5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローゼンメイデン蒼星百合は砕けない

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:19:29.31 ID:w693ihSO0
ここはローゼンメイデンの百合妄想スレです。
絵師、文士求む。

エロ、グロ、鬼畜などは事前に注意書きをお願いします。

荒らし、煽りはスルー。


ローゼンメイデン百合アーノ パー速詰所
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1208357096/

ローゼンメイデン百合スレまとめ@wiki
http://www11.atwiki.jp/rozen-yuri/pages/1.html

VIP過去スレ一覧
http://rozen-thread.org/series/yuri/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:21:50.64 ID:w693ihSO0 ?BRZ(10150)
!vip2:heal:

前スレでありやす
http://rozen-thread.org/2ch/test/read.cgi/news4vip/1215081420/
DAT
http://rozen-thread.org/2ch/news4vip/dat/1215081420.dat
---
プチヒーローのちょっとした呪文
MP200使って回復の呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 0)
このスレは1回目に回復の呪文を受けた (-200/1000)


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:22:24.77 ID:RL2U6Ik90
いちおつ

そしてFate氏ね

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:24:00.06 ID:w693ihSO0
!vip2:heal:

前スレ落ちる直前に投下された翠蒼ヤンデレもの微エロ
http://rozen-thread.org/2ch/test/read.cgi/news4vip/1215081420/256-264
---
見習い戦士のふつうの呪文
ログインしてないです。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:24:39.43 ID:D2JQRAznO
>>1

スレストには困ったもんだな

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:24:52.74 ID:w693ihSO0 ?2BP(9950)
>>3どもですー
アレは存在無視しないと

!vip2:heal:
---
MP200使って回復の呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ -200)
このスレは2回目に回復の呪文を受けた (-400/1000)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:28:00.45 ID:112+oHcz0
一乙! 百合スゲームで立てようとしたら立ってたんだぜw

スレストのばかー!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:35:22.96 ID:112+oHcz0
一旦上げるよ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:36:51.45 ID:w693ihSO0
       ___
     く/',二二ヽ>
      |l |ノノイハ))        <翠星石たちも寝るですぅ!
      |l |.リ゚ヮ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
     ノl_|(つ (_____)
     ≦ノ`ヽノヘ≧
    .ミく二二二〉ミ

     ┌──┐
     i二ニニ二i
     i´ノノノヽ)))  
      Wリ゚ ー゚ノリ      <寝るよ。
       (つ( ̄`O、__ノ⌒ヽ
       〈__l__)        \ ))
       〈_ハ_ヽ ::    ノ:::: )
          丿        ,:'  ))
         (___,,.;:-−''"´``'‐'

          _     __
        '´   ヽ   '´   ヽ
       i´ ノノイハ))i´ノノノヽ)))
       | l|.*゚ ヮ゚ノ| W*゚ ヮ゚ノリつ
      // /  _ノ⌒⌒⌒⌒⌒⌒`〜、
    ( ̄⊂人 //⌒   ノ     ヽ)
   ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:37:19.26 ID:w693ihSO0
よく見たらIDがSO…蒼だと!?いやっほー

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:42:24.25 ID:112+oHcz0
眠くてSS書けないから寝るっほ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:46:45.03 ID:D2JQRAznO
>>11
おやすみ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:48:28.52 ID:w693ihSO0
    ___   ┌──┐
  く/',二二ヽ>i二ニニ二i 
  | |l |ノノイハ))(((ハヽヽ`i|
  | |l |つー`ノl| ハ^ヮ ^ リW| おやすみー
  ( ̄⌒ ̄ ⌒  ̄ ̄ ∪ ̄|  
.  |       ノ   ,,      |
.  |       ノ   ,,      |
 (    ,,        ノ
 ヾ_________)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:53:04.78 ID:eFEo1fFtO
スーパー紅銀タイム保守

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 00:54:54.57 ID:5Qm5WPd00
>>1もつ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:08:03.24 ID:5Qm5WPd00


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:16:36.34 ID:w693ihSO0
翠星石の尻を追いかける蒼星石

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:32:26.65 ID:D2JQRAznO
寝るほ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:33:53.48 ID:4IK797stO
>>1乙!
前スレは落ちたのか

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:37:48.03 ID:w693ihSO0 ?2BP(9750)
おとされますた/(^o^)\
!vip2:heal:
---
MP200使って回復の呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 0)
このスレは1回目に回復の呪文を受けた (-200/1000)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:38:18.75 ID:4IK797stO
と思ったけどいつもの奴に止められたのね…

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:39:50.21 ID:w693ihSO0 ?2BP(9550)
まあまったりしようよ
!vip2:heal:
---
MP200使って回復の呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ -200)
このスレは2回目に回復の呪文を受けた (-400/1000)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:40:52.51 ID:4IK797stO
次こそはまったり完走したいね

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 01:43:08.79 ID:w693ihSO0
そうだのう

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 02:09:03.80 ID:5Qm5WPd00


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 02:17:19.19 ID:112+oHcz0


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 03:02:19.15 ID:w693ihSO0


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 03:51:05.31 ID:zAcri0r4O


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 03:55:35.82 ID:w693ihSO0


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 05:40:34.24 ID:zAcri0r4O


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 07:50:54.44 ID:5Qm5WPd00


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 08:18:08.12 ID:FBQWtK5g0


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 08:18:53.28 ID:FBQWtK5g0
(´・ω・`)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 08:41:33.87 ID:112+oHcz0
おはようのほ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 08:49:08.93 ID:81gKyqwN0
ほる

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 09:19:23.70 ID:kKSw5v95O
ほる

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 09:28:30.94 ID:eFEo1fFtO
掘る

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 09:31:26.14 ID:5Qm5WPd00
>>35-37
ニダでホモなんですねわかります

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 10:04:18.33 ID:5Qm5WPd00
A

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 10:24:54.26 ID:w693ihSO0
ウェーハッハッハッ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 10:49:54.70 ID:112+oHcz0
はやめほ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 10:56:27.57 ID:20F2nrAgO
一人でしてたら蒼星石にバレて襲われる翠がみたい

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 10:57:44.91 ID:y5xfSo0xO
同意

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 11:26:28.49 ID:kKSw5v95O
蒼星石の鞄を漁ってたら雛苺の写真を見つけて怒るヤン翠キボン

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 11:38:14.79 ID:w693ihSO0
それもいいな

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 11:42:13.49 ID:5Qm5WPd00
蒼銀
雪紅
雛翠

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 11:54:34.11 ID:D2JQRAznO
おはよう

お題を募集しようか
金×雛、翠×蒼、銀×蒼の中から
鬼畜、グロ以外で

カプ制限付けて申し訳ない…

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 11:59:25.31 ID:5Qm5WPd00
翠蒼で温泉旅行!

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 12:00:16.59 ID:5Qm5WPd00
しまった!家庭教師銀蒼もみたい!

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 12:03:00.92 ID:D2JQRAznO
>>48-49
欲張りな奴めwww

とりあえず>>48把握

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 12:15:15.97 ID:5Qm5WPd00
wktk

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 12:22:56.93 ID:lPb7ge+hO
>>47
だからゴミの名前出すなって
お前のせいでスレの雰囲気悪くなるんだよ?
責任とか感じないの?

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 12:30:13.42 ID:5Qm5WPd00


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 12:51:23.08 ID:5Qm5WPd00


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 13:08:29.07 ID:5Qm5WPd00


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 13:15:30.52 ID:JLYqlkSIO


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 13:15:47.42 ID:pGrKCSZ5O


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 13:27:58.74 ID:5Qm5WPd00


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 13:43:15.06 ID:kKSw5v95O
沈むの早いな


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 14:01:20.38 ID:5Qm5WPd00


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 14:33:01.50 ID:kKSw5v95O


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 14:47:34.33 ID:kKSw5v95O
´´

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 14:54:39.68 ID:112+oHcz0
>>42,44

それ、いっただきぃー

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 15:00:33.09 ID:112+oHcz0
>>62
よく見たら双子の攻めが逆だったな…まあいいや

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 15:22:36.41 ID:112+oHcz0
書きながら干す

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 15:36:06.38 ID:kKSw5v95O
シエラレオネ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 15:49:39.49 ID:y5xfSo0xO
保守

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 15:57:43.32 ID:5Qm5WPd00
ho

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:13:47.08 ID:112+oHcz0
書きながらry

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:21:35.63 ID:5Qm5WPd00
ho

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:34:42.87 ID:5Qm5WPd00


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:37:11.96 ID:D2JQRAznO
>>48
遅くなったwwサーセンwww


『双子旅行記』


「楽しみですねぇ」
「うん」

 殆んど乗客のいない電車に、双子は揺られていた。車窓からは山や森、といった自然が見える。
 事の発端は五日前に遡る。
 とくに夏休みの予定もなく、普段通りだらだら過ごす筈だったのだが、翠星石が商店街の福引を行ったところ、見事一等の温泉旅行を引き当てたのだ。

「翠星石ってくじ運良かったんだね」
「なんか人生の運を此処で使いきった気分ですぅ……だからこそ、この一泊二日は楽しむですよ!」
「そうだね」
「(ふふふ…、今日こそ蒼星石とラブラブになって一線を……キャー)」

 子供の様にはしゃぎながら、頭の中は欲望渦巻く翠星石と、はしゃぐ翠星石に笑みを溢す蒼星石。そんな二人を乗せて、電車は走り続けていた。

―――――

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:38:00.52 ID:D2JQRAznO
>>72
「あ、此処だね」
「お、やっと着いたです…か……そ、想像以上に古いですね……」

 若干翠星石の顔が引きつった。翠星石の思い描いていたのは、もっと新しい感じのホテルだった。だが、目の前にあるのは古そうな和風の旅館。

「まぁまぁ。とりあえず行ってみよう」

 とにかく、二人は足を進める事にした。
 玄関に入ると、数人の旅館の人が出迎えてくれた。

「いらっしゃいませ。カップルですか?」
「カッ……そ、そうで…いだっ!?」
「姉妹です」

 顔を赤くして頷きそうになった姉に、妹のチョップが下った。頭を抑えて涙を流す姉をスルーし、予約していた事を告げると、二人は部屋へ通された。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:38:50.91 ID:D2JQRAznO
>>73
「わぁ……広い部屋ですぅ!」

 落ち着ける和風の広い部屋。窓から覗く広大な景色。
 先程の不満は何処へやら。すっかりお気に召した翠星石は、子供の様にはしゃいでいた。

「あちらが妹さんですか?」
「いえ、あっちが姉です」
「あらあら、すいません。可愛らしいお姉さんですねぇ」

 ちょっとした会話をしていると、はしゃいでいた翠星石が勢いよく話し掛けてきた。

「蒼星石!温泉の方行ってみるです!」
「へ?良いけど…」
「では、ご案内致しますね」

 ニコニコと微笑む旅館の人に案内され、二人は浴場に向かった。

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:39:29.75 ID:D2JQRAznO
>>74
 浴場は大浴場と呼ぶにふさわしく、広い空間だった。

「お風呂場も広いんだね」
「これなら泳ぎ放題ですぅ!」
「駄目だからね」
「わ、分かってますよ…」

 とは言うものの、翠星石の表情は残念そうなものだった。そんな翠星石に、蒼星石は溜め息を吐いた。

「と、とにかく、さっそく温泉に入るですぅ!」
「ま、まだ夕方にもなってないのに…」
「人気が少ない方がよろしいのなら、今が丁度良いと思いますよ」
「は、はぁ……」

 確かに、周りに人がいてその人達に迷惑をかけるより、人気のない内に入ってしまった方が良いだろう。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:40:07.89 ID:D2JQRAznO
>>75
「ほれ、早く脱ぐですよ!」
「ちょ…む、無理矢理脱がさないで……ど、どこ触ってるのさ!?」
「ではごゆっくり、うふふふふ〜…」

 いちゃいちゃする二人に、再びニコニコと笑みを浮かべて、旅館の人は去っていった。

―――――

「はぁ〜……生き返るですぅ〜……」

 緩みきった表情で、何やら親父臭いを呟いた。
 この大浴場で一番大きなお風呂を、翠星石は一人で独占していた。

「翠星石、いくら誰もいないからってはしたないよ」
「ん〜?じゃあ露天風呂に行ってくるですぅ〜」
「は、話が噛み合ってない……」

 人の話を聞かず、翠星石は言った通り露天風呂へ向かった。

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:41:22.12 ID:iURpOFNK0
支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:42:05.47 ID:D2JQRAznO
>>76
「……おぉ、良い景色です…」

 目の前に広がる広大な景色を見て、漸く意識がまともになったらしい。

「蒼星石ー、此処良い景色ですよー!」
「本当?」

 蒼星石も合流し、二人で露天風呂につかりながら、広大な景色を楽しんでいた。

「……来て良かったですねぇ」
「……そうだね」

 しみじみと呟く二人は、暫くそのままだったとか。

―――――

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:42:47.02 ID:D2JQRAznO
>>78
「……………」
「……まぁ、双子の姉妹ですし…下手に意識しなければ、良いんじゃないですか?」

 部屋に戻ると、二人は固まった。詳しく言うと、固まったのは蒼星石の方なのだが。
 部屋には、ピッタリくっついて並べられた布団が二つあった。ご丁寧に、近くにはティッシュ箱とゴミ箱が。
 机の上には手紙が置いてあり、「いくら若いとはいえ、明日動けるくらいに抑えて下さいね」と書いてあったのは、見なかった事にしておこう。

「……………」
「……………」
「………食堂、行くです?」
「………うん」

 二人は見なかった事にして、食堂に向かった。

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:43:45.80 ID:D2JQRAznO
>>79
 その後、本当に忘れたかの様に食事を楽しんでいた。横でニコニコしている旅館の人の視線も気にせず。
 だが、部屋に戻るとやはりその現状は変わらなかった。

