5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(,,゚Д゚)彼女は年上なようです从'ー'从

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:02:32.28 ID:rAg/D0CT0
代理

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:04:14.84 ID:Qqoc3t5vO
本当に来たwwwwwwwwwww

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:05:12.97 ID:7PPnARTpO
今から寝ようと思ってたのに(´;ω;`)

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:05:19.27 ID:GOPMOdvE0





午前5時30分。
俺はいつものように携帯電話のバイブレーション音で目を覚ました。

(,,゚Д゚)「…………」
静かに起き上がり、学生服に着替える。

鞄の中には既に今日の授業の教科書、ノートを入れておいていたので、
忘れ物が無いかどうかだけざっと確認してから、そのまま持ち上げた。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:06:21.79 ID:W7x4Em6iO
なん…だと…?
スレタイ見つけて声出して笑っちまった

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:06:45.42 ID:GOPMOdvE0
(,,゚Д゚)「…………」
そろりそろりと、足音を立てないように廊下を歩き、
玄関の扉を開いて家を出た。

ここまで早起きすれば、
家族の誰とも顔を合わせないで済む。

5月の朝空は既に日が昇り始めており、
肌寒い風が少し体を撫でる。

(,,゚Д゚)「…………」
音をさせないようにゆっくりと玄関戸を閉めた。

これで、学校から帰るまでは家族に会わなくていい。

そう考えるとどんよりと沈んでいた俺の心が、
少しだけ軽くなるような気がした。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:08:21.29 ID:GOPMOdvE0





(,,゚Д゚)彼女は年上なようです从'ー'从

第1話 『BOY MEETS GIRL』






8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:09:27.15 ID:7PPnARTpO
支援

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:09:44.02 ID:6ZJpRooz0
いいだろう。このまま続けろ。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:09:57.91 ID:GOPMOdvE0



「――で、あるからして、
 この星は一度核ミサイルによって滅亡の危機に瀕したのである。
 その危機を我輩と、正義のヒーローマスク仮面が――」
都立VIP高校2年C組の教室、6時間目の世界史の授業。
俺は教師の話などそっちのけで、ぼんやりと窓の外を眺めていた。

(,,゚Д゚)「……はあ」
自然と、気分が重たくなる。

後もう少しで、学校の授業が終わってしまう。
そう考えると、毎度の事ながら憂鬱な気分にならざるを得ない。

断っておくが、俺は別に学校が特別好きな訳ではない。
ただ、学校に行っている間だけは家にいなくていい。
それだけの理由だ。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:10:03.28 ID:VXmtqj14O
来い、ロマネスク!の余韻がまだ残ってるのに

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:11:02.60 ID:r71F2tQ+O
噂のヤンデレラヴコメかね?

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:11:27.02 ID:GOPMOdvE0
「一番前の席で堂々と我輩の講義を無視するとはいい度胸だな、ギコ」
(,,゚Д゚)「!?」
気がつくと、俺の目の前に世界史の教師が立っていた。

(;,,゚Д゚)「い、いえ、ちゃんと聞いてましたってば!」」
俺は慌てて弁解をした。

「……世界の危機を救った人物の名前を言ってみろ」
教師が冷ややかな目で俺に訊ねる。

まずい、授業を聞いていなかったせいで、全く判らない。

いや、考えろ、俺。
正解を答えられなければ殺される。
何とか頭をフル回転させて――

(;,,゚Д゚)「ブ……ブーン・トロッソ?」
「…………」
俺の解答が正解ではないことは、
教師の表情が雄弁に物語っていた。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:12:19.95 ID:zBwSpplvO
すごいな、昨日の今日だぜ…?

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:13:01.60 ID:h38Ic1Kn0
あるふぁw

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:13:37.40 ID:GOPMOdvE0


  _
( ゚∀゚)「ぎゃはははははははは!
     こってりしぼられてやんの!!」
俺が懲罰の書き取りをやっている横で、ジョルジュが心底可笑しそうに笑った。

(,,゚Д゚)「っせーなあ。
    邪魔するんだったら帰れよ」
プリントに歴史の偉人の名前を書き写しながら、俺は悪態をついた。

(´・ω・`)「いや、折角だから終わるまでここで見物させてもらうよ。
      人の不幸を眺めているのは楽しいしね」
ジョルジュの横で、同じくクラスメイトであるショボンが口を開く。

畜生、こいつら。
後で覚えてろよ……!

