5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンが学校の七不思議に挑戦するようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:33:54.10 ID:JD+F9ZTV0
さるさんこわいさるさん

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:35:13.09 ID:EZtyrsKoO
待ってました

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:37:12.47 ID:JD+F9ZTV0
先程は申し訳ありませんでした・・・
さっきのスレの、投下し始めのテンションが恥ずかしすぎる

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:37:32.76 ID:JD+F9ZTV0
まとめ
オムライスさん
http://vipmain.sakura.ne.jp/471-top.html

学校異界化編 中編 
投下します

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:37:56.39 ID:Uq760JgG0
支援するぜ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:39:04.06 ID:JD+F9ZTV0

白い、ヒトガタの何か。
全身を覆う異様な白い皮膚は、蛹から羽化した直後の昆虫を彷彿とさせる。

立ち上がったそいつの姿は、返り血を浴びて、ところどころ赤い斑点を作ってい
た。


「あはぁ……あは、あはぁああ」


真っ赤に染まった口が、いびつに歪み、笑いとも呼吸ともつかない声が漏れた。
頭髪と呼べるモノは無く、本来眼があるべき場所には窪みしかない。
しかし、体の向きだけはしっかりとブーン達を捉えていた。

('A`)「うわ……わ……」

( ^ω^)「なんだおアレ……」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:39:42.41 ID:agLNnE6gO
さっきオムさん来てたぞ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:40:04.22 ID:Uq760JgG0
支援

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:40:24.79 ID:QoeR4ofL0
しえ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:43:58.94 ID:JD+F9ZTV0
(;´・ω・`)「に、逃げるんだ!!早く!!」

(;^ω^)「はっ」

(;'A`)「お、おう!!」

三人は弾かれるように走りだした。
後ろから、化け物の不気味な声が響く。

「あははは!!なんでぇ!?あははっ!!ねぇなんでなんで!?」

(;'A`)「な、なんだよアイツ!!何言ってんだ!?」

(;´・ω・`)「わかんないよ!!いいから走るんだ!!」

(;゚ω゚)「うわ!!おおおお追ってきたお!!」

ブーンの言葉に、ドクオは走りながら首だけ後ろを振り向いた。
手に持つ懐中電灯をの光を後ろに向ける。

薄暗い廊下の奥から、人の形をした白い何かが浮かび上がった。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:44:35.44 ID:EZtyrsKoO
紫煙

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:44:53.94 ID:zJTtK4d6O
きたな静丘!

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:45:10.88 ID:Uq760JgG0
支援

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:45:41.15 ID:agLNnE6gO
支援

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:47:35.31 ID:AzW3ta9o0
支援

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:48:28.86 ID:JD+F9ZTV0
そいつは、ブーンの言った通り、三人の後を追ってきていた。
両腕をめちゃくちゃに振り回しながら、理解不能の言葉を撒き散らしながら。

「あははぁやわらかいねっあはははねぇねぇねぇねぇねぇねぇなんであははは!!」

(;'A`)「うわ、うわぁぁっ!!」

腹の底から湧き上がる恐怖。
ドクオはたまらず叫び声をあげる。

しかし、それは震えをますます激しくさせるだけだった。

ドクオは一刻も早くこの恐怖から逃げ出したかったが、
どうしても背後の化け物から目を逸らせない。

後ろを向きながら走っていたドクオは、足がもつれて転んでしまった。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:48:55.72 ID:Uq760JgG0
支援

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:49:53.44 ID:TAlTpsYlO
支援

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:50:30.48 ID:JD+F9ZTV0
(;'A`)「うわっ!?」

(;^ω^)「ちょ、ドクオーッ!!」

(;´・ω・`)「ドクオッ!!早く立ち上がるんだっ!!」

しかし、ショボンの言葉も空しく化け物はすぐに追いつき、尻餅をついているドクオに飛び掛かった。

(;'A`)「ひぃぃいぃぃっ!!」

化け物の爪がドクオの体に届く寸前。

「あがっ!?」

ショボンが放ったバックが化け物の顔に直撃していた。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:50:50.46 ID:Uq760JgG0
支援

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:51:04.61 ID:agLNnE6gO
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:54:45.59 ID:JD+F9ZTV0
バックには重いモノでも入っていたのだろう、鈍い音が響いた。
空中でバランスを失った化け物は、背中から地面に落ちる。