「……あの人、絶対誤解してるよ……」
「いや、間違ってはないと思いますけど」
「……………」

 再び無言になり、少し視線をずらした。
 一瞬だが、翠星石には見えた。真っ赤な顔が。

「と、とりあえず寝よう……」
「…そうですね」

 ティッシュとゴミ箱と手紙は忘れて、布団に潜り込む。夏休みとは言え、夜は冷えていた。
 布団に潜りながら、チラ、と蒼星石の方を見るが、反対方向を向いて寝ていた。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:44:29.35 ID:D2JQRAznO
>>80
「(…やっぱり、一線を越えるのは無理がありますかねぇ……)」

 意気込んで来たものの、蒼星石がそれを嫌がるなら無理強いは出来ない。急ぐ事はないのだが、やっぱり気分は落ち込んでいた。

「……ん?」

 ふと、違和感に気付いた。自分の布団に自分以外の温もりを感じたのだ。

「……ふふ、」

 優しい笑みを浮かべ、その温もりを抱き締めた。

「おやすみなさい、です」
「…おやすみ」



end

82 :フェイト ◆Fate///C26 :2008/07/06(日) 16:44:41.12 ID:QwVEacYy0 ?PLT(19644) 株主優待
(´・ω・`)やあ

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:45:57.76 ID:D2JQRAznO
>>72-76>>78-81
投下終了

途中から自分で何書いてるか分からなくなった\(^O^)/
お題ありがと

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:51:59.62 ID:w693ihSO0
GJ!
>>79あたりでフイタw
ニマニマできたよ

85 :フェイト ◆Fate///C26 :2008/07/06(日) 16:57:56.93 ID:QwVEacYy0 ?PLT(19644) 株主優待
(´・ω・`)俺様舐めてると痛い目にあうよ屑共

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 16:59:43.20 ID:112+oHcz0
>>83
乙!
旅館の人が理解ありすぎでワラタw

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:04:08.75 ID:5Qm5WPd00
>>83
乙!ありがとう
見事なにやにやSSだ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:08:15.42 ID:112+oHcz0
>>63
出来たから投下するよー。ヤンデレ蒼×翠。
チョイ(?)鬼畜、微エロ注意。猿さんくんなよー

――蒼のジェラシー――

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:08:48.16 ID:112+oHcz0
「ああもう、またこんなに散らかして…」
 翠星石との相部屋である自分の部屋を見て蒼星石は呆れたように溜息を吐いた。
 お菓子は食べっ放し服は脱ぎ散らかしっぱなし、更には翠星石の机の上もグチャグチャ…。
 だらしないのは分かってた事だが、片付けるほうの身にもなってほしい。
「…まあ、だから僕がずっとそばに居てあげなきゃダメなんだけどね…」
 それでも許してしまうのは、やはり翠星石が最愛の人だからだろうか。
 双子の姉であり恋人、だからこそすべて許してしまう。
 そんな甘い自分を自嘲気味に笑い、やれやれと片付け始めた。

「あれ…なんだこれ」
 ベッド上に脱ぎ散らかされた服を片付けていると見慣れない物を見つけた。
 それを手に取り裏返してみると、それは水着姿の雛苺の写真だった。
「…雛苺? 何でこんな写真が…?」
 これは前にみんなで海に行った時に撮った写真。
 その時の写真は全員にそれぞれ渡したから、こんな写真が残っているとは思わなかった。
 ただ単に渡し忘れたのだろうかと思ったが、それにしてはシワが多く渡す物としては考えにくい。
 そもそも、なんでそんな写真がベッドの上に…?
 考えを進めていくうちに蒼星石の胸にチクチクとした棘が刺さっていくような感覚がしてきた。
 不快な感情が沸きあがってきて、無意識の内に手に力が入る。
「…何で…? 何でこんなのを…」
 嫌な想像が沸きあがってきて、それを振り払うように頭を振る。
 それからそれを忘れるように部屋の片づけを再開させたのだが、胸のモヤモヤは晴れなかった。

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:11:00.07 ID:112+oHcz0
「ただいまー。ふう、今日も部活が疲れたですぅ…」
「ああ…お帰り。遅かったね」
 部屋の片付けを終え、夕飯の準備をしていると部活を終えた翠星石が帰って来た。
「う〜ん、良い匂いですぅ。今日は何ですか?」
「今日はペペロンチーノだよ。そうそう、部屋片づけしておいたから」
「どうもありがとうですぅ」
 片づけした事を伝えると翠星石は蒼星石の頬にキスをした。
 それで蒼星石の頬も緩んだが、写真の事を思い出し不快な物が胸に沸く。
「どうしたですぅ? 何かあったですか?」
「え…いや、なんでもないよ。もうすぐ出来るからお皿出してくれる?」
「…何でもないなら良いですけど…」
 そう言いながら食器棚に向かう翠星石。
「…そう言えば…」
 その背中に思わず声を掛け、翠星石がこちらを向いた。
 だが、その顔を見て思わず言葉が詰まる。
 聞いてどうするんだ、聞いてどうなるんだ、そう冷静な頭が問い掛ける。
「何ですか?」
「…あ、いや…化学の宿題っていつまでだっけ?」
「え、来週ですけど」
「そう…ありがとう」
 適当な言葉で誤魔化し、調理の仕上げに掛かる。
 もう忘れよう、そう思いながら。

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:11:36.76 ID:112+oHcz0
 それから二人で夕食を食べ終わると、風呂が沸いたのを知らせるコールが鳴った。
「あ、お風呂沸いたみたいだね」
「そうですねぇ。食器片付けておくから先入っていいですよぉ」
「良いの? じゃあお言葉に甘えて先に入ろうかな」
「そうするですぅ」
 翠星石に片づけを任せ、着替えを持って風呂へと向かう。

 それから風呂に入りぼーっとしていると、あの写真の事がまた気になりだした。
 忘れようと思ってるのに、どうしても頭から離れない。嫌な予感がしてならなかった。
「…そう言えば最近翠星石としてないな…」
 思い返すとここしばらく翠星石と夜の営みをしてないことを思い出した。
 以前は週に少なくとも3回は体を重ねていたのに、もう2週間ぐらい体を重ねてない。
 いつも向こうから求めてくるのだが、これはもしかしたら自分からしてもらうのを待ってるのかも、と思った。
 そこであの写真がそんなに気になるのは、自分が欲求不満だからかも知れない…そう思うと納得が行くような気がした。
「たまにはこっちから襲っちゃおうかな…」
 蒼星石は笑って、今夜こっちから襲うことを決めていやらしい笑みを浮かべた。
 翠星石の喘ぎ声や肌の感触を思い出し、蒼星石の体も疼き始めた。
「…よし、今夜イっちゃおう!」
 そう意気込んで浴槽から立ち上がり、蒼星石は風呂から出た。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:12:33.34 ID:112+oHcz0
「翠星石、出たよ…って、あれ…?」
 着替え終わって翠星石を呼ぼうとリビングに行ったが誰もいなかった。
 まだ片づけが終わってないのかも、と思ってキッチンに行っても翠星石はいない。
「部屋に行ったのかな…ん?」
 キッチンを見渡すとある事に気が付いた。
 シンクに食器類がまだ洗われないでそのまま水に浸けてあった。
 普通ならもうとっくに洗い終わっても良いはずなのに、このままどこに行ったのだろうか。
「何でこんな中途半端なまま…何かあったのかな」
 疑問に思いながら、相部屋へと向かって行った。

 部屋の前まで来てドアをノックしようとした時、扉越しに変わった声が聞こえて来た。
『…あ…うん…はぁっ…』
「…翠星石…」
 ドア越しでも分かるくらいの甘ったるい声。
 なぜそんな声が聞こえてくるのか一瞬分からなかったが、写真の事を思い出し一気に全身から血の気が引いていった。
 これまで考えようとしていなかった可能性が浮かんできて、全身から嫌な汗が吹き出す。
「…いや、そんなこと、あるわけ…」
 湧き上がる吐き気を堪えながら、ドアをそっと開けて中を窺う。
 中では翠星石がベッドに座り、何か紙切れのような物を見て惚けた表情をしていた。
 その反対側の手は、スカートの中のパンツ内に潜り込ませていてそこでもぞもぞと動いている…。
 誰がどう見ても完全な自慰行為だ。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:13:09.96 ID:112+oHcz0
(…す…翠星石…)
 現実に打ちひしがれ、思わず吐きそうになる蒼星石。
 それに気付かず、翠星石は夢中で行為を続け更に甘い声を出し続ける。
「あ…ううん…! ひ、雛苺…あぁっ…!」
(雛苺…!?)
 疑問はその呟きですべてが一つに繋がり、一瞬にして理解した。
 写真の事も、最近求めてこなかった事も…そういう事だったのか。もはや翠星石の心に自分は…。
 そこまで理解して、蒼星石の心は完全に壊れてしまった。
「あっ、ああ、雛苺…ああぁぁん!!」
 一際大きい声を出し、翠星石の体が震えて絶頂を迎えたことを知らせた。
 それからぐったりして肩で息をしながらベッドに倒れこみ、うっとりした表情で手の写真を眺める。
「…雛苺…好きですぅ…」
「…そう、だったんだ」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:13:29.93 ID:112+oHcz0
 ギィ、と音を立てドアを開けて部屋に踏み込む。
 そこで蒼星石に気が付き、翠星石は慌てて起き上がった。
「そ、蒼星石!? いつからそこに…」
「…雛苺」
「っ!」
 濁りきった目でその名前を呟かれ、翠星石の顔色が一気に青くなった。
 その翠星石に一歩一歩ゆっくりと迫る。
「…最近求めてこなかったのはそう言うわけだったんだね…」
「う…あ…」
「…雛苺が翠星石の心にいるんだ…僕というものがありながら…」
「ち、違うですぅ! そんな…」
「じゃあこの写真は何!?」
「きゃあっ!」
 そう言って乱暴に翠星石の手から雛苺の写真を奪い取った。
 その写真は絶頂を迎えたときに力が入ったのか、見つけた時よりもシワが増えていた。
「…何で、何で雛苺なんかに? 僕が居るのに? ねえ何で?」
「そ、蒼星石…ご、ごめ…」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:15:07.78 ID:112+oHcz0
 パンッ!
 涙目で謝ろうとする翠星石の頬を叩き、更に胸倉を掴んでベッドに押し倒した。
 突然の豹変振りに、恐怖で翠星石の目から大粒の涙が幾つも溢れ出す。
「僕が聞きたいのはそんな事じゃないんだ…何で雛苺なんかでオナニーしてたの? 僕がいるのに…」
「ごめんなさいごめんなさい!! 許してですぅ!!」
「…答えたくないなら仕方ない。…僕の事、愛してる? 愛してるよね?」
 殺気の篭った笑みで目を覗きこまれ、翠星石は狂ったように首を縦に何度も振った。
「じゃあ、こんな写真いらないね」
「ああっ!」
 奪い取った写真を翠星石の目の前で粉々に破り投げ捨てた。
 それを見た翠星石は絶望的な顔でその欠片を拾う。
「…そ、そんな…」
「なんでそんな顔するのさ? 僕の事愛してるならいらないでしょ?」
「ひ…酷いですぅ…! えぐ…!」
 尚も破られた写真を見ながらすすり泣く翠星石。
 それにイラついた蒼星石は翠星石の顔をこちらに向けて強引にキスをする。
 更にそのまま唇をこじ開け、乱暴に口内を舌で犯していく。
 いつもとは違う、狂った愛によるディープキスに翠星石の恐怖感はますます高まっていった。
「ん、ん〜!!」
「…はぁ…まだまだ調教が必要なようだね…。君は僕の物だって事を体で教えてあげなくちゃ…」
 口を離し、狂った笑顔のまま問い掛ける。それを見て翠星石の心が絶望に支配されていった。
 もうただじゃ済まされない、その事だけを理解して。



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:16:32.27 ID:112+oHcz0
さるさん来なくて良かった。ヤンデレと言うかDVっぽい?

やっぱ20秒間隔じゃ投下のテンポが悪い…。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:18:01.54 ID:w693ihSO0
>>95おつGJ

普通にありそうだから怖い
不倫の罰って感じ?

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:19:54.40 ID:5Qm5WPd00
>>96
乙!
ヤンデレにはまってしまった

ヤンデレ万歳

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:21:04.87 ID:D2JQRAznO
>>96


独占欲って良いね!

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:36:06.72 ID:4IK797stO
>>96
乙!
蒼星石怖ぇぇw
もし怒りの矛先が雛苺に向いてたら…

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 17:49:27.28 ID:5Qm5WPd00


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:06:21.04 ID:pGrKCSZ5O


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:12:47.64 ID:w693ihSO0
>>246
翠は蒼はよばないのかよw

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:13:20.09 ID:w693ihSO0
ごばーく^o^

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:19:41.20 ID:y5xfSo0xO
やっぱり蒼翠はいいですね

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:22:15.30 ID:kKSw5v95O
>>96
乙!蒼星石は自殺しそうな危うさがあると思ってたがDVパターンもありだなー

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:24:08.98 ID:kKSw5v95O
>>83
双子うほほーい(^O^)


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:49:29.78 ID:iqgosQkYO
雛受け・銀受け・翠蒼でお題募集

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:50:56.52 ID:kKSw5v95O
蒼銀で泳ぎの練習

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:53:24.54 ID:iqgosQkYO
>>109
把握

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 18:59:58.18 ID:kKSw5v95O
イィヤッホーゥ!

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:06:01.26 ID:bAsK7GZGO
超期待wktk

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:30:52.97 ID:kKSw5v95O


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:38:29.75 ID:JLYqlkSIO
蒼「翠星石なめたい」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:46:24.45 ID:pGrKCSZ5O
いつも舐めてるだろ?