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:14:26.48 ID:Uuy143mZ0
ちょwww次回作ktkr!

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:14:29.82 ID:5+HZeFX40
はえええええええええええええええええ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:15:49.14 ID:ERzkToXX0
マジで来たのか
支援

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:16:16.83 ID:GOPMOdvE0



(,,゚Д゚)「うっし、終わった!」
プリントいっぱいに文字を埋め尽くした俺は、
大きく息を吐いて椅子から立ち上がった。

時計の時刻は5時丁度。
思ったより、早く済んだみたいだ。

(,,゚Д゚)「んじゃちょっと、プリント提出しに行ってくるわ」
  _
( ゚∀゚)「おー、お疲れさん。
     で、この後どうする?」
ジョルジュが欠伸を噛み殺しながら訊ねてきた。

(´・ω・`)「僕の家に来ないか?
      親戚から美味しいお菓子が届いたんだ。
      お茶と一緒に出すよ」
(,,゚Д゚)「マジで?」
俺は身を乗り出して聞き返した。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:17:26.96 ID:5+HZeFX40
>その危機を我輩と、正義のヒーローマスク仮面が
世界史の教師、ロマネスクかよw

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:18:24.57 ID:GOPMOdvE0
(´・ω・`)「ああ、マジで。
      それに今日はうちの親も家に居ないしね。
      久し振りにゲームでもしながらさわごうじゃないか」
  _
( ゚∀゚)「そいつはいいな、楽しみだ」
ジョルジュが頷く。

(´・ω・`)「ああ……本当に楽しみだよ」
ショボンが薄く笑いながら呟く。

その笑みに何故か俺の尻が一瞬緊張したが、
多分気のせいだろう。

何にせよ、これでまだ家に帰らなくてもよさそうだ。
ショボンには迷惑だろうが、夜が更けるまではお邪魔させてもらうことにしよう。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:18:45.27 ID:C700f5D0O
てめえwwwww

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:19:44.51 ID:GOPMOdvE0



(´・ω・`)「さ、上がってよ」
(,,゚Д゚)「お邪魔しまーす」
そう挨拶しながら、俺とジョルジュはショボンの部屋まで乗り込んだ。

家の中には俺達以外の気配は無い。
学校でショボンが言っていたように、ショボンの家族は家を空けているようだ。

(´・ω・`)「さて、何して遊ぶ?
     マリカーとかドカポンとか桃鉄とかボンバーマンとかいただきストリートとかあるけど」
  _
( ゚∀゚)「……いっつも思うんだが、何で未だにスーファミしか置いてねえんだよ。
     今日び小学生でももっとマシなゲーム機持ってるぞ」
(´・ω・`)「新しい物が必ずしも良い物とは限らないさ。
      で、どうするんだい?」
  _
( ゚∀゚)「じゃあ、いたストで」
(,,゚Д゚)「異議無し」
こうして、俺達はしばしの間ゲームに興じるのだった。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:20:29.01 ID:x8FrUaBsO
マジで来たww
紫煙

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:21:10.28 ID:gZgaUaYRO
ロマネスクさん何してはるんですか

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:21:23.62 ID:8g+18EjJ0
はええwww支援

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:21:20.93 ID:GOPMOdvE0


  _
( ゚∀゚)「……やっぱさあ、Eカップ以上は欲しいよな」
(,,゚Д゚)「ああ?」
スーファミのコントローラーを動かしながら、
不意にジョルジュが呟いた。
  _
( ゚∀゚)「あれだ、彼女にするなら最低でもそれぐらいは無いとなってこと」
(,,゚Д゚)「「そーかあ? あんま大きくても気味悪いと思うけど」
いつだったか、
世界丸見えか何かで世界一大きなバストを持つ女性とかいうのを見た覚えがある。
あんなに大きいと最早おっぱいではなく別の何かのようにすら感じた。
  _
( ゚∀゚)「いや、やっぱ巨乳に越したことはないだろ。
     揉んだ時の満足感とか桁違いじゃん」
(,,゚Д゚)「お前童貞の癖に満足感とか判るのかよ」
まあ、俺も童貞なんだけど。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:21:40.13 ID:VXmtqj14O
支援

