5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【きみ……母の日】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:00:53.89 ID:Iq+eR9L90
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21824.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21825.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21829.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader3/src/iro30599.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21834.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21836.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21837.jpg

こんな絵師たちが色鉛筆を擬人化して絵を描いたり、SS書きが物語を綴ったりするスレです。
>>2あたりに簡単なテンプレがあります。本当に簡単なので、一回は目を通してね。

※初めての方へ
ようこそ。このスレやまとめwikiで絵を見たり、SSを読んだりして萌えたら住人になってください。
いつでも過疎気味なので、絵やSSの投下は大歓迎です。
毎週土曜日の21:00ごろにスレが立ちますが、たまに変動しますので、気に入ったらまとめwikiを必ずブックマークしておいてください。

◆色鉛筆を擬人化するまとめwiki
ttp://color-pencil.coresv.com/wiki/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:01:13.92 ID:Iq+eR9L90
赤  活発でスポーツ万能。男女問わず友達が多い
青  気が強く姉御肌。人に厳しく自分にも厳しい
黄  お調子者で明るくムードメーカー
緑  口数少なく読書が好き。目つきが悪く、近寄りがたい
白  清楚なお嬢様。身体が弱い
橙  友達とワイワイ騒ぐのが好き。おしゃれ
桃  巨乳。悪気はないけど天然ボケを計算してる
紫  背が低くてちょっと生意気。寂しがり屋
水  気が弱く人見知り。いつも下を向いてる
黒  言いたいことは何でも言う。人から好かれるか嫌われるか両極端
茶  頑張り屋。落ち込みやすいけど元気
黄緑 母性本能が強く誰に対しても優しい

他にも朱色、群青、灰色、侍黒、焦茶、空色などがいます。さまざまな色鉛筆を、君のイメージで擬人化しよう!

一目で分かる色鉛筆相関図
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21182.jpg

◆前スレ:【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【GW】
http://ime.nu/yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1209819423/

◆専用うpろだ
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/upload.html

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:03:55.93 ID:e+n/seeK0
>>1乙んでれ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:04:12.13 ID:Iq+eR9L90
前スレのurlがおかしいorz
ただしくはこちら
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1209819423/

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:05:17.22 ID:KslRX+bMO
乙だ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:07:44.02 ID:XqeIDmm10
>>1

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:08:51.97 ID:J6bXUPsD0
>>1乙。

8 :1/2:2008/05/10(土) 21:10:13.83 ID:Iq+eR9L90
灰「うー、今日も徹夜だ朝日がきつい……と」
空「灰ちゃん、おはよー! またゲームで徹夜したの? 顔ぼろぼろだよ」
灰「おはー。いや、ほんとは早めに寝るつもりだったんだけど、PT狩りで人手が足りないって言われて、つい……」
空「ネトゲ廃人も大変だね……あれ? 灰ちゃん、その小指につけてるの……指輪? 珍しいね、灰ちゃんがアクセなんて」
灰「……あー、これはね、幸運を呼ぶラッキーリングなんだよ」
空「らっきーりんぐぅ?」
灰「あ、今『うさんくさいなー』って思ったでしょ? これはそこらにあふれてるバッタモンとはわけが違うんだって!」
空「どう見ても縁日で売ってるような子供のおもちゃみたいだけど……」
灰「私も半信半疑だったんだけどさー、これをつけてからというもの敵に囲まれてピンチになることもないし、レアはざくざく出るし、いいことずくめなんだよ!」
空「ネトゲ限定なの?」
灰「そんなことないよ。このあいだ先着百名様限定のスペシャルスイーツ食べに行ったんだけど、靴紐は切れるわ電車は遅れるわ職質にひっかかるわで、結局食べられなくてさ」
空「? だめじゃん」
灰「それがあとで分かったんだけど、そのスイーツ、材料が全部中国産だったんだよ!」
空「本物だ! 本物の幸運アイテムだ!」
灰「でしょ? これもう生産終了してるんだけど、親友の空になら特別価格一万円で私の予備を譲ってあげてもいいよ」
空「うーん……欲しいけど、今お金が……」
灰「そんなあなたも安心の分割払い! 通常二千円×六回払いのところを、ただいま四千円×三回払いの限定サービス中!」
空「お買い得だ! 待ってて、今お金下ろしてくるから!」
 パタパタパタパタ