「あ、はぁはははぁ」

(;^ω^)「やったお!!」

もぞもぞと仰向けのまま蠢く化け物。
しかし、致命的なダメージは与えられなかったのか、跳ねるように飛び上がった。

怒りの矛先は、自分に痛みを与えた相手。

(;´・ω・`)「うわわっ」

もちろんショボンだった。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:55:33.69 ID:Uq760JgG0
支援

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:59:43.36 ID:JD+F9ZTV0
(;^ω^)「うわああああ!!」

横から、ブーンが懐中電灯で殴りかかった。
それは軽々と腕で弾かれ、飛んでいった懐中電灯は廊下の窓を突き破った。
派手な音を立て、割れたガラスが周りに飛び散る。

(;^ω^)「うぐっ、ドクオ!!早く、立つお!!逃げるんだお!!」

(;'A`)「お、おう!!」

後ろから羽交い締めにするブーン。
化け物の白い皮膚は、想像どおりぬるりとした感触があった。

「ん゛〜なんでなんでなんでっ!!ん゛〜っ!!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:59:51.71 ID:ySmLkeI10
挑戦は朝鮮だけにしといてくれwwwwwwwwwwwwwww

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:00:09.82 ID:Uq760JgG0
支援

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:00:24.48 ID:agLNnE6gO
支援

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:00:44.09 ID:8M+QCNc7O
>>25
なかなかいいな

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:01:16.96 ID:JD+F9ZTV0
拘束から逃れようと、頭や腕を振り回す。
その度に、化け物の爪が服を破り、肉を抉っていった。

(;^ω^)「クッ、ううぅ……!!」

羽交い締めにしていた片腕を外し、股に後ろから腕を差し入れる。
もう片方の腕は腰に回し、プロレスよろしくそのまま上に持ち上げた。

(;'A`)「おわ、ブーン、すげ……!!」

(;゚ω゚)「うおあああっ!!」

割れた窓へと突進するブーン。
渾身の力を込め、窓の外へと放り投げた。


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:01:30.84 ID:Uq760JgG0
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:03:11.04 ID:TAlTpsYlO
支援

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:04:22.76 ID:JD+F9ZTV0



しかし。


「……まぁぁだだよぉぉ」


両腕で、がっちりと窓の縁を掴んでいた。

(;^ω^)「……ッ!!」

(;'A`)「ッ!!クソ!!」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:04:30.96 ID:Uq760JgG0
支援

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:04:35.15 ID:agLNnE6gO
支援

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:04:49.99 ID:JD+F9ZTV0

「あはははははははは!!まぁだだよ!!」

(;^ω^)「うう……逃げ、逃げるお……」

(;'A`)「ちくしょう!!かかってこいよこの野郎!!」

ドクオが立ち上がり、化け物に向かって叫び声を上げる。

その声に反応するかのように、再び校舎の中へと戻り始めた次の瞬間。

ブーンの顔の横から、どす黒い何かが飛び出た。
先端が曲がっているソレは、吸い込まれるように化け物の顔にめり込んだ。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:05:08.22 ID:Uq760JgG0
支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:06:50.28 ID:QU7uTWNPO
支援

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:09:14.15 ID:JD+F9ZTV0

「あ……はぁ……?」

動きが止まり、腕からも力が失われていく。
後ろにのけぞり、めり込んだ黒い物体が顔から離れ、潰れた化け物の顔が見える。

化け物はそのまま吸い込まれるように窓の外へ消えていった。

呆気にとられたブーンは、背後へと続く黒い棒を目で追っていく。

(;^ω^)「お、お?」

( ^ω^ )

(^ω^ )!

(;´・ω・`)「はぁ……はぁ……や、やった……!!」

ショボンの手には、バール(のようなもの)が握られていた。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:09:24.73 ID:agLNnE6gO
支援

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:09:26.05 ID:Uq760JgG0
支援

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:13:09.78 ID:QU7uTWNPO
最強武器バールのようなものか

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:14:58.61 ID:JD+F9ZTV0

(;'A`)「はは……は……た、助かった……」

(*^ω^)「やったお!!ショボンすごいお!!でもどこからそんなモノを」

(´・ω・`)「バックに入れておいたんだ。護身用に」

('∀`)「どちらかというと犯罪用じゃねwww」

( ^ω^)「まぁ何はともあれ、最後はソイツのおかげだおwwww」

('∀`)「はははwwwはは……」



('A`)「……はぁ……」

三人は気が抜けたようにその場にへたりこんだ。
助かったという安堵感と、化け物への恐怖がごちゃまぜになって、しばらく誰も口を開けなかった。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:15:24.01 ID:Uq760JgG0
支援