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:22:04.56 ID:QHiWw8oHO
よく分からんが、正義が絶倫だということは分かった

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:22:49.44 ID:7PPnARTpO
支援

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:23:05.77 ID:GOPMOdvE0
  _
( ゚∀゚)「判るさ。 そもそも男ってのは本能的におっぱいの素晴らしさってのを魂で理解してるんだよ。
     お前もそう思うだろ、ショボン?」
ジョルジュがショボンに話を振った。

(´・ω・`)「ごめん、僕はおっぱいには興味が沸かないから」
  _
( ゚∀゚)「何だあ? お前ツルペタ好きだったのかよ。
     このロリコンめ」
(´・ω・`)「失礼な。 幼女なんかもっと興味が無いよ。
      ……正確に言えば、僕の好みのタイプにはおっぱいが無いってことさ」
  _
( ゚∀゚)「?」
(´・ω・`)「いや、何でもない。 今のは忘れてくれ。
      さて、それじゃあそろそろお菓子を持って来ようか。
      お茶を淹れてくるからちょっと待っててくれ」
そう言って、ショボンは立ち上がって部屋から出て行った。
部屋の中に、ジョルジュと俺だけが残される。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:23:13.22 ID:ZRG+Gqv+0
■■■本日出陣!全員集合■■■

2ch全板トーナメント 5/19 VIP初陣
VIPにふさわしい大勝利を!
詳細は今日だけ優しいVIPPERに聞け。とにかく本スレへ

【本日5/19】●2ch全板人気トーナメント in VIP●【VIPの投票日】
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1211122827/

うpはもう始まってるよ。遅れるな!!
http://akm.cx/2d2/src/1211127529270.jpg

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:23:31.11 ID:W7x4Em6iO
>>26が俺の思いを雄弁に語ってくれた
ロwwwマwwwネwwwスwwwクwwwwww

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:25:32.80 ID:WzfvLk1iO
( ΦωΦ)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:25:53.99 ID:GOPMOdvE0
  _
( ゚∀゚)「あー、空から巨乳の女の子が降って来ねーかなー」
(,,゚Д゚)「毎日お祈りしてみたらどうだ?
    ほら、信じる力は無限大って言うし」
  _
( ゚∀゚)「アホかお前は。
     現実にんな事が起こる訳ねえだろ」
(,,゚Д゚)「お前から言い出したんだろ……」
自分から話を振っておいて、身勝手な奴だ。
  _
( ゚∀゚)「ところでさ、ネコミミってあるじゃん。
     あれ、構造的にはどうなってるんだ?
     たまに人間の耳とネコミミが両方ついてるキャラとかもいるし」
(,,゚Д゚)「思いっきり話に脈絡が無いな。
    そして答えは一つだ。 知るか。
    構造も糞も現実にそんなのがいる訳ねえだろ」
ていうか、いたら怖い。
もしそんなのが目の前に現れたら、
萌えとか云々以前に全力で逃げると思う。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:28:03.70 ID:WzfvLk1iO
  _
( ゚∀゚)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:28:07.25 ID:GOPMOdvE0
  _
( ゚∀゚)「「あー、でもウサミミも捨て難いなー」
(,,゚Д゚)「うどんげの同人誌でも買ってろ」
吐き捨てるように言ってやった。
  _
( ゚∀゚)「贅沢は言わないから、ネコミミで巨乳で金持ちで可愛い女の子がいきなり俺の目の前に現れて、
     『あなたが好きです、セクロスして!』って言われたい。
     で、結婚して子供は3人作って対面座位でラブラブエッチ」
(;,,゚Д゚)「…………」
駄目だこいつ……
早く何とかしないと……

