5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローゼンメイデンうふふ、真紅のお百合さぁん

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 06:25:40.92 ID:76AeKIqN0
ここはローゼンメイデンの百合妄想スレです。
絵師、文士求む。

エロ、グロ、鬼畜などは事前に注意書きをお願いします。

荒らし、煽りはスルー。


ローゼンメイデン百合アーノ パー速詰所
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1208357096/

ローゼンメイデン百合スレまとめ@wiki
http://www11.atwiki.jp/rozen-yuri/pages/1.html

VIP過去スレ一覧
http://rozen-thread.org/series/yuri/


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 07:02:06.39 ID:LQrD4xo8O
いちもつ
意外なスレタイだw

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 07:41:44.07 ID:PH4ep7Q20
紅「素晴らしいスレタイね。水銀燈、早速まぐわりまくりましょう」
銀「はあぁぁぁ〜ん♥」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 07:56:17.35 ID:PH4ep7Q20
出勤ほ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 08:03:55.61 ID:wnUpGc1KO
スレスト仕事しろよ・・・

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 08:48:43.41 ID:Z0MDGaSLO
>>1

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 08:53:36.88 ID:YKnqLykH0
いちもつなのだわ!
いちもつですぅ!
いちもつだね!
いちもつよぉ!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 09:18:30.96 ID:YKnqLykH0


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 09:59:37.74 ID:BFvVjF9pO


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 10:01:49.73 ID:sp02o2EBO


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 10:02:24.33 ID:8ZZZgXG/0
×

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 10:39:22.70 ID:BFvVjF9pO


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 10:43:57.04 ID:8ZZZgXG/0


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 10:48:21.35 ID:WWcY6xX6O
ワロタ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 10:59:55.80 ID:YKnqLykH0
蒼「なんじゃそりゃああああああ!!」
ワロタ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 11:57:54.85 ID:BFvVjF9pO


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 12:17:34.84 ID:7T2vaNTPO
いちおつ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 12:57:33.30 ID:U0Sin9w3O
保守

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 13:14:38.34 ID:LQrD4xo8O
休憩保守

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 13:23:48.59 ID:LQrD4xo8O
休憩終わる☆

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 13:54:44.09 ID:BFvVjF9pO


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 14:26:12.51 ID:76AeKIqN0
×

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 14:35:34.18 ID:+eQZ+qMSP


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 14:48:12.66 ID:8ZZZgXG/0


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 14:50:16.74 ID:76AeKIqN0
×

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 14:59:28.32 ID:YKnqLykH0


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 15:27:18.27 ID:UWmVTrEYO


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 15:32:05.68 ID:8ZZZgXG/0


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 15:33:52.27 ID:YKnqLykH0


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 15:52:05.71 ID:76AeKIqN0


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:05:31.28 ID:WWcY6xX6O


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:06:57.20 ID:BFvVjF9pO


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:13:49.68 ID:YKnqLykH0


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:17:54.41 ID:8ZZZgXG/0


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:18:07.72 ID:YKnqLykH0


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:45:31.58 ID:YKnqLykH0
は、禿だとッ!?な、ナニを言うだァー!!?

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 16:59:08.53 ID:8ZZZgXG/0
乳酸菌とってるぅ〜?

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 17:11:25.86 ID:U0Sin9w3O
保守

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 17:35:08.72 ID:BFvVjF9pO


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 17:46:16.07 ID:YKnqLykH0


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 18:23:50.14 ID:YKnqLykH0


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 18:32:40.70 ID:LQrD4xo8O


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 18:50:20.37 ID:B/HbkO5+O


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 18:54:33.44 ID:8ZZZgXG/0


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:02:50.04 ID:WWcY6xX6O


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:05:29.07 ID:8ZZZgXG/0


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:19:46.22 ID:YKnqLykH0


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:21:39.44 ID:8ZZZgXG/0


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:33:02.65 ID:YKnqLykH0


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:48:06.51 ID:YKnqLykH0


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:48:20.16 ID:8ZZZgXG/0


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 19:58:52.67 ID:BFvVjF9pO


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 20:12:21.13 ID:BFvVjF9pO
×

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 20:27:16.39 ID:WWcY6xX6O


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 20:41:57.28 ID:ac90RDOx0
÷

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 20:47:48.15 ID:+eQZ+qMSP


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 20:55:07.74 ID:BFvVjF9pO
||

