5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローゼンメイデントンでも百合ールZ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 19:16:20.30 ID:02xkm+rx0
ここはローゼンメイデンの百合妄想スレです。
絵師、文士求む。
雑談や一文字レスは保守代わりなので、気にせず、流れぶった切ってガンガン投下してください

エロ、グロ、鬼畜などは事前に注意書きをお願いします。

荒らし、煽りはスルー。


ローゼンメイデン百合アーノ パー速詰所
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1208357096/

ローゼンメイデン百合スレまとめ@wiki
http://www11.atwiki.jp/rozen-yuri/pages/1.html

VIP過去スレ一覧
http://rozen-thread.org/series/yuri/


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 19:31:01.30 ID:02xkm+rx0
ふぅ・・本日もマッタリ百合スレ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 19:32:55.55 ID:RqFG4i1CO
今日こそは作品投下したい

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 19:36:37.39 ID:+aY0gEUkO
週末だけじゃなかったのか

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:02:47.99 ID:5pTHvqDRO
百合かー


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:03:41.01 ID:02xkm+rx0
>>4
週末だけなのか?スマン
時々のぞいてたんだが

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:09:20.36 ID:bhIHE3oq0
立てちゃったんなら仕方ないか…いちもつ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:13:33.40 ID:gFwESZJMO
>>6
一応週末だけ(落ちて日曜とかに立て直したら月曜とか火曜まで延長するけど)だがまぁいいか…


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:42:53.21 ID:gFwESZJMO


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:44:09.74 ID:oS2luiW0O


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:48:25.71 ID:oS2luiW0O
>>1
早速投下するぜ

媚薬有り、無理矢理系なエロ
苦手な人は注意


 お昼の時間を過ぎた頃。二階の部屋で本を読むドールが一体。そんなドールに、幼い足取りで近付くドールがいた。

「蒼星石、うにゅーあげるの!」
「良いの?貰って」
「うん!ヒナ、もうひとつ持ってるもん。それに、蒼星石の事大好きだから、大好きなものも半分こするの」
「ふふ、ありがとう」

 そう言うと、差し出された苺大福を受け取った。
 雛苺の方は、お気に入りのポシェットからもう一つの苺大福を取り出し、包みを剥がし始めた。早速食べる気らしい。
 そんな雛苺を見て優しい意味で少しだけ笑うと、自分も先程貰った苺大福の包みを剥がし始めた。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:49:12.70 ID:oS2luiW0O
>>11
「いっただっきまーす、なの」
「いただきます」

 二人同時に、口にした。雛苺は二分足らずで完食し、それに苦笑いしつつ、蒼星石は五、六分で完食した。
 そして、異変が起きたのは暫く経ってからの事だった。

「(何だろう…、暑い……)」

 心の中で密かに呟き、窓越しに空を見る。良い天気ではあるが、陽射しが強い訳ではなく、快適な気温だった。なのに何故、異様な暑さを感じるのか。さっきまでは何とも無かったのに。

「どうしたの?」
「い、いや…何でも…」
「暑いの?」

 少しだけ目を見開き、雛苺を見つめた。ドールは汗をかかない為、見ただけで判断する事は出来ない筈。ましてや、快適な気温の日にそんな事を思うのは、まず考えつかない。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:49:51.28 ID:oS2luiW0O
>>12
「何か…知ってるの?」
「うん。さっきのうにゅーなのよ」
「!」
「さっきね、蒼星石の事大好きって言ったでしょ?あれは本当なの。だから…貴方を食べたいわ」

 蒼星石には見えた。雛苺の左目が一瞬だけ、金色に輝くのを。

「ベリーベル」

 こちらが動く前に、相手は動いた。ベリーベルの力で全身を拘束されたのだ。

「っ…」
「“私”の力だから、真紅達は気付かないのよ?」

 これが“雛苺”の力だったら、真紅が気付いただろう。しかし、違うものの力だったら…。

『今、紅薔薇お姉さまと翠薔薇お姉さま、黄薔薇のお姉さまは一階のテレビに夢中。…助けに来る人はいませんよ?』
「…望みは?」
『貴方を食べる事。先程申し上げた通り』
「どうやって…」
『……………』

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:50:31.50 ID:oS2luiW0O
>>13
 無言で、にこにこと笑いながら蒼星石に歩み寄る。
 危機を感じ、必死に逃れようともがくが、轍はきつく絡んでおりビクともしない。

『こうするのですよ』

 いつの間にか目の前に立っていたかと思えば、次の瞬間、唇と唇を重ねていた。重ねるだけではなく、強引に舌をねじこみ、口の中を犯していく。

「ふ…ぁ…っ」
『ん、ふ……ぷは…、』

 暫く堪能した後、“雛苺”は名残惜しげに唇を離した。
 一方漸く解放された蒼星石は、頬を赤くさせながら必死に呼吸を整えていた。何気無いその行動は、酷く色っぽかった。

『もっと、味わいたい……』

 悦の表情を浮かべる“雛苺”は、一度ベリーベルの轍を縛り直す。両手を後ろで固定させ、そのまま体育座りの様な格好で座らせる。自分は蒼星石の向き合う形で座った。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:51:22.04 ID:oS2luiW0O
>>14
『……邪魔ですわね』

 何かを睨み不機嫌そうな表情になると、轍を操りズボンを脱がせ始めた。

「な…何を…!」
『……これも、いりません』

 さらにドロワーズまで脱がせ始めた。暫くすると、もう蒼星石の下半身を隠すものは無かった。

「い…や、だ……」
『…でも、此処はそうでもなさそうですよ?』

 再び轍を操り、閉じようとする脚を強引に開かせ、奥のものに手を触れた。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:52:02.64 ID:oS2luiW0O
>>15
「あっ…」
『やっぱり……フフフ』

 何かを確信した笑みを浮かべ、手に付いた液体を舐めとった。再び奥に手を伸ばし、さらに奥へと指を挿入させた。

「ひぁ…!」
『拒絶の言葉を口にしても、此処は拒絶していない様ですよ?』
「や…やめ…っ」
『絡み付いてきますわ…』

 少し経つと、挿れた二本の指をゆっくりと動かし始めた。

「やぁ…んん…っ」
『どうやら、あれの効果は絶大の様ですね』

 あれ、とは先程の苺大福の事。苺大福に細工をし、食べたものの性的感度を上げたのだ。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:52:46.43 ID:oS2luiW0O
>>16
『そろそろイきたいですか?』
「…っ……」
『イきたそうな顔ですね。…良いでしょう』

 くす、と笑うと、ゆっくりと動かしていた指を激しく動かし始めた。

「あぁ…!や、ぁ…だ、めぇ…っ」
『あ、イく時はちゃんと言わなきゃ駄目ですよ?』
「っ…あ……い…イ、く…――っ!!」

 命令に従い、蒼星石はそのまま果てて気絶してしまった。苺大福にした細工は、そこまで快楽に落とす力があった。

『フフフ……美味しかったですわよ、蒼薔薇お姉さま』

 ペロリと指についた愛液を舐めたのは、雛苺ではなく、薄い桃色の長い髪をなびかせたドールだった。



end

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 20:53:14.84 ID:oS2luiW0O
>>11-17
投下終了

エロ書くのは好きだけど難しいな…

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:08:34.12 ID:5pTHvqDRO
うおお乙です
スゲーエロい(;´Д`)
いい組み合わせだ〜

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:09:22.35 ID:gFwESZJMO
乙!
きらきーエロ怖えぇ…
ヒナ乗っ取られたと思ったぜ…ん?