9 :2/2:2008/05/10(土) 21:10:43.83 ID:Iq+eR9L90
灰「……行っちゃった。うーむ、まさか完全に本気にするとは」
無「天誅!」
 ゴス
灰「! いったーい! なにすんのさ、色無! いきなり乙女の脳天にげんこつ食らわすなんて、それが男のやること!?」
無「ティーンズラブ雑誌の別冊付録漫画みたいな営業トークで友達からお金を巻き上げようとしてるやつが言うな! それが乙女のやることか!」
灰「喩えが的確すぎてキモイんだけど……別にほんとにお金取ったりしないよ。ちょっとからかっただけ」
無「まあ俺も、お前が本気だとは思っちゃいないが……ともかくその指輪は外せよ」
灰「なんでさ? 昨日ちょっと探し物してたら出てきたんだよね〜。思い出すなあ、去年の夏祭りにこれを買ってもらったときのこと――」
無「ばっ、ちょ、お前なに言ってんだ! お前が『何でもいいからおごれー』ってうるさいから買ってやっただけだろ! 祭りのときつけるならともかく、普段つけるようなもんじゃないぞ」
灰「喜ぶ私に、色無はなんて言ったっけなー? 確か『そんなんでいいなら、そのうちもっといいやつ買ってやるよ』だったかなー? あのときの色無はかっこよかったなー」
無「いや、あれはその場の雰囲気に流されてだな……」
灰「あれからもう半年以上かー。そのうちっていつかなー」
無「……しょうがねえなあ。分かってるだろうけど、あんま高いのは買えないからな」
灰「やったー! 色無大好きー!」
無「まったく、こんなときばっかり動きが軽いんだからな」
灰「まあまあいいじゃん……えへへー」
無「なにニヤニヤしてんだよ」
灰「ん〜? いやー、こうしていいことがあったわけだし、この指輪はやっぱり本物のラッキーリングだったんだなーってね」
無「……バーカ。ほら、出かけるからさっさと着替えてこい」
灰「はーい!」


空「灰ちゃん、お金下ろしてきたよ! ……あれ?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:11:38.66 ID:Iq+eR9L90
おしまい。なぜ出不精が定説の灰でこんなネタを書くのか……
それは灰色が好きだからw

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:17:51.44 ID:v9JaLaIn0
>>1おつ!

>>8-9
空哀れww
言動はいつもどおりなのに、やってることは女の子全開な灰もカワユスww

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:19:06.27 ID:v9JaLaIn0
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21838.jpg
くろ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:24:01.87 ID:Iq+eR9L90
>>12
夜の蝶っぽい黒ktkrwwwwwww
ちとひんぬー寄りなくらいがこの手のドレスはよく似合うなw

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:36:39.30 ID:KslRX+bMO
サムライブラック保守

カシャ
男「ん?今カメラの音しなかった?」
色「そうか?俺には聞こえなかったけど。」
男「ま、どうせ誰か色無しさんのこと撮ったんだろうけどな。」
色「そんな気持ち悪いこと言うなよ。」

侍「(カパ)ふふ、よく撮れた。」
色「ふーん。やっぱり侍黒だったんださっきの。」
侍「み、見たのか……!」
色「よく撮れてるなぁ。いい待ち受けじゃないか。」
侍「た、頼むから男には……!」
色「どうしようかなぁ。」
侍「何でも!何でも言う事聞く!」
色「そうそう。なら脱いでくれよ。」
侍「ぬ、脱ぐというのは……?」
色「服を脱ぐんだよ。上も下も。」
侍「そんな!」
色「何でも言うこと聞くんだろ?」

緑「ここで男が君を助ける熱血展開とこのまま犯される凌辱展開、どっちがいい?」
侍「どっちでもよいが頼むからさっきの携帯の待ち受けは誰にも言わないでくれ。」
緑「君も中々ロマンのある人だ。」

青「くしゅん!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:45:57.85 ID:v9JaLaIn0
>>14
緑容赦ねえww

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:46:33.24 ID:Iq+eR9L90
>>14
盗撮イクナイwwwwwww
たまには緑も非18禁を書くべきw

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 21:48:27.91 ID:cUlbUEPqO
>>1

さあ今週も頑張ろう

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:04:20.91 ID:Iq+eR9L90
ほす

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:04:44.06 ID:EcxU9fsv0
>1乙ほ

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:18:30.35 ID:v9JaLaIn0
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21839.jpg
しろ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:22:29.02 ID:MAh4kUsE0
age

22 :だだ甘ベタベタ保守:2008/05/10(土) 22:26:48.04 ID:cUlbUEPqO
赤「だーっ、わかんねーっ!」
水「お、落ち着いてやれば大丈夫だよ」
赤「そうは言うけどよぉ…あー、なんか喉乾いてきた」
水「あ、じゃあお茶持ってくるね」

水「はい」
赤「おう。しかし水はよくブラックコーヒーなんて飲めるよな」
水「慣れると美味しいよ?」
赤「そんなもんかねぇ」
水「で、でも、普通に甘いのも、好きだよ?」
赤「ああ、それも知ってるよ。生クリームたっぷり使ったケーキとかだろ?」
水「ほ、他にも…」
ちゅっ
赤「んなっ!?」
水「え、えへへ…」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:29:44.88 ID:xBoonXRYO
今北>>1乙!
このスレタイ大丈夫なのかwww