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:55:17.44 ID:JLYqlkSIO
蒼「ごもっとも」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:55:24.42 ID:iqgosQkYO
ごめん「泳ぎの練習」っていうリクには添えられなかったんだけど投下するぜ

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:56:47.82 ID:iqgosQkYO
蒼銀



飛び交う黒い羽
それを切り刻む重たい鋏
二人は自分の命を賭けたゲームの真っ最中だった


「ああしつこいわぁ、とっととやられちゃいなさいよぉ」
「それはこっちの台詞だね水銀燈」


両者一歩も譲らない闘いに見えたが、僅かに水銀燈の顔に余裕が見える


「これでくたばりなさぁい!」
「くっ…!」


襲いかかる羽に鋏だけでは対応できず、堪らず蒼星石はその場から離れた

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:57:51.42 ID:iqgosQkYO
>>118

「ちょっとぉ、逃げるならローザミスティカ置いてきなさいよぉ」
「………ッ!」
「あはは!無駄よ無駄よぉ!いくらでも追いかけてあげるわ…っ!?」


世界が変わると同時に突然声のトーンが変わる水銀燈
蒼星石は不思議に思い後ろを振り向いた


「な、なにこの世界いぃ…」


蒼星石が何も考えずに飛び込んだその世界は、透明度の高い水が流れるなんとも美しい世界だった

しかし、青く澄んだ水のように、水銀燈の顔も青冷めてゆく
さっきまで大きく広げていた羽は水銀燈の体を包むように畳まれている

蒼星石はその情況を上手く飲み込めないまま、とりあえず隙ありというかんじで鋏を水銀燈の首元にあてがった

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 19:59:27.48 ID:iqgosQkYO
>>119

「…! しまった…」
「さあ水銀燈、そのまま手を頭の上にあげてしゃがむんだ」
「い、いやよぉ…やめてぇ…」
「? ふざけるのはやめるんだ、さあ早く言われた通りに…」
「いや…やめてよぉ…」
「!?」

蒼星石はぎょっとした
あの水銀燈が涙を零している


「す、水銀燈…?」
「やめてぇ…羽濡らさないでぇ…」
「え?」
「水怖い…いやぁ…」
「はあ!?」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:00:54.05 ID:iqgosQkYO
>>120








「落ち着いた?」
「………ありがとう」
「…びっくりしたよ」
「…死にたいわぁ」


聞くと、どうやら水銀燈は水が苦手らしい
羽が濡れると力が抜け、震えが治まらないんだとか


「それじゃあ、泳ぐなんてもっての他なんだ?」
「…たしか蒼星石は、泳ぎが得意だったわよねぇ」
「お父様は、アリスは泳げる泳げないは関係ないって言ってたけどね…」
「でもいいじやない…羨ましいわぁ…」
「水銀燈、君…泳げるようになりたいのかい…?」

水銀燈は何も言わずに俯いた

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:02:03.99 ID:iqgosQkYO
>>121

「……僕が…教えてあげようか」
「……え」

水銀燈は再び顔を上げ、蒼星石と見つめ合った


「いいわよぉ…こうやって助けてくれただけでありがたいわぁ…」
「でも…泳げるようになりたいんだろう?」
「…………いいのぉ?」
「もちろんだよ」
「なんか悪いわぁ」
「いいんだよ、ふふふ」
「…何その笑い」
「君の水着姿、楽しみだよ」
「なっ……!」
「あはは、じゃあ明日からここで特訓ね?」



僕らだけの秘密の場所だよ

そう言う蒼星石に、青かった水銀燈の顔は、赤く色付いたんだとか


END

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:02:55.52 ID:iqgosQkYO
投下完了
練習前のエピソードになってしまった

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:06:13.16 ID:w693ihSO0
やり合ってたところからこういう風に…
萌えたw

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:28:01.89 ID:/wFt5BQ30
ho

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:45:33.73 ID:4IK797stO
泣いちゃう水銀燈ヤベェwww

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:45:55.26 ID:zAcri0r4O
syu

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 20:59:12.98 ID:4IK797stO
他のローゼンパートスレがポンポン落ちていく…
ここは…死守だ…

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:13:24.97 ID:4IK797stO


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:13:59.80 ID:y5xfSo0xO
それはマズイ!
死守!

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:14:37.09 ID:kKSw5v95O
>>123
乙です!
手取り足取りセクハラしながら教える蒼星石を期待してたがこっちもイイ!
濡れて弱る銀ワロタ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:22:08.13 ID:bxzae1ClO
銀パンマン!新しい羽よ!

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:34:01.11 ID:4IK797stO


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:41:43.17 ID:4IK797stO


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:43:15.73 ID:iqgosQkYO
紅「死守よ!絶対にボールを渡しちゃダメ!」

銀「これまた懐かしいアニメのコスプレねぇ」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:44:13.65 ID:112+oHcz0
紅「念のために保守しておくのだわ」

J「僕のパソコン返せ…」
雛「もうJUMよりずっとパソコンやってるのー」
翠「もう完全なインターネット依存症ですぅ…」
蒼「…どうしようもないね…」
銀「ネットジャンキーねぇ…」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:47:10.75 ID:112+oHcz0
腐女真紅保守被ってワラタw

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 21:55:39.66 ID:kKSw5v95O
雛苺にテニスをセクハラしながら教える真紅さん

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:10:28.52 ID:4IK797stO
>>138
頂きます

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:11:47.73 ID:/wFt5BQ30
銀蒼がいいよ

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:13:09.23 ID:112+oHcz0
雛銀燈シリーズ

雛「やー! ゴキブリー!!」
 キッチンで洗い物をしてた雛苺がそう叫んでリビングへと戻ってきて水銀燈に飛びついた。
銀「び、びっくりしたぁ。何事かと思うじゃなぁい」
雛「だ、だっていきなり…!」
銀「分かった分かった。私に任せなさぁい」
 水銀燈は雛苺を離し、新聞紙を取って丸めるとそれを武器にキッチンへと入っていった。
 その後ろから雛苺と雛銀燈も着いて来る。
雛銀「ねえ雛ママぁ。ゴキブリってなんなのぉ?」
雛「ゴキブリってのはね、全人類の敵とでも言う程の醜い悪魔なの」
銀「大袈裟ねぇ。どこにいたの?」
雛「さっき流し台の所にいたのよ…」
 そう言って流し台を指差すがどこにも見えない。
銀「いないじゃなぁい」
雛「ホントにいたのよ…って、いたのー!!」
 雛苺が指差す方を見ると、壁にゴキブリが張り付いて触覚をウネウネと動かしていた。
 そのおぞましい動きにあろう事か雛銀燈にまですがり付いている。
雛銀「雛ママぁ、しっかりするのよぉ」
雛「ご、ごめんね…雛ママ、ゴキブリだけはどうしても…」
銀「じゃあさっさと片付けるわぁ。…死になさぁい、このジャンク以下がぁ!!」
 一気に加速し、ゴキブリへと新聞紙を叩きつける。
 急な加速にゴキブリはなす術もなく新聞紙の前に敗れ去った。
銀「やったわよぉ」
雛「ありがとなのー! 急に出てきたときは怖かったのよ…!」
銀「もう大丈夫だからぁ、落ち着きなさぁい」
 まだ少し涙目な雛苺の頭を撫でる水銀燈。
雛銀(…銀ママがいないときはわたしがゴキブリから守るのよぉ)
 その光景を見て、雛銀燈はそう心の中で誓った。

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:14:18.10 ID:112+oHcz0
 次の日の朝。
雛「またゴキブリー!!」
 雛銀燈が幼稚園に行く準備をしているとまた雛苺の悲鳴がキッチンから聞こえて来た。
 慌てて雛銀燈がキッチンに行くと、雛苺が流し台に手を付いて体を支えていた。
雛銀「雛ママぁ、大丈夫なのぉ!?」
雛「こっち来ちゃダメなの! 雛銀燈、そっち行ったの!」
 慌てて雛苺が床を指差す。そこには確かにゴキブリがこっちに向かって来ていた。
 雛銀燈は驚いたが、昨日誓った事を思い出してゴキブリに立ち向かう。
雛銀「雛ママをいじめちゃダメなのぉー!」
 そう言ってイスに掛けてあった物を確認もせずに、それを手に取って思いっきりぶっ叩いた。
 面積の大きかったそれからは逃げ切れず、ゴキブリはあっけなく下敷きになった。
雛銀「やったのぉー!!」
雛「あ、ありがと雛銀燈…。って、それ…!」
 そこでやっとトイレに行ってた水銀燈が駆けつけてきた。
銀「大丈夫ぅ?」
雛銀「うん! わたしが雛ママ助けたのぉ!」
銀「へえ、偉いわねぇ! …って、それ私の通勤鞄じゃなぁい!!」
 ゴキブリをぶっ叩いたのは水銀燈の通勤鞄だった。その事を知って水銀燈は思わず足から力が抜けた。
銀「あ、あ…夏のボーナスで新しく買ったばっかだったのにぃ…」
雛「…あ、洗えば使えるかもなの…」
銀「こんなのもう使いたくないわよぉ! うわぁ〜ん…!」
 雛苺のためにゴキブリを退治した雛銀燈を怒るに怒れず、水銀燈はただただ途方に暮れるしかなかった。

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:15:59.48 ID:112+oHcz0
雷とゴキブリの時だけ立場が逆転する雛苺と水銀燈です。

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:30:55.86 ID:D2JQRAznO


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:44:13.95 ID:112+oHcz0
保守

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 22:48:41.42 ID:4IK797stO
鞄がジャンクになっちゃった

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:00:11.73 ID:D2JQRAznO


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:01:59.67 ID:y5xfSo0xO
雛銀燈強いWW
吹き出してしまったW

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:22:51.94 ID:112+oHcz0
保守よぉ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:26:34.85 ID:kKSw5v95O
蒼「フェデラーすきだなぁ」

翠「断然ナダルですぅ。蒼星石は男の趣味わるいですぅ」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:38:31.57 ID:112+oHcz0
巴×のり小ネタ保守

の(じー…)
巴「どうしたんですか? 私の顔そんなに見て…」
の「巴ちゃんってメガネ似合いそうだなーって思って」
巴「そうですか?」
の「よく考えたら巴ちゃんってクラス委員だし、委員長タイプにはメガネが似合うって鉄板よねー」
巴(…何だか言ってる事がオタク臭い気が…)
の「そうだ。このメガネ掛けてみて」
巴「これをですか? 良いですけど…」

 装着。
巴「うわ、結構キツイですねこれ…。似合いますか?」
の「……」
巴「…のりさん?」
の「メガネが無かったら何にも見えないわ…」
巴「……」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:39:23.59 ID:112+oHcz0
巴にはメガネが似合う。
異論は認めない。

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:47:18.24 ID:112+oHcz0
おやすみノシ

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/06(日) 23:51:07.12 ID:kKSw5v95O
のりワロタ

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 00:07:11.46 ID:xrcuJYBTO


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 00:29:36.74 ID:xrcuJYBTO


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 00:30:35.32 ID:uz2hvmC0O
保守

158 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:46:43.23 ID:xrcuJYBTO
白桃伝説投下します
エロ鬼畜となりますので苦手な方はスルー、もしくは酉をNG登録お願いします

159 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:48:09.28 ID:xrcuJYBTO
第十三話『壊れた玩具』


「お…おな…にー?」
「あらぁ…知らないのぉ?」

困惑の表情をする雛苺
どうやら本当に知らないらしいと察した水銀燈はニヤリと笑った

「水銀燈!」

意味を理解している真紅は赤面し動揺する

「面白くなりそうねぇ…」
「水銀燈…一体何を…」
「真紅ぅ…この子を押さえといてぇ」
「え…?」

雪華綺晶の頭から足をどける水銀燈
既に体と口を羽で縛り、何もできない事は明白だったが

「早くしなさぁい!」
「わ…わかったわ」

真紅は意味がわからぬまま、俯せになっている雪華綺晶の腰に跨り、左手で左手を、右手で首を上から押さえつけた
取れた右腕を見て、敵ながら同情してしまう

「ちゃぁんと押さえといてねぇ…」

160 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:49:47.97 ID:xrcuJYBTO
そう言うと雛苺の方へと歩き出す水銀燈
雪華綺晶の視線の真正面にいる雛苺の姿が、水銀燈の背中で見えなくなる
瞬間、水銀燈が何をしたいのか雪華綺晶は悟った

「うぅぅぅぅ!!」
「!…な、何!?」

唸り声を上げる雪華綺晶
無論、真紅に押さえつけられた体はビクともしない

「どうしたって言うの!?」

この状況を把握できていないのは真紅と雛苺だけだった

「うぅぅ!!ぅぅぅぅぅ!!うぅ…!!」

カラン…
その声は何かが落ちる音で失われる
それは小さな瓶…床を転がって雪華綺晶の目の前で止まった

「う…ぅ…」

間違いなく、つい先ほど自分にも飲まされた薬
それの中身が空だということは…すでに雛苺に…

「ふふ…もう出来上がっちゃってるぅ」

恐る恐る前を見る雪華綺晶
雛苺が座り込み…その目は、どこか遠くを見ていた

161 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:51:17.90 ID:xrcuJYBTO
「はぁっ…はっ…はぁっ…ぁっ…」
「残りぜぇんぶ使っちゃったからぁ…どうなるかわからないわぁ♪」

尋常じゃない呼吸
あの時に見た残量からすれば、自分が飲まされた5倍はある

「す…すい…ぎ…」

開けっ放しの口から、舌をだらんと垂らし水銀燈を見つめる
その視線すら、合っているか疑問だった

「いいカオができるのねぇおチビさぁん…立ちなさぁい」
「ぁぅっ…はぁっ…」

右腕を掴み、上に引っ張る…が、立ち上がらない雛苺
否、立ち上がれない
ガタガタと震える膝を見て、足に力が入っていない事がわかる

「いやぁ……いやぁ…」
「…立てって言ってるのがわからないぉ?」

それに気付きながらも、まだ立たせようとする水銀燈
雛苺にも立とうとする仕草は見受けられるが、どうする事もできず涙目で水銀燈のスカートをギュッと握る

(…かぁわいいわねぇ…)
「あぅ…?」

左手は雛苺の右腕を掴んだまま、もう片方の手を脇にさして背中に回し、抱き上げた

162 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:52:54.34 ID:xrcuJYBTO
「フフフ…」
「んぅ…うむぅ…う」