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:16:25.67 ID:EVQ21IshO
誰か蒼翠鋏挿入鬼畜プレイ書いてくれないかなぁ〜

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:26:48.41 ID:02xkm+rx0
>>11-17
いいなぁ
なんかこう
いいなぁ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:27:40.34 ID:02xkm+rx0
>>21
それにはまず蒼をヤンデレにしないとな

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:31:40.23 ID:oS2luiW0O
>>21
鬼畜は書けないなぁ……スマソ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:38:31.86 ID:aSFwj78zO
>>21
スレのネタではよく鋏挿入とかあるけど、実際にやったら確実にバッドエンドだ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:52:11.29 ID:oS2luiW0O


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:57:46.46 ID:EVQ21IshO
じゃあ試験管挿入プレイで

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 21:58:50.21 ID:02xkm+rx0
真紅のステッキで

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 22:05:01.75 ID:5pTHvqDRO
薔薇水晶の水晶で

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 22:15:59.15 ID:oS2luiW0O
>>27-29
お前らには負けるぜ…

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 22:33:37.30 ID:oS2luiW0O


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 22:42:40.75 ID:aebqgFTEP
>>18
うっ…ひなああああああ(´;ω;`)


蒼星石「あーでも鋏で翠星石をつんつんしたいなあ…でもそれじゃ大切な彼女がジャンクになっちゃうかな…ふぅ…」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 22:45:54.05 ID:5pTHvqDRO
翠星石の最愛の妹である蒼星石のローザミスティカを目の前で奪いとるってすごくエロい

結論、水銀燈はエロい

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 23:08:47.59 ID:5pTHvqDRO
だって蒼星石うごかなくなっちゃうんだぜ?
ずっと、うまれた時からいつでも一緒にいた二人を永遠に引き裂くんだぜ?目の前で
エロすぎる

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 23:31:37.98 ID:02xkm+rx0
それはエロい・・・のか?


本読みながらホ

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 23:36:23.82 ID:bhIHE3oq0
翠「や、やめて…やめてええ!!!!!!!」

俺「や、やめて…やめてええええええええええええうわらばっ」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 23:38:08.65 ID:02xkm+rx0
なるほど翠星石の絶望な表情や感情にエロスを感じるってことか

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 23:57:24.87 ID:02xkm+rx0


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/14(月) 23:57:51.83 ID:NaNMSMwAO
紅「まったく人間の雄は(ry…。いい子ね、もっとやりなさい」

そして>>1

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:06:02.37 ID:0JosB6Va0
でも俺は蒼星石と楽しそうにいちゃいちゃしてる翠星石が一番すきですぅ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:08:25.14 ID:QoUS0tFqO
翠星石の如雨露の他無いだろ
如雨露の先っぽぶっこんで水を膣内直出し

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:12:24.78 ID:vzPjZuS8O
>>41
白桃乙

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:15:18.28 ID:0JosB6Va0
やっぱり如雨露でちんこはやすのか?

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:19:44.31 ID:p8lDb00n0
水を膣出ししてどうするww

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:21:52.45 ID:0JosB6Va0
蒼「気持ち良いからOK」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:26:23.92 ID:uf/EJ8viO
なんてカオスな議論をしてるんだww

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:30:33.59 ID:p8lDb00n0
翠星石と蒼星石の初めてのちゅー

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:35:04.69 ID:p8lDb00n0
本で読んだんですけど・・・好きな者同士で口付けをするらしいですぅ・・
そ、それで・・・その・・・

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 00:46:20.09 ID:uf/EJ8viO
しおらしい翠もすばらしい

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 01:00:40.26 ID:p8lDb00n0
しおらすぃ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 01:03:11.31 ID:akK+uKJ1O
鋏挿入は無理だがいいの思い付いた
書いてくる

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 01:13:45.65 ID:uf/EJ8viO
楽しみだぜ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 01:22:15.27 ID:akK+uKJ1O
でも眠いから寝る
明日投下するわ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 01:32:01.07 ID:uf/EJ8viO
おやすー。
楽しみさせてもらうぜ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 01:56:04.29 ID:p8lDb00n0


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 02:15:03.97 ID:p8lDb00n0


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 02:37:06.95 ID:p8lDb00n0
もしかして俺しかいないのか?

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 02:52:41.13 ID:p8lDb00n0
眠いおω
おwwwwめめがwwwwwしょぼおおおん

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 03:42:49.33 ID:uf/EJ8viO


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 04:41:58.64 ID:8+P9SfCjO
おやすみほ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 06:20:42.29 ID:llpKwyl1O


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 07:04:58.79 ID:uNoYjQaZO


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 07:43:52.27 ID:SdT8iuUPP


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 07:52:08.72 ID:llpKwyl1O


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 07:57:56.81 ID:0lRYEU3VO


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 08:29:58.74 ID:SdT8iuUPP


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 09:43:57.07 ID:llpKwyl1O
×

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 10:50:01.98 ID:llpKwyl1O


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 11:03:35.60 ID:SdT8iuUPP
蒼「翠星石×僕キタ―――(°∀°)―――!!」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 11:27:35.42 ID:yGFGkemFO
>>69
しかも69だなんて……





よーし、会社から帰ったらパパ張り切っちゃうぞー

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 11:53:26.87 ID:llpKwyl1O
翠←顔が二つある翠星石に見える

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 12:10:30.73 ID:152jyQmJ0
鋏挿入か…

蒼「…君を男に渡すなんて…僕以外の子どもを産むなんて、絶対に許さない…」
翠「な、なにを言ってるんですか蒼星石…!」
蒼「…そうだ、この鋏を君のナカにいれたらどうかな? そうすれば初めては僕だし、汚らわしいオスの子供を産むこともなくなる…」
翠「っ!! や、やめるですぅ!! 嫌ですぅ!!」
蒼「ふふふ…君はずっと僕のものだ…」
 蒼星石は壊れた笑みを浮かべながら、翠星石の性器に鋏をあてがい一気に


ダメだグロで性器破壊なんて書けねえ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 12:27:25.58 ID:SdT8iuUPP
蒼「いや性器破壊といかなくとも少しずつ挿入して愉し…めないかやっぱり…」

>>70
気付きませんですたwwwワクテカしてます

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 12:29:05.03 ID:SdT8iuUPP
翠←髪とスカートが目立つ感じで立ってる翠星石に見える

蒼←帽子被ってる蒼星石に見える

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 12:41:12.81 ID:llpKwyl1O
>>72
危ないがこういうのもアリ…だな、うん
GJですぅ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 13:20:21.03 ID:llpKwyl1O
>>74
羽の部分が髪ってこと?

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 13:20:50.25 ID:vzPjZuS8O


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 14:06:00.82 ID:llpKwyl1O


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 14:16:55.84 ID:uf/EJ8viO


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 14:21:38.65 ID:SdT8iuUPP
よ >>76 Yes

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 14:26:43.71 ID:p8lDb00n0


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 14:33:25.97 ID:uf/EJ8viO


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 14:45:32.94 ID:152jyQmJ0


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 15:04:12.53 ID:152jyQmJ0


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 15:08:56.43 ID:p8lDb00n0
きゃあああああああああああああああああですぅ

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 15:12:03.13 ID:SdT8iuUPP
なんというヤンデレ蒼…

蒼「僕は翠星石の首より股間のミルク欲しいな♥」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 15:37:24.40 ID:p8lDb00n0
雛「ヒナもミルク飲むのー」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 16:06:36.69 ID:152jyQmJ0
銀「私もミルク欲しいわぁ」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 16:34:18.19 ID:uf/EJ8viO
紅「私にもよこしなさい」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 16:47:13.12 ID:SdT8iuUPP
蒼「ちっ、みんな翠星石のミルクを狙っているのかッ…」


蒼「いや待てよ、皆で飲むという手もあるな♥」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 16:50:37.54 ID:SdT8iuUPP
すなわち翠星石を輪姦か…