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:36:18.68 ID:Iq+eR9L90
>>23
「黄緑さんちの平穏な日々」では普通にお母さんだからきっと大丈夫w

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:38:47.96 ID:Iq+eR9L90


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:43:39.58 ID:KslRX+bMO
逆もまた然り

カシャ
男「ん?今カメラの音しなかった?」
色「そうか?俺には聞こえなかったけど。」
男「ま、どうせ誰か色無しさんのこと撮ったんだろうけどな。」
色「そんな気持ち悪いこと言うなよ。」

青「(カパ)ふふ、よく撮れた。」
男「ほぅ。やっぱり青だったんださっきの。」
青「み、見たの……!」
男「よく撮れてますねぇ。いい待ち受けじゃないか。色無しさんうらやましい。」
青「色無しには言わないで……!お願い!」
男「どうしようかなぁ。」
青「お願い!何でも言うこと聞くから!」
男「そうそう。なら脱いでくれよ。」
青「ぬ、脱げって……?」
男「服を脱ぐんだよ。上も下も。」
青「そんな!」
男「何でも言うこと聞くんでしょぉ?」

緑「ここで色無しが君を助ける熱血展開とこのまま犯される凌辱展開、どっちがいい?」
青「(ボソ)い、色無しが助けにくるほぅ……。(///)」
緑「………却下する。」

侍「くしゅん!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:47:23.93 ID:Iq+eR9L90


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 22:52:32.94 ID:Iq+eR9L90
たまに専ブラ通さずに見ると
全然投下に気づかねーなw

>>20
ノースリーブ+脇=最強wwwwww
ストールも幻想的でいいなw

>>26
却下したら選択肢の意味ねーだろw

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:00:23.93 ID:t8g3v8d10
>>1乙!

ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21840.jpg

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:02:35.03 ID:EcxU9fsv0
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 縞パン!縞パン!
 ⊂彡

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:03:49.92 ID:Iq+eR9L90
>>29
ノーブラ+縞パン=やっぱり最強wwwwww
この下着はなんて言うんだろうな? キャミソール?
まあなんにせよエロくてかわいいのでオールOKwwww

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:23:59.69 ID:EcxU9fsv0
重い重い重い重い重い重い重い重い重い重い

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:24:29.84 ID:Iq+eR9L90


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:31:47.70 ID:t8g3v8d10
前スレ231さんネタ借りました

ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21841.jpg

35 :1/3:2008/05/10(土) 23:32:09.63 ID:J6bXUPsD0
もう五月か。あいつがこの寮を去ってしばらくになる。
しかしちょっと前まであいつを忘れていたとは・・・それだけこの寮も賑やかになったってことか。
あいつが出て行ってしばらくは夢にまででてきたほどだったっていうのに。
?「おーい、色無し、いつまで寝てんの?もう昼だよー。」
色無「・・・もうちょっとだけ寝かしてくれ。」
?「もう!中に入るよ?・・・またこんなに散らかして・・・」
色無「おい、勝手に入る・・・え?紺色?」
紺「・・・何驚いた顔してんのよ?」
色無「えっと・・・夢じゃないよな?」
紺「(ギュ!)ほっぺたつねったら痛いでしょ?大体久しぶりに会ったときに言う台詞なの?それ。」
色無「いてて!ああ、そうだな・・・ついびっくりしてしまって。とりあえずおかえり!」
紺「ただいま。朱色さんがお昼出来てるって。」
色無「そうか。じゃあ行こうか。」
紺「私はここに来る前にもう食べたよ。」
色無「ん?そうか?じゃあ食べてくるよ。」
夢でないとわかっていてもまだ信じられなかった。しかしあいつはまたこの寮に入るんだろうか?

36 :2/3:2008/05/10(土) 23:32:54.35 ID:J6bXUPsD0

朱色さんによると紺色は親戚の家に行っているらしく、そのついでにここへ寄ったようだ。
しかしまさかまた会えるとは。最後に別れたとき何故か二度と会えないような気がしていただけにそう思った。
紺「色無し、ちょっといい?」
色無「ん?どうした?」
紺「ちょっとそこら辺歩いてみない?」
色無「どこかで買い物したいなら俺以外の奴の方が知ってるぞ?」
紺「違うよ、ちょっと散歩したいだけ。それにGW中だから今は色無ししかいないって聞いたけど。」
色無「あっ、そうだった。じゃあ中学とかその辺を回るか?」
紺「うん!あと色無しの高校も見せてよ。」
色無「わかった。じゃあ行くか。」
紺色が寮を出たのはいつだったかな?地元の高校を受けることになって・・・そう、中三の夏休み前だ。
紺色が寮を出るのは4月の中ごろにはわかっていたのだが、いざ別れるとなるとかなりつらいものだった。
たった二年間とはいえ、毎日一緒に過ごしていれば当然だった。別れの日、紺色の前では涙は流さなかったが、部屋に戻ってからは大泣きしたな・・・
紺「思ったほど変わってないもんだね。この辺も。」
色無「まあな。変わったことといえばお前が出て行ったことと寮に女の子がたくさん入ったことぐらいだよ。あっ、変な勘違いはするなよ?」
紺「ふーん、それでその女の子達とはうまくいってるの?」
色無「毎日騒がしいけどうまくやってるよ。」
紺「賑やかでいいじゃないの。それで彼女とかはできたの?」
色無「いや。まあ気になってるのはあいつらの中でいるにはいるが。」
紺「青春してるね、兄さん!がんばりなよ!」
色無「はいはい。おっ、高校に着いたぞ。」
紺「へぇー、近くていい学校じゃない。校舎も立派だし!」
色無「だろ?俺もここに進学できてよかったよ。」
紺「私もここに行きたかったなー。」
色無「もう一回受験しなおすか?」
紺「ははは、受験のときに戻れて、寮にいることができたらね。」
しかし紺色は全然変わってないな・・・あの時ここを受験できたら今頃一緒に登校できたかもしれないのに・・・