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 20:59:12.08 ID:WWcY6xX6O
蒼雛/翠

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 21:21:37.01 ID:UWmVTrEYO


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 21:30:56.34 ID:PH4ep7Q20
なんだこれw

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 21:32:37.25 ID:U0Sin9w3O
保守

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 21:51:45.40 ID:76AeKIqN0
>>58
これは・・・

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 22:08:33.67 ID:Z0MDGaSLO


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 22:17:12.58 ID:PH4ep7Q20
勤務中に思いついた金×蒼書きながら干す

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 22:27:37.18 ID:WWcY6xX6O
作品投下のないまま60レスか・・・
レポートさえなければ書くのにな・・・

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 22:41:00.65 ID:Z0MDGaSLO


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 22:51:12.64 ID:PH4ep7Q20


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:14:09.77 ID:76AeKIqN0


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:27:37.30 ID:PH4ep7Q20
ーボール



金×蒼が出来たので投下しますー。ギャグでラブコメ。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:29:16.49 ID:PH4ep7Q20
 ある日の蒼星石のミーディアムの時計店…。
「はい蒼星石、あーんかしら」
「あ…あーん…」
 金糸雀が爪楊枝にウサギリンゴを刺して、それを蒼星石に迫りながら口に持っていく。
 蒼星石は若干引きながらもそれにしたがってリンゴを一口かじる。
「美味しいかしら?」
「う、うん、美味しいよ…」
 キラキラと輝く瞳で覗き込んでくる金糸雀に蒼星石は押され、抗えずにそう言った。
 いや、確かにリンゴは美味しかったが。
 それを聞いて金糸雀は感極まったといった感じで思い切り抱きついてきた。
「そう言ってくれて嬉しいかしらー! やっぱ蒼星石はカナのダーリンかしらー!」
「あぐ…く、苦しい…」
 全力で首が絞まっていき、確実に蒼星石の顔が青くなっていく。
 金糸雀は気付かずに抱き付いたまま頬擦りをするが、それは翠星石が二人を引き離したことで終わった。
 引き離された金糸雀はキッと翠星石を睨み、同じように翠星石も金糸雀を睨む。
「何でこんな事するかしら!」
「やかましいですぅ!! 大体蒼星石はお前のダーリンなんかじゃねえですぅ!!」
「そんな事無いかしら! カナ達は確かに愛し合っているかしら! ね、蒼星石!!」
「ゲホゲホ…え?」
 離されて咳き込んでいると金糸雀が急にこっちを向いてきた。
 同じように翠星石も向き、二人の迫力に蒼星石は押されて何も言えなくなってしまった。
 どう答えても片方から確実に非難を浴びるこの質問に、蒼星石は困り果てた。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:29:40.77 ID:PH4ep7Q20
>>70
「え…えっと…」
「蒼星石、この際はっきり言ってやるです! お前は僕のものじゃないって!!」
「い、いや…それは…」
 翠星石に迫られ、蒼星石は後退りする。
「…そんな、蒼星石…カナの事嫌いなのかしら…!?」
 そんなヘタレた蒼星石を見て、金糸雀は絶望的な顔をしてその場に崩れ落ちた。
 その目からは大粒の涙が流れ出し、蒼星石は思わず駆け寄った。
「いや、嫌いだなんて…」
「…いいかしら…蒼星石に嫌われたなら、このローザミスティカを砕いて消えてやるかしら…」
「嫌いなんかじゃないから! だからそんな事言わないで!!」
「…蒼星石ぃ!!」
 必死に蒼星石に励まされ、金糸雀は泣きながら蒼星石に抱きついた。
 その金糸雀に蒼星石も迷いながらも抱き返し、翠星石の視線が一層険しくなる。まさに目で殺すだ。
「蒼星石、何してるですか!!」
「いや…だってあの様子だと本気で自殺しかねないから…」
「そんな奴勝手に…! …ん?」
 翠星石がふと金糸雀を見ると、翠星石の方を向いてニヤリと笑っていた。
 計画通りかしら、その目は確実にそう言っていて翠星石の神経を確実に逆撫でる。
「蒼星石、そいつ嘘泣きしてやがったです!! さっさと離すです!」
「え?」
「蒼星石ぃ〜!! 翠星石が因縁つけてくるかしらぁ〜!!」
 更に嘘泣きをし始めて抱きつく力を強くする。
 それを見て翠星石も我慢の限界といった様子で、今度は蒼星石に迫り行く。
「いい加減にこいつから離れるですぅー!!」
「蒼星石〜! ずっと傍にいてかしら〜!!」
「蒼星石と一緒にいるのは私ですぅ!!」
「カナかしらぁ!」
(…なんで僕がこんな目に合わなきゃいけないんだ…)
 二人に挟まれ、蒼星石は軽く眩暈を感じながらこんなことになった経緯を思い返す。