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 17:24:25.45 ID:llpKwyl1O


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 17:45:08.60 ID:llpKwyl1O
×

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 18:07:02.30 ID:llpKwyl1O


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 18:09:09.61 ID:uf/EJ8viO


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 18:31:59.85 ID:llpKwyl1O
なんという組み合わせ

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 18:46:43.67 ID:0JosB6Va0
雛「べに…ざけ…?」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:01:14.94 ID:llpKwyl1O
雛「おいしいの〜」

鮭「ぎゅぁああああ」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:09:45.32 ID:hqTVD0zQO
雛受け・銀受け・翠蒼の中からお題くだしあ

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:12:33.00 ID:llpKwyl1O
翠蒼の初めての百合をお願いします

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:15:43.17 ID:uNoYjQaZO
蒼星石がむっつりスケベなのが見たい

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:20:23.20 ID:hqTVD0zQO
蒼星石がむっつりすけべな翠蒼初めての百合書いてくる

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:21:40.82 ID:0JosB6Va0
わくてかなのだわわわ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:26:06.21 ID:vzPjZuS8O
翠攻め雛受けがみたいです…

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:34:27.15 ID:hqTVD0zQO
>>104
僕も見たいです

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 19:46:49.67 ID:0JosB6Va0
雛攻め翠受けもみたいかもです…

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 20:10:33.92 ID:I73mnBQ5O
>>102
期待!保守

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 20:13:40.21 ID:ENEnvlfuO
雛苺「翠星石も濡れちゃったの」
翠星石「な…なな何言ってるですかこのお馬鹿苺////」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 20:41:41.11 ID:llpKwyl1O
ワクワク

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 20:56:18.89 ID:0JosB6Va0
>>108
どどどどどどど…
ガラッ
蒼「雛苺!!翠星石に何をしているんだ!!」
雛「あっ、蒼星石〜」
翠「そっ、蒼星石、こここここれはですね」

蒼「こういうことなら僕もまぜてくれなくちゃ駄目だろう雛苺!さぁ一緒にいただこうか」
雛「はいなの!」
翠「えっえっえっ」
蒼「ほら雛苺、翠星石はここがね…」
雛「す、すっごいのぉ…ひなもー」
翠「や、やっらめぇれすぅ蒼星石ぃ、あっ、やめろですぅ、ちびぃ〜…♥」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:07:20.84 ID:SdT8iuUPP
やっぱり蒼星石ってむっつりだよなあ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:15:44.42 ID:uf/EJ8viO
むしろ直球ドヘンタイだろ?

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:17:04.10 ID:SdT8iuUPP
翠「言われてみるとそのとおりですぅ」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:20:44.57 ID:8+P9SfCjO
俺は認めん

蒼星石はクール変態だ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:25:19.47 ID:SdT8iuUPP
翠「そうですねぇ、クールに露骨な変態ですぅ」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:28:24.05 ID:uNoYjQaZO
>>102
wktk

ムッツリな蒼もド変態な蒼もクールな蒼もヘタレな蒼もドSな蒼もヤンデレな蒼も見たい

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:28:28.24 ID:llpKwyl1O
蒼星石の鞄にこっそりガチムチ本をしのばせたい

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:36:18.49 ID:hqTVD0zQO
gdgdになって終わらなくなった
最悪のパターン

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:44:58.46 ID:p8lDb00n0
蒼星石のブックマークガチムチだらけだったよ

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:48:06.84 ID:0JosB6Va0
>>119
蒼「!?こ、これは陰謀だっ!!す、翠星石っ!君の仕業かっ!?」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:52:53.66 ID:uNoYjQaZO
ガタッ
グラグラ

翠「煤I! じじじ地震ですぅ!
テッ、テーブルの下に入るですよ蒼星石ぃ!」
蒼「……え…、そこまで大きくないじゃな…」
翠「つべこべ言わずにさっさと入るです!」
蒼(こんな揺れでも恐がる翠星石可愛いなぁ…。
ぁ…、体が密着してる……)
蒼「…僕今すごく幸せ……」翠「…はい…?」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 21:57:59.69 ID:uNoYjQaZO
IDがヤンジャンだww

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 22:01:54.13 ID:vzPjZuS8O
ネタでは変態キャラの多い蒼星石だが長編ではこの上なく真面目キャラが目立ってるのが魅力

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 22:10:09.72 ID:8+P9SfCjO
普段は真面目
やるときはエロエロ

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 22:20:01.03 ID:uf/EJ8viO
前にも誰か言ってたけど、蒼星石の使い勝手のよさは異常w

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 22:39:57.92 ID:uf/EJ8viO


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 22:50:52.07 ID:8NcxR7jgO
>>117を見て書いてみた。

蒼「ふわぁ〜。もう10時か…。そろそろ眠ろうかな」

 ガチャッ(←鞄を開ける音)

蒼「ん?!何か本が入ってる…。
  ――こ、これは…男の人の裸ばっかりじゃないか(///)
  しかも、あんな事やこんな事まで……」

蒼「こんないかがわしい物は僕の鋏で…――。
  いや、でもその前に翠星石にもこの本を見せてみようかな(ニヤリ)。
  彼女の事だから、きっと顔を真っ赤にして騒ぐだろうね――。
  ああ、翠星石かわいいよ翠星石…」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:00:39.22 ID:llpKwyl1O
ガチムチ石キター
蒼星石はうわーっていいながら見てしまうタイプ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:16:11.00 ID:I73mnBQ5O
蒼星石は恥ずかしがって手で目を覆いながら、実は指の隙間からバッチリ見てるタイプ

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:34:37.63 ID:p8lDb00n0
ネネちゃんだな

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:38:35.82 ID:0JosB6Va0
しんこんメイデン思い出すぜw

>>127
男も女もイける蒼!

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:45:29.74 ID:p8lDb00n0


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:46:25.33 ID:p8lDb00n0
×

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:46:38.83 ID:0JosB6Va0


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:47:51.41 ID:152jyQmJ0


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:53:30.65 ID:zyEUs1hJO
TDN

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:56:26.95 ID:0JosB6Va0
ジャキン…
蒼「さて…>>136…」
ドドドドド…
翠「覚悟はできてるですか…?」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/15(火) 23:58:15.14 ID:p8lDb00n0
蒼はともかく翠まで男の子扱いするとは!けしからん!

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:00:45.32 ID:U8E3gzVg0
ふたりでふたなりになれという天のお告げだよ!

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:02:14.26 ID:QkGi2QDS0
カオスww

明日から三日間休みだから色々書いてくるか

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:03:08.42 ID:U8E3gzVg0
おおおそれはwktk

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:06:11.18 ID:QkGi2QDS0
でも今日は寝るんですぅ

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:06:24.45 ID:U8E3gzVg0
わかたですぅ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:06:49.76 ID:v0i0D6UBO
>>137
スマン、魔がさしたwww

紅銀…読みたいよ…

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:15:05.29 ID:OCsfp255O
>>132-135
蒼×翠=百合無限大

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:17:21.08 ID:U8E3gzVg0
>>145
イグザクトリィ!!
>>144
確かに紅銀もいいわぁ…

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:30:40.55 ID:U8E3gzVg0
蒼星石は原作でまた出てきて復活できたら更に翠星石にアプローチかけていいと思うんだ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:32:36.49 ID:fxpLd/C5O
同意!どんどんかけてほしい

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:33:41.47 ID:+u1VxH4uO
蒼星石復活したら翠星石が幽閉してしまいそう
もう外には出しませんみたいな

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:34:12.66 ID:erclPJ82O
いっつも書いてはみても書き溜めしない人だから文句言われて書く気がなくなるwwww

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:34:48.07 ID:QkGi2QDS0
寝る前に雛銀燈シリーズを