37 :3/3:2008/05/10(土) 23:33:16.99 ID:J6bXUPsD0
紺「もうそろそろ私帰らないと。今日はありがとう。」
色無「ああ、また帰って来いよ?朱色さんや群青さんも待ってるから。」
紺「うん。朱色さんや群青さんによろしく。」
そのとき、ふと寮を出たときの紺色と今の紺色が重なった。あの時も同じようなことを言ったかな?
色無「あのさ、紺色・・・」
紺「?どうしたの?」
色無「・・・また会えるよな?」
紺「何悲しいこと言ってんのよ。また会いにくるよ。」
色無「だよな。」
紺「・・・じゃあ元気で。またね。」
色無「ああ、今度は寮の奴も紹介するよ。またな。」
そういって手を振ると、紺色も手を振って歩いていった。また会えるよな。中三のときとは違い、そう信じたくなった。

そういえば紺色って登場してからもうすぐ一年だなぁ・・・

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/10(土) 23:51:43.14 ID:EcxU9fsv0
おおおおおおおおおもおおおおおおおおおおいいいいいいいい

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 00:05:51.53 ID:2uyaxNDI0
保守

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 00:10:41.01 ID:wi9P6L800
朱×焦茶で何か書きたいんだけど、ネタもらえないか?

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 00:22:45.10 ID:Qh8LWIkO0
お題 五月病

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 00:38:18.73 ID:bxtXWQGk0
保守

43 :小ネタ保守:2008/05/11(日) 00:41:15.00 ID:LEUdisZiO
灰「暑くなったり寒くなったり忙しい時期だよ、まったく」
空「そうだねー、昨日はあんなに暑かったのに」
灰「そのせいでうちの姉の機嫌が最悪に」
空「?黒さん暑いの苦手だっけ」
灰「いや、せっかく寮にいるしー兄が体調崩してまた入院することになったらどうするんだってブツブツブツブツ」
空「…黒さんって本当に白先輩のことが大事なんだね」
灰「大事すぎて胃とか痛めそうだけどね」
空「…灰君も好きになった人は大事にするタイプ?」
灰「?なんで?」
空「だ、だって黒さんとは姉弟だしさ」
灰「…どーだろ、ねーちゃんとは別ベクトルだとは思う」
空「そ、そっか」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 00:55:45.71 ID:bxtXWQGk0


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 01:09:30.90 ID:Qh8LWIkO0


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 01:10:03.54 ID:Yn5e47UtO


47 :1/4:2008/05/11(日) 01:11:19.72 ID:LyNw1eIA0

先「今日はHRに体育祭の出場競技を決めるからね、必ず一人一つの競技に出ること。
それじゃ一限の準備をして待つように。号令」
青「きりーつ──」

緑「ちっ」
無「おいおい、何だよ舌打ちなんかして」
緑「体育祭のこと。サボろうと思ったのに」
無「あーそうか、そうか。楽そうなのに一個出てあとは見てれば?」
緑「炎天下の中ずっといるのも不愉快だけどね」
無「日陰行け、日陰」
緑「そうするわ」

48 :2/4:2008/05/11(日) 01:11:39.75 ID:LyNw1eIA0
休み時間

赤「おーい、色無いるー?」
無「いるよ」
赤「おわっ!! なんで後ろにいるんだよ!」 
無「飲み物買いに行ってた。で、何の用だ?」
赤「体育祭で勝負しよ」
無「は? クラス違っても合同チームじゃん」
赤「そうじゃなくて、僕と色無でどっちが多く一位とれるかで」
無「やだ。めんどい」
赤「そうゆうと思ったよ。でもこれを言えばきっと乗ってくるよ」
無「ふーん、言ってみ」
赤「勝った方は一ヶ月お昼をおごってもらえる!!」
無「乗った!!」
赤「ふふふ。もう降りることは出来ないから。頑張って僕に勝てるように
努力することだね、無理だと思うけど。じゃあねー」
無「ん? ・・・・・・あー!! 去年も似たようなことをして負けたんだったー!!!」
赤(計画通り)

