5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローゼンメイデン百合スゲーム

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 18:37:53.05 ID:FiAHaV5i0
ここはローゼンメイデンの百合妄想スレです。
絵師、文士求む。
雑談や一文字レスは保守代わりなので、気にせず、流れぶった切ってガンガン投下してください

エロ、グロ、鬼畜などは事前に注意書きをお願いします。

荒らし、煽りはスルー。


ローゼンメイデン百合アーノ パー速詰所
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1208357096/

ローゼンメイデン百合スレまとめ@wiki
http://www11.atwiki.jp/rozen-yuri/pages/1.html

VIP過去スレ一覧
http://rozen-thread.org/series/yuri/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 18:50:34.80 ID:FiAHaV5i0
明日から世間は3連休!! 百合ろうぜ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 18:58:08.14 ID:ART64w/UO
>>1乙です!
今回こそは投下したいなぁ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 19:14:59.27 ID:F6ZyDO5BO
いちおつ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 19:18:09.85 ID:BgKfG5LkO
乙!
盛り上がるといいですね

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 19:37:22.31 ID:iHfc6UQXO
>>1

完走目指して頑張ろーぜん

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 19:37:32.30 ID:ART64w/UO


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 19:45:46.12 ID:RHa66YvG0
いちもつだね!
いちもつですぅ!

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:03:29.22 ID:FiAHaV5i0
雛銀燈シリーズ(http://rozen-thread.org/2ch/test/read.cgi/news4vip/1215811540/96-98 の続き)

 オディール編・前回のあらすじ:オディールが腐女子だと言う事が判明しました。

 オディールがフランスに帰る前日の晩。
オ「お風呂ありがとうございました。あれ、雛苺は…」
 お風呂から出たオディールがリビングに戻ってくると、水銀燈がテレビを見ながらワインで晩酌をしているところだった。
銀「雛銀燈を寝かしつけてるわぁ。…そうだ、一緒に一杯やらなぁい? 日本のワインは口に合うか分からないけどぉ…」
 ワイングラスを掲げて見せて、微笑んで誘う。
 その誘いにオディールも微笑み首を縦に振った。
オ「…じゃあ、頂きます」
銀「分かったわぁ。そこに座って待っててぇ」
 そう言ってオディールを向かい側のソファに座らせ、間のガラステーブルにキッチンから持ってきたグラスを置いて差し出した。
 それにワインを注ぎ、二人ともグラスを持ってチン、と軽く乾杯し一口飲む。
オ「…美味しい」
銀「そう。口に合ってよかったわぁ。…それにしても、明日で帰っちゃうのねぇ。寂しくなるわぁ」
オ「色々お世話になってしまって…ありがとうございました」
銀「どういたしまして。雛銀燈の相手してくれてありがとねぇ」
オ「いえ、こっちも楽しかったです。良い思い出が出来ました。アキハバラにも行けましたし…」
銀「…私はああいうのはちょっとよく分からないけど、楽しんでもらえたなら良かったわぁ」
オ「真紅やのりにもありがとうって伝えてください」
銀「わかったわぁ」
 それからお酒も進んで話も弾み、色々な話をしていった。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:04:40.18 ID:FiAHaV5i0
オ「…それにしても、あの雛苺がもう結婚して、子供を産んでるなんてね…時が過ぎるのは早いわ…」
 ほろ酔いになったオディールが、感慨深そうにそう呟いた。
銀「…私達は早く結婚したからねぇ…。雛銀燈が産まれた時は雛苺もまだ二十になってなかったわぁ…」
 水銀燈も懐かしそうに言った。
銀「でも、良くやってくれてるわぁ。大変だろうけど、いつも笑顔で…私も大分救われてるわねぇ」
オ「それはきっと雛苺が心の底から幸せだと感じてるから…そうに決まってます。あの笑顔を見れば分かります」
銀「そう? 私は雛苺じゃないから本心までは分からないけど…そう言ってもらえてよかったわぁ」
オ「凄く幸せそうで…私も安心しました」
 オディールはワインを一口飲んで、ほうと一息ついて目を閉じて昔を思い出しながら口を開いた。
オ「…実は、私も雛苺の事好きだったんです」
 オディールの台詞を聞いて、水銀燈の手が一瞬止まる。
オ「子供の頃…フランスに引っ越す前はいつも一緒で…雛苺の事が大好きだった」
銀「そう…」
オ「だからフランスに引っ越す時は凄く悲しかった…私の初恋は終わったって思って」
 オディールは続ける。
オ「十年ぐらい経って、雛苺から結婚したって手紙が来た時はショックだったけど…日本に来て雛苺の様子を見たら安心しました」
 そこで目を開け、水銀燈を見るとフッと微笑んだ。
オ「さすが雛苺が選んだ人ね…あなたになら安心して雛苺を任せられるわ」
銀「そう言ってくれてありがとう」
オ「…雛苺をよろしくね」
銀「こちらこそ」
 二人とも微笑み合い、グラスのワインを同時に飲み干した。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:06:22.17 ID:FiAHaV5i0
 翌日、空港までオディールを送りに来た。
オ「ありがとう、送ってもらって…。最後の最後まで面倒になっちゃったわね」
雛「良いのよ。またいつでも来てなの」
銀「待ってるわぁ」
オ「うん。…雛銀燈ちゃんも、元気でね」
 屈んで雛銀燈と同じ目線になって雛銀燈の頭を撫でる。
雛銀「また来てねぇ! 一緒に遊ぼう!」
オ「ええ。…そろそろ行かないと」
雛「そう…それじゃあ、またねなの」
銀「こういう時はさよならは言わない物よぉ。またねぇ」
雛銀「早く来てなのぉ」
オ「…うん。また会いましょう」
 そうしてオディールは飛行機に乗り込み、フランスへと帰って行った。
 その飛行機を、空港のデッキから見送る。
雛「行っちゃったの…」
銀「そうねぇ。…雛銀燈、泣いてないでちゃんと見送りなさぁい」
 水銀燈が雛銀燈を見下ろすと、大粒の涙を幾つも流して泣いていた。
雛銀「えぐっ…オディールお姉ちゃん…!」
銀「…ここまで良く堪えたわねぇ。立派よぉ」
雛「雛銀燈、言ってたでしょ? また会いましょうって。すぐ会えるのよ」
雛銀「ひっく…!」
銀「ほら、笑顔で手を振ってあげなさぁい」
雛銀「うん…! ばいばーい、ばいばーい!!」
 涙を拭い満面の笑みで飛行機に手を振る雛銀燈。また会えることを信じて。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:07:04.74 ID:FiAHaV5i0
 それから数日後。
銀「雛銀燈、雛苺。オディールから手紙が来てるわよぉ」
雛銀「本当!?」
 オディールから手紙が届き、それをみんなの前で封を開けて中身を取り出して読み始めた。
銀「……へえ、元気でやってるって」
雛「そう。よかったなの」
雛銀「わたしにも見せるのぉ」
銀「慌てないでぇ。ほら」

