5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンが学校の七不思議に挑戦するようです

1 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:43:29.57 ID:2KIQv3Na0
二ヶ月ぶりです
遅くなってすいません

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 22:44:28.32 ID:BEUIKtfGO
待ってたよ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 22:44:38.06 ID:4ODJPj0qO
全国が支援

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 22:45:08.62 ID:fvwy06GS0
いや、まってたから

5 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:45:44.17 ID:2KIQv3Na0
酉つけてみました

まとめサイトさま
http://vipmain.sakura.ne.jp/471-top.html

6 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:46:33.66 ID:2KIQv3Na0
( ´∀`)「さて……お望み通り外に出たモナ。どういう事か説明してもらうモナ?」

VIP高校正面玄関。
そのちょうど反対側に位置する非常口に、二つの影があった。

/ ,' 3「……もう大丈夫」

( ´∀`)「それはよかったモナ。でもあの怯え様は普通じゃなかったモナ?結局皆置いてきちゃったし……」

/ ,' 3「僕にもよくわからない……でも……」

( ´∀`)「?」

/ ,' 3「……早く校舎から出ないといけない気がして……」

荒巻の返答に、モナーは深く溜め息をつく。
モナーより一際体格の小さい荒巻は、その体を更に小さく縮こませた。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 22:47:37.76 ID:iBJ9EulWO
すげぇ待ってた

支援

8 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:50:32.10 ID:2KIQv3Na0
/ ,' 3「ご、ごめ……」

( ´∀`)「……まぁいいモナ。怒ってないモナ。連れてきちゃって悪かったモナ」


( ´∀`)「……それにしてもあいつら遅いモナ?」

非常ドアの向こう側で何をやってるんだろうか。
もしかしたら扉の横に隠れていて、自分達を驚かすつもりかもしれない。

(;´∀`)「ドッキリは勘弁モナ」

ドアノブを捻り、慎重に扉を押す。
驚かされるのを警戒して、10cm程押し開けたまま反応を待った。

9 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:50:51.97 ID:2KIQv3Na0
( ´∀`)「……?」

何の反応もない。


( ´∀`)「???」

拍子抜けしたモナーは、素直にドアを開けて再び校舎に足を踏み入れた。

静まり返る校舎。
そこには、ブーン達の姿はなかった。

( ´∀`)「……? あいつらどこ行ったモナ?」

10 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:54:09.23 ID:2KIQv3Na0
VIP高校三階。
ハサミ男からなんとか逃げた三人は、廊下の隅で息を潜めていた。

(*゚ー゚)「はぁっ……はぁっ……なんとか、まいたかな?」

(´<_` )「ふぅ……お前らあんな化け物程度で何怖がってんの?」

ξ゚听)ξ「何言ってんのよ……腰抜かしてたくせに」

(´<_`;)「いや、あの賢者タイム……って知ってる?」

ξ゚听)ξ「は?」

(´<_` )「なんでもない」


(´<_` )(ダメだこいつら……早く兄者を見つけないと)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 22:54:56.34 ID:aqpFffoPO
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 22:56:05.26 ID:3rSRFLB3O
お帰りなさい(,,゚Д゚)
待ってたぞ

13 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 22:56:50.61 ID:2KIQv3Na0
(´<_` )「まぁいい。で、あいつは一体なんなんだ?」

ξ゚听)ξ「だから知らないって。っていうか何であんたらここにいるのよ」

(´<_` )「え? いや〜あっはは、まいったなこりゃ」

(*゚ー゚)「それはおいといて、早く外に逃げようよ。警察にも連絡しないと。
     あ、あたし携帯投げてきちゃった。ツン、電話してよ。119、あれ? 109だっけ?」

(´<_` )「801じゃない?」

ξ゚听)ξ「……あんた達まだ気付いてないのね」

(*゚ー゚)(´<_` )「?」


14 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:00:21.14 ID:2KIQv3Na0
ツンは、校舎を取り囲む闇と、外への連絡手段が閉ざされた事を告げた。
事態を楽観視していた二人はみるみる顔が青ざめていく。