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:30:52.57 ID:PH4ep7Q20
>>71

―※―※―※―※―

 一週間前、ジュンの家。
「今日も良い天気だ。草木も元気に育ちそう」
 いつもどおりにジュンの家に来て、偶には庭師らしく植木の世話でもしてみようと庭に出た。
「やす〜まずにキング♪はぁた〜らくよキング…♪」(庭師KING/平沢進)
 それから鼻歌でも口ずさみながら手馴れたように植木を整備していく。
 すると、不意に空の方から声が聞こえて来た。
「誰か助けてかしらぁ〜!!」
「…ん? 今の声…」
 声がした方を見ると、金糸雀が屋根の縁に掴まってぶら下がっているではないか。
「何やってるんだそんな所で!」
「真紅達の様子を探ってたら滑って…! 助けてかしらぁ!」
「待ってて、今行くから!」
「そんな事言っても、もう…きゃあっ!!」
「金糸雀!!」
 金糸雀の限界を超え、手が縁から離れて重力に逆らえず落下していく。
 蒼星石は持っていた鋏を投げ捨て、全速力で金糸雀の落下するであろう地点へ突っ走っていった。
「蒼星石ぃー!!」
「金糸雀! クッ!!」
 金糸雀の体が地面に叩きつけられる瞬間蒼星石は飛びついて受け止め、そのまま二人して転がっていく。
 全力で金糸雀を守ろうと抱きしめ、転がるのが止まっても力みすぎてしばらくはそのままだった。
 それからしばらくして金糸雀が目を開け、蒼星石に抱きしめられているのに気が付いた。

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:31:19.59 ID:PH4ep7Q20
>>72

「蒼…星石…」
「あいったた…大丈夫?」
「うん…ありがとかしら…。…ああっ!」
「どうしたの!? どこか怪我を…?」
 金糸雀が大声を上げ、蒼星石が慌てて体を離す。
 あちこち小さい擦り傷が見えるがどれも大した事無さそうに見えた。
 だが金糸雀は確かめるように額を撫でると今度は段々と顔が赤くなってきた。
「…オデコ…」
「オデコがどうかした?」
「オデコに…キスされちゃったかしら…」
「…え?」
 確かに抱きしめた時、額に唇を押し付けてしまった気がする。
 だがそれは不可抗力だし仕方が無い事だっただろう。
「まさか…蒼星石にされちゃうとは思わなかったかしら…」
 顔を赤くさせたかと思うと、今度はうっとりした目で抱きついてきた。
 突然の事で、蒼星石は目をパチクリさせて慌てふためく。
「か、金糸雀!?」
「…でも、蒼星石の事は嫌いじゃないし…カナの事大事にしてくれそうかしら…」
「な、何を言ってるの?」
 状況が理解できない蒼星石はそう尋ねた。
「カナね、ずっと昔からオデコにキスした人と結婚する…そう決めてたかしら」
「…はい?」
「…カナ、蒼星石のお嫁さんになるかしら」
 金糸雀の発言に、蒼星石の時間が止まった。
 そして時は流れ出す。
「ええええええぇぇぇ!!!???」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:31:58.54 ID:PH4ep7Q20
>>73