 それからみんなで手紙を読んでいき、最後の行が水銀燈の目に留まった。
銀「雛銀燈、今度冬にまた来るってぇ」
雛銀「本当!?」
銀「ええ。良かったわねぇ」
雛銀「わーい! また遊んでもらえるのぉー!」
 大喜びで飛び跳ねる雛銀燈を見て、二人とも微笑んだ。
 さらに読み進めていると、PSと書かれているのが目に入った。

――PS.今度は冬コミに行きたいので、真紅とのりにも案内よろしくと言っておいてください――

銀「…まったく、しょうがないわねぇ」
雛「…ま、あの二人もきっと喜んで引き受けてくれると思うのよ」
 やれやれと肩を竦め、二人とも笑い合った。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:07:13.54 ID:hLVrMhcp0
雛銀燈シリーズははっきり言ってツマラナイ
これがこのスレのメインにならないように職人降臨キボン

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:07:32.74 ID:FiAHaV5i0
一個飛ばしたけどオディール編は終わり。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:13:25.30 ID:FiAHaV5i0
ごめん。他の作品ももっと頑張るorz

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:15:08.91 ID:Wiv2towj0
>>13
待ってるだけじゃ駄目だってばっちゃが言ってた

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:30:40.83 ID:53Ttz0yv0
>>1

まあ百合では無い罠
本格百合職人降臨街

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:38:17.54 ID:iHfc6UQXO
お題募集
金×雛、翠×蒼、銀×蒼の中から
鬼畜、グロ以外で

毎回思うがカプ制限しちゃってスマン

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:41:28.02 ID:F6ZyDO5BO
銀蒼原作の百合
銀が蒼を取り込んじゃうとこまで

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:42:50.15 ID:F6ZyDO5BO
鬼畜になっちゃうかな?
じゃあ銀蒼の危険な逢い引きでお願いします


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:42:59.91 ID:iHfc6UQXO
>>19
把握