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:19:12.73 ID:QLrCOL3J0
支援

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:19:46.08 ID:JD+F9ZTV0
('A`)「……で、アレはなんなんだ」

(´・ω・`)「……話し合うだけ無駄だと思うよ」

( ^ω^)「……」

廊下に広がっていた血。
白い化け物。

そして、管理人室の惨状。

これらが意味するモノは、三人とも口に出さなくともわかっていた。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:20:11.64 ID:Uq760JgG0
支援

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:20:13.96 ID:QU7uTWNPO
支援

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:21:23.30 ID:JD+F9ZTV0
('A`)「アレ、他にもいんのかな」

(´・ω・`)「わからない。でも、警戒はした方がいい」

('A`)「いっぱいいたら、やだな」

( ^ω^)「気持ち悪いコト言うなお。ツンがこの学校にいたら最悪だお」

('A`)「そうだよな。ツンを探して、出口を……」

三人は目を合わさず、それでも会話だけは続いていた。
その会話も、ブーンの腹の虫の音で中断されることになった。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:21:53.26 ID:Uq760JgG0
支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:22:12.19 ID:QU7uTWNPO
wktk

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:22:17.15 ID:ySmLkeI10
> ('A`)「いっぱいいたら、やだな」
>
> ( ^ω^)「気持ち悪いコト言うなお。ツンがこの学校にいたら最悪だお」
>
> ('A`)「そうだよな。ツンを探して、出口を……」
>
> 三人は目を合わさず、それでも会話だけは続いていた。
> その会話も、ブーンの腹の虫の音で中断されることになった。


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:22:36.84 ID:ySmLkeI10
> 49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 01:21:53.26 ID:Uq760JgG0
> 支援


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:23:09.07 ID:agLNnE6gO
支援

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:24:22.25 ID:QU7uTWNPO
支援

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:24:29.21 ID:JD+F9ZTV0
( ^ω^)「そうだお!!忘れてたお!!おかし持ってきてたんだお!!」

表情を一転させ、ブーンは背負っていたリュックから次々に菓子や飲み物を取り出す。

('A`)「お。いいねいいね。そういや喉渇いてたわ」

三人は床にちらばった食糧に、思い思いに手を伸ばす。
ペットボトルのお茶に口をつけてから、ショボンが神妙な面持ちで口を開いた。

(´・ω・`)「……実は、三人にまだ言っていないコトがある」

('A`)「ん?なんだよあらたまって」

( ^ω^)「早くしないとポテチなくなるおwwwwwwwwwwwwww」

ブーンに勧められたポテチには目もくれず、ショボンは二人に話し出した。

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:25:15.36 ID:Uq760JgG0
支援

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:25:37.23 ID:QU7uTWNPO
支援

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:26:10.32 ID:cu+rJCFzO
夜中に読むには怖すぎる…!!
というわけで寝よう
支援

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:26:10.50 ID:agLNnE6gO
しえん

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:26:15.70 ID:PowXrDAF0
まっくろくろすけ出ておいで↓

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:28:30.34 ID:JD+F9ZTV0
(´・ω・`)「まず一つ。探さなくちゃいけないのは、ツンだけじゃないかもしれない」

('A`)「……へ?」

(´・ω・`)「七不思議をやってる最中、皆には黙っていたけど、実はしぃ達もついてきてたんだ」

(;^ω^)「……mjかお」

(´・ω・`)「しぃと兄者、弟者。モナーと荒巻は……ギリギリセーフだったみたいだね」

('A`)「はぁ……まぁ、ホラ。皆で力合わせりゃ、なんとかなるかもしれんし」

(´・ω・`)「もう一つ」

ショボンは、ドクオとブーンから目を逸らしてうつむいた。


(´・ω・`)「……双子の兄も、ココにいるかもしれないんだ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:28:59.15 ID:Uq760JgG0
支援

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:29:21.71 ID:QLrCOL3J0
支援

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:29:44.06 ID:QU7uTWNPO
支援

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:30:21.45 ID:agLNnE6gO
しーえーんー

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:35:13.87 ID:JD+F9ZTV0
('A`)「へあ!?お前双子だったの!?」