49 :2/4:2008/05/11(日) 01:12:27.73 ID:LyNw1eIA0
HR
先「これから体育祭のこと決めるけど、みんなでよく話し合うように。あとは学級委員よろしく」
青「はい。それじゃ黒板に競技名書いていくからその間にどれに出るかみんな決めてね
それから緑、このプリントに決定しやつ書いて」
緑「わかった」

青「あとまだ競技に出てない人いる?」
緑「私」
男子生徒「俺もまだ決まってないや」
女子生徒「あたしもー」
紫「あと私も」
無「おい、紫」
紫「なに?」
無「お前障害物競走に出ろよちっちゃいからたぶん有利だろ」
紫「ちっちゃいってゆーな!」
『おおおー!! 桃ちゃんが障害物競走に出るのか期待するぜー!!』
無「なんだって!? 桃が!?」
紫「・・・・・・あたし絶対に出ない! ゆるんだ顔しちゃって、隣のクラス行けばーか」
無「行ってまざりたいけど、教室を抜けらんねえだろ」
紫「ふん」
青「あんたたちさっきからしゃべってるけど話し合いに参加してよね」
紫「あ、ごめん」
無「俺は決めるもん決めたんだからしゃべらせろ」
青「訳分からない屁理屈言わないでよ。そだ二人で二人三脚にでも出なさい」
紫「えー!?」
無「紫とかよ」
紫「それはこっちのセリフだよ」
青「二人ともいいわよね? それとも文句ある? 早く終わらせたいんだけど」
無・紫「な、ないです」

50 :4/4:2008/05/11(日) 01:13:38.68 ID:LyNw1eIA0
放課後

緑「なんてこと・・・・・・」
無「いつまでそうしてるんだよ。てかお前何に出るの?」
緑「障害物競走」
無「そんな面倒なものによく出ようと思ったな」
緑「私の意志とは関係ないわ。あの時グーを出せば勝てたのに・・・・・・」
無「どんまい」
緑「一言で片付けないで。 あーもー! 体育祭の日に学校が爆発すればいいのに」
無「お前は小学生か!?」
>>49間違えた 3/4ね



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 01:23:45.48 ID:Af/KmOFB0
小学生が好きなアニメランキング堂々第一位は”かのこん”
ソース:http://www.gyao.jp/ranking/category/ranking_rankGenre_rank000001.html
     http://www.gyao.jp/ranking/category/ranking_rankGenre_rank000002.html

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 01:36:00.38 ID:LEUdisZiO
>>50
いっそ当日風邪でもひいてしまえば如何か

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 01:38:17.91 ID:bxtXWQGk0
>>50
緑の最後のセリフに吹いたwww心底嫌がってる感じがにじみ出てるなwww

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 01:53:01.24 ID:wi9P6L800
五月病

朱「明日からまた学校か。だりーなぁ」
焦「まぁ今週はゴールデンウィークもあったしな。私も少々気が重い」
朱「……なぁ、明日サボってどこか行かないか?連休終わったばっかだからイベントとかあんま無さそうだけどさ」
焦「行くなら一人で行ってくれ。私は登校する」
朱「冷たいなー、付き合ってくれたっていいじゃんか」
焦「私が付いていったら朱色はそれを肯定するだろう?私をダシに逃げを正当化されても困るからな」
朱「ぐっ、厳しいな。つーかお前はそういうのってないのか?」
焦「そういうのとはなんだ?」
朱「学校行くの面倒だとか、勉強したくないとかそういう五月病っぽいの」
焦「ないな。少なくとも当分はそうなる予定もない」
朱「マジか。まぁお前ならそうかもしれねーな。俺にゃそんな境地に達するなんぞ出来そうにもないけど」
焦「そうでもない。自分にとって救いになる何かがあれば、後ろ向きになることはないさ」
朱「へーそういうもんかね?で、お前の救いってのは何だ?」
焦「朱色が隣に居てくれること。朱色が私の好意を受け入れてくれること。器量の悪い私を朱色が許してくれること。
  たぶん私は朱色がいなければ、永遠に五月病にかかるんじゃないかな」
朱「……恥ずかしいことを真顔で言うなよ。赤を前にした青じゃないんだから」
焦「照れるな、本当のことだ」
朱「……俺もお前が救いだよ。こうして愚痴ってればお前が慰めてくれるの知ってるからな。なんか甘えてるな」
焦「別に構わないさ。ところで」
朱「なんだ?」
焦「明日サボってどこか行かないか?連休終わったばかりでイベントはなさそうだけど」
朱「お前な……。受験生に遊んでる時間はないの!学校行くぞ学校!」