 ある日の夕食時。
雛銀「ねえねえ銀ママぁ。ちょっと教えてもらいたい事があるのぉ」
銀「なぁにぃ? 何でも言いなさぁい」
雛銀「銀ママって“どえむ”なのぉ?」
 ブフゥッ!!
 いきなり雛銀燈の口から飛び出したとんでもない単語を聞いて、水銀燈は思わず飲んでいた麦茶を吹き出した。
 それが向かい側で食事を食べていた雛苺に掛かった。
雛「やだ、きったなぁい! 何するのよ!!」
銀「ゲホッ…ご、ゴメン…。雛銀燈!! どこでそんな言葉覚えたのぉ!?」
雛銀「紅お姉ちゃんが教えてくれたのぉ。銀ママは“どえむ”だってぇ」
銀「真紅ぅ…!! またろくでもないこと教えてあの大バカぁ…!!」
 割れんほどにコップを握る手に力を入れて怒りを堪える水銀燈。
雛「…もう、変なことばかり覚えるんだから…」
雛銀「…そう言えば“どえむ”ってどういう意味なのぉ?」
銀「それは大人だけが知る言葉だから知らなくて良いのよぉ」
雛「その意味を雛銀燈が知るのはまだ十年以上早いのよ…」
雛銀「えー! 教えて教えてなのぉ!」
銀「駄々こねてもダメなものはダメ! ほら、さっさとご飯食べてお風呂入るわよぉ!」
雛銀「ぶーぅ…」
 水銀燈に怒られて、雛銀燈は拗ねたまま食べ終えた。

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:35:41.26 ID:U8E3gzVg0
>>150
ちょwww待ったwwwがんがってよwww

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:35:43.06 ID:QkGi2QDS0
 その日の夜、雛銀燈を寝かしつけた雛苺がリビングに戻ってきた。
銀「寝たぁ?」
雛「うん。あの事をしつこく聞かれたけどなんとか…」
銀「まったく…真紅にも困った物ねぇ…将来真紅みたいになったらどうしよう」
雛「…多分大丈夫なのよ」

紅「へっくし!」
の「どうしたの?」
紅「誰か噂してるわね…」

銀「…大体、私はドMなんかじゃないわよぉ…」
 小声でそう言うと、隣に座った雛苺の手を握りそのまま肩を抱き寄せた。
 それに一瞬驚いたものの、雛苺は抵抗はしない。
銀「…久々に雛苺の可愛い鳴き声聞きたくなっちゃったわぁ…。明日は休みだしぃ…」
雛「…雛銀燈が起きて来たらどうするのよ…」
銀「そこは声を抑えるしかないんじゃなぁい? どこまで抑えられるか分からないけどぉ…♥」
雛「…お手柔らかにして欲しいのよ…」
銀「さぁねぇ、久々だからセーブ出来るか分からないわぁ」
雛「もう…水銀燈のえっち…♥」

 ドMではなくドSのようです。ここから先はご想像で。

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:37:27.00 ID:QkGi2QDS0
みんなあんまりベッドの上じゃドS攻めとか言うからこんなネタが浮かんだw

明日からはちゃんとした(かどうかは分からないけど)SS書くかな…。

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:38:53.13 ID:U8E3gzVg0
乙なのだわ
銀ちゃん本領発揮ですか

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:41:13.10 ID:erclPJ82O
明日に俺の口座にバイト代振り込まれてたら書くわ

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:42:48.75 ID:U8E3gzVg0
>>149
それもありそうな気がしてきたぞ…
>>156
おkw

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:51:42.07 ID:gGnf6KVmO
>>154
乙!
あぁ妄想が止まらん…
声が出そうになれば唇を奪ったり口を縛ったりするのだろうか…ハァハァ

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 00:53:54.23 ID:dL8dgGTI0
苺ましまろスレもよろしく
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1216108106/

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 01:17:46.15 ID:+u1VxH4uO
将来真紅みたいになるだろうなw
双子のとこの子と百合の関係に…とか

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 02:05:10.07 ID:+u1VxH4uO


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 02:37:04.13 ID:+u1VxH4uO


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 02:41:53.61 ID:+u1VxH4uO


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 02:46:56.89 ID:+u1VxH4uO
寝る前ほ

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 03:01:45.47 ID:0ITQpN4/O
ちょっと通りますよ保守

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 04:29:53.65 ID:OCsfp255O
仮眠から起床保

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 05:50:57.68 ID:ZcgDD1slO


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 06:48:37.33 ID:gd94p0/oO
早起きほ

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 07:29:11.06 ID:+u1VxH4uO


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 08:17:12.13 ID:fxpLd/C5O
保守

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 08:54:45.40 ID:ZcgDD1slO
おは保ー

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 09:02:04.79 ID:8qfy8SBzP
蒼星石「元気な朝は翠星石から…!フフフ…」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 09:47:29.10 ID:+u1VxH4uO
真紅「やりましょう」

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 10:30:50.66 ID:+u1VxH4uO


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 11:03:38.27 ID:+u1VxH4uO


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 11:30:47.44 ID:QkGi2QDS0


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 11:49:44.17 ID:Yr+kMLm3O


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:14:20.08 ID:8qfy8SBzP


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:22:55.06 ID:NN/NyOyp0


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:37:07.38 ID:NN/NyOyp0


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:43:38.43 ID:NN/NyOyp0


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:53:39.55 ID:Yr+kMLm3O


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:55:40.83 ID:NN/NyOyp0


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 12:56:05.47 ID:NN/NyOyp0


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:02:39.44 ID:NN/NyOyp0


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:04:52.30 ID:NN/NyOyp0


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:06:30.90 ID:NN/NyOyp0


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:13:50.17 ID:fxpLd/C5O


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:42:42.35 ID:+u1VxH4uO


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:53:11.78 ID:8qfy8SBzP


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 13:59:45.54 ID:QkGi2QDS0


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 14:07:07.88 ID:8qfy8SBzP


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 14:15:19.21 ID:QkGi2QDS0


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 14:18:42.40 ID:8qfy8SBzP


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 14:20:09.45 ID:8qfy8SBzP


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 14:27:25.66 ID:8qfy8SBzP


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 14:55:55.10 ID:+u1VxH4uO


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 15:21:57.77 ID:+u1VxH4uO


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 15:58:56.18 ID:+u1VxH4uO


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 16:03:50.77 ID:QkGi2QDS0


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 16:31:49.43 ID:QkGi2QDS0


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 17:00:39.71 ID:+u1VxH4uO


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 17:22:28.57 ID:+u1VxH4uO


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 17:58:21.23 ID:QkGi2QDS0


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 18:11:50.12 ID:QkGi2QDS0
SS書きながらほす

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 18:33:35.48 ID:c9SakC9GO
>>205
がんばれ

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 18:41:58.16 ID:+u1VxH4uO
wktk


ふぅ
今、今週のヤンジャン読み終わったぜ

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 18:44:26.52 ID:U8E3gzVg0
蒼「………('A`)」
翠「………ですぅ('A`)」

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 18:49:50.65 ID:QkGi2QDS0
なんか無駄に長くなってきたorz

もうローゼンが載ってるのか!? 忘れてた…

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 18:57:31.37 ID:Yr+kMLm3O
今週だったのか!d

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 19:17:40.51 ID:QkGi2QDS0
出来たから投下するよー。

蒼×翠でラブコメ。

212 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:18:52.74 ID:QkGi2QDS0
 蒼星石が翠星石の部屋の前に行くと、ドアを軽くノックする。
 それから少しして中から「開いてるですよ」と聞こえてきてから部屋の中に入った。
「やあ、お邪魔するよ」
「どうぞ、ですぅ」
 中では翠星石がベッドに腰掛けており、その隣に蒼星石も同じように腰掛けた。
「どうしたですか?」
「別に用は無いけど、ただ翠星石と一緒にいたくなって…」
「ふふ、甘えんぼな妹ですね」
「うん…だって好きなんだもん…」
「私だって大好きですぅ…」
 少しはにかみ、そのままお互いに黙った。
 沈黙、と言っても居心地の悪いものではない。むしろ心地良い沈黙。
 お互いがそこにいることが感じられる、それだけで十分楽しかった。