(*゚ー゚)「嘘……なにこれ」

(´<_`;)「……」


(*゚ー゚)「いやぁっ!! 嘘!! 何なのコレ!!」

ξ;゚听)ξ「ちょ、しぃ!! 落ち着いて!!」

(*゚ー゚)「やだやだやだ!! なんでよ!! 帰してよ!! あたし家に帰るんだから!!」

ξ;゚听)ξ「帰れないのよ!! だから出口をこれから探すんじゃない!!」

(*゚ー゚)「イヤよ!! またアイツに会ったらどうするの!? 皆殺されちゃうのよ!!」

ξ;゚听)ξ「な、何バカな事言ってんの!? そんな大声出したら余計に見つかっちゃうじゃない!!」

頭を抱えて叫ぶしぃ。
ここぞとばかりに吐き出していた。

(*゚ー゚)「殺されなくても外がこんなんなっちゃって……どうすんのよ!! ねぇどうするの!?」

ξ;゚听)ξ「どうするのなんて……あたしだってわかんないわよ!!」

一人になっても化け物に追い回されても、必死に冷静になろうと努めてきたツンだったが、
パニックに陥ったしぃを助ける余裕は既になかった。


15 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:03:04.23 ID:2KIQv3Na0
(´<_` )「軟弱者ッ!!」

(*゚ー゚)「ッ!?」

薄暗い廊下に、乾いた音が響く。
弟者はそんなに力を込めたつもりはなかったが、しぃは頬をはたかれたショックでその場にへたりこんだ。

(´<_` )「……OK、しぃ。時に落ち着け」

(*゚ー゚)「……」

(´<_` )「手を出したことは謝る。サーセンwwwwwwwwwwだが泣いてても仕方な

(*゚ー゚)「な……」



(*゚ー゚)「何すんのよーっ!!!!!!!!11」



立ち上がる力。
その勢いを利用して、拳を下から抉るように天に突き出す。

しぃの全身の力を込めたアッパーが弟者の顎にめり込んだ。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:05:44.75 ID:PmvjuWGeO
待ってました

17 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:06:11.80 ID:2KIQv3Na0
ξ;゚听)ξ「うわぁ」

(*゚ー゚)「信じらんない!! 女の子に手をあげるとかマジ最低なんだけど!!」

ξ;゚听)ξ「しぃ」

(*゚ー゚)「わかってるってば!! もう泣かないもん!! もう怒った!! 意地でもあたしはお家帰るんだから!!」

ξ;゚听)ξ「弟者息してない」

(*゚ー゚)「……」

18 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:09:14.86 ID:2KIQv3Na0
(´<_` )「死ぬかと思った……」

(*゚ー゚)「あ、謝らないからね!!」

(´<_` )「大丈夫だ。ちょっと気持ち良かった」

(*゚ー゚)「うぅ……このド変態……」

(´<_` )「とりあえず落ち着いたみたいだな。この変態のおかげで」


ξ゚听)ξ「……ふふ」

(´<_` )「何笑ってんだツン気持ち悪い」

ξ゚听)ξ「ぶっ殺すわよ」

(´<_`;)「ごめんなさい」

(´<_`;)(しぃと違ってマジで怖い)

19 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:10:56.30 ID:2KIQv3Na0
ξ゚听)ξ「こういうとき、あんたみたいな馬鹿が一人いると悲観的にならないで済むわ」

(*゚ー゚)「ブーンとかまさにそうだよね」

ξ゚听)ξ「ブーン……」

(´<_` )「そういえばブーン達は? はぐれたのか?」

ξ゚听)ξ「わかんない……急に薄暗くなったと思ったら、三人ともいなくなってた。
     すぐに外の闇に気付いたわ。圏外になってることにも……そしたら急にアイツが現れた」

