;'A`)川;゚ -゚)「・・・・・・」


lw´‐ _‐ノv「・・・・・・冗談」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 03:10:10.00 ID:4uwMpiuZ0
ラスト支援&乙

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 03:10:48.48 ID:RSejy/+kO
怖い話とかしてみない?
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195750265/1-100

週末はこれだろwwwwwwwwwwwwwww

179 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 03:10:53.99 ID:L9gM6uRr0
うは、眠気が酷い。
>>158のお題はどちらかというと短編にして作りたいとか思ってるんですけど・・・
駄目ですか?今度ショボンのお店に憑く神様のスレ立てた時に投下しようと思うんですが・・・

180 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 03:18:29.15 ID:L9gM6uRr0
返事がないようでしたら短編としての投下でいきますね。

今日は長い間お付き合い頂き本当にありがとうございました。
なんというかタッチタイプは毎回この投下終了後の1レス短編がメインになってる気がする。
でも個人的にこっちの方がすきだったりするのもまた事実。

支援して下さった方、乙を下さった方本当にありがとうございました。
やっぱ眠気が限界です。布団にダイビングしようと思います。

今日はありがとうございました。

一レス短編までまとめてくださってるオムさんもありがとうございました。大好きだあああ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 03:21:03.69 ID:xyMzTTWgO
>>1 乙乙!!!

オムライサーも乙乙!!!

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 03:24:21.04 ID:ebSdUYNAO
すっごく乙!!!
大好きだ!

183 : ◆fMqrvr1rTs :2007/11/23(金) 03:27:09.84 ID:L9gM6uRr0
最後に一言

ノパ听)「おまえらみんな大好きだああああああああ!!!」

おやすみなさい!

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 03:27:46.78 ID:MPSy/sMY0
おやすみー

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/23(金) 03:34:58.49 ID:GUxzQOqwO
うはwwwwwwww寝ちゃってたよwwwwwwwww
最終回だったのに…………

いや、マジで乙!好きだったぜ、この作品!
また気が向いたらタッチタイプで一レス短編やってくれよ。お題いったぱい出すからさ

そんじゃおやすみなさいノシ

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)