朱「………二人でな(ぼそっ)」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 02:11:55.03 ID:Qh8LWIkO0
寝る前に何個かお題出しておきます   安らげる場所   シンプル  強がり

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 02:25:47.77 ID:Yn5e47UtO


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 02:29:12.77 ID:Qd3A6HweO
>>54
この二人ほんといいわぁwwww

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 02:34:19.23 ID:LyNw1eIA0
寝るほ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 02:37:36.29 ID:Dd4WJiRY0
桃さん
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21843.jpg
ttp://color-pencil.coresv.com/uploader2/src/iro21842.jpg

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 02:53:21.50 ID:Yn5e47UtO
おっぱいおっぱい

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 03:09:36.65 ID:kXyECU8X0
>>59
俺こういう絵のタッチ大好きだwGJwww

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 03:15:10.37 ID:wi9P6L800
ho

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 03:42:25.44 ID:Yn5e47UtO


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 04:19:04.25 ID:wi9P6L800


65 :1/2:2008/05/11(日) 04:45:10.75 ID:wi9P6L800
「シンプル」「強がり」「安らげる場所」 で新婚水
水「あなた、大丈夫そうですか?」
無「ああ、これくらいなら楽勝だよ。シンプルな構造だからすぐに出来そうだ」
水「よかった。せっかく買ったフラワーラックが無駄にならずに済みそう」
無「向きはこっちでいいの?こっちにしちゃうと縁側から見えないと思うんだけど」
水「そうなんですけど、こっち向きだと一番下の段に光が当たらないですから」
無「りょーかい。………っと、こんなもんかな。どれどれ?」
水「ずいぶん簡単に出来ちゃうんですね。説明書とかみると凄い複雑そうだったのに……」
無「順番に組み立てるだけだからそうでもないんだよ。それにしてもけっこう不安定だな。強度も心許ないかも。ちょっと補修しておくか」
水「やっぱり男の人って頼りになりますね。それともあなたが特別なのかしら。ふふ」
無「おう、俺は水のためなら何でも出来るのだ。……痛っ!」
水「大丈夫ですか!ちょっと見せてください!」
無「あ〜、これくらいなんとも無いって。ほら、あんまり痛くないし」
水「こんなに腫れてるのにそんなわけ無いじゃないですか!変に強がらないで下さい。いま救急箱持ってきますから」

66 :2/2:2008/05/11(日) 04:45:46.67 ID:wi9P6L800
無「せっかく水にかっこ良い所を見せようと思ったのに、かっこ悪いなぁ」
水「あなたがかっこ良くて素敵なことは知ってます。これで――きゃっ。きゅ、急に抱きしめないで下さい」
無「こうやって水を抱いていた方が気がまぎれて痛み止めになるからさ」
水「もう……」
無「ありがとな、水。こうしてるとなんだか安心する」
水「私もです。私にとってあなたの腕の中は、世界で一番安らげる場所です」
無「……やっぱり水と結婚してよかった」
水「私もです。あなたと一緒になれてよかった。…指、まだ痛みますか?」
無「あはは、やっぱりまだ痛いや」
水「とりあえず明日まで様子を見て、痛いようでしたら病院に行きましょう。それまでラックはお預けですね」
無「面目ない」
水「それは言わないお約束、ですよ」
無「それは『苦労をかけるねぇ』の時の返しだよ。ところで水」
水「?」
無「水を抱いてると安らぐどころか滾ってくるんだけど、どうやったら安らぐと思う?」
水「もう、えっちなんだから!」

起きたら同じお題で朱焦茶書きます
おやすみなさい

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 05:54:49.65 ID:RctfBgePO


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 07:06:29.23 ID:PAFlVAD4O


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 07:57:22.10 ID:Q1g9C5WG0


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 09:08:22.50 ID:nnlLrcE/0
age

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 09:27:17.85 ID:GHMDf3dE0
今北。保守&職人の方々乙