(´<_` )「そうか……」

ξ゚听)ξ「ブーン……」



ξつ听)ξ「……」


(*゚ー゚)「ツン……泣いてるの?」

ξ;゚听)ξ「な、泣いてないわよ!! ただ、その、目にゴミが……」

20 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:11:41.13 ID:2KIQv3Na0
(´<_` )「今どういう状況かさっぱりわからん。だが、考えてても仕方ない。
       要はあのハサミ男に気を付けながら兄者や出口を探すってことでFA?」

ξ゚听)ξ「……そうね。怪しいところは片っ端から調べていきましょう」

(*゚ー゚)「……ツン」

しぃが伏し目がちに話しかける。

ξ゚听)ξ「ん?」

(*゚ー゚)「さっきは……その、パニくっちゃってごめん。訳わかんなくなっちゃって……」

ξ゚听)ξ「……」

21 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:12:55.76 ID:2KIQv3Na0
ツンは正直驚いていた。
普段勝気な少女で通っているしぃに、こんなしおらしい一面があったなんて。

ξ゚听)ξ「……いいよ。こんな状況だもん、仕方ないわ。それより、弟者にお礼いいなよ」

(*゚ー゚)「は!?」

ξ゚听)ξ「落ち着かせてくれたのは弟者でしょ?」

暴力はよくないと思うけどと付け足して、ツンは前を向いて歩き始める。

後ろからチラチラと盗み見るしぃは、何度も弟者に話しかけようと試みるものの、
そのうち諦めたように俯いてしまった。

22 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:14:30.95 ID:2KIQv3Na0
(*゚ー゚)「ま、まずはどこから回るの?」

ξ゚听)ξ「手あだリ次第行きましょう。そうね……」

(´<_` )「なぁ……それより電気つけないか? もうコソコソ隠れる必要ないんだし」

ξ゚听)ξ(*゚ー゚)!!

ξ;゚听)ξ「も、盲点だったわ」

(*゚ー゚)「や、やるじゃん弟者!!」

さっそく壁の照明スイッチに手を伸ばす。
三階の廊下に電気がついた。

今までの暗がりに目が慣れていた三人は思わず目を瞑る。
明るく照らされた廊下は、それこそ昼間の校舎と比べて薄暗かったが、三人は見通しがよくなったことに安心した。

(´<_`;)「駄目元で言ってみたんだが……外はこんなでも電気来てるんだな」

(*゚ー゚)「ん? なんか言った?」

(´<_` )「なんでもない。まずは目の前の3−1の教室から行くか」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:18:06.52 ID:SePGT8dRO
支援頑張るから投下ペース早くして

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:18:21.73 ID:3vcGtKh30
支援

25 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:19:15.57 ID:2KIQv3Na0
3−1、3−2、3−3、3−4、3−5……。

順に調べていくうちに、三人はあることに気付いた。

自分達の名前がどこにも無いのだ。
名前が入っているはずのロッカー、置きっぱなしにしているはずの教科書や体操着。

それらはどこにも見当たらなかった。

(*゚ー゚)「どういう事……?」

(´<_` )「俺らの知っているVIP高校じゃないのか? 異世界の裏・VIP高校ってか」

(*゚ー゚)「……?」

ξ゚听)ξ「でもホラ、こないだブーンがヒビ入れた窓ガラス。あれがあるってことはあたし達のVIP高校でしょ?」

三人の議論は、今ある情報ではこれ以上の進展は望めそうに無かった。
堂々巡りの話し合いに見切りをつけ、再び校舎探索を開始する。

26 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:20:09.68 ID:2KIQv3Na0
(*゚ー゚)「この階にあるのはあと音楽室と化学室と図書室くらいかな」

ξ゚听)ξ「片っ端に見て回るのよ。トイレも窓の外も」

言いながらツンは横目で窓の外を眺めた。
校舎内の明かりを反射して、窓ガラスにはツンの顔が浮かび上がる。

その後ろ。

視界の端に、よく見知った顔が浮かび上がった。


ξ゚听)ξ「……え?」


(`・ω・´)「動くな」

27 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:21:40.17 ID:2KIQv3Na0
ツンは窓ガラス越しに、自分の背中に突きつけられた包丁を見た。