(…そろそろ良いかな…)
 何だか良いムードになってきて、そろそろキスの一つでもしようと思って蒼星石が翠星石の手を握ろうとする。
 やがて手が触れてそのまま包み込もうとしたが、それと同時に手がするりと抜けそのまま翠星石が立ち上がった。
「あれ…翠星石?」
 拍子抜けを喰らった蒼星石は目をパチクリさせて翠星石を見上げる。
「…喉が渇いたですね、ちょっとジュース持ってくるですぅ」
「え、ちょっと…」
 いきなりお預けを喰らい、引き止めようとしたが翠星石は部屋を出て行ってしまい蒼星石の手が空しく宙を切った。
 蒼星石は溜息を吐き、そのまま俯いた。
「…まただ…」
 最近の様子を思い出し、深い溜息を吐いた。

213 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:19:18.19 ID:QkGi2QDS0
 何だか避けられている…最近そう思うようになってきた。
 いつも良いムードまでは行くのだが、そこから先へ行こうとするといつも向こうからムードをぶった切られる。
 そうなってもう一週間以上…やり場のないフラストレーションが蒼星石の中に溜まっていく。
 何故なのか、さっぱり分からない…自分が何をしたのだろうかまったく分からなかった。

―※―※―※―※―

「…それで私に相談に来たわけ?」
 翌日のある喫茶店、蒼星石は真紅に相談してもらっていた。
 呼び出された真紅はその相談内容を聞いて呆れながらアイスティーにミルクを入れる。
「…深刻そうな声で電話よこすから何かと思ったら…下らないわね…」
「下らないって…僕は真剣なんだけど…」
 真剣な悩みを下らないと言われ、蒼星石はムッとして真紅を睨み付けた。
 睨み付けられた真紅は苦笑いを浮かべてアイスティーを一口飲む。
「ごめんなさい、そんな顔しないで」
「もう…」
「…それで、何か思い当たる節はないの?」
「色々考えたけど何も…」
「例えば了承を得ないで事に及んだとか」
「…そんな事しないよ」
「例えば翠星石の歯ブラシを舐めたとか」
「僕はどんな変態だ」
「翠星石のパンツを盗」
「…絶対馬鹿にしてるでしょ…」

214 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:19:52.49 ID:QkGi2QDS0
 ゴゴゴ、と怒りのオーラを立たせて震えながらテーブルに手を掛ける。
 それを見て真紅は慌てて謝った。
「ご、ごめんなさい。ちょっと調子に乗りすぎたわ…。今から真剣に話聞くから」
「…頼むよ」
 蒼星石の怒りが何とか落ち着いたのを確認して真紅は溜息を吐いた。
「…それで、いつ頃からそうなったの?」
「大体…一、二週間ぐらいかな…」
「そう。その間何か変わったことは無いの?」
「…特には無いけど…キスとかしようとするといつも…」
「ふぅん…」
 そこまで聞いて、真紅はアイスティーを飲みながら考え始めた。
「…浮気?」
「う、浮気!?」
 ボソリと聞こえたその言葉に蒼星石の顔が一気に絶望的になった。
「へ、い、いや、まだそうと決まったわけじゃ…」
「…翠星石が浮気なんて…そんな…」
「ち、違うわ! そういうつもりで言ったわけじゃ…」
「…浮気…そんな…浮気なんて…」
「いいから人の話を聞きなさい!!」
 まるでうわ言の様に呟く蒼星石の頭をメニューでぶっ叩いた。
 それで蒼星石は我に返ったものの、不安げな顔はそのままだ。

215 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:20:51.28 ID:QkGi2QDS0
「とにかく、そうと決まった訳じゃあるまいし、結論を出すのは早すぎだわ」
「…そうかな…」
「…どうしても気になるなら本人に聞いたら良いわ。悪いけど、私にはよく分からないわね…」
「そう…分かった」
「ゴメンなさいね。役に立てなくて…」
「良いんだよ。ありがとね…」
 とりあえずそう礼を言うと伝票を持って蒼星石は立ち上がり、レジで清算を済ませて喫茶店を後にした。
 何か良いアドバイスがもらえるかと思ったが、結局何も解決しまい。
 しかも一番考えたくないパターンが浮かんでしまった。
(…もう直接聞こうかな…)
 今日も避けられたら聞こう。そう決めた。

―※―※―※―※―

「どうしたですぅ? 暗い顔して…」
「へ、いや…何でもないよ…」
 その夜、いつも通り部屋で翠星石と過ごしていると不意にそう言われた。
 あれからどうしても浮気と言う最悪のパターンが頭から離れず、嫌な想像が何度も浮かんだ。
 もしそうだったらどうしよう…そんな不安が胸から離れない。

216 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:21:34.51 ID:QkGi2QDS0
 しばらくして、蒼星石はいつも通りアプローチを仕掛ける。
 まずは手を握り、それから肩を…のつもりが、やはりまたかわされてしまった。
「翠星石?」
「えと…ちょっとトイレに…」
 そう言って立ち去ろうとする翠星石。だが、蒼星石はその手をしっかりと掴んだ。
 手を掴まれて翠星石は驚いて蒼星石の方を見た。
「そ、蒼星石?」
「…なんで…」
「へ?」
「なんで僕の事避けてるの? ねえ何で?」
 いつもと違う様子の蒼星石に、思わず翠星石はたじろぐ。
「べ、別に避けてなんか…」
「いや、避けてる! 僕から避けてる!」
 悲痛に満ちたその叫びとともに翠星石の手を引っ張った。
 突然の事に翠星石は対応し切れず、そのままベッドへと蒼星石に押し倒されてしまう。
「ちょっと蒼星石!! 何するですぅ!!」
「最近キスもさせてくれないし…僕が何かした?」
「そ、そんな事は無いですけど…」
「じゃあ何で! …まさか、本当に浮気してるんじゃ…!」
「は、はぁ!? 何わけわかんねーこと言ってるですか!?」
「どうなの翠星石、相手は誰!? 雛苺とか…!?」
「分かったから! 訳を話すから放すですぅ!!」
 迫り来る蒼星石から何とか逃げ出して乱れた息と服を直す。
 しばらくして二人とも落ち着くと、翠星石は溜息を吐いて訳を話し始めた。

217 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:22:19.37 ID:QkGi2QDS0
「…実は…虫歯が出来て…」
「虫歯?」
 予想もしていなかった言葉が出てきて、蒼星石は思わず素っ頓狂な声を上げた。
 それから翠星石は恥ずかしそうに顔を背けて続ける。
「…それで、キスとかされそうになると避けてたんですぅ…」
「何でそれが関係あるの?」
「知らないんですか? 虫歯ってキスするとうつるんですよ」
「そうなの?」
「…蒼星石に虫歯うつしたら大変だから…でも、かえって悩ませてたみたいですね…」
 …なんだ。それだけの事だったのか。
 訳を聞いて、色々悩んでいた自分が急におかしくなって来た。
「そうだったんだ。でも、じゃあ歯医者行かないと…」
「…う…」
「…怖い?」
「うん…」
 そう尋ねると、翠星石は顔を赤らめて頷いた。そんな翠星石の頭を蒼星石はそっと撫でる。
「しょうがないなあ。じゃあ僕も一緒に行くから。それならいいでしょ?」
「…じゃあ…行くですぅ」
「分かった。明日学校終わったら早速行こうね」
「はい…」
「それで治ったら…またたくさんキスしようよ」
 肩を抱き寄せて囁いたその台詞に、翠星石ははにかんで頷いた。