 それからはもう大変だった。
 真紅や水銀燈達に勝手に結婚の報告をしまくり、のりにウェディングケーキを作ってもらって訳の分からないうちに式を挙げられ、挙句の果てには蒼星石のミーディアムの家に住み着くようになってしまった。
 全てが全て状況に流され、何も理解出来ないままこうなってしまった。ただ一つ分かる事は…。

―※―※―※―※―

「だから蒼星石は私のものですぅ!! お前みたいな奴との結婚なんか絶っっっ対に認めないですぅ!!」
「別に翠星石に許しをえるつもりなんか毛頭無いかしら!!」
 自分に平和な日々はもうやってこないということだけだった。
 アリスゲームとは別の意味で翠星石と金糸雀の争いの毎日…。
 と、不意に部屋のドアが開き蒼星石のミーディアムが現れた。
「おお金糸雀ちゃん。今日も元気じゃのう」
「あ、お義祖父さん! こんにちわかしら!」
「変なアクセントつけるなですぅ!!」
「みんな元気で結構なことだ。…それにしても、早く孫が見たいのぉ」
「んな、何言ってるんですかこのおじじは!?」
「任せてかしら! いずれサッカーチームが出来るぐらいの子を産むつもりかしら!」
「馬鹿げた事いうなですぅ!! 大体女の子同士、しかもドールで子どもが出来る訳ないですぅ!!」
「そこはローゼンメイデン1の策士、金糸雀にお任せかしらー♥」
「きいぃー!! 本当にローザミスティカ粉々に砕いてやろうかですぅーー!!」

(あはは、なんでこうなったんだろう…)
 泣きたくても泣けない、そんな状況に蒼星石は笑うしかなかった。

終われ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:33:26.60 ID:PH4ep7Q20
ほぼ勢いで書いた。
タイトルは思いつかなかったからまとめ主さんにお任せしますw

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:35:12.50 ID:aBx6J13U0
『婁然銘伝(ろうぜんめいでん)』