(;^ω^)「初耳だおwwwwwってかなんでココにいるかもなんだお?ついてきてたのかお?」

(´・ω・`)「いや。二週間前位から行方不明なんだ」

('A`)「おいおい。それだけでココにいるってのは考えすぎじゃね?」

(´・ω・`)「話しちゃったんだよ。VIP高校七不思議の事。その夜、シャキンはいなくなった」

( ^ω^)「……シャキンっていうのかお」

('A`)「……」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:35:38.64 ID:Uq760JgG0
支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:37:16.63 ID:IGpQP+yS0
ほんとに静岡みたい

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:39:12.70 ID:QU7uTWNPO
しゃきんたま

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:44:20.63 ID:agLNnE6gO
支援

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:48:26.63 ID:JD+F9ZTV0
(´・ω・`)「方々探したんだけどね。見つからなかった。それで馬鹿らしいとは思ったけど、最近深夜の学校を探してたんだ」

('A`)「そうか……二週間、か」

( ^ω^)「きっと見つかるお!!ショボンの双子の兄っていうくらいだから、相当しぶといはずだお!!」

(´・ω・`)「ブーン……」

('A`)「……そうさ。もしかしたら、全く関係ないところで女と駆け落ちしてたりしてな」

(´・ω・`)「ははっ、ソレだったら見つけ出してぶち殺す」

( ^ω^)「ちょwwww真顔で言うなおwwwwwwwwwwww」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:48:53.36 ID:Uq760JgG0
支援

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:49:21.88 ID:QU7uTWNPO
wwwwwwwktk

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:54:56.19 ID:JD+F9ZTV0
(´・ω・`)「……だから、元はと言えば僕が七不思議に誘ったのがいけなかったんだ」

(´・ω・`)「皆は、絶対に元の世界に戻してみせる」

ショボンは再び床に視線をうつし、両の拳を硬く握った。
無表情だったが、元来の責任感の強さを二人は知っていた。

そして、一人で思い詰めてしまう悪い癖も。

(;^ω^)「そ、そんなコトないお!!悪いのはショボンじゃないお!!」

('A`)「そ、そうだよ。元々、ショボンに悪気はなかったんだからさ」
                                              「まぁだだよ」
('A`)「……え?」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:55:29.35 ID:Uq760JgG0
支援

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:56:57.66 ID:agLNnE6gO
こえええええええ!!!!!

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 01:59:06.18 ID:cQQShnrZ0
ブログか隔離スレにでも書いてろ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:01:09.46 ID:uYrhPt6sO
>>77
お前の名前、今日から金玉舐め三郎だから。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:01:27.10 ID:8A9226jHO
こえぇ―!!

支援

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:01:53.53 ID:FNt8VDo2O
GYAAAAAAAAAAAA!!!!

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:03:42.91 ID:JD+F9ZTV0
声がした。
ドクオが振り向く。
あまりの近さに、ソレにピントが合わない。



ソレは、視界いっぱいの、化け物の顔。



('A`)「なんで」


ドクオの声は、白い化け物の抱擁に飲み込まれた。

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:04:07.33 ID:Uq760JgG0
支援

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:05:10.04 ID:8A9226jHO
ドクオ―――――!!!!

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:07:56.40 ID:JD+F9ZTV0
割れた窓から身を乗り出す化け物。
ドクオはその真下に座っていた。

(;゚ω゚)「うわああああああああっ!!」

「あはぁぁああぁ、ねっ、痛いねっあっははは」

耳元で囁かれる、生臭い声。
ドクオは完全に身動きが出来なかった。

('A`)「たす、け」

それでも喉の奥から搾り出した精一杯の言葉。

それに弾かれる様に反応したのは、

(;´・ω・`)「ドクオッ!!」

バール(のようなもの)を持つ、ショボンだった。

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:11:36.85 ID:Uq760JgG0
支援

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:12:59.98 ID:JD+F9ZTV0
「ぎゃっ!!あっ!!」

二発。
三発と、続けて凶器が化け物の頭に放たれる。

次第に歪んでいく化け物の頭部。
ぱっくりと割れた隙間からは、中身が完全にはみ出ていた。

それでも死ぬ気配のない化け物は、ドクオを開放すると、標的を変えた。

(;´・ω・`)「っ!!」

全く怯む様子のないショボンは、その勢いのまま化け物に突進していく。

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:13:04.36 ID:vF6IBzGqO
紫煙

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:13:14.50 ID:FNt8VDo2O
DOKUOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:13:49.05 ID:Uq760JgG0
支援