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:29:56.61 ID:WzfvLk1iO
| ^o^ |

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:29:57.76 ID:GOPMOdvE0
(´・ω・`)「お待たせ」
と、ショボンがお盆を持って部屋に戻って来た。

助かった。
あのままこの変態の相手をしてたら、
心の病になるところだった。
  _
( ゚∀゚)「お、来た来た」
ジョルジュと俺はお盆を覗き込んだ。
お盆の上には、湯気の立つ紅茶とケーキが乗っている。

(´・ω・`)「さ、遠慮しないで食べてよ」
(,,゚Д゚)「言われなくても。 いただきまーす」
奪い取るようにお盆の上からケーキと紅茶をひったくって、
ケーキを口に頬張った。
口の中に、上品な甘味とえもいわれぬ風味が広がる。
  _
( ゚∀゚)「! 美味いな、これ!」
ジョルジュと俺は思わず舌鼓を打った。

(´・ω・`)「そいつは良かった。
      さ、冷めないうちに紅茶も飲んでよ」
(,,゚Д゚)「ああ」
口の中のクリームを洗い流す為、
熱い紅茶を口に含んだ。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:30:54.23 ID:mWM+pr9OO
…で部屋のゴミ箱から渡辺さんが出てくるのか

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:31:08.82 ID:WzfvLk1iO
(#≠Å≠)

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:31:20.41 ID:GOPMOdvE0
(,,゚Д゚)「……? 変わった味の紅茶だな」
(´・ω・`)「そりゃ、くすr……じゃなくて、隠し味を入れてるからね。
      口に合わなかったかい?」
(,,゚Д゚)「いや、そんなことはないけど……
    ふあ〜あ……」
と、急に強い眠気が俺を襲った。

変だな。
まだ眠くなるような時間なんかじゃないのに……
  _
( ゚∀゚)「う〜ん…… むにゃむにゃ……」
見ると、ジョルジュも既に寝息を立て始めている。

俺も、何か……意識が、遠のいて……

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:31:25.80 ID:I+/n8TBw0
正義の成功がでかかっただけに過剰に期待し過ぎたかな・・・

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:32:06.64 ID:WzfvLk1iO
( ><)

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:32:47.92 ID:7PPnARTpO
支援

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:32:48.54 ID:WzfvLk1iO
( ´∀`)

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:32:51.98 ID:GOPMOdvE0


             *          *          *


(´・ω・`)「くくくくく……」
完全に眠りこけたギコとジョルジュを見て、
ショボンが含み笑いを漏らした。

(´゚ω゚`)「アーッハッハッハッハッハハッハッハァーーー!!」
やがて堪えきれないといったふうに、
高らかに笑い声を上げるショボン。

その瞳は、欲望に爛々と輝いている。

(´゚ω゚`)「どうだい、ギコ、ジョルジュ!
     僕特性の睡眠薬入り紅茶の味は!」
ショボンがその効き目に満足そうな顔を見せる。

そう、全てはこの時の為だった。
この時の為に、彼は今まで入念な準備を進めていたのだった。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:33:45.55 ID:5+HZeFX40
特製

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:33:50.40 ID:WzfvLk1iO
( ^ー^)

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:33:55.16 ID:l1gv5QC7O
実に、長かった。あまりにも、長すぎた

支援

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:34:19.56 ID:GOPMOdvE0
(´゚ω゚`)「待ち遠しかった……
     実に待ち遠しかったよ!
     だがそれも今日までだ!
     今こそ僕達が、真の意味で一つになる時!!」
そう言って、ショボンが自分の穿いているズボンとパンツを一気に脱ぎ捨てた。
その股間では、彼の一物がエベレストかの如き角度で反り返っている。

(´゚ω゚`)「さあて……
     問題はどちらから先に頂くか、だな……
     チョイ悪系のジョルジュか、それとも童顔のギコからか……」
品定めする様に、ショボンがギコとジョルジュを交互に見やる。