 明代の白話小説。現存する唯一の版本は羅貫中著とされているが、文体などから複数の女性が編んだものという説も唱え
られている。道士・婁然が山中の石柩に封じ込められていた六人の妖女を解き放った事でと彼女と交わって七人の娘を授か
りその娘達が等が成長して後、仕える主を違えてそれぞれが誕生時より身に付けていた宝玉を巡って荒唐無稽な戦いを繰り
広げる様を描く。
婁然の七人の娘は実在が確認されているが、文献史料に於いてはそれぞれ特異な才を持ち主を違えたことなど簡単
な事跡が宋・遼の野史や書簡などに散見されるのみである。しかし彼女達の活躍ぶりは民謡・民話・講談・演劇など
に脚色されて伝わっており、南宋期の演劇の題目の中に『銀公主』『真紅賦』などが見える。また元代に初めてこれ
らの伝承をまとめた『婁家烈女伝』が刊行される。しかしこれは荒唐無稽かつご都合主義な描写が多く、時代考証に
も誤りが多く、各説話の整合性も拙く、知識人や士大夫が読むに耐えうる代物ではなかった。
これより後、明代に荒唐無稽描写を残しつつ、説話の取捨を行い史書等も参考にして編纂し直されたものが『婁然
銘伝』である。初めのうちはやはり小説は下賎の読むものとされ、もっぱら市井の間で講談師によって読み継がれて
いたが弘治年間に主客の高官である麻生(ませい)がこれを高く評価する発言をした事から、士太夫や知識人階級の間
でも爆発的人気を博した。当時の士太夫の日記の中にも七人の中で誰が理想の女かについて問答となった記述も見ら
れ、また彼女達を題材にした詞や絵画も多く作られたという。最盛期にはかの四大奇書を凌ぐほどの人気を得、「昔
は良家の子弟必読の書といえば『論語』や『孟子』であったが、いまやそれは『婁然銘伝』に取って代わられた」と
いわれるほどであったが、清代に入ると儒教的価値観からかけ離れたその内容から焚書とされ、その二次創作物を含
めて『婁然銘伝』は徹底的に消し去られ、またこれに関する演劇の上演も一切禁止、以後婁然の七人の娘に関する創
作も禁止されるに至り、その存在は人々の記憶から忘れ去られていった。
 こうして中国大陸から姿を消した『婁然銘伝』であるが、明末に日本に渡来した版本がかろうじて残っており、
江戸期は国産の読本が隆盛するまで一部の知識人により細々と読み継がれていたようである。あの曲亭馬琴も、
『水滸伝』とならんでその作風に少なからず影響を受けたと自著に記している。尚判本は長らく行方不明で『婁
然銘伝』に関しては辛うじて当時の文書記録等にその存在、大まかな内容や人気の程が伺えるのみの幻の書とな
っていたが戦後になってから山陰の旧家の土蔵から見つかった大量の古書の中に『婁家烈女伝』と『婁然銘伝』
が含まれており俄かに日中両国の研究者の間で注目の的となっている。また近年一世を風靡している某漫画との
関連性は定かではない。
                    
                          出典(民明書房刊『中国 闇に葬られた奇書・怪著』)

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:45:22.29 ID:Z0MDGaSLO
投下乙なのだわ!

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:45:52.24 ID:YKnqLykH0
なんたる勢い…翠星石の涙目が目に浮かぶようだw

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:53:46.13 ID:7XqeUVClO
>>64
あーあまた何の存在価値もないゴミのせいでスレの雰囲気が悪くなる

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:54:26.65 ID:7XqeUVClO
>>69
はいはい嫌がらせ嫌がらせ

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:54:54.85 ID:7XqeUVClO
>>70
糞キム出てくるなクズが
死ね

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:55:28.14 ID:7XqeUVClO
>>71
糞キム喋るなクズが
死ね

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:56:01.84 ID:7XqeUVClO
>>72
ゴミのせいでどんどん無駄レスが増えてますね^^

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:56:55.49 ID:7XqeUVClO
>>73
おーいいつまで嫌がらせ続けるつもりなんですかー?^^
そろそろ勘弁してくださいよー^^

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:57:41.16 ID:7XqeUVClO
>>74
糞キム気持ち悪いから死ねクズが

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/12(土) 23:58:24.78 ID:7XqeUVClO
>>75
スレの雰囲気悪くして楽しかったですか?^^

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:01:22.72 ID:BzLd/4h9O
上げの保

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:14:16.16 ID:dPMAFdFaO
翠は蒼の恋人には冷たそうだなw

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:14:59.60 ID:8U8BgtdV0
翠「いえ寧ろ私が蒼星石の恋人ですぅ!」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:31:23.43 ID:dPMAFdFaO


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:35:37.18 ID:cFnXrdcT0


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:38:25.50 ID:8U8BgtdV0


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:41:32.96 ID:9EN5Bq6c0
         ハ,,ハ
        ('(^ิ౪^ิ∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | うまか|/
        ̄ ̄ ̄
持ち物:

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:50:25.75 ID:cFnXrdcT0
明日も仕事だから寝る保守

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:52:15.84 ID:dPMAFdFaO


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:58:20.13 ID:cFnXrdcT0
雛銀燈シリーズ