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:14:14.74 ID:agLNnE6gO
うわああああ支援

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:14:37.99 ID:2GR4QJl2O
(;^ω^)…ゴクリ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:17:14.57 ID:+GoajepyO
うわああああああああああ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:17:17.59 ID:SnYaj94CO
  __
ヽ|'A`|ノ_ごくり
  、_し ⌒ー'


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:18:17.70 ID:JD+F9ZTV0
バールを前に突き出し、化け物の胸に突き刺す。
勢いを止めずに、なかば体当たりするように割れた窓に叩き付けた。

(;´・ω・`)「今度こそっ!!」

ブーンのように、股座に腕を差し込み、化け物をカチあげる。
再び化け物は窓の外へと放り出された。

「あははははははははははははは!!」

(;´・ω・`)「あっ!?」

……しかし、今度はショボンを道連れにして。

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:18:36.88 ID:Uq760JgG0
支援

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:19:01.74 ID:GuHMoUhmO


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:22:50.98 ID:SnYaj94CO
  アタマアタマ

  ノ ノ)_

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:24:20.07 ID:JD+F9ZTV0
放り出される瞬間、化け物はショボンの腕を掴んでいた。
振り払う間もなく、体勢を崩したショボンは窓の外へと引きずり出される。

( ^ω^)「――ッ」

反射的に駆け寄ったブーンは、外へ腕を差し出すが、窓の外は闇が広がっているだけだった。

( ^ω^)「……嘘……だお?」

('A`)「は……?」

( ^ω^)「だって。だって、普通は、漫画なんかだと、間に合うじゃないかお」

呟きながら、ブーンは窓から身を乗り出す。

('A`)「嘘だろ……って、おい、ブーン?」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:26:45.52 ID:Q3kwRPD6O
支援

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:28:33.44 ID:+GoajepyO
支援

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:29:37.27 ID:JD+F9ZTV0

( ^ω^)「間に合うはずだお……こんなのおかしいお……」

(;'A`)「おい!!やめろブーン!!落ちちまうよ!!」

( ;ω;)「嘘だお!!こんなの嘘に決まってるお!!」

(;'A`)「やめろって!!落ち着け!!」

やがて、二人は揉み合うように廊下に転げた。

仰向けになり、放心状態のドクオと。
うつ伏せになって拳を握り締め、嗚咽を堪えているブーン。

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:31:51.22 ID:JD+F9ZTV0




「……探さなきゃ……」



「……そうだ……」



やがて二人は、どちらともなしに立ち上がる。

心を支配しているのは恐怖心ではなく、強い怒りと、抱えきれない悲しみだった。

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:33:55.52 ID:JD+F9ZTV0
中編終わりです。
遅くなって申し訳ない。

支援本当にありがとうございます!!
おかげで投下しきれたよ母さん・・・!!

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:35:50.43 ID:Uq760JgG0
乙!

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:37:39.75 ID:agLNnE6gO
おつー

夜に読むと怖いな

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:43:04.58 ID:xdEPTrwl0
だんだんバラバラになってくな
全員の動向が気になるぜ
乙!

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:45:48.54 ID:JD+F9ZTV0
>>104>>105
dd

>>106
次の投下でいくよー
d

なんか質問・アドバイスとかありますか?

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:47:02.37 ID:Q3kwRPD6O
乙〜。
とてもおもしろかったb

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 02:52:49.84 ID:Latd+pIIO
>>1
ラノベとか書けば?

110 :携帯から1:2008/02/27(水) 02:57:53.11 ID:RL/u9Gy+O
>>108
(*^ω^)b

>>109
読んだことないや。なんかオススメある?
星さんが大好き

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 03:04:57.22 ID:0vP6O3BIO
おつ
怖いの苦手だが期待してます

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 03:06:01.76 ID:Latd+pIIO
>>110
いや、俺も読んだこと無いんだけど
スレみたら面白かったから将来そういう仕事に行くのかと…
文才は才能だぜ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 03:14:05.82 ID:RL/u9Gy+O
>>111
トン!次回も夜たてるぜ

>>112
嬉しいこと言ってくれるじゃないの。俺はノンケでも(ry

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 03:58:43.16 ID:vgu3RNaB0
うほっ!!まさかこのスレにあえるとは

まとめで読んでウホッ!って思ってたんだぜ、続き期待しとるよ!

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)