218 :Please Kiss me:2008/07/16(水) 19:22:43.21 ID:QkGi2QDS0
―※―※―※―※―

 次の日から約束通り歯医者に通い始め、それから一ヶ月が経ち…。
「蒼星石ぃー、もう虫歯治ったですよぉー」
 部屋に入って来たと同時に蒼星石に抱きついてきた。
 その翠星石を抱きしめて頭を撫でる。
「一ヶ月間よく頑張ったね。治ってよかった…」
「うん…だから、蒼星石…」
 今度は蒼星石を見上げて目を閉じ、そのまま唇を突き出してくる。
 そのまま距離が縮まり、唇と唇が重なる…というところで蒼星石は顔を背けた。
「……」
「あれ…蒼星石? どうしたですか?」
「いや…その…」
 薄らと苦笑いを浮かべて翠星石の方を見ない蒼星石。
 その様子を不審に思いながら眺めていると、あることが思い浮かんだ。
「……蒼星石…まさか…」
「…何だか最近痛むんだよね…はは…は…」
 そう乾いた笑いを浮かべて頬を擦る蒼星石。
 翠星石は愕然とし、次第に怒りが浮かんできた。そして。
「蒼星石のバカー!!」

 キスはまだお預けのようです。

終われ

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 19:23:28.25 ID:QkGi2QDS0
投下終了。無駄に長くなって申し訳ない…。

途中ヤンデレ展開になりかけたw

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 19:25:17.54 ID:Bsn+AOMMO
>>219
GJ!甘くて笑えて良かったぜwwww

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 19:38:08.93 ID:+u1VxH4uO

いいコンビだw

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 19:54:18.47 ID:ZcgDD1slO


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:07:52.74 ID:+u1VxH4uO


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:21:47.66 ID:m/TcPYNvO


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:22:55.25 ID:+u1VxH4uO


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:27:13.46 ID:ZcgDD1slO


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:34:58.30 ID:+u1VxH4uO


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:49:50.30 ID:Yr+kMLm3O
昨日の 翠×むっつりすけべ蒼〜初めての百合編〜 投下します

大分長いよー

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 20:50:26.60 ID:C0CLnYM00
百合百合http://thumb.vipper.org/vhtmld/vip871569.jpg

230 :翠×蒼:2008/07/16(水) 20:53:05.03 ID:Yr+kMLm3O
生まれてから―――正式には『造られてから』今まで、ずっと一緒にいた翠星石と蒼星石
他の姉妹達は皆どこか知らない地へ行ってしまった
ひょっとしたら深い眠りについているかもしれない
誰かに薇を巻いてもらわなければ、一生目覚めることはできない眠りに――――


そんな一心同体の双子に、最近変化が見られた
翠星石が眠りに着いたのを見計らうと、蒼星石はきまってミーディアムの家の屋根の上に上り、ぼんやりとするのである
今回のミーディアムの家は田舎で、空一面には美しく星が輝く
特に何をするでもなく、じっと星を見つめているのだ
いや、その瞳の焦点も合っていないように思えた

231 :翠×蒼2:2008/07/16(水) 20:54:23.87 ID:Yr+kMLm3O








「はあ……」

今日も翠星石が寝たのを確認してから屋根に上る
翠星石と一緒にいるのが辛い
翠星石と一緒にいると苦しい
翠星石 翠星石 翠星石…

「やっぱりおかしいよ…」

頭の中を翠星石がぐるぐるぐるぐる
朝も昼も夜も 昨日も今日も明日も

この想いを伝えてしまえれば どれほど楽になるのかな
いや、逆に今より辛くなるかもしれない

232 :翠×蒼3:2008/07/16(水) 20:55:25.03 ID:Yr+kMLm3O


怖い


なぜ姉にこんな想いを馳せなきゃいけないんだ
考えれば考えるほど ぐるぐる

闘いよりも大事だと言ってくれた
お父様よりも大切だと言ってくれた

嬉しかった
そして怖かった

ふざけている
あの声も、顔も、肌も
髪も指も瞳も唇も―――心も―――

『全て自分のものになればいい』だなんて

233 :翠×蒼4:2008/07/16(水) 20:56:13.59 ID:Yr+kMLm3O

でも欲しい
自分と同じであるはずなのに、自分にはない『翠星石』だけの証が
つまりは翠星石が 翠星石の全てが



「翠星石………」

伝えられない想いは、ひとつの呟きと一粒の涙に代わった

234 :翠×蒼5:2008/07/16(水) 20:57:03.68 ID:Yr+kMLm3O









最近蒼星石の様子がおかしい
私が寝た後、こっそりどこかへ行っている
しかもそれがばれていないと思っているらしい

「翠星石もなめられたもんですぅ…」

ずっと一緒にいた蒼星石のこと、わからないわけないでしょう
大方、マスターに言えないようなことでもしちゃったんでしょう
お姉さんがこっそり着いて行って、相談にのってあげましょう
そうしましょう そうしましょう

235 :翠×蒼6:2008/07/16(水) 20:57:54.09 ID:Yr+kMLm3O




へえ、屋根の上… 星でも見ているんですかね
ぼんやりしては溜息 ぼんやりしては溜息
これは相当大変なことをしちゃったんですかね……ふふふ


「そうせ…」
「翠星石…」

!? ばれてた!?

「うぅ…翠星石…翠星石…」

違う… 泣いて、る…?


「翠星石…苦しいよ…こんなに、好きなのに…」

「………!!??」

236 :翠×蒼7:2008/07/16(水) 20:58:43.39 ID:Yr+kMLm3O









翠星石のことを考えるほどに熱くなる身体
指が勝手に滑る ここが特に熱い
最低なことだ 相手は姉なのに


「翠星石…好きい…」

指を埋めればあっという間に身体の力が抜ける
くたりと体を倒す ひんやりとした屋根の素材が頬に当たる

237 :翠×蒼8:2008/07/16(水) 20:59:28.14 ID:Yr+kMLm3O
「んっ…ごめん、ね…翠星石…ぐす…ごめ…ん……」

頭の中が真っ白になったその瞬間



「蒼星石…」
「!?」


あ…  さいあくだ

238 :翠×蒼9:2008/07/16(水) 21:00:30.28 ID:Yr+kMLm3O




そこから
あんまりおぼえてないんだけど

なぜか翠星石は泣きながら
僕に何度もキスをしたんだ


「気付いてあげられなくて…ごめんなさい」


あんなに欲しかった唇が当たる
肌が触れる 指がからむ


「すい…せ…?」
「蒼星石…私も…大好きです…」
「あ…」

239 :翠×蒼10:2008/07/16(水) 21:01:25.97 ID:Yr+kMLm3O


二人の涙が合わさった
温かい、翠星石の涙


「蒼星石…好きですよ…」
「うそ…」
「嘘じゃねぇですぅ…」
「だって僕…翠星石で…あんなことして……」
「…いいですよ、そんなこと」
「僕…最低じゃないか」
「違うです。翠星石はそんな蒼星石も好きなんですぅ」
「翠星石………」
「蒼星石…ずっと一緒に居て?一時も離れないで?………」

240 :翠×蒼11:2008/07/16(水) 21:02:08.34 ID:Yr+kMLm3O



ああ 望んだ声が 肌が 髪が
翠星石がそこにある

それだけで生きていけるね
だから、もう一生離れないよ


ありがとう



END

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:06:44.37 ID:Yr+kMLm3O
翠星石のこと考えて自慰しちゃう蒼星石と今まで想いを伝えられなかった翠星石の初めての互いの気持ちの確認ssでしたー
11レスも使っちまったぜ

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:07:58.62 ID:+u1VxH4uO
乙ですぅ
うぅ…蒼星石…なんで死んでしまうん?
原作ではほぼ自殺だよな…