ξ゚听)ξ「ちょ、え? あんた何して……」

(`・ω・´)「三人とも動くな。妙な動きしたら刺すぞ」

(*゚ー゚)「え? 何?」

(´<_`;)「おま、何してんだ?」

(`・ω・´)「アイツの手下か? 明かりつけやがって……そうはいかんぜ」

突然の展開に、三人は状況を把握できずにうろたえる。
男が包丁をツンに突きつけているという事態を知って、しぃと弟者は尚更混乱した。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:21:53.09 ID:9KJajpC/O
支援

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:26:28.31 ID:SePGT8dRO
支援

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:27:11.14 ID:SePGT8dRO
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:28:27.54 ID:b/2lX8oh0
支援

32 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:28:29.01 ID:2KIQv3Na0
薄汚れた服、ボサボサの髪。
しかし鋭い眼光が三人を射抜いている。

ξ;゚听)ξ「イマイチ展開がわからないんだけど……ドクオとブーンは?」

(`・ω・´)「……? なに言ってやがる」

(´<_`;)「とりあえずその包丁を下ろせよ、ショボン」

(`・ω・´)「……なんでお前らその名前を知ってるんだ?」

33 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:28:57.38 ID:2KIQv3Na0
………………。

…………。

……。


(`・ω・´)「そうか……ショボンまで来ちまったか……」

ξ゚听)ξ「まさかショボンに双子がいたなんてね。しかもあたし達と同じ状況とはびっくりだわ」

(`・ω・´)「悪かったな。包丁なんて突きつけて」

(´<_` )「終わったことだ。気にするな。そんなことよりいくつか聞きたいコトがある」

ξ#゚听)ξ「ちょっと。気にしちゃいないけど、何でアンタが言うのよ」


(´<_` )「まず一点。アンタが忍び込んだのは14日と言ったな。だが今は29日だ。あんた二週間もここにいるのか?」
       もう一点。明かりをつけちゃまずいような事言ってたよな。『アイツの手下』って何のことだ?」

立て続けにまくし立てて、それから弟者は一息ついて言った。

(´<_` )「……最後に。俺の双子の兄も行方不明なんだ。俺と同じような顔をしたヤツを見なかったか?」

34 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:30:58.62 ID:2KIQv3Na0
(`・ω・´)「……順に話そう。さっきも言ったとおり、俺はショボンからVIP高校の七不思議を聞いて、14日の夜に一人忍び込んだんだ」
       気付いたらこの有様だった。脱出不可能な上に、校舎には化け物共がうろついてやがる」

(´<_` )(化け物……共、だと? あのハサミ男以外にもまだいるってのか)

(`・ω・´)「家庭科室で包丁を手に入れて、なんとか逃げ回ってたんだ。俺の携帯は……16日。まだ二日しか経ってない」

(´<_` )「……時間軸がおかしいな。まぁズレていたとしても今更驚くことじゃないが」

(*゚ー゚)「え? なに? どういうこと? ちょっと、あたしにもわかるように説明してよ」

(´<_` )「タイムリープがパラレルワールドでパラドックスを起こしたんだ。恐らくこの世界のと現実世界の平行励起が交差したんだろう」

(*゚ー゚)「……ああ……そう、なの……?」

ξ;゚听)ξ「適当な事言うんじゃないわよ」

35 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:32:45.69 ID:2KIQv3Na0
完全に納得していないしぃを余所に、シャキンは再び話し出す。