たまにはRegenbogenとは関係ない短い奴を一つ
灰メインで3レス借り。タイトルは「魔法少女ハニカムグレイ」

72 :魔法少女ハニカムグレイ 1/3:2008/05/11(日) 09:30:00.34 ID:GHMDf3dE0
 面倒を避けるためなら、どんなことでも行う。
 幼なじみの灰の、矛盾した行動理念だ。
 遠くの物をその場から取るために、わざわざ機械工学の勉強したりとか、
そんなところだ。
 それはいつものことだから見慣れているし、めんどくさいと言って何でもこちらに押しつけられるより、
ずっとマシだ。
「だからって、そのエキセントリックな格好は何なんだ?」
「……説明、だるぅい」
 巫女服らしき紅白の着物と、失敗した和洋折衷を思わせる妙な小物。ステッキか?
 そんな奇抜な格好をした幼なじみが、眠たそうに目を細めながら、俺の隣を歩いていた。
「いや、だるーいじゃなくてさ。そんな格好している奴の隣はあまり歩きたくないぞ」
「時々失礼だね、君は」
「一般的見解を述べただけだ。で、何だよそれ」
 説明しないとダメか。そんな事を言いたげなため息をつくと、その場で一回転して、
眠たげな顔から明るい笑顔に。そしてポーズ。
「まほーしょーじょハニカムグレイ。設定年齢14歳。ハリポタの後輩」
 ……あぁ、相変わらず眠そうだ。主に喋り方。
「顔と口調が合ってない。後お前は日本の高校生じゃなかったのかよ」
 どうしてこう、詰めが甘いというか適当というか。
「ということで、魔法少女になったの。便利だと思って」
「相変わらず面倒とか言いながら更に面倒なことしてるのな」
「毎日放課後頑張りました。ステッキ素振り1000回とか」
 その場でゆるい素振りを見せてくれる灰。こんなゆっくりしたのが効果あるのか。いや、
細かいツッコミどころはたくさんあるけど。
「だるいが口癖の奴とは思えない行動だな、おい」
「千里の道も一歩からだよ」
「それは普段のお前に捧げる。で、その格好でどんな面倒を解決するんだ?」

73 :魔法少女ハニカムグレイ 2/3:2008/05/11(日) 09:30:27.68 ID:GHMDf3dE0
 また説明めんどくさいと言いたげなため息。
「身を軽くして、君が私の登下校を手伝うのを楽にしてあげる」
「飛べばいいんじゃね? 魔法で」
「魔法の力で、いろんなピンチを脱する。君が」
「何で俺なのかな。自分、魔法使いだろ?」
「今ならもれなく熱い友情シチュエーション付き。傷ついた私を、君が夕日をバックにおんぶ」
「それいつものことじゃん? というか、どうして魔法使いの使い魔みたいな事を俺がしないといけないんだ」
 このいい加減さもいつもの事だから、今更どうこう言うつもりはない。
 だが、何故その苦労を俺が被らないといけないのか。向こうは当然のことだと言うことで説明もしてくれないが、
いくら何でも魔法が使えるなら……いや、ホントに使えるとは思ってないけど。
 しかし相変わらず、説明めんどくさいと意思表示のため息。そして俺の方から視線をそらすと……。
「だって……魔法覚えたの、君を見つけやすくする……学校、別々になって」
「え、何だって? 聞こえないぞー」
 小さな声に対し聞き直してみるも、灰は不機嫌そうに頬をふくらましただけで、何も答えてくれない。
 そしてステッキで俺の後頭部を軽く叩き、俺の前に立つ。
「というわけで君は使い魔。これは使い魔の証だから、ずっと持ってて」
 そう言って差し出してきたのは、どこの神社でも売っていそうなお守り一つ。
「ん、なんだ……おい、これ安産のお守りだろ」
「元気な子を産んでね。私の代わりに」
「いや、生物学的に無茶だろそれ。というか、何でお前の代わり……いてっ!」
「口答えは許さない。あと、使い魔ならずっと一緒にいること。私が呼んだときは、
どんなときでも駆けつけること。キバットぐらいのタイミングで」
 ホント身勝手な奴だ。そんなことを思い、苦笑を浮かべる俺。
 そして何を思ったのか、灰は俺に向けて両手を差し出してきて……。

74 :魔法少女ハニカムグレイ 3/3:2008/05/11(日) 09:31:01.17 ID:GHMDf3dE0
「というわけで、おんぶ」
「歩けよ」
「だるぅい」
 と、魔法少女になっても相変わらずの一言を、口にした。

 ある月の日曜日。別々の高校に通うことになってしまった俺達が、一緒に出かけた日のこと。
 背中の魔法使いは、相変わらずの重さ。魔法で軽くなんて、全然なっていない。
「満足満足」
「お前なぁ……ったく」
 文句の一つも言いたいが、はにかんだ笑みを見せる灰を見ていたら、
なんだかそんな気も失せてしまった。

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 09:32:25.82 ID:GHMDf3dE0
以上。朝起きて真っ先に思い浮かぶのがこれとかもうね

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 09:34:00.20 ID:DW5thIEN0
久々に来たら魔法少女なんてやってんのかw
がんがってくれ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 09:42:39.23 ID:nnlLrcE/0
> 面倒を避けるためなら、どんなことでも行う
この一文が灰の全てを説明してて吹いたw

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 10:12:49.59 ID:ya5O0aWq0
保守

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 10:29:57.67 ID:Qh8LWIkO0
今起きた。>>65,
俺の出したお題全部組み合わせとる!すげえ!

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 10:55:41.32 ID:Qh8LWIkO0


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 11:30:25.67 ID:Qh8LWIkO0
僕にできるのは保守とお題出しぐらい、ということでお題
みんなでカラオケ
嵐の夜に
メガマック

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 12:01:27.69 ID:Qh8LWIkO0
誰もいないのでせうか?