やがて、彼はギコでその視線を止め、
(´゚ω゚`)「よォし! ギコ、君に決めた!!」
そそり立つ陰茎を、ギコの方に向けた。

(´゚ω゚`)「いくぞギコ!
     僕のドリルは、天を突くドリルだ!!!」
そう叫び、ショボンがギコのズボンに手をかけようとした瞬間――

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:34:28.09 ID:mWM+pr9OO
しょぼん様wwwwww

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:35:05.21 ID:gZgaUaYRO
無茶苦茶だなww

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:35:32.30 ID:GOPMOdvE0
(;´゚'ω゚'`)「あばッ!?」
突如、ショボンの右横腹を激しい痛みが襲った。
その余りの痛みに、ショボンは思わず腹を押さえながら膝をつく。

(;´゚'ω゚'`)「な、何だこの痛みは……!?
      いや! まだだ! 今はまたとない好機!!
      この好機を逃がす訳にはいかない!!」
痛みを無理矢理押さえ込み、立ち上がろうとする。
が、痛みは最早精神力ではどうこうできないレベルにまで達しており、
彼はそのまま地面を転げまわった。

:(;´゚'ω゚'`): 「アババ!! ババッ!! ババッバアッババ!!!」
やばい。
このままでは、ガチで死んでしまう。

だが、どうする。
今の状態では、家の電話機の所までは辿り着けそうにもない。

そうだ、ドクオ達に助けを呼んでもらって――

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:36:18.38 ID:GOPMOdvE0
:(;´゚'ω゚'`): 「!!!!!」
そこで、ショボンは硬直した。

そのドクオとジョルジュは、
他ならぬショボンの睡眠薬によって熟睡してしまっているのだ。

そして、彼の家族も家にはいない。

:(;´゚'ω゚'`): 「ギ、ギコ、ジョルジュ!! 起きてくれ!!!」
ショボンが必死にギコとジョルジュを揺り起こそうとする。
が、二人はすやすやと寝息を立てたまま起きようとしない。

:(;´゚'ω゚'`): 「アアアアアバババッババッババババッバババババ!!!」
その間にも、腹痛はどんどん強まり、ショボンの体を蝕んでいく。

ある意味自業自得の結果と言えた。
ショボン自身の行動が、彼を追い詰めているのだから。

:(;´゚'ω゚'`):「ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーす!!!」
ショボンの悲鳴が、彼の家の中に響き渡った。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:37:47.01 ID:GOPMOdvE0


             *           *          *


「えー…… というわけで、ショボン君は急性盲腸炎の為しばらく入院です」
朝のホームルームで、
俺のクラスの担任の教師が淡々とした口調でそう告げた。

いつの間にかショボンの家で眠りこけていた俺が目を覚ますと、
何故かショボンが下半身を露出した状態で、
真っ青な顔で気を失っていた。

慌てて救急車を呼んで、そのままショボンは緊急手術ということになったのだが――
主治医の話では、もう少し遅かったら命が危なかったらしい。

だが、何故かショボンに対して気の毒という感情が沸いてこないのはどうしてだろう……?

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:37:47.83 ID:5+HZeFX40
ドクオとジョルジュ…?

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:38:03.63 ID:mWM+pr9OO
>>55-56ドクオ?

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:38:06.13 ID:WzfvLk1iO
('A`)?

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:38:41.38 ID:GOPMOdvE0
>>56訂正
× ドクオとジョルジュ
○ ギコとジョルジュ

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:39:06.94 ID:Uuy143mZ0
支援

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:39:14.92 ID:zUuYSSLB0
なるほど、マスク仮面二号と友達なんですね、わかります

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:39:21.91 ID:QHiWw8oHO
('A`)ヨンダ?