出ている舌に自分の舌を絡ませ、そのまま口内へと侵入する
回した手で頭も固定するが、雛苺に抵抗する様子はなかった

「んう゛ぅぅぅ!!」

それを見ている雪華綺晶だけが、精神的なダメージを負っていた
愛する者を目の前で犯されている──だけではなく、奪われたような錯覚にさえ陥る

「ぷはっ…なぁにぃ?嫉妬ぉ?」

雛苺から唇を離し、嘲笑うような眼差しを雪華綺晶に向けた
もうこの子は私の物よぉ
そんな感じがビリビリと伝わってくるような気さえした

「い…の…」
「何ぃ?」
「体…熱い…の…」

真っ赤な顔をして唾液が僅かに垂れている
そんな表情が一番水銀燈を興奮させた

「どこが熱いのぉ?」
「はぁっ…はぅっ…」
「こことかぁ?」
「ひぅっ!!」

163 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:54:18.59 ID:xrcuJYBTO
回した手がお尻へと移動する
割れ目を股の間に向かってなぞり、異変に気付いた

「やだぁ…濡れすぎじゃなぁい?こんなに染みちゃってぇ…」
「お股…熱い…の」
「おまんこって言うのよぉ?それぐらいは知ってるでしょぉ?」
「おま…ん…こ…」
「そうよぉ…フフフ」
「あっ!」

パッと手を離され、再び床へと崩れ落ちる雛苺
懇願するような眼差しで水銀燈を見上げた

「脱いで股を開きなさぁい」
「あぅ…」

下着を脱ぎ捨て、雛苺の下半身が露わになる
開かれた秘部はとてもキレイな色をしていた
雪華綺晶の声がまたうるさくなるが、無視をする
雛苺の耳にも届いてないようだった

「オナニーを教えてあげるわぁ…」

そう言い、雛苺の右手を手に取る
そのまま誘導し、自身に侵入させた

「んぁぁっ!!」
「自分の指よぉ?そのまま動かしなさぁい」
「はっ…あっ…あひゃぅ!!」
「え…もうイっちゃったのぉ?」

164 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:55:38.01 ID:xrcuJYBTO
容量オーバーの媚薬によって既に限界だった雛苺は、簡単に絶頂を迎える
全身が痙攣を起こしていた

「つまんなぁい…罰よぉ」

雛苺のリボンを解き、後ろ手に縛る
股を開いている足以外に、抵抗は許されない状況だった
そしてバイブを取り出す

「!!や…いやぁの…やぁーなの!痛いのは…やぁなの…!」

それを見るや否や、逃げ出そうとする雛苺
しかし縛られた手は使えず、力の入らない足だけをもがいても、逃げられるハズもなかった

「バイブは嫌ぁ?」
「いやぁ…なの…」

恐らくどういうモノかは理解できていないみたいだが、形状だけで痛いと判断したのだろう

「そう…なら仕方ないわねぇ…」

バイブを放り投げる水銀燈
それは雪華綺晶の辺りまで飛んで行った

「ほら…これで大丈夫でしょぉ?」

手を広げ何もないことをアピールする
しかし、雛苺の言うことを聞いたというわけではなかった
雛苺の体を掴み、反転させ、お尻を浮かさせる
いわゆるバックスタイルだが、手を後ろで縛っているため体はくの字に折れ曲がった

165 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 00:57:26.71 ID:xrcuJYBTO
「…んぁっ!」

頭に体重がかかるという事は、後ろを見れない事も意味する
下半身に何をされているか、知る術がない

「バイブは入れないから安心しなさぁい…」
「やぁ…いやぁ…の」

それでもくねりながら逃げようとする雛苺の横腹を掴む
もう片手で器用にスカートを脱ぐ水銀燈
そこには、ペニバンが装着されていた

「ただし───バイブよりもぉっと太くて長いモノを入れるけどぉ」

その先端を雛苺の秘部にあてがう

「え…?…な…なに…?」

入り口に当たる異物
指の感触でも舌の感触でもなかった

「めぐに借りた三つ目の道具よぉ。たっぷり味わいなさぁい」
「い…ぁぁぁあぁぁああぁあぁ!!!!!!」

激痛か快感か
異物、それも巨大な異物が性器から腹まで一気に貫いた

166 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:00:11.55 ID:xrcuJYBTO
「あっ…うぁっ…」
「キツキツねぇ〜半分も入らなぁい…」
「たっ…助…けっ…きら…きー…!!!!」
「呼んでるわよぉ?愛人さぁん」

相変わらず冷ややかな視線を雪華綺晶へ向けながら、容赦なく腰を打ち付ける水銀燈
入り口まで引き、子宮口まで突く
そのたびに雛苺の性器から多量の愛液が飛び散った

「あ゛ぁぁっ!!いやっ…なのっ!…きら…きー!…」
「こんな事初めてでしょぉ?うふふ…ふふふ」
「あぁぅ!!お願っ…も…やめ…!!」

突かれる度に詰まる言葉
苦しさが、辛さが、手に取るように伝わってきた

「うぐ…ぅぅぅ…」

ただ見るだけしかできない雪華綺晶は、自分の無力さを呪う
自分のミスであまりにも酷すぎる仕打ちを、愛する雛苺に与えてしまった

──涙を流す事は…許されますか?──

そして雪華綺晶は胸と太ももの違和感に気付いた

「う…?」
「あんなの見せられたら…ガマンできなくなるのだわ!」
「うぅぅ!?」

167 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:02:17.03 ID:xrcuJYBTO
上に乗っている真紅が雪華綺晶のドレスを破る
末っ子の割には割と豊富な乳房が露わになった

「あぁら〜真紅ったら大胆ねぇ」
「そんなの見せつけられたら変な気分になるのだわ!」
「うぅぅ!!ん〜!!」
「なら口ぐらいは外してあげようかしらねぇ…」

指で操作し、雪華綺晶の口を塞ぐ羽を落とす

「ぷはっ…やめてください!!やめてぇぇぇ!!」

悲痛な叫びもスルーし、真紅はバイブを手に取った

「いやぁぁぁぁ!!」
「暴れたらこの子の子宮を壊すわよぉ?」
「いやぁっ!!うぐぅっ!!痛い…の!!」

雛苺を抱え上げ、雪華綺晶の方に向ける
裏膝を持ち、足を広げさせ、下から突き上げるような格好にさせた

168 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:02:43.99 ID:xrcuJYBTO
「あぁぁぁ!!…あ…かっ…」
「ホントに壊れちゃダぁメよぉ?ウフフフ…」
「桃薔薇のお姉さまを離してぇぇぇぇぇ!!」
「あなたは自分の心配をしたらぁ?」

真紅は雪華綺晶の性器にバイブをあてがうと、濡れてもいない膣内に差し込んだ

「あ…あぁぁぁぁぁ!!!!」
「なかなか入らないのだわ」
「痛いぃぃぃ!!やめてぇぇぇ!!」
「さぁて…こっちもガンガンいくわよぉ!!」
「ぐるぢ…い…の…もう…ごめんな…さ…」
「ふふ…二人仲良くジャンクになっちゃいなさぁい…」

何度も気を失い、その度に起こされる
終わらない責めと、止まらない叫び
翠星石と蒼星石が止めに入る頃には、言葉はおろか、ピクリとも体が動かなくなっていた──

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 01:05:33.39 ID:xrcuJYBTO
投下終了
風呂入ってまだ落ちてなければまた投下します

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 01:36:39.95 ID:EmC81vT2O


171 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:42:52.48 ID:xrcuJYBTO
引き続き投下します
白桃伝説です

172 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:44:35.77 ID:xrcuJYBTO
第十三話『再会の悦び』


「…翠星石…」

蒼星石の胸に顔を埋め、泣き続けている翠星石
やがて泣き止み、体の震えが止まった

「落ち着いた…?」

より強く、抱き寄せる
仄かに香る翠星石の甘い匂い

「蒼星石…」

顔を上げて見つめ合う
そして唇が触れた

「んっ…はぁ…」
「んぅ…む…」

濃厚なディープキス
敵陣の中という思いも薄れるほど、二人の世界を作り出した
無防備だというのに、誰にも邪魔される気がしない

「どうなったの…ですか…?」
「…戦いの事?」
「…はい」
「後で話すよ…とりあえず今は…安全だから…」

173 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:46:21.13 ID:xrcuJYBTO
その言葉で緊張の糸が切れる
もっと安心を与えて欲しいと
抱きしめるだけじゃ足りないと
もっともっと近づきたいって

「蒼星石ぃ!!」
「あっ!」

蒼星石を押し倒し、抵抗しないよう両手を押さえつけた

「だ…ダメだよ…翠星石っ…!」
「ずっとずっと…ガマンしてたです」

翠星石の目はまだ涙ぐんでいた
その滴が蒼星石の頬に落ちる

「あの日…最後にした時から…ずっと…」
「翠星石…」
「チビチビ苺に犯された時は…そりゃ…少しは気持ちよくなっちゃいましたけど…」
「…」
「蒼星石にされたような幸せな気持ちには…なれなかったですぅ…」

恥じらいながら言う表情は、蒼星石の胸を高鳴らせ、やり場のない興奮に襲わせる
あっちには水銀燈がいる
…なら任せて、こっちはこっちの世界に浸ろうじゃないか
先ほどあれだけしたのに、蒼星石の心は翠星石を欲していた…

174 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:47:51.08 ID:xrcuJYBTO
「ふふ…」
「蒼星石?」
「…ダメじゃないか…僕以外で気持ちよくなっちゃ…」
「え…?」
「もう少し…お仕置きが必要かな?」

掴まれている手を解き逆に押し倒す

「ダメです。今回は翠星石のターンですぅ」
「何を言ってるんだい…?」
「蒼星石は言ったです…お仕置きだと」
「お仕置きだよ?」

翠星石は慌てる様子はなく、むしろ挑発的に微笑んだ

「それを言うなら蒼星石もダメダメですぅ」
「え?」

下になりながらも、抱きしめて蒼星石の服の匂いを嗅ぐような動作をする

「さっきから思ってましたけど…真紅の匂いがするですぅ…」
「!!」
「…どういう事ですぅ?」
「それは…」
「あいつの紅茶の香りです…それが蒼星石に染み込むという事は…」
「あ…あは…」
「…浮気…ですぅ?」

175 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:50:21.82 ID:xrcuJYBTO
キランと光る目
時折見せる策士のような眼差し
僅かに怯んだ蒼星石の隙を突き、服の中に手を入れた

「あっ!」

小さな膨らみ…
両の乳房を、小さな手が揉みほぐす

「ダメっ!翠星石!」
「許して欲しかったら言うとおりにするですぅ」

押し倒した格好のまま、下から攻めを受けるというのは何とも情けないような気分
一つの発言で完全に形勢が逆転された

「浮気なんかじゃっ…あっ!」
「言い訳は後でたっぷり聞いてやるですぅ!」

押し倒し、次は肩を掴み体重をかけ、逃げ場を無くさせる
されるがまま…蒼星石はそんな状況に追い込まれた

「悪い妹には姉が直々にお仕置きですぅ」
「ひゃう…!!」
「いつもより敏感です…薬でも盛られたですかぁ?」

冗談混じりだろうが、ヒヤリとする蒼星石

──もう効果は切れている…切れているハズなのに──

176 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 01:52:48.19 ID:xrcuJYBTO
「翠星石っ!あっ…んぁっ!!」
「蒼星石…すごく可愛いですぅ」

リボンを解き、繊細な手つきでボタンも外す
少しずつ露わになる蒼星石の体…胸の突起を軽く摘んだ

「やっ…」
「嫌がるならこれはどういう事ですぅ?それに…」
「ダメっ!そっちは…」
「濡れた後があるですぅ…やっぱり悪い子です」

翠星石を助けるためになってしまった成り行き…
理不尽な仕打ちだと感じつつ、実質は浮気のようなモノ
反省の現れか…蒼星石は無抵抗で脱がされていった

「…ん?」
「どうか…した…?」

下半身を脱がせたところで翠星石が何かに気付く
下着に挟まった一枚の羽を拾い上げた

「…水銀燈も来てるですか…?」
「え…?あぁ…うん。水銀燈が助けてくれたんだ…」
「そんなこと聞いてないですぅ…」
「え?」

翠星石の表情が曇り…再び目だけがキラリと輝いた

177 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 02:01:53.53 ID:xrcuJYBTO
「これが蒼星石の下着に挟まってるということは…水銀燈ともしやがったですか?」
「ちっ…違っ!水銀燈とは…」
「とは…?やっぱり真紅はやってたですね!」
「ひぃぃぃ!!」
「話は後でみっちり聞いてやるですぅ!!」

足を掴み、強引に蒼星石の秘部に吸いつく
クリトリスを刺激しながら入り口付近をひたすら攻めた

「あぁっ!そ…そんな…に強く…ダメぇ!!」
(蒼星石の弱点は…翠星石が一番知ってるですぅ!)
「ふぁぁぁぁぁぁ!!」

すぐに迎えた早すぎる絶頂

どうしてこんな気持ちいいんだろう…

薬?もう切れてるよ…

あぁ…そうか

何て事はない…

翠星石…だからだ…

「…翠星石…」

乱れる呼吸を整えながら、小さな声でその名を呼ぶ

「何ですぅ?」

178 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 02:03:53.59 ID:xrcuJYBTO
股の間からひょこっと顔を出す翠星石
その体を抱き寄せた

「あぅっ…蒼星石ぃ!今から姉妹会議ですよ!」
「翠星石…」

わーわーと騒ぎ立てる翠星石を力強く抱きしめる
いつしかその声も静まって行った

「…ごめん…忘れてたよ…」

耳元で囁く
…最初に言うべきだった言葉

「…ただいま…」

翠星石の動きが止まる
そして…その腕が蒼星石を抱きしめ返した

「おかえり…です…」

179 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 02:04:18.05 ID:xrcuJYBTO
少し暴走はしたが…二人は改めて再会の喜びを分かち合った