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 12:29:27.20 ID:Qh8LWIkO0
俺一人ですか、そうですか

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 12:35:38.42 ID:RctfBgePO
黄緑「あら、今日は母の日ねぇ。どうしましょう?」
紫「どったの黄緑?」
黄緑「毎年お母さんにカーネーション贈ってるんだけど今年は忘れちゃったの?今から送っても遅いし……。」
赤「だったら今から行ってくればいいじゃん。家まで電車で2時間ぐらいでしょ?」
黄緑「そうしたいのは山々だけど夕食まで間に合わないかもしれないし……。」
色「今日は俺達がやるから行ってきなよ。毎日黄緑さんにお世話になってるしね。」
黄緑「………どういうことかしらそれは?」
青「い、いいから早く行かないと間に合わなくなるわよ!」
黄緑「そう?なら御言葉に甘えさせてもらいます。(ペコリ)」

色「あ、ありがとう青。さっきのは本当に危なかったぜ……!」
青「気をつけなさいよ。」
朱「ねぇ何で私が洗濯しなきゃ行けないんだ?母の日なんだから寮『母』の私を」
緑「権利は義務を果たしてから主張して下さい。」
朱「はいはい。うわっ!すんごい量の服だな!うちのお母さんはこれ洗濯してるのかよ!」
青「ちゃんと個人のものを覚えてるんだから黄緑お母さんは。朱色お母さんも見習って下さい!」
橙「今日の夕飯カレーでいいかなぁ?ほら!母の日の定番でしょ?」
桃「でもこんなに大勢のご飯作るなんて……。さっすがみんなのお母さん!」
黒「私と白は寮内の掃除をするわ。」
白「お母さんの代りに頑張りますッ!(ピシッ)」
水「みんなあんまりお母さんって言わないほうが……。」
黄「実際私の世話してくれてるんだからお母さんって呼ばれても……ねぇ?」
茶「わ、私なんて先生をお母さんって言う感覚で黄緑さんにお母さん!って言う時ありますよ!」
色「それは自慢にならないぞ。」

黄緑「ただいまぁ。あら!綺麗ねぇ。誰が掃除したの?」
色「おかえり。これは白と黒だよ。飯は桃と橙が作ったし洗濯は緑と朱色さんがやってくれたよ。」
黄緑「まぁ。すいませんみんなに迷惑かけちゃって。」
色「あとこれは母の日とか抜きにしてのことなんだけど………いつもありがとうございます。」
黄緑「もう色無しさんってばぁ♪」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 12:48:53.68 ID:nnlLrcE/0
絶対にお母さんと言ってはいけない母の日wwwwww

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 13:17:54.80 ID:Qh8LWIkO0
あらあらうふふ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 13:18:29.39 ID:Yn5e47UtO
なんて恐ろしい・・・あれ今なんか音が

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 13:52:46.23 ID:Qh8LWIkO0
おか・・・黄緑さーん

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 14:21:50.25 ID:wi9P6L800
いま起きほ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 14:40:13.00 ID:03OgRHGq0
おほほ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 15:02:01.78 ID:Yn5e47UtO
うほっ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 15:29:13.51 ID:LEUdisZiO
保守

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 16:04:43.87 ID:bxtXWQGk0
保守

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 16:11:04.28 ID:03OgRHGq0
灰「空ー宿題教えてー、というより宿題見せてー、さらに代わりに写してくれたら私は嬉しいよー?」
空「学年トップの灰ちゃんが、中の下な私の宿題を写しに来るっておかしいよね?」
灰「まあいいじゃない。空はやれば出来る子だよ」
空「灰ちゃんにかかればこの宿題だって5分で終わるんでしょ?」
灰「私にはその5分が惜しい。そしてめんどくさい。だからみーせーてー。ついでに代わりに答えを書いてくれると嬉しい」
空「でも宿題は自分でするものだよ?」
灰「空、私にはこの程度の宿題は経験値が1も入らないのだよ。だから(ry」
空「んー……そうだ灰ちゃん、宿題一緒にしようよ」
灰「え?」
空「えっと、実は私もまだ終わってないんだ」
灰「あー……お邪魔しましたー、終わったら見せてー」
空「あ、逃げないの!ね、一緒にやろ?」
灰「えーめどいー」
空「ほら、灰ちゃんは解くだけでいいから!私は灰ちゃんの分も書いてあげるから!」
灰「ほほう、この私に交換条件とな?さっきと言ってること違うし」
空「細かいことは気にしない!やる?やらない?どっち?」
灰「よし、のった!お主も悪よのう、ほっほっほ」
空「お代官様ほどではないですよ♪」


緑(駄目な妹'sね)

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 16:49:27.45 ID:Qh8LWIkO0
ほしゅ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 16:49:36.22 ID:J/5mTuyO0
保守

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)