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:27:56.84 ID:ZcgDD1slO


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:29:41.62 ID:NN/NyOyp0
>>241
GJ
屋根の上、星空の下でオナニーとは素晴らしい

>>242
ウッ・・・(:ω:)

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:31:20.16 ID:NN/NyOyp0
>>219
乙です
虫歯治った後はお互いたまりまくってて凄そうだなw


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:34:13.45 ID:U8E3gzVg0
蒼翠が大量ですばらしいわい
じっくりみますーGJ

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:38:01.11 ID:NN/NyOyp0
ホントに長編お疲れ様です
薔薇百合乙女最高だ

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:56:32.18 ID:fxpLd/C5O
乙です!
蒼翠が多くて嬉しい

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 21:58:43.00 ID:ZcgDD1slO


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:13:00.93 ID:Bsn+AOMMO


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:28:31.59 ID:ZcgDD1slO


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:30:19.72 ID:v0i0D6UBO


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:30:38.35 ID:kubxnlV+0
神奈川県 私立高校の生徒さんよ
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1212571333/l50


逗子開成中学校・高等学校【急上昇】
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1173273599/l50
逗子開成高校のサックスって武器なんですか?
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1216212193/l50

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:32:54.46 ID:v0i0D6UBO


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:49:08.59 ID:nDeUgKyXO


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:49:30.37 ID:Bsn+AOMMO


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 22:59:22.16 ID:NN/NyOyp0
YJみてると髪を引っ張り合うケンカもいいもんだなって思えてきた

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 23:19:27.82 ID:NN/NyOyp0
蒼星石が復活したときの翠星石の第一声はなんだろな

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 23:23:50.45 ID:QkGi2QDS0
翠「もう離さないですぅ! ずっと一緒ですぅ! …ずっと、ずっと…私のから離さないですぅ…絶対に…ふふ、ふふふふ…」

想像したら、嬉しすぎて愛しすぎてヤンデレになったorz

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 23:28:52.63 ID:NN/NyOyp0
その流れでまたローザミスティカを奪われる蒼星石・・・
1つになるですぅ

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 23:37:30.77 ID:QkGi2QDS0
なんかそれでSSが浮かびそうだ

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 23:54:10.10 ID:+u1VxH4uO
薔薇薔薇

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/16(水) 23:56:19.79 ID:fxpLd/C5O
復活したのに愛する姉に再び奪われるとは…恐るべし愛…

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:11:44.34 ID:bkhdcb5TO
水銀燈「わたしももう一回蒼星石とひとつになりたいわぁ」

真紅「いえ、今度は私が」

雛苺「ひなもひなもー」

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:13:16.69 ID:yNjdhz5t0
バラバラ殺人(形)フラグw

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:14:40.93 ID:DMR3ES4G0
蒼「どこまで僕を不幸の星の元へ立たせれば(ry」

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:21:36.33 ID:yNjdhz5t0
巴×のり小ネタ(前に書いたみつのり小ネタの巴のりver)

の「巴ちゃん、お風呂上がったわよ。良いお湯だったわ」
巴「それは良かった。はい、アイスどうぞ(練乳入り棒アイス」
の「ありがとう、頂くわね」
 貰ったアイスを噛むと中から練乳が流れ出した。
の「あ、練乳が服に掛かっちゃった…」
巴「っ!」
の「ちょっとティッシュを…巴ちゃん?」
 ボタッボタッ
の「と、巴ちゃん大丈夫!? 鼻血出てるわよ!」
巴「のりさんの服に練乳が…すごく…いやらしいです…」
 そのまま巴はぶっ倒れた。
の「キャー! 巴ちゃんしっかりしてぇー!」
巴「わが生涯に一辺の悔いなし…」

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:27:51.60 ID:HbkkIgVb0
原作の水銀と蒼星は百合な希ガス
蒼が死んで翠に奪われる前にローザミスティカを横取りして
銀は蒼のローザミスティカ舐めたり
死体を夜な夜な運び出してローザミスティカ戻して百合ってそう

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:28:45.73 ID:HbkkIgVb0
>>267
この二人好きだww
キャラがあってるよなww

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:32:39.22 ID:DMR3ES4G0
>>268
今蒼の体ゆっきーにパクられてるから銀必死にならんとな

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:39:56.57 ID:Djd+wr+LO


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:40:25.24 ID:HbkkIgVb0
む、つまりアリスゲームとはローザミスティカを奪ったほうに奪われたほうが
服従する(百合的な意味で)ゲームってことか
また1つなぞが解けたぜ

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:40:49.70 ID:Djd+wr+LO


274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:42:51.39 ID:bkhdcb5TO
× >>267 巴www のりは百合だよな間違いない

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:45:01.51 ID:HbkkIgVb0


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 00:55:59.28 ID:yNjdhz5t0


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:06:56.45 ID:DMR3ES4G0
水  >>267ワロタwww俺も巴こういうキャラっぽい感じがww

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:27:10.28 ID:HbkkIgVb0


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:27:17.71 ID:1IVML4sdO
蒼翠鋏プレイ投下
NGワード、eroero kichiku

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:27:45.49 ID:1IVML4sdO
 あの時、僕はおかしかったのかもしれない。
 カタン、と少し乱暴に二人共用の寝室のドアを開けた。
 寝る寸前だったのであろう彼女は、サイドテーブルの灯りに手をかけている。
 彼女はしばしばこちらを見つめているが、やがて僕との異瞳を大きく見開いた。
「な、何を持って…」
「分かんない?」
 シャキ、と金属特有の冷たい音が響いた。
「鋏、だよ?」


 ──鋏の取り扱いにご注意を

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:28:38.85 ID:1IVML4sdO
>>280

 ゆっくりと彼女のキャミソールワンピースの肩紐に刃をかける。
「いや、ですっ…」
 頭上で拘束された自由の効かない腕で必死にもがいている。
「しーっ」
「しー、って!…ひっ」
 刃先を翠星石の鼻先に突きつける。
「舌、切っちゃうよ?」
「んっ…」
 今にも泣きそうな顔。絶望と恐怖に歪んだ顔。ゾクリと背中が震えた。
 ジャキン、と少し手応えを感じた。肩紐が切れた感触だ。
 両紐を切ると、次に横を縦に真っ直ぐ裂く。
「どうして…?」
「ん?んー…、したいから?」
 全て切り裂くとワンピースをスルリと脱がす。
 小さな灯りに灯された姿はびくびくと恐怖に少し震えていた。
「怖い?」
 鋏を一旦横に置き、耳元で囁きながらふくよかな膨らみに手をかける。
 少し安心したのか震えが止まり、鼻に抜ける特有の甘い声が漏れた。
「んっ…ふっ」
 少しずつ存在を示してきた突起をぐりぐりと押し潰すと違う意味で翠星石の体が震えた。
「気持ちいいの?」
「ちがっ…っあ…ひぁ…っ」
 ちゅ、と頬を啄みながら、脇腹をなぞる。
 唇をそのまま首筋、鎖骨を辿り、突起を口に含む。

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:29:31.70 ID:1IVML4sdO
>>281