「だけど…あの事は多目に見てよ…」
「…それとこれとは話が別ですぅ」
「う〜…」
「…許して欲しかったら…次は翠星石を抱けですぅ…」
「え?」
「何度も言わせるなですぅ…翠星石を気持ちよくさせるですぅ…」

顔を真っ赤にして照れる翠星石

「…お安い御用で…」

それを見て、蒼星石は優しく微笑んだ

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:06:12.57 ID:xrcuJYBTO
再会の悦び投下終了
引き続きまして

181 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 02:06:46.53 ID:xrcuJYBTO
第十三話『その裏で』


「どうしたんだい?何かいい事でもあった?」

やけに嬉しそうな薔薇水晶の顔を見て、白崎が問いかける
返事はなくとも答えは自ずと察しが付いた

「あんなにローゼンメイデンが見つからないって怒ってたのに…よっぽどアレが気に入ったんだね」
「…」

無言で立ち去る薔薇水晶
その行き先はいつも同じ
作業室の隣。槐に与えてもらった薔薇水晶の部屋だった

「…」

ゆっくりとドアを開ける
人の部屋としては少々狭いが、ドールとしては充分な広さ
その部屋の半分の面積を、紫水晶の十字架が占めていた

「う…ぅ…」

そこに磔にされた少女、金糸雀
服と人工精霊は取り上げられ、裸で縛り付けられていた

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:08:40.88 ID:DsOOpFYk0
wktk

183 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 02:08:56.01 ID:xrcuJYBTO
「おかえりなさい…は?」
「…」
「言うとおりにしないと…お仕置き…」
「もう…やめて欲しい…かしら…」
「やめるやめないは私の決める事…」

軽く触れ合う唇
そのまま薔薇水晶は金糸雀の割れ目に紫水晶を当てる

「このまま貫いてもいいのですよ…?」
「うっ…ぅ…」
「そう…そうやって黙っていれば…いい…」

そして静かに、右手の指を挿入した

「くっ…ぅっ…!」
「濡れ濡れ…気持ちいい?ねぇ?気持ちいい?」
「いや…ぁ…」
「連日犯されて…まだそんな口を…」

左手に再び水晶を握る
指を抜くと水晶の先端を挿入した

「!!やっ…やめるかしら!それだけはぁ!!」
「痛みによる躾も…必要…」
「あぁぁぁ!!痛ぃぃ!」

尖った部分が最奥部に突き刺さる
グリグリと回したり、出し入れをする度に激痛が金糸雀の全身を駆け回った

184 : ◆HL/R/yyH/. :2008/07/07(月) 02:10:19.15 ID:xrcuJYBTO
「あっ!ぐぅ…痛ッ!!痛い!!」
「…あなたは…私のオモチャ…」
「いやぁぁぁっ!お願いだからっ…やめて…かしらぁ!!」
「なら…何でもする…?」
「する…するから…」
「いい子いい子…ふふ」

水晶を引き抜くと同時に、愛液で汚れた手を金糸雀の口に押し込んだ

「舐めて綺麗にしなさい…」
「うぐぅ!…うむっ…うぅっ!」

苦しそうな金糸雀を見ながら、何とも言えない快感に溺れる薔薇水晶

「新しいローゼンメイデンが見つかるまで…あなたは私のお人形…」

解放される日は来ないと…金糸雀自身もわかっていた

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:16:20.83 ID:86YwoOc0O
>>181
糞キム出てくんなクズが
死ね

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:16:46.38 ID:86YwoOc0O
>>183
糞キムさっさと死ねクズが

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:17:53.56 ID:86YwoOc0O
>>184
あーあまた何の存在価値もないクズのせいでスレの雰囲気が悪くなった

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:18:16.29 ID:xrcuJYBTO
終わったぁぁぁぁぁぁぁ!!

以上で白桃伝説の「本編」終了となります
以後は「番外編」という形で数話ほど投下させてい頂きます
長らく付き合って下さった皆さま、本当にありがとうございました

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 02:20:26.78 ID:DsOOpFYk0
おつっしたー

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 03:13:25.45 ID:DsOOpFYk0
っしゅ

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 04:06:12.94 ID:OofshZfGO
あじゅじゅ

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 05:18:18.11 ID:SwRRlRC9O
保守

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 05:54:20.86 ID:o6Ylq9yHO


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 06:42:23.88 ID:OofshZfGO


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 07:28:49.74 ID:OofshZfGO


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 07:40:55.02 ID:YLdeQ2viO


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 07:45:39.81 ID:z4L8iXzu0
白桃伝説乙でしたー。
番外編も期待してます

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 07:55:14.17 ID:z4L8iXzu0
夜まで残ってる事を期待しつつ、出勤ほ

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 08:30:49.17 ID:EmC81vT2O
白桃乙でした
番外編もwktkしてるぜ



200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 09:02:49.03 ID:ujtTJvPOO
白桃良かったです
乙でした!

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 10:40:37.30 ID:Hb4zcOmQ0
うほっ白桃おつでしたー
楽しみだぜ番外編

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 11:01:16.35 ID:Hb4zcOmQ0
蒼「翠星石美味しい…」

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 11:32:37.83 ID:Hb4zcOmQ0
           ♥   ♥
       ♥           ♥
         ___  ┌──┐
    ♥   く/',二二`i二ニニ二i  ♥
         |l |ノノイハ))(( ハヽ ヽ
    ♥   |l |*´ヮ`ノリ´ヮ`*リW   ♥
        ノl_|(つ介l⊂|_イ⊂)
     ♥ ≦ノ`ヽノヘ≧〈__l__〉   ♥
       .ミく二二二〉ミ〈_ハ_〉


           ♥   ♥
       ♥           ♥
         ___  ┌──┐
    ♥   く/',二二`i二ニニ二i  ♥
         |l |ノノイハ))(( ハヽ ヽ             ちゅっ♥
    ♥   |l |*´3`ノリ´ε`*リW   ♥     ちゅっ♥
        ノl_|(つ介l⊂|_イ⊂)
     ♥ ≦ノ`ヽノヘ≧〈__l__〉   ♥
       .ミく二二二〉ミ〈_ハ_〉

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 11:48:42.06 ID:+VOtmMm80
鬼畜もの最高!な俺ガイル・・・
いつからこうなってしまったのかな・・・ハハ・・鬼畜最高!!!!!

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 11:51:51.39 ID:0x9f7ghN0
>>203
       ___ 
     く/',二二ヽ>   
   ∩|l |ノ_ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ           
   ヽ |l |リ/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
    ノ .ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄   
   .(  }.  ...|  /!        
    \ }、ー‐し'ゝL _      
      \_jr--‐‐'´}    ;ーー------
        `ヾ---‐'ーr‐'"==
.      ┌──┐
      i二ニニ二i   
   ∩ i´ノノノノ ̄ ̄`ヽ、―ニ  
   ヽ Wリ/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
    ノ .ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
   .(  }.  ...|  /!        
    \ }、ー‐し'ゝL _      
      \_jr--‐‐'´}    ;ーー------
        `ヾ---‐'ーr‐'"==



  ┌──┐      _____
  i二ニニ二i    く/',二二ヽ.>
   i´ノノノヽ)))   リ|l|ノノ.イ.ハ.).)
  Wリ;;;)'Д`(;;)リ |l |リ(;;;)'Д`;(;;)l|
  ⊂    ヽつ   ⊂    ヽつ
   r'⌒  '(:i:) ⌒つ r'⌒  '(:i:) ⌒つ
  (_ノー''--*⌒´´  (_ノー''--*⌒´´
      ;:;,・;:.,;        :;,・;:.,

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 11:59:42.09 ID:0x9f7ghN0
>>9
       ___                     ┌──┐
     く/',二二ヽ>                   i二ニニ二i
   ∩|l |ノ_ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ           ∩ i´ノノノノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
   ヽ |l |リ/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:       ヽ Wリ/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
    ノ .ノヽ--/ ̄ ,.    `   ` ̄ ̄ ̄    ノ .ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄   
   .(  }.  ...|  /!                (  }.  ...|  /!
    \ }、ー‐し'ゝL _               \ }、ー‐し'ゝL _
      \_jr--‐‐'´}    ;ーー------       \_jr--‐‐'´}    ;ーー------
        `ヾ---‐'ーr‐'"==              `ヾ---‐'ーr‐'"==




  ┌──┐      _____
  i二ニニ二i    く/',二二ヽ.>
   i´ノノノヽ)))   リ|l|ノノ.イ.ハ.).)
  Wリ;;;)'Д`(;;)リ |l |リ(;;;)'Д`;(;;)l|
  ⊂    ヽつ   ⊂    ヽつ
   r'⌒  '(:i:) ⌒つ r'⌒  '(:i:) ⌒つ
  (_ノー''--*⌒´´  (_ノー''--*⌒´´
      ;:;,・;:.,;        :;,・;:.,


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:00:42.44 ID:0x9f7ghN0
>>13
       ___                     ┌──┐
     く/',二二ヽ>                   i二ニニ二i
   ∩|l |ノ_ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ           ∩ i´ノノノノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
   ヽ |l |リ/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:       ヽ Wリ/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
    ノ .ノヽ--/ ̄ ,.    `   ` ̄ ̄ ̄    ノ .ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄   
   .(  }.  ...|  /!                (  }.  ...|  /!
    \ }、ー‐し'ゝL _               \ }、ー‐し'ゝL _
      \_jr--‐‐'´}    ;ーー------       \_jr--‐‐'´}    ;ーー------
        `ヾ---‐'ーr‐'"==              `ヾ---‐'ーr‐'"==




  ┌──┐      _____
  i二ニニ二i    く/',二二ヽ.>
   i´ノノノヽ)))   リ|l|ノノ.イ.ハ.).)
  Wリ;;;)'Д`(;;)リ |l |リ(;;;)'Д`;(;;)l|
  ⊂    ヽつ   ⊂    ヽつ
   r'⌒  '(:i:) ⌒つ r'⌒  '(:i:) ⌒つ
  (_ノー''--*⌒´´  (_ノー''--*⌒´´
      ;:;,・;:.,;        :;,・;:.,


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:23:16.45 ID:o6Ylq9yHO
保守

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:34:19.90 ID:je0LEYqHO


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:34:43.13 ID:cxF4ZYIT0


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:53:23.97 ID:Obcy7VdYO


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:53:53.08 ID:SwRRlRC9O


白桃伝説乙です!
番外編が楽しみだ

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:54:04.03 ID:je0LEYqHO


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 12:58:44.92 ID:je0LEYqHO


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:13:32.20 ID:SwRRlRC9O


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:27:22.85 ID:OofshZfGO


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:37:53.03 ID:Hb4zcOmQ0


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:39:58.56 ID:SwRRlRC9O


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:48:48.01 ID:6f3GVtmS0


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:49:31.41 ID:Hb4zcOmQ0


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 13:50:49.47 ID:OofshZfGO


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 14:04:21.87 ID:je0LEYqHO


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 14:33:36.05 ID:AIuOMhi6O
素晴らしいな

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 15:05:25.72 ID:SwRRlRC9O
保守

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 16:01:20.25 ID:SwRRlRC9O


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 16:04:16.49 ID:Hb4zcOmQ0


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 16:17:17.86 ID:AIuOMhi6O


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 16:49:05.40 ID:OofshZfGO


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 17:10:35.03 ID:SwRRlRC9O


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 17:25:23.57 ID:6rBQBnXf0
百合漫画のリクエストはこちらのスレへ
たいていの漫画はアップしてくれます

http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1213978360/

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 17:54:57.57 ID:z4L8iXzu0
ただいまほ

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 18:21:33.37 ID:xrcuJYBTO
おかえりほ

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 18:41:43.02 ID:o6Ylq9yHO
保守よぉ

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 18:53:39.16 ID:SwRRlRC9O
なんとか夜まで持って良かったです保守

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 19:12:54.25 ID:xrcuJYBTO


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 19:38:33.31 ID:OofshZfGO


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 19:39:52.21 ID:AIuOMhi6O
投下無いな…
巴vsオディールvsきらきー書いてくるか…

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 19:50:51.35 ID:o6Ylq9yHO


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 19:54:21.26 ID:vXI/GrMy0
ほしゅ

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 20:09:27.11 ID:OofshZfGO


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 20:27:37.48 ID:OofshZfGO


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 20:38:36.18 ID:EmC81vT2O
早く仕事終わらないかな……

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 21:02:45.78 ID:z4L8iXzu0
ほっしゅ

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 21:03:04.53 ID:5U5I1QIpO
保守

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 21:13:49.28 ID:Hb4zcOmQ0


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 21:32:40.92 ID:z4L8iXzu0
SS書こうと思っても仕事疲れで指が動かないorz

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 21:54:17.60 ID:z4L8iXzu0
SS書けないから保守に徹する

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 21:54:27.31 ID:EmC81vT2O
仕事終わったああああああああああああ

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:00:16.87 ID:OMz32Q30O
今かいてるほ

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:09:05.71 ID:EmC81vT2O
>>249
wktkほ

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:22:09.59 ID:Hb4zcOmQ0
蒼「これからもずっと一緒さ…」
翠「勿論ですよ…」

七夕で二人誓ってそう

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:31:35.18 ID:EmC81vT2O
投下するよ
書きたかった七夕小説


『七夕』


「ふんふんふふーん」

 鼻唄を歌いながら、ご機嫌な表情で笹に紙を付けている翠星石の姿があった。
 今日は、一年に一度織姫と彦星が逢える日、なんてロマンチックな伝説がある七夕であった。一見、ロマンチックな事は毛嫌いしそうな彼女だが。

「こうして短冊に願い事を書いて笹に吊せば、きっとお星様が叶えてくれますよねぇ〜…」

 いつもより乙女オーラ八割増しな翠星石であった。

「張り切ってるね」

 そんな様子を微笑ましい表情で見守っているのは、料理に励む蒼星石。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:32:20.70 ID:EmC81vT2O
>>252
「お願いなんて書いたの?」
「あっ…!み、見ちゃ駄目です!!」