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:39:35.21 ID:GOPMOdvE0
  _
( ゚∀゚)「よー、今日の帰りにショボンの見舞いに行こうと思うんだけどどうする?」
後ろの席からジョルジュが声をかけてきた。

(,,゚Д゚)「ああ、いいぜ。
    見舞い品とかはどうするよ?」
  _
( ゚∀゚)「まあ、花と果物篭ぐらいでいいんじゃねえの?
     俺はそこら辺の商店街で果物篭買ってくるから、お前は花を頼むよ。
     代金はワリカンって事で」
(,,゚Д゚)「了解。 んじゃ、買い物してから病院の前で現地集合ってことでいいな」
そう言いながら、俺は財布の中を確かめた。

野口さんが5枚、か……

急な出費は痛いが、
まあ、そんな高いもの買わなくても大丈夫だろう。
何とか千円以内の花束でもあればいいのだが。

そんなことを考えながら、俺は担任の教師が何か喋っているのを適当に聞き流すのだった。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:40:12.72 ID:7PPnARTpO
支援

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:40:45.87 ID:GOPMOdvE0



(,,゚Д゚)「……とは言ったものの、この辺に花屋なんてあったっけ」
放課後、俺は街に出て花屋を探していた。

花屋なんてのはどこにでもありそうで、
実際探してみると中々見つからない。

その上普段花屋なんて利用することはほとんど無いから、
心当たりのある店すら思いつかないのだ。

(,,゚Д゚)「まあいいや。 歩いてればそのうち見つかるだろ」
しかし、どうしようか。
あんまり遅くなり過ぎても、ジョルジュが怒るだろうし……

(,,゚Д゚)「お」
と、右手の方に花屋らしき店を見つけた。

やった。
取り敢えずあの店に入ってみるか。
値段が高いようだったら、別の店を探せばいいだけだし。

そんなことを考えながら店に入ろうとして――

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:41:28.04 ID:GOPMOdvE0
(,,゚Д゚)「――――」
俺は店の出入り口で、思わず足を止めた。

いや、足だけじゃない。
動きも、呼吸も止まっていた。

その理由は――


从'ー'从


――その理由は、店の中にいた一人の女性だった。



〜To be continued...〜

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:42:04.95 ID:LlETkDbOO
支援

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:42:15.48 ID:GOPMOdvE0
次回予告



ひょんな偶然から花屋を営む女性、渡辺に出会ったギコ。
しかし、渡辺には誰にも言えない秘密があった。

从'ー'从「お願いです……
     こんなこと、もう今日で最後にして下さい……」
  _
( ゚∀゚)「フフフ…… 本気でそう言ってるんですか?
     ――では、これはどういうことです!?」

从'ー'从「きゃあッ!!」
  _
( ゚∀゚)「こんなにいやらしい汁を垂れ流して……
    やめて下さいと言われてもまるで説得力がありませんねぇ」

从'ー'从「!! 違ッ! 私は、こんな――」
  _
( ゚∀゚)「まだ自分を偽ろうというのですか!?
    いいでしょう。 貴女には、もう一度と特別に教育する必要がありそうですね!」

从'ー'从「あァ―― そんな、やめて……!」

裏社会に存在する性奴隷提供組織、組織、『淫靡館』。
巧妙に仕組まれた罠によって、渡辺はそこの肉人形となっていたのだ。

渡辺の熟れた体に、
抗い難い闇の快楽が襲い掛かる!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:42:35.89 ID:wZvdq21A0
眠い、朝までありますようにおやすみ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:43:14.58 ID:GOPMOdvE0
  _
( ゚∀゚)「そらそらそら!
     言うのです! 『私はアナルを犯されて悦ぶ淫乱な雌豚です』と!!」

从'ー'从「あっあっ、あァ……! 
     言えません……! そんな事……!」
  _
( ゚∀゚)「強情な人だ――
    ならばこれならどうです!?」

从'ー'从「ああ、駄目! そんな風にされたら、私――!」

苛烈さを増す調教!
果たして渡辺は、堕ちことなく自我を保つことが出来るのか――!?