「ひぁぁ…っ」
「気持ちいいんだね」
「ちが、って…んんんっ…」
 脇腹を伝った手は仄かに湿っている下着の中央に辿り着いた。
 そのまま筋をなぞるように指で擦る。
「ぁぁ…」
「邪魔だね」
 小さくそう呟いてまた鋏を取り出す。
 それだけで何をされるか分かったらしい彼女の顔は真っ青だ。
「やめ…」
 下着の中と外に鋏を構えると再び金属音を響かせた。
「やぁぁっ…」
「大丈夫…」
 怯えたあまり、恐怖の対象であろう僕にすがってくる彼女の柔らかい髪に手をかける。
 殊更、優しく名前を呼んでやると不安げな瞳でこちらを見つめてきた。
 普段、気丈に振る舞って見せる彼女のその頼りなさげな表情が僕に危険な何かを芽生えさせる。
 ちゅ、と音を立てて頬を啄んでやると少し体の緊張が抜けたらしい。
 左右に切り目を入れてやると、ワンピース同様スルリと脱がしてやる。
「ほら、糸引いてる。いやらしいね」
 極力ゆっくりと下着を話してやると秘部から下着に愛液の橋がかかった。
「や、…ちがっ…」
「何が違うの?こんなにぐちょぐちょにして」
「ひゃぁ、ぁっ」
 鋏を左手に持ち変え、右手の指を自分の唾液で濡らすと、いきなり最奥へ挿し込んだ。
「やぁぁ、…ひぃっぬい、…抜いてっ…あ、っそうせ、せき」
 人差し指と中指を微妙に振動させながら、翠星石のイイトコロを刺激してやる。

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:31:51.88 ID:1IVML4sdO
「ひ、やぁぁっ…あっ…あぁっ」
「エッチだね…。恥ずかしいと感じちゃうんでしょ?」
「ちがっ…」
「もっと恥ずかしいことしてあげる」
 一旦、指を抜き鋏を右手に持ち直し、秘部に近付けた。
「えっ…」
 信じられない、と言った表情でその刃先をまじまじと見つめている。
「や、やっ…」
 秘部の周りの黒い茂みを二枚の刃で挟むと、それを切り取る。
「やっやぁぁっ…!」
「暴れると危ないよ?」
 その言葉にハッとしたように驚くと、悔しげに口を結んだ。
 周りの茂みを全て切り取ると鋏を危なくないよう、遠くへ置いた。
 膝を掴んで足を大きく開かせると幼い少女のようになったそこをジッと見つめる。
 見た目と裏腹に性的行為を知るそこは、物欲しげにひくひくと小さく痙攣している。
「ふふ…、えっちぃね」
 そう言いながら再び指を挿入した。
「やぁ…あっ…あああっ…ひゃっ」
「僕の指をきゅうきゅう締め付けてるよ?抜かないで、って言ってるみたい」
「やっ、ちが…ひゃぁぁっ…」
「違う?本当かな?」
 中の指を三本に増やし、親指で突起をぐりぐりと潰す。
「やぁぁ、そ、れ…いやぁぁっ…」
 体を弓のようにしならせ、快感に翠星石は跳ねる。
「全部見えてるよ?中から液体が出てくるのも」
 空いてる手で胸の先端も転がす。

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:32:39.03 ID:1IVML4sdO
>>283

「ひゃぁぁっ…や、…やぁぁっ」
「キモチイイんでしょ?いっぱい溢れてるよ?」
「や、やぁぁ…言わ、ないでぇ」
「今度、皆でプールでも行こうか?皆に翠星石のえっちなつるつるの場所見てもらおっか?」
 その発言を聞いて翠星石の顔色がサッと変わった。
「い、やですぅ…そ、せ、せき…以外なん、…て…」
 泣きながら懇願してくる翠星石の頭を優しく撫でてやる。
「僕以外、…何?」
「そう、せ…せき、以外とするのは、やです…っ…!」
 その声を聞いた途端何だか全てがどうでも良くなって翠星石をきつく抱き締めた。
「うん、そうだね。僕だって嫌だよ」
 首筋に赤い痕を残すと、中の指の動きを激しくする。
「ひぁぁ…や、ぁぁぁっ…もぅ…イっちゃっ…」
 おそらく今日初めてであろう口づけを彼女の唇へ。
「んんんん────っ!」

 何でこんなことをしたのかは分からない。
 けれども今、幸せそうに眠る彼女の姿を見るとどうしようもない罪悪感を感じる。
 だから、日は彼女に優しくしようと誓うように、その手の甲に口づけた。


終わり

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:34:44.69 ID:1IVML4sdO
終わり
とりあえず、俺に鋏プレイはこれが限界
「こんな鋏プレイは邪道だー!」みたいな香具師したらすまんこ


すぐに書き上げるのは無理だが誰か、蒼翠・銀紅あたりでリクエストくれないか?
ほのぼの〜エロまでなんでもおk

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:40:29.36 ID:yNjdhz5t0
>>285
乙! そういう鋏プレイは思いつかなかった。
てっきり鋏を中に入れるものかとw

リク、紅銀じゃダメ?
良いなら真紅が水銀燈に「愛してるって言って」と迫るようなのを。

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:42:19.27 ID:1IVML4sdO
>>286
攻受反転は俺の美学に反するんだ
銀紅で良ければ書くが…

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:43:30.24 ID:yNjdhz5t0
>>287
じゃあそれで同じようなのを。

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:45:57.81 ID:HbkkIgVb0
>>285
スーパー深夜タイムktkr!
乙!はぁはぁしまくったぜww

>>286
中にいれたらまずいだろwww

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:50:20.56 ID:HbkkIgVb0
久しぶりに原作らしい水銀燈をヤングジャンプで見たから水銀燈のイメージがまた変わった
銀紅wktk

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:51:10.67 ID:DMR3ES4G0
>>285こういう鋏プレイもいいなwwwwwwwww
おけけを剃ったとな…ハァハァ

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:51:43.98 ID:1IVML4sdO
>>288
シリアス路線でいいかな?
エロは?

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:55:31.93 ID:1IVML4sdO
余談なんだがまとめ職人いたらお願い
前スレ(夢の百合師)の>>72の四コマをどっかに貼ってほしいんだが
一応、オムニバス形式ではあるがいっぱい書くつもりだから

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 01:58:11.21 ID:yNjdhz5t0
>>292
シリアスでもほのぼのでもお任せします。
エロは…無しで。

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 02:00:56.51 ID:1IVML4sdO
>>294
把握
投下するのはひょっとしたら次スレになるかもわからん

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 02:04:37.13 ID:yNjdhz5t0
wktkして待ってるよ〜

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 02:27:24.61 ID:yNjdhz5t0
おやすみほ

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 02:43:07.95 ID:HbkkIgVb0
おh

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 02:56:49.87 ID:HbkkIgVb0
ねむほ

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 04:04:12.78 ID:8hfMCKWRO
保守

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 05:59:16.35 ID:8UPQeF0lO


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 07:00:48.60 ID:6m/fAbfnO
今沖田ほ

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 07:31:55.69 ID:BC+14H04O
>>287
攻守反転でおもいついたんだけどリクしていいですか?
蒼翠で
いつも攻められてばっかりで悔しくなった翠が蒼を押し倒したけど下から膝とかで攻められてやっぱ気持ちよくなっちゃうって感じのシチュが見たい

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 08:19:47.90 ID:bkhdcb5TO


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 09:12:48.67 ID:BC+14H04O


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 09:14:14.14 ID:8UPQeF0lO


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 09:46:22.33 ID:P/Zk6bo8O
>>272
つまり、きらきーは「雛苺、貴女の心までいらないから、体だけください…」ってことなのか…エロス
あと銀ちゃまにローザミスティカを渡してたシーンは「私の心は貴女のもの…」ってことなのか…百合ス
あと雛苺が真紅にローザミスティカを渡したシーンは(ry

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 10:42:44.05 ID:8UPQeF0lO


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 11:28:39.77 ID:8UPQeF0lO


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 12:16:25.82 ID:8UPQeF0lO


311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 12:58:54.89 ID:BC+14H04O


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 13:11:34.79 ID:8UPQeF0lO


313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 13:42:23.92 ID:bkhdcb5TO


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 13:52:20.78 ID:8UPQeF0lO


315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 14:04:04.05 ID:04sbNbnUO


316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 14:10:41.51 ID:8UPQeF0lO


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/17(木) 14:49:55.05 ID:GjKE6JRKO


69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)