 純粋な興味で、先程翠星石が吊した短冊を覗き見ようとした。だが、何故か顔を真っ赤にした翠星石に、全力で阻止されてしまった。

「お、乙女のプライバシーを覗くんじゃねーですぅ!」
「ご、ごめん……」

 一言残すと、蒼星石は台所に向かった。

「……見せられる訳、ないじゃないですかぁ……」

 ちら、と視線を向けた短冊には、蒼星石という文字が見えた。

―――――

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:32:58.43 ID:EmC81vT2O
>>253
「翠星石の願い、かぁ……」

 願い事に関しているとは知らない蒼星石は、調理をしながら姉の願い事について考えていた。

「欲しいものがあるとか……それとも痩せたいとか……?」

 さりげなく予測として出た言葉だが、実は間違ってはいない事を誰も知らない。

「んー…………熱っ!」

 意識が完全に明後日の方向へ向いていたので、自分が火を扱っていた事を忘れていた。とっさに水道の蛇口を捻り、大した事にはならなかった。

「……考えすぎるのもあれ、かな。翠星石の願いは翠星石のものだし、僕が関与する事じゃないか」

 結論は出た。
 ようするに気にしなければ良いのだ。

「さて、料理に集中しよう」

―――――

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:33:41.49 ID:EmC81vT2O
>>254
「ごちそうさまでした、ですぅ」
「ごちそうさまでした」

 お互い自分の両手を合わせ、食べ物に感謝する。

「やっぱり蒼星石は料理上手ですねぇ」
「翠星石には敵わないけど」

 にこやかに談笑を交した。

「あ、天の川見えますかね?」
「行ってみようか」

 七夕の夜と云えば、天の川。
 そんな結論に達した二人は、庭へと足を運んだ。

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:34:03.74 ID:z4L8iXzu0
蒼「織姫と彦星は一晩しか会えない…でも、僕たちは毎日一緒だよ…翠星石…」


蒼「というわけで今晩もレッツベッドイン!」
翠「はうぅぅ〜ん…♥」

なんかごめん保守

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:34:20.21 ID:EmC81vT2O
>>255
「あ、よく見えるね」
「わぁ…綺麗です……」

 視界には、字の如く川の様な星が溢れんばかりに輝いていた。二人は暫しみとれていた。

「(………い、今なら……!!)」

 翠星石は、未だ天の川にみとれる蒼星石に向き直し、お互いの距離を縮めた。

「蒼星石」
「ん?な…」

 恐らく、何?と言う筈であっただろう唇を、己の唇で塞いだ。
 一秒が長く感じる時を過ごし、そっと唇を離した。

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:35:05.07 ID:EmC81vT2O
>>257
「織姫と彦星、今頃再会してますかね?」
「…えっ…と……多分……」

 はっきりとするべき言葉は滞り、視線が泳いでいた。そんな様子を見て、翠星石はくす、と笑った。

「さ、冷えちゃいますから戻りましょうか」
「う、うん…!」

 夜であるにも関わらず、二人の頬が赤いのはよく分かった。そんな二人は、仲良く手を繋いで屋内に戻った。
 二人が通りすぎた笹に吊された、翠星石の短冊には………否、これは画面の貴方のご想像にお任せしよう。



end

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:36:16.25 ID:EmC81vT2O
>>252-255>>257-258
投下終了

ばかっぷる話になっちまった\(^O^)/

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:36:31.19 ID:z4L8iXzu0
途中で割り込んですまんかったマジで謝るごめんよorz

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:39:14.43 ID:EmC81vT2O
>>260
イインダヨー

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:45:07.37 ID:z4L8iXzu0
許してくれてありがたう

相変わらずラブラブな双子だなぁ!

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 22:57:24.57 ID:6f3GVtmS0
>>252-258
はぁはぁ(*´Д`*)
すごくよかったです GJ!
>>255->>256
ここの急な場面展開に笑ったw

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:08:03.14 ID:xrcuJYBTO
>>259
うぉぉ…何て甘い…
オチにもモヤモヤさせられてたまらんぞい

そして同じく>>256に吹いたw
ある意味シンクロだろ

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:10:57.50 ID:Hb4zcOmQ0
本当に双子の話きたwwwwGJJJJ

>>252-259
もういいよすばらし杉ですよ
バカップル双子最高すぐる
>>256にもフイタw

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:18:34.65 ID:+VOtmMm80
水銀燈「あの二人見せ付けてくれるじゃなぁい。翠星石と蒼星石を引き裂いてやるわぁ」
真紅「そうね。この暑い時期に彼女達は暑苦しいのだわ」
水銀燈「私は蒼星石をいただくわぁ」
真紅「私は翠星石ね」


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:26:59.63 ID:Hb4zcOmQ0
翠「ひひひひひ甘いですぅ」
蒼「返り討ちって言葉があってだね…?」

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:27:47.43 ID:xrcuJYBTO
僕もちょっと>>138のシチュで書いたモノを投下します
エロなので苦手な方はスルーお願いします

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:29:10.33 ID:xrcuJYBTO
夏──じっとしていても汗ばむこの季節
その湿気は行動力を奪い、その気温は思考力を奪う
そして人は自然と冷房の効いた部屋へ閉じこもる
ここにも、そんなだらけた少女が二人、部屋で寝転んでいた──

「…だめね。このままじゃダメだわ」

不意に片方の少女、真紅が独り言を呟く

「何がダメなの…?」

それに答えるように、もう片方の少女、雛苺が口を開いた

「今年の夏は5kg痩せると決めたのだわ…こんなぐうたらしてる場合じゃない…!」
「…でもお外暑いの」
「暑いというのは裏を返せば運動するには最適という事よ!さぁ行きましょう!!」
「え!?ちょっ…真紅ぅーーー!!」

服を掴まれ引きずられるように外へ連れて行かれる
あまりにもアツい地獄の1日の幕が開けた

紅×雛
【二人でする運動】

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:30:28.69 ID:xrcuJYBTO
着いた場所は家から少々離れたテニスコートのある公園
二人でできる運動と言う事でテニスに決まったのだった
このテニスコートはラケット、ボールを貸してくれて3時間500円とそれなりに手頃
しかし人影はまったくなかった

「やっぱりこんな暑い日にテニスなんてヒナ達ぐらいなの…」
「奢ってあげるんだからつべこべ言わない!さ、始めましょう」

500円のテニスコート代なら150円のジュース3本欲しいというのが正直な感想
そんな事を考えてるとボールが飛んで来た

「ひゃう!」
「あら、ボーっとしてたら顔に当たるわよ」
「うぅぅ〜」

付き合うしかないと悟った雛苺はラケットを構える
そして真紅のサーブに合わせスイングし…豪快に空振りした

「うゃぁ!!」
「力が入り過ぎよ」
「失敗しちゃったの…」

しかし二度目、三度目と空振りを連発する
普通、素人同士でも緩いラリーの打ち合いぐらいならできるもの…
それが雛苺相手ではラリーどころかラケットにすら当たらない
さすがに真紅も心配になり雛苺に駆け寄る

「大丈夫?テニスは初めて?」
「初めてなの…」

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:31:59.41 ID:xrcuJYBTO
それでも雛苺自身は精一杯だったらしく、既に汗だくだった
しかし、これではまったく真紅の運動にならない

「仕方ないわね。…あ!」
「ほぇ?」
「何でもないわ。それより今日は私がコーチとなってあなたにテニスを教えるのだわ」
「こ、コーチ…?」
「えぇ…だからほら、立ちなさい」

雛苺の腕を掴み立たせる真紅
その胸中は興奮で満たされていた

(雛苺触り放題キタコレ…)

雛苺は汗でベタベタの腕を触られるのが嫌らしく、
さり気なく振り解こうとするが真紅はもう片方の手も雛苺の腕を掴んだ

(うぅ…汗っかきと思われるのが嫌なの…)
(雛苺の汗…ハァハァ…)

フォームを確認するためと言い、後ろから抱きしめるような格好で雛苺と密着する

「こ…こう…?」
「もう少し腰を落として…お腹は引っ込めて」

真紅も初心者故、正しいのか疑わしいフォームだが、その力強い言動に雛苺はただ身を任せるだけになる
さらに腰や腹周りを執拗に触るが、あまり気にしていないようだった

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:33:46.31 ID:xrcuJYBTO
「難しいの…」
(これは…いろいろ楽しめそうなのだわ)
「ねぇ…真紅…」
「へ?な、何?」
「他にはどうすればいいの?」
「え?えぇ、後はお尻を突き出す感じね」
「こう…?んっ…!!」

そう言いながら右手を腰から尻までなぞるように移動させ、左手は腹から胸へと移動させた

「し、真紅っ…」
「あら、どうしたの雛苺?」
「変なとこ…触っちゃやぁ…なの…」

赤面しながら上目使いで訴えてくる雛苺の表情に、真紅の理性は崩壊した

「変なとこは…こことか?」
「ひゃっ!!」

右手の指で股をさすりながら左手で胸を鷲掴みする

「やっ…やめてぇっ…!!」
「逃がさないわよ」

ガッチリと支えながら、短いパンツの中へと指を侵入する
そこにある下着が汗で肌に引っ付き、割れ目の場所を容易に探り当てる事が出来た

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:35:05.99 ID:xrcuJYBTO
「いやぁぁ!!」
「ふふ…ここが入り口ね」
「お願いだからやめてなのぉ!!」
「おっぱいはどんな感じかしら」

右手で割れ目を弄りながら、左手でテニスウェアをたくし上げる
それで雛苺を無抵抗に押さえ込む真紅は相当器用と言えよう

「あっ…いやぁっ…」
「そんな事言って…どこを立てているの?」
「ひぅぅ!」

乳首を抓りながら、意地悪そうに微笑む真紅

「そろそろ…いいでしょう?」
「えっ…何…ひあぁぁっ!!」

下着越しに感じていた指が、ついに体内に侵入した
二本の細い棒が暴れまわる感触…

「あなたの中…濡れ濡れよ?下着が蒸れてるのは汗だけじゃないでしょ?」
「い…やぁ…!!」

いくら誰もいないからと言って、野外の公共施設で犯されるのはあまりにも恥ずかし過ぎる

「真紅…お願…やめて…」

泣きそうな声も真紅の興奮を煽る一方だった

「そう言いながらどんどん濡れて来てるじゃない。本当は気持ちいいんでしょう?」

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:36:44.88 ID:xrcuJYBTO
事実、限界は迫っており、このままでは絶頂を迎えてしまう事は雛苺自身わかっていた

「ふ…あ…あぁ…」

抵抗の言葉も少なくなり、喘ぎ声が漏れ始める

(もらったわね…)

そう確信した時、目の端に人影を捉えた
咄嗟に雛苺から手を放す真紅

「ふぇ…?」

その人影は管理人で3時間経った事を伝え去っていった

「まったく…いい所で邪魔されたのだわ…」

苛立ち顔で帰りの支度をする
雛苺はその袖を軽く引っ張った

「…どうしたの?」
「真紅…その…」

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:37:27.86 ID:xrcuJYBTO
顔をさっきより赤くして俯き、静かに口を開いた

「続き…して…」

予想外の言葉に一瞬理解が遅れる
しかし意味がわかると真紅は優しく微笑んだ

「なら延長料金を払ってくるわ。覚悟なさい雛苺」

楽しそうに駆けていく真紅

「すごく…気持ちよかったの…」

雛苺は野外プレイに目覚めつつあった

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:39:21.51 ID:xrcuJYBTO
投下終了
やっぱ個人的には雛受け最高!

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:43:49.72 ID:OofshZfGO
テラGJwwwwww
たまんねぇwwwwww

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:54:14.53 ID:YLdeQ2viO
寂しい有名了解

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/07(月) 23:55:52.24 ID:SwRRlRC9O
皆さん乙です!
自分も何か投稿しようとして七夕の絵描こうと思ったんですが間に合わなかったので…別のを投下させてもらいます。

翠星石と蒼星石の子供ってことで
http://kjm.kir.jp/?p=189151

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:02:38.78 ID:htoifVLr0
>>276
俺も雛受け好きだwwGJ!

>>279
名前その手があったか!

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:20:08.90 ID:ji9SrxSM0


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:29:16.86 ID:in5QiICuO


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:33:53.68 ID:jcsqVoAV0
>>276
乙!野外プレイ覚醒クソワロタwww
確かに雛って真紅様に調教されてそう

>>279
ほう…これはまたいいものを…
双子の子供は双子かぁやっぱ
丁度二人の因子を1:3と3:1くらいになってるのww

…いつかハメ撮りの絵描いた方?