(`・ω・´)「もう一点。明かりについてだ。本当は今すぐ明かりを消してほしいんだが……明かりをつけると動き出す化け物がいるんだ」

(*゚ー゚)「じゃ、じゃあすぐに明かり消そうよ!!」

飛び跳ねるように照明スイッチに駆け寄る。
しかし、壁に手を伸ばしたまま動きを止めた。

ξ゚听)ξ「どうしたの?」

(*゚ー゚)「……アレ……」

しぃの指差す方向。
その先には、日本人形の様な無表情な何かが立っていた。



   ( ∵) ……コッチ コッチダヨ……


(`・ω・´)「ヤツだ……!! 」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:32:49.81 ID:k4UVMxWbO
支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:33:14.55 ID:EHDeToVNO
久しぶり来てた!
支援

38 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:33:24.48 ID:2KIQv3Na0
身長はシャキン達の膝までしかない。
うつろな日本人形は近づいてくる様子も無く、ブツブツと何か呟いている。

(`・ω・´)「相手にするな。アレはおとりなんだ。出口がどうとか言って、『本体』の居る場所までおびき出そうとしやがる」

(*゚ー゚)「に、逃げよう!!」



  ( ∵)……キミノ オニイチャン……


日本人形の言葉に、一人足を止める。
追いかけてくる様子のないソイツに、弟者は話しかけた。

(´<_` )「……なん……だと?」

39 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:34:31.27 ID:2KIQv3Na0
(´<_` )「今コイツなんて言った?」


  ( ∵)……コッチ……コッチダヨ…………


日本人形は掴みかかる弟者をひらりとかわし、廊下の奥へと誘うように進んでいく。

(´<_`;)「コイツ……兄者を……?」

(*゚ー゚)「や、やばいって!! 絶対嘘だよ!! ついてったら殺されちゃうよ!!」

(´<_`;)「しかしもし本当だったら……」

フラフラと日本人形のあとを追う弟者。

ξ;゚听)ξ「弟者!? ちょ、ちょっとシャキン止めてよ!!」

(`・ω・´)「嘘である可能性が高い。が、真偽の程はわからん」

ξ゚听)ξ「何でそういうことを……!!」

(`・ω・´)「事実だ」

40 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:35:12.28 ID:2KIQv3Na0
(*゚ー゚)「待って!! 待ってってば!!」

(´<_` )「しぃ」

袖を掴むしぃの手を優しく押しのけて、弟者は呟いた。

(´<_` )「俺……生きてこの学校を出たら……告白するんだ」

(*゚ー゚)「!!」


(*゚ー゚)「な、なんで今そういう事を言うのよ!! 知ってる!? 漫画とかだとそういう事言う人って大体死んじゃうんだよ!!」

(´<_` )「……だろうな。これは死亡フラグかもしれん。だが……」



(´<_` )「……俺に折れないフラグはない!!」



(*゚ー゚)「!! おと、弟者ぁ……」

41 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:37:15.86 ID:2KIQv3Na0
(´<_` )「悪いなお前ら。俺は兄者を助けてから合流する」

ξ゚听)ξ「……もう!! 仕方ないわね。いい? シャキン、しぃ」

(*゚ー゚)「え?」

(`・ω・´)「仕方ないだろう」

ξ゚听)ξ「一人で行かせられるわけないでしょ。あたし達も行くわよ」

(`・ω・´)「元をただせば全ての元凶だからな」

(´<_` )「お、お前ら……」


歩き出す四人。
待ち構える恐怖に、足取りは重かった。

その中で、日本人形だけが嬉しそうに廊下の奥へと進んでいった。

42 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:38:49.52 ID:2KIQv3Na0
というわけで学校異界化編 後編終わり
あいだ空いてしまって申し訳ないです
次はまた近いうちに

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:38:52.05 ID:igbihtdl0
支援

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:39:07.08 ID:igbihtdl0
なんと

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:39:30.89 ID:EHDeToVNO
>>42
乙!

46 : ◆vNenl4atyc :2008/05/02(金) 23:41:42.48 ID:2KIQv3Na0
支援ありがとうございました!
さぁ今夜はホラー短編祭だぜー

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/02(金) 23:48:10.41 ID:3vcGtKh30


18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)