 前回のあらすじ:オディールが雛苺に会いに来たけど雛銀燈と水銀燈に誤解されてボロボロにされました。

 無事…じゃないけど誤解も解けて三人はコーヒーを飲みながら談笑しあっていた。
雛「それにしても懐かしいのー。最後に会ったのは10年ぐらい前だったの」
オ「そうね。空港で分かれたのが最後ね」
銀「しかし、本当に日本語上手ねぇ。違和感が無いわぁ」
オ「昔は日本に住んでたから。その頃よく雛苺とよく遊んだものよ」
雛「そうなの。あの頃とあまり変わらないのよオディールは」
オ「雛苺は大分大人になったわね。子供の頃は私より子供っぽかったのに」
雛「…まあ親になったし、それもあるかもしれないの」
オ「もうママになってるなんてね…。…ところで雛苺。あの子…雛銀燈ちゃんだっけ…」
 そう言ってキッチンから唸って威嚇しながら覗き見ている雛銀燈を指差す。
雛銀「がるるるる…」
オ「…あの子すっかり私のこと悪人だと思い込んじゃったみたいで…何とかしてくれる?」
雛「まったく、しょうがないの…雛銀燈、おいで」
 チョイチョイ、と手招きして雛銀燈はオディールに警戒しながらリビングにやってきた。
雛「このお姉ちゃんはヒナのお友達のオディールなの」
雛銀「初めて会ったときもそんなウソ言ってたのよぉ」
雛「これは本当なの。だから何も心配する事無いの」
雛銀「他の国のスパイじゃないのぉ? 雛ママを狙う殺し屋さんじゃないのぉ?」
雛「……どこからそんな言葉を…」
銀「くんくん探偵で覚えたのねぇ…」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:58:49.66 ID:cFnXrdcT0
雛「とにかく、本当にヒナの友達だから大丈夫なのよ! 分かった!?」
雛銀「う…うゆぅ…」
 イライラしてきた雛苺にそう言われ、雛銀燈もやっと諦めた。
雛「分かったなら、ごめんなさいするの。雛銀燈のせいで水銀燈に蹴っ飛ばされたんだから…」
銀「うぐ…」
 それを聞いて水銀燈の心にグサッと何かが刺さった。
雛銀「…ごめんなさぁいなのぉ…」
オ「いいわよ。私こそ怖い思いさせてごめんなさい」
 お辞儀をしてから優しい笑顔を見せ、それで雛銀燈もやっと警戒を解いて笑顔を見せてくれた。
雛銀「…えへへ、オディールお姉ちゃん。よろしくねなのぉ」
オ「こちらこそよろしくね。雛銀燈ちゃん」
銀「まったく…人騒がせなんだからぁ…」
雛「でも誤解が解けてよかったのよ」
 誤解が解けて、二人ともほっと胸を撫で下ろした。

―※―※―※―

雛「そういえばいつまで日本にいるの? どこに泊まるの?」
オ「明々後日。まあホテルにでも泊まろうかなって…」
雛「それならうちに泊まったら良いのよ。積もる話もあるんだから」
銀「そうしなさいよぉ。酷い思いさせたお詫びもしたいしぃ…」
オ「え…でもそれじゃ悪いわ…」
雛「大丈夫なの。部屋は空いてるし、賑やかな方が楽しいのよ。ね、雛銀燈?」
雛銀「うん! オディールお姉ちゃん一緒に遊ぶのぉ!」
オ「…じゃあ、お言葉に甘えようかな」
銀「そうそう、それで良いのよぉ。他には何かお願いしたい事は無い? ちょっとした案内なら出来るわよぉ」
オ「他にですか…? …実は、日本に帰ってきたら行きたい所があって…」
銀「どこどこぉ?」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 00:59:16.40 ID:cFnXrdcT0
 翌日、オディールが行きたいと言っていた場所に来た。
雛&銀「……」
オ「OH!! ここがジャパニメーションの聖地アキハバラ…!!」
 駅の前でオディールが一人感動にふけっていると、真紅とのりが現れた。
紅「あなたが雛苺の言ってたオディールさんね? 私は案内役を頼まれた真紅よ」
の「そして私はその彼女ののりよぉ」
オ「あなた達が雛苺のお友達の…よろしくお願いします!」
紅「こちらこそよろしくね。海外のオタ友が出来るなんて嬉しいわ」
の「本当。まさにMOE is border less(萌えに国境は無い)ね!」
紅「そうね。じゃあどこに行きたいの? 遠慮なく言いなさい」
オ「それじゃあ、まずはメイド喫茶に行きたいわ」
紅「分かったわ。私達行きつけの所があるから行きましょう」
の「GoGo!」