次回、
(,,゚Д゚)彼女は年上なようです从'ー'从 第2話 『SMILE』

淫獄の扉が、今、開かれる――

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:43:30.05 ID:5+HZeFX40
嘘予告キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:44:05.92 ID:5+HZeFX40
>>72
堕ちことなく…

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:44:17.98 ID:mWM+pr9OO
乙wwwwww

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:44:38.84 ID:c4xDGSoS0
>>74疲れてるんだろうよ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:44:54.39 ID:5+HZeFX40


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:45:13.33 ID:M+ndsTbGO
乙π!
昨日の今日でwww
世界はパラレルワールドなのね

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:45:19.15 ID:zBwSpplvO
乙wwwww

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:46:23.73 ID:LlETkDbOO
乙w

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:46:29.70 ID:WzfvLk1iO
おーつ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:46:45.03 ID:7PPnARTpO
乙。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:47:25.76 ID:M7z2CGCF0
追いついたwwwww
これからに最大限の期待おおつ!!

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:47:37.82 ID:/In0REl0O


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:48:57.97 ID:vJv4pvEL0
本当にやりやがったwww
乙 前作以上のクオリティを期待している

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:49:42.75 ID:gZgaUaYRO
え?続くの?

そもそも本当に始めたことが予想外だったがww

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:50:11.80 ID:Uuy143mZ0
乙www
今回は提供は無し?

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:50:50.29 ID:ERzkToXX0


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:53:20.64 ID:zUuYSSLB0
乙ー。

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:53:58.49 ID:W7x4Em6iO
乙!
やっぱりアンタ最高だwwwwww

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 01:58:53.51 ID:GCpJPCXq0

来るの早すぎだろwww

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:04:42.47 ID:I+/n8TBw0
凡作に落ちただけじゃん
持ち上げすぎだろ
ほかの作品に目を向けてみろよ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:06:51.52 ID:d6AmtzD1O
こーいうアホ丸出しなのが似合ってるだろうよw

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:13:06.87 ID:SzRwPe1YO

なかなかのカオスっぷり

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:23:05.27 ID:Z+oWvsN2O
乙www

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:25:27.86 ID:8g+ZQng8O
ハリボテヒーロー参上!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:29:38.89 ID:EuWJGWqAO ?2BP(28)
なにがなんだかワカランwwwwwwww
普通のブーン系の投下じゃないの?

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:31:16.70 ID:EuWJGWqAO ?2BP(28)
age

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:35:37.47 ID:I+/n8TBw0
次回作の予告した時点で終わってる
作品じゃなくて作者で見に来た奴ばっかだろ
他の作品も読めと

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 02:54:24.95 ID:lEstgLElO
ファッキン乙

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 03:08:45.85 ID:DTHUi9WZO


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 03:45:06.62 ID:l7txwcaqO
約一名しつこいのがいたみたいだな

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 04:00:45.56 ID:zwuK4ZtPO
乙。

>>102
ただのアンチブーン系だろ。最近よく見かけるぞ。

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 04:35:25.45 ID:77l+mw0L0
敢えて言おう。 このノリが大好きであると
マジ乙

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 05:17:17.75 ID:v0v8we2FO
よむほ

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 05:36:42.16 ID:tO1EDF1g0
これは何の次回作なの?

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 05:59:37.37 ID:Qqoc3t5vO
>>106('A`)は正義のヒーローになれないようです
なんだぜ

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 05:59:43.51 ID:+DaFA6UJ0
>>106
正義のヒーローになれないようです

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 06:03:02.74 ID:Crp1sZPLO
絵を描いてたら気付かなかったorz

今から読む

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 06:31:10.47 ID:9SxmX8glO
さて、読む前にageとくか

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 06:59:24.44 ID:ws0F4l20O
いまからよむほ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 07:35:22.50 ID:YZaSwsMAO
まだ展開も何も無いのに凡作扱いとか

>>1

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 07:46:23.19 ID:6tIHTemwO
よむほ

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 07:58:35.46 ID:F9KY2nATO

( ゚∀゚)が止まらねえなww

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 08:19:01.12 ID:yKtuuRCYO
本当にやりやがったwwwwwwwwwww

バカスwwwwwwwwwww

おてゅ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 08:22:01.83 ID:7Q089jOuO
よむほ

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 08:52:21.85 ID:wDOsjzQ7O
どれ、読むか

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/19(月) 09:02:49.62 ID:tsXEEcvzO
ブーン系作者ブランド(笑)

信頼出来るブーン系作者(笑)



31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)