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:38:14.35 ID:MBG0QlqPO
283》いえいえ、感想頂けてどうもです。
双子ってわかって貰えて良かった。
いえ、その方とは違います。最近こちらに書き込ませて貰うようになったので。

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:40:09.91 ID:ji9SrxSM0
雛銀燈シリーズ(ちょっと長め)

外人「確かこの辺のはずなんだけど…」
 金髪の外国人が地図が書かれたメモを手に住宅街を見渡す。
 だがなかなか場所が分からず、困ったように溜息を吐いた。
外「似たような家ばっかりでよく分からないわ…人に聞こうかな…。…あれ?」
 人がいないかともう一度辺りを見渡すと、ちっちゃい女の子を見つけた。
 その風貌に驚き、思わず駆け寄っていく。

雛銀「あれー、ネコさんどこ行ったのぉ…」
 雛銀燈は水銀燈が目を放した隙に見つけたノラ猫を追っていた。
 しかしネコを見失ってしまい、寂しそうに小さく溜息を吐いた。
雛銀「ネコさん…」
外「雛苺?」
雛銀「へ?」
 不意に上から声を掛けられ、見上げると金髪の外国人が自分を見下ろしていた。
 いきなりで、しかも外人だった為雛銀燈は驚いた。
雛銀「外人さんなのぉ…え、えっと…。は、はろぉー」
 とりあえず知っている英語で挨拶をする。
外「…ううん…雛苺じゃない…よく考えたら私と同じ歳だから当たり前ね…」
雛銀「日本語だ…。あれ、ひないちご…雛ママの名前なのぉ」
外「雛ママ…という事はお嬢ちゃん、雛苺の子供?」
雛銀「そうなのよぉ」
外「驚いたわ…昔の雛苺そっくり…」
雛銀「…お姉ちゃん誰ぇ? 何で雛ママの事知ってるのぉ?」
 子供ながら怪しいと思い始めた雛銀燈はそう尋ねた。
 尋ねられた外国人は思い出したように口を開く。
オ「ごめんなさい、自己紹介してなかったわね。私はオディール。雛苺…あなたのママの古いお友達よ」
雛銀「雛ママのぉ?」

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:41:05.70 ID:ji9SrxSM0
オ「ええ。…そうだ、お嬢ちゃんのお家まで案内してくれない? ジュース買ってあげるから」
雛銀「本当!? うんいいの…ハッ!」
 ジュースに釣られて思わず何も考えないで快諾しようと思ったが、そこで前に言われた事を思い出した。

銀『いい? 雛銀燈、知らない人に声を掛けられてもついて行ったり道案内したらダメよぉ』
雛銀『なんでぇ?』
銀『その人はねえ、悪い人かもしれないのよぉ。誘拐されちゃうかも知れないわよぉ』
雛銀『誘拐!?』
銀『ええ。絶対に甘い顔したりしちゃダメよぉ。絶対に、だから』
雛銀『う、うん…』

雛銀「……」
 青い顔になってオディールから少しずつ後退りする。
 その変わりぶりにオディールの頭にハテナマークが浮かぶ。
オ「どうしたの?」
雛銀「…ごめんなさい、家知らないの…」
オ「え? いや、何で自分の家が…」
雛銀「さよーならぁ!」
オ「え!? ちょっと!」
 踵を返すとオディールから猛ダッシュで逃げ出し、オディールは思わず唖然とする。
オ「…何事?」

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:41:37.86 ID:ji9SrxSM0
雛銀(どうしよう、誘拐されちゃうのぉ! それに雛ママも知ってた…雛ママが危ないのぉ…!)
 逃げながら悪人と決め込んで勝手な妄想を頭の中で広げていく。
 必死に自分の家へ向かうが、その後ろから声を掛けられ走りながら後ろを向いた。
オ「ちょっとー! 待ってってばー!」
 向くとオディールが追っ駆けて来ているではないか。それを見てますますパニックになる。
雛銀「誰か助けてぇーーー!! 殺されるぅーーー!!」
オ「は、はぁ!? 何言い出すのあなた!?」
雛銀「銀ママぁーーー雛ママぁーー!! 助け…あうっ!!」
 ズシャアァァァ!!
 石に躓いて思いっきりスッ転んだ。あまりの痛さに立ち上がろうにも立ち上がれない。
雛銀「う、うぅ…! 痛い…!」
オ「だ、大丈夫? 派手に転んだけど…」
 転んだ隙に追いつかれ、見上げるとオディールが目の前に迫ってきていた。
 太陽で逆光になり、自分を見下ろしているオディールは、雛銀燈にはまさに悪の化身に見えた。
雛銀「たっ…助けてぇーーーー!!!」

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:42:54.07 ID:ji9SrxSM0
―※―※―※―※―

銀「困ったわねぇ。どこ行ったのかしらぁ…」
雛「水銀燈が自販機であんなに迷うからなのよ」
銀「仕方ないじゃなぁい。ビ○クルか特大ヤクルトにするか、どっちも魅力的だったんだからぁ」
雛「はぁ…もうそれはどうでも良いの。早く雛銀燈を探さないと…」
銀「そうねぇ…ん?」
 二人が雛銀燈を探していると、曲がり角から雛銀燈の声が聞こえた。
雛銀「助けてぇーーーー!!! 殺されるぅーーーー!!」
銀「雛銀燈!?」
雛「何があったの!?」
 悲鳴を聞いて思わず駆け出し角を曲がると、知らない外国人が転んだままの雛銀燈に迫っていた。
 その尋常じゃない光景に、水銀燈の怒りゲージは一気にマックスに!
銀「コォラアァァァ!! うちの子に何してんのよぉぉぉぉぉ!!」
オ「はい?」
 一気に駆け出し、鬼のような形相でオディールへ駆け出す。
 自体が把握出来ないオディールはどうする事も出来ずに立ち尽くすしかなかった。
雛銀「銀ママぁ! この人悪い人なのよぉ!」
オ「な!? 違…!」
銀「死になさぁぁぁい!!」
 その勢いのまま水銀燈のドロップキックがオディールに炸裂!
オ「ぐへぇっ!! な、なんで日本に来てこんな目に…!」
 モロに喰らったオディールはぶっ倒れながら、雛苺が遠くに居た事に気が付いた。
オ「…ひ、雛苺…」
雛「お…オディール!?」
銀「…へ…し、知り合い?」

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:43:24.89 ID:ji9SrxSM0
 水銀燈家、リビング。
銀「ほんっっっとに申し訳ありませんでした!! まさか雛苺の友達だ何て…!」
オ「い、いえ…急に話し掛けた自分が悪いんですよ…あは…あはは…」
 雛苺と復活したオディールから事情を聞いて水銀燈はひたすら謝り捲くった。
 それにオディールは乾いた笑みを浮かべながら許す。
雛「ごめんねなの…水銀燈が早合点したせいで…」
オ「いいって…これぐらいやんなきゃ誘拐から守れないから…」
雛「…でも一言電話くれれば迎えに行ったのに…」
オ「驚かそうと思ったんだけど、こっちが驚かされたわ…色々とね…」
 談笑(?)する三人の様子を、雛銀燈はキッチンからこっそり覗いていた。
雛銀(……あのお姉ちゃんに気をつけなくちゃなのぉ…)

 雛銀燈の誤解までは解けなかったようです。

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:48:58.92 ID:jcsqVoAV0
乙w
オディール無残杉ワロタwwwwww
やっぱひなぎんとーは今んとこ雛色が濃かったんだっけな

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:53:28.62 ID:ji9SrxSM0
オディールまで雛銀燈シリーズに登場。
そしてこの作品でシリーズ50作(多分あってると思う)達成。
え、えとありがとう(?)

今思えば

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/05/13(火) 21:54:12.48 ID:s7bkMioKO
引くかもしれないけど…

フタナリ銀が嫌がる雛をムリヤリ犯して孕ませるヤツを読んでみたいぜ



この書き込みがなければこのシリーズは生まれなかったんだよな…。

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:53:29.33 ID:in5QiICuO
雛銀可愛いなww変な人に声かけられても着いていったらダメって確かに皆教えられる事だけどもww
目を離した水銀燈にも責任あるけど怖ぇぇぇwww

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 00:58:48.16 ID:in5QiICuO
>>291
あ、その書き込み僕です
恥ずかしいww
僕もまさかここまで大作になってくれるとは思ってませんでしたw
あの時、擬人化かドールか聞いてくださった時ドール設定でって答えたらどうなってたんだろうと今でも思います

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:07:44.25 ID:ji9SrxSM0
>>293
自分もまさかここまで続けるとは思ってなかったよw
書いてて楽しいからこっちからもありがとうw

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:17:27.38 ID:in5QiICuO
>>294
毎回楽しみに読ませてもらってます
これからもまだまだ続けていって欲しいんだぜ

んで寝る保
おやすみなさい

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:18:14.29 ID:jcsqVoAV0
流れ蒼星石

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:31:47.05 ID:ji9SrxSM0
翠「流れ蒼星石 ゲットですぅ!!」

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:33:00.92 ID:jcsqVoAV0
蒼「嬉しいよ…翠星石!」

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:34:50.94 ID:ji9SrxSM0
よく見たらIDがSM…これはSMなSSを書けという神の訓示か!?


いや、SMは範囲外だけど…。

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 01:42:33.60 ID:jcsqVoAV0
俺 は A V だ

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 02:03:05.72 ID:ji9SrxSM0
おやすみっちゃんノシ

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 03:10:50.91 ID:wQJaXzLxO
職場からほっすほっす

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 05:25:19.13 ID:E+WPomwzO


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 06:36:16.77 ID:WEQT2vvyO


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 07:11:28.51 ID:htoifVLr0


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 07:38:48.98 ID:Rnae2ssdO
雛受けは正義

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 07:53:56.73 ID:htoifVLr0
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |   Exactly     |
  |その通りでございます |
  |              |
  |_______|
       | |
       | |  .ィ/~~~' 、
       | |、_/ /  ̄`ヽ}
       | |,》@ i(从_从))
       | | ||ヽ|| ゚ ー゚ノ| ||
       | と二{'ミ介ミ'}つ
       | | ≦ノ,ノハヽ、≧
       i_j. て` tッ-ァ- ' て


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 08:14:06.95 ID:Q2plJHZ6O
長生きだ

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 08:42:22.09 ID:8klm5wVWO
蒸し暑いかも
ほしゅ

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 09:16:02.52 ID:ji9SrxSM0
おはよう保守

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 09:31:45.24 ID:fxZRea4/O
いつ投下出来るか分からないけどお題下さい
金×雛、翠×蒼、銀×蒼の中から
鬼畜、グロ以外で

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 09:42:31.26 ID:wQJaXzLxO
夜勤明けで今から寝ようと思ったら…!
>>311

銀蒼あまあま系希望です><

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 09:44:42.27 ID:fxZRea4/O
>>312
把握〜

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 10:17:00.57 ID:ji9SrxSM0
日付が変わる頃に3日落ちだな。
久々に完走目指そうぜ。

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 10:31:03.18 ID:wQJaXzLxO
>>313
感謝!wktkしながら仮眠してくるぜノシ

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 10:39:42.47 ID:ji9SrxSM0
夜勤お疲れですぅ。

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 11:26:29.43 ID:WEQT2vvyO


318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 11:44:40.96 ID:htoifVLr0


319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 11:47:51.97 ID:jcsqVoAV0


320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 12:14:53.91 ID:WEQT2vvyO


321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 12:16:05.00 ID:lVC4CwDiO


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 12:17:14.11 ID:Ndz7WMZ60


323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 12:33:21.76 ID:SZLO9NxcO


324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 12:35:12.32 ID:htoifVLr0


325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 13:02:25.93 ID:Mn3Yuhb0O
>>311
だからいちいち糞キムみたいなゴミの名前出してスレの雰囲気悪くするのやめろっつってんだろうがこのクズが

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 13:16:26.95 ID:in5QiICuO


327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 13:54:59.80 ID:SZLO9NxcO


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 14:00:36.57 ID:WEQT2vvyO


329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 14:03:14.28 ID:SZLO9NxcO
×

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 14:07:44.66 ID:in5QiICuO


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 14:36:59.66 ID:WEQT2vvyO
ホモ蒼www

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 14:37:53.58 ID:WEQT2vvyO
間違えたw
ホモ蒼×雛www

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 15:23:08.55 ID:MBG0QlqPO
保守

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 16:03:31.30 ID:YHoUWyA1O
蒼「へぇー、星座にも『双子座』ってあるんだね」
翠「何だかロマンチックですぅ」

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 16:28:27.92 ID:WEQT2vvyO
翠「翠星石と蒼星石は双子ですけど体のつくりとか一緒なんですかね?」

蒼「さぁ…そうなんじゃない?たぶん」

翠「確かめないとわからないですねぇー(・∀・)」


336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:08:25.92 ID:E+WPomwzO
休憩ほ

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:08:59.89 ID:hFX4prkg0
ttp://rozeen.rdy.jp/up/darkrozen3214.jpg

誰か色塗りやってくれないか・・・
早く形にしTEEEEEEEEEEEEEEEE

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:09:45.40 ID:NJ4t9Xp60
>>337
ハァハァこれは期待

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:23:49.08 ID:jcsqVoAV0
すげえええええええ
ほんとにできとる…

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:33:22.76 ID:/tHHAKwrO
「ねぇ、翠星石」

「何ですか?」

「君と契約できたなら、どれだけ素敵だろうね」

「……そうですね」

「何にも頼らずに、僕たちの力で生きていけたら……」

「蒼星石?」

「二人だけで…、ね」

「そうですね……、それはそれは素敵な世界でしょうね」

「君さえいれば、……」

「貴女さえいれば、……」
http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1215505933.jpeg

他になにもいらない。

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:52:59.26 ID:in5QiICuO
>>337
うぉぉぉぉぉぉ!!
これが例のヤツか!?
若干ムリヤリ犯されてる感がある雛苺の表情がたまらん!!

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 17:57:08.70 ID:jcsqVoAV0
>>340
素晴らしい…素晴らしい…素晴らしい
この相思相愛でドロドロっぽい双子がたまらん

でも自分達以外無くなったら比較対象が無くなって
ああ何言おうとしたかわからんくなった云々

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 18:05:07.68 ID:in5QiICuO
>>340
この二人なら二人だけでやっていけそうだ…が、蒼がちょっと危ない雰囲気出してるな…ゴクリ

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 18:47:11.81 ID:SZLO9NxcO
>>340
ああわかりました、このあと究極ふたり遊びですね

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 19:14:33.66 ID:WEQT2vvyO
ふぅ…

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 19:41:31.50 ID:in5QiICuO


347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 19:44:55.51 ID:SZLO9NxcO


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 19:51:34.64 ID:htoifVLr0
>>337
うはwwww
これはwwww
みwなwぎwっwてwきwたw

>>340
百合たまんねー

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 19:53:36.58 ID:hFX4prkg0
ttp://rozeen.rdy.jp/up/darkrozen3215.jpg
背景が思いつかなかったよ

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 20:08:31.85 ID:in5QiICuO
>>349
やぁぁぁぁぁぁばぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!
この表情ヤベェェェェ
縛られてるとことかドツボだわ…
早くやりたい…です…

背景はフローリングの床とかベッドとかかい?