銀「…オディールって、昔からああだったのぉ…?」
雛「…そう言えばアニメとか結構見てた気がするの…」
銀「…先に帰らなぁい?」
雛「…そうなの…」
雛銀「あ、メイドさんがティッシュ配ってるのぉ。くださ…」
雛「ダメ!」
 この上なく生き生きしてる真紅達を残して三人は駅へ消えていった。

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 01:00:47.57 ID:cFnXrdcT0
オディールまで腐女子化させてしまった。
……なんかごめん

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 01:03:56.61 ID:8U8BgtdV0
オディールは腐女子の素質がありそうだからきっとおkだよw
のりは違和感ないってかもうそうだっけかw

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 01:30:33.61 ID:dkzBqxST0
(^ω^)oh...
オーディールってどんな感じだったっけw
もう一度原作よみなおしてみるか

>>99乙です

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 01:40:26.21 ID:dkzBqxST0
ヴぁ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 01:47:53.17 ID:dkzBqxST0
ヴぁ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 01:58:18.96 ID:dkzBqxST0


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 02:25:57.61 ID:dkzBqxST0


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 02:33:43.97 ID:8U8BgtdV0
翠「あぁ〜ん♥」
蒼「ほらほらまたイっちゃって…♥」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 02:50:55.71 ID:dkzBqxST0


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 03:16:07.29 ID:dkzBqxST0
双子えっちだよふたご

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 03:19:43.02 ID:Nrhc6Z1zP
だがそれがおk

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 03:52:37.61 ID:dkzBqxST0
球体関節プレイ希望

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 04:29:50.53 ID:dkzBqxST0


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 05:04:24.80 ID:dkzBqxST0
×

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 05:37:50.82 ID:dkzBqxST0


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 06:02:10.13 ID:dkzBqxST0


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 06:46:12.22 ID:dkzBqxST0


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 07:33:42.55 ID:dkzBqxST0


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 07:59:48.53 ID:dkzBqxST0
yざばby

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 08:00:53.29 ID:dkzBqxST0
ネムム

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 08:09:52.42 ID:8AmL6qdTO
双子

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 09:29:56.07 ID:cFnXrdcT0


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 09:30:32.51 ID:s2Dfgo780
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/vote/1215889559/
↑のアドレスに

[[AS13-14299024-YF]]
<<瀬戸燦@瀬戸の花嫁>>
<<はてなようせい@チャレンジ1年生でかっこいい1年生にへんしん!DVD>>
vip連                              

と書き込んでください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 10:04:33.01 ID:Uq+OY9we0
カナリアかわいいよカナリア

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 10:34:06.31 ID:cFnXrdcT0
干す干す

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 10:56:29.17 ID:rc+qynNqO
>>111-113

「あら、いらっしゃい」
「こんにちは。翠星石と雛苺は?」
「一階ではしゃいでいるわ」
「なるほど。で、真紅は読書?」
「えぇ。良かったら貴方もどう?なかなか面白いわよ」
「じゃあお言葉に甘えて。隣、良いかい?」
「構わないわ」

「(……?なんか熱気が……)」
「(蒼星石と二人きり……今なら……ふふふふふ……)」

そんな保守

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 10:59:28.20 ID:cFnXrdcT0
出勤保守

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/13(日) 11:14:34.93 ID:8AmL6qdTO
保守

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)