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 20:26:05.93 ID:in5QiICuO


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 20:45:33.57 ID:htoifVLr0
>>349
さらにktkr
wktk

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 20:45:52.58 ID:in5QiICuO


354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 20:52:35.61 ID:htoifVLr0


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 20:55:34.45 ID:in5QiICuO
この画像だけでいろんな妄想が膨らんでしまう…

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 21:04:55.50 ID:htoifVLr0
ゴクリ

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 21:20:30.36 ID:ji9SrxSM0
本当にゲーム進行してる…!
有言実行のあんたに惚れた

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 21:20:42.98 ID:htoifVLr0
ほおおおおおおおおおおおおおおおおお

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 21:36:50.50 ID:htoifVLr0


360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 21:40:36.07 ID:ji9SrxSM0
あと3時間足らずでこのスレも三日間完走だな

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 21:58:20.83 ID:ji9SrxSM0


362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:01:44.39 ID:SfV4QRaJ0
蒼星石と少し早めのそうめんを食べた。
おいしい?
うんおいしいよマスター
スキあり!ジャボン!
蒼星石はつゆに顔を突っ込んだ。
わなわな震えてなかなかつゆから顔を上げない蒼星石可愛い

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:10:48.23 ID:in5QiICuO


364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:15:52.29 ID:Ndz7WMZ60
翠星石と少し早めのそうめんを食べた
おいしい?
に、人間にしてはまぁまぁ上出来だと思うです
と言いつつ、顔を伏せて照れる翠星石
スキあり!ジャボン!
翠星石はつゆに顔を突っ込んだ。
ところが、どうした事か、なかなかつゆから顔を上げない
しばらく見ていると、その内翠星石は体中からプシューという音をたて
次第しだいにしぼみ始め、ついには消えてしまった
後に残ったのはいつもの見慣れた、独り暮らしの男の散らかった部屋だけだった

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:33:46.25 ID:in5QiICuO


366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:37:15.03 ID:ji9SrxSM0
雛「翠星石、何飲んでるのー?」
翠「フ○ンタのふる○るシェイカーですぅ。雛も飲むですか?」
雛「うん、ありがと翠星石! これを振るの?」
 シャカシャカシャカシャカシャカ!
翠「ああ、そんなに振ったら…」
雛「うえ…気持ち悪いの…美味しくない…」
翠「仕方ない、これと代えてやるですぅ。ほら、よこすです。今度は気をつけるですよ」
雛「うん…」


翠「さぁさぁ雛苺が口付けたふるふるシェイカー! まずは1万からですぅ!」
蒼「2万!」
銀「私は5万よぉ」
紅「なら私は6万出すわ」
金「社会人がミーディアムな私をなめるなかしら! 20万!」
紅「に、20万!?」
雪「ふ…OLの財力などたかが知れてますわね…100万!!」
蒼銀紅金「100万円!?」
翠「雪華綺晶にハンマープライスですぅ! ほれ、交換ですぅ!」
雪「はい、100万円確かに。ふふふ…これが桃薔薇お姉さまが口付けた…あれ、カラッポ…」
翠「ちなみに中身は私が全ていただいたですぅ。100万円、ありがとですぅ〜♪」
一同「……」

一同「お前のローザミスティカよこせぇぇぇぇ!!」

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:42:14.48 ID:in5QiICuO
雛苺モテすぎ&翠星石頭いいなオイwww
雪華綺晶…脱ぎたて下着とかなら破産しても買いそうだw

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:44:38.19 ID:Rnae2ssdO
きらきーはどっから金持ってきたんだwww

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:46:47.29 ID:Mn3Yuhb0O
>>366
あーあまた何の存在価値もないクズのせいでスレの雰囲気が悪くなった

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 22:59:08.07 ID:SfV4QRaJ0
>>366のIDを見て実紅を思い出した。

わなわな震えてなかなかつゆから顔を上げない蒼星石可愛い
あんまりかわいいから頭の上に割り箸置いてやった

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:00:14.34 ID:in5QiICuO
もうちょっとで完走だな

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:14:09.47 ID:Q2plJHZ6O
ガンバローゼン

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:34:45.88 ID:htoifVLr0
uuuu

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:41:00.02 ID:MBG0QlqPO
保守

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:46:03.61 ID:WEQT2vvyO
翠星石「蒼星石とお風呂入りたいですぅ…」

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:46:40.44 ID:I+pO0yGmO
やあ、君にはおしりがかゆくなる「おしりかいかい病」になった
たぶん一年以上は絶対治らない
しかしひとつだけ治療する方法がある

http://orz.2ch.io/p/-/yomi.bbspink.com/ascii2d/1213344651
この↑のスレに

>>427>>426が読めない馬鹿


と書き込むんだ、検討を祈る

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:47:00.45 ID:SfV4QRaJ0
翠「スキあり!ですぅ!ジャボン!」

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:57:01.69 ID:WEQT2vvyO
雛苺「翠星石が織り姫様で蒼星石が彦星様なのー」

蒼星石「^^^」

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/08(火) 23:59:33.43 ID:E+WPomwzO
完走までほ

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:10:34.97 ID:Yl4FtvD6O
最後のレスなら翠星石が蒼星石に夜這い

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:11:57.82 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:16:00.31 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら皆で雛苺を輪姦

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:17:22.56 ID:2CKSxkA+0
最後のレスなら蒼がみんなに夜這い

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:18:44.19 ID:Rr5IlAtl0
最後のレスなら雛苺の肛門にチャッカマン入れて点火する

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:19:16.99 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆でティーパーティー

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:19:31.03 ID:Yl4FtvD6O
最後のレスならのりが巴に夜這い

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:19:55.50 ID:ojjRuXB50
最後のレスなら雛苺の肛門にビール瓶つっこむ

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:20:54.09 ID:bd8ew9Ca0
最後のレスなら雛苺の肛門に手を突っ込んで内臓引きずり出す

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:21:42.06 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら真紅が雛苺に痴漢プレイ

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:21:43.14 ID:Yl4FtvD6O
最後のレスならめぐが看護婦襲う

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:21:41.96 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が蒼に夜這い

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:21:45.24 ID:esZe7wEv0
最後のレスなら雛苺の金玉蹴り上げる

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:22:24.13 ID:Yl4FtvD6O
なかなか最後にならねえwww


394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:22:36.27 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺に頭から硫酸ぶっかける

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:22:57.11 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆でティーパーティー

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:23:32.97 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の頭を万力で潰す

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:23:59.93 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:24:10.26 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら雛苺受けが流行る
あと虐待厨が死ぬ

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:24:16.18 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の四肢切断

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:24:55.57 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら雛苺受けが流行る
あと虐待厨が死ぬ

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:24:58.46 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の顔面切り取る

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:25:04.26 ID:Yl4FtvD6O
三日落ちなくなったのか?

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:25:08.65 ID:EfsMdvXmO
最後のレスならみんなで蒼を奪い合う

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:25:24.10 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の肛門に手を突っ込んで内臓引きずり出す


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:25:45.19 ID:2CKSxkA+0
最後のレスならみんな大乱交パーティ

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:26:10.45 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の両眼えぐりだす

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:26:13.42 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら大乱交

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:26:42.28 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の鼻をそぎ落とす

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:26:51.68 ID:sdbMmZWOO
誰と誰?
そんなの百合スレ住人なら分かるよね
http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1215530743.jpeg

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:26:58.58 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら大乱交

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:27:14.30 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺の歯をペンチで全部抜く

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:27:16.35 ID:Yl4FtvD6O
このまま1000いくかww

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:27:21.61 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら雛苺受けが流行る
あと虐待厨が死ぬ

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:27:47.22 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら雛を奪い合う

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:27:58.14 ID:sdbMmZWOO
投下するタイミング間違えたかな

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:28:09.84 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺を煮えたぎる釜に落として煮る

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:28:22.35 ID:Yl4FtvD6O
1000ならハローワークにいく

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:28:29.38 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら雛を奪い合う

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:29:08.08 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺が真っ赤に焼けた鉄板の上で蛸踊り

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:29:32.24 ID:Yl4FtvD6O
>>409
服がイイ(・∀・)

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:29:32.50 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら雛苺受けが流行る
そして虐待厨が死ぬ

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:29:33.28 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら乱交パーティー

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:29:48.85 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺がダンプに引かれて内臓露出

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:30:08.61 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら蒼の奪い合い

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:30:31.74 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:30:49.42 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺が天然痘にかかる
あと雛受け厨が死ぬ

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:31:02.60 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら皆で銀様奪い合い

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:31:08.81 ID:2CKSxkA+0
最後ならみんなで紅をレイプしようとして全員返り討ち

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:31:32.80 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら乱交パーティー

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:32:02.24 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺が土佐犬に食われる
あと雛受け厨が死ぬ


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:32:26.33 ID:eyDri2LpO
>>409
一瞬で流されたがコレはいい蒼翠w

最後のレスなら荒らしが絶滅する

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:32:28.86 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら乱交パーティー

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:32:36.11 ID:Yl4FtvD6O
おいwwwおまえらwwwほんとに1000行く気かwww

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:32:37.26 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:32:50.75 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスなら雛苺がハンセン病にかかる
あと雛受け厨が死ぬ


436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:33:20.60 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:33:28.84 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら乱交パーティー

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:33:44.01 ID:t6Xm6ITy0
最後のレスじゃなくても雛苺がエイズにかかる
あと雛受け厨も死ぬ


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:33:55.13 ID:EfsMdvXmO
最後のレスならみんなで銀様奪い合い

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:01.12 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:12.92 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:35.08 ID:EfsMdvXmO
最後のレスならみんなで牛丼食べる

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:37.35 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:38.60 ID:ystewcJF0
おまえらwwwwwwwwwwwwww

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:38.80 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:34:59.47 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:35:04.91 ID:ystewcJF0
>>450なら>>1000までいく

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:35:09.79 ID:eyDri2LpO
さっさと落ちて欲しいな〜
次は金曜か
それまでにネタを貯めとくんだぜ

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:35:19.58 ID:EfsMdvXmO
最後のレスならみんなで牛丼奪い合う

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:35:30.85 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:35:42.59 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:07.51 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ
回避不可

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:10.33 ID:EfsMdvXmO
最後のレスならみんなでパーティー

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:13.18 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:28.34 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ
回避不可

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:33.76 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:38.26 ID:EfsMdvXmO
最後のレスならみんなでパーティー

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:36:49.21 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ
回避不可

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:37:00.12 ID:ystewcJF0
付加wwwwwwwwwwwきめえwwww

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:37:01.24 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:37:09.56 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が死ぬ
回避不可

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:37:23.39 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら翠星石が真紅に拘束されて調教される

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:37:31.54 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら皆が真紅に夜這い

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:37:44.27 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:05.14 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:24.15 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら翠星石が真紅に拘束されて調教される

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:26.54 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:39.77 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら牛丼食いたい

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:47.63 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:54.62 ID:ystewcJF0
最後のレスなら薔薇水晶が百合水晶に

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:38:56.86 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら真紅が皆に夜這い

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:39:09.68 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:39:20.15 ID:eyDri2LpO
アホらしくなってきたwww

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:39:28.85 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら真紅が皆に夜這い

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:39:39.45 ID:Yl4FtvD6O
まだあるw

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:39:49.68 ID:EfsMdvXmO
最後のレスなら皆でお泊り

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:39:53.26 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:40:02.77 ID:KjnBqf7i0
最後のレスなら真紅が皆に夜這い

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:40:32.35 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:40:37.77 ID:2CKSxkA+0
ホントにこのまま1000目指そうぜwww

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:40:49.15 ID:ystewcJF0
>>476
それいいな
夜に何かありそうだ

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:41:09.69 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日死ぬ
回避不可

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:41:08.19 ID:eyDri2LpO
会費負荷(笑)

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:41:47.20 ID:2CKSxkA+0
最後のレスなら巴とみつがのりの奪い合い

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:43:10.56 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:43:32.26 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可


487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:43:35.59 ID:ystewcJF0
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |                                
        /    ! +    。     +    +     *         
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――  

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:44:04.53 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:44:06.82 ID:2CKSxkA+0
最後のレスならのりが媚薬入り花丸ハンバーグを作る

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:44:17.00 ID:eyDri2LpO
最後のレスなら雛受けが流行る

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:44:55.00 ID:2CKSxkA+0
キリがねえwwww

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:45:44.40 ID:Yl4FtvD6O
最後のレスなら翠星石が蒼星石と入れ代わる

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:45:53.91 ID:2CKSxkA+0
さすがにみんな飽きてきたな


最後のレスなら職人がもっと増える

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:46:42.40 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:47:06.76 ID:Yl4FtvD6O
最後のレスなら翠星石と蒼星石と入れ代わる

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:48:07.71 ID:Yl4FtvD6O
最後のレスなら翠星石と蒼星石が入れ代わる

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:48:09.36 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:48:11.62 ID:eyDri2LpO
飽きたな

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:49:23.49 ID:t6Xm6ITy0
雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:49:31.84 ID:zINMhPA5O
今北
なんだこの流れは…たまげたなあ

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:49:42.89 ID:2CKSxkA+0
次は金曜! いっちょ長いやつを書いてくるぜ!

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:49:46.40 ID:Yl4FtvD6O
三日おち無くなったのかな?じゃあ普通に↓から再開

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:50:19.93 ID:eyDri2LpO
>>501
期待して待ってるぜ!!

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:51:29.34 ID:eyDri2LpO
あるんじゃない?
他スレでは完走乙とか言い合ってたっぽいけど

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:51:45.61 ID:t6Xm6ITy0
再開でも雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:55:07.02 ID:eyDri2LpO
まぁこのまま落とした方がいいのかもしれんね

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:55:27.09 ID:2CKSxkA+0
ヒートアップしてたが>>409が素晴らしい

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 00:57:16.75 ID:t6Xm6ITy0
このまま落ちても雛受け厨が今日苦しんで死ぬ
二度と此処に来れない
回避不可

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/09(水) 01:02:20.02 ID:sdbMmZWOO
金曜までに蒼翠キスシリーズ五つしあげる
>>409みたいなの

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)