なんか銀→蒼になりそうな予感

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 20:55:36.21 ID:F6ZyDO5BO
ワクテカ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:14:04.58 ID:ART64w/UO


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:25:35.32 ID:iHfc6UQXO
>>19
微妙にヤンデレになってしまった…
苦手な方は注意


『私だけ』


 何故貴方はあんな姉ばかりを見つめるの?貴方達が喧嘩したと聞いて、折角貴方を私のものにしようとしたのに。
 ある時、夢の世界に偶々迷い込んでいたら、姉と戦う貴方を見掛けた。その時の気持ちを言葉を現すのなら、期待だった。上手くいけばあの邪魔な姉を消す事が出来る。そうすれば貴方は…。
 私はそのまま待機する事にした。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:26:05.78 ID:iHfc6UQXO
>>24
 だが、運命は残酷。徐々に私にとって良くない方に転がっていった。最終的に、貴方が自殺してしまうという形になってしまった。
 その時、私の中で何かが弾けた。貴方のローザミスティカに手を伸ばし、無我夢中で私の中へ納めた。
 貴方が私を拒絶していたのは分かっている。納めた時に、記憶や思いが流れ込んできたから。
 拒絶されてもいい。嫌われてもいい。ただ、貴方が他の誰かと一緒にいるのが耐えられなかった。
 だったら、私の中へ隠してしまえば良い。私以外、感じられなくなれば良い。

「貴方が見つめて良いのは、私だけなんだからぁ」



end

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:27:51.04 ID:iHfc6UQXO
>>24-25
投下終了

なんか違ってたらすいませんorz

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:29:26.25 ID:mwv72T1F0
>>24-25
乙です
心理描写が秀逸でイイヨー


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:30:47.43 ID:CdB3G1wRP

蒼「だが水銀燈残念だね…僕は一年後位に君から飛び出して翠星石を救うからッッッ!!!」

って本当になりそうな気がしてきたぞ…

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:41:06.23 ID:F6ZyDO5BO
>>24−25
うおおありがとう!
個人的に1番好きな組み合わせだ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:43:20.78 ID:F6ZyDO5BO
>>28
そして今度は翠星石に取り入れられるんですね、わかります

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 21:47:45.23 ID:CdB3G1wRP
蒼「ちょwwwやだよwww」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:11:34.00 ID:/q4+mQVBO


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:12:29.60 ID:FiAHaV5i0
芋   のり×めぐって需要あるかな…

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:13:51.32 ID:CdB3G1wRP
堀    有ります

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:26:21.77 ID:FiAHaV5i0
>>28
蒼「ガハッ…す…翠星…石…何を…!?」
翠「…蒼星石のローザミスティカ…これで誰にも奪われる心配は無いですぅ…。ずっと…ずっと一緒…蒼星石は私のものですぅ…」

こうですね、わかります

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:30:23.58 ID:/q4+mQVBO


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:31:15.06 ID:/q4+mQVBO


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:33:40.84 ID:CdB3G1wRP


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:53:58.14 ID:F6ZyDO5BO
おいしそう^^

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:54:03.59 ID:FiAHaV5i0
SS書き始める前に保守

のりめぐ思いついた

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 22:57:58.01 ID:F6ZyDO5BO
おいしそう^^

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:12:57.35 ID:zwIIiYnj0
1乙

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:29:43.94 ID:FiAHaV5i0
早めに保守

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:43:33.94 ID:iHfc6UQXO
投下するよー


『貴方に魔法を』


「翠星石って本当に髪長いね」

 暖かな陽を浴びながら、のんびりと過ごしていた午後の事。ベッド上に腰かけ、退屈そうな表情の翠星石の、隣に座っていた蒼星石が口を開いた。と、同時に、立てば下につくくらいはあるであろう長い髪を、自分の指に通した。

「そうですか?」
「うん。…少しだけ羨ましい」

 ポツリ、と呟かれた言葉に、翠星石は少しだけ驚いていた。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:44:19.55 ID:iHfc6UQXO
>>44
「羨ましい?」
「だって、色々出来るでしょ?……お洒落、とか」

 お洒落、と言う時に、少しだけ視線をずらした。本人としては、ちょっとだけ恥ずかしいらしい。
 一方翠星石はというと、先程よりも驚いたのか、目を真ん丸にして蒼星石を見つめていた。

「……まさか、蒼星石がお洒落に興味を持ったとは…」
「……悪い?」
「いえ。今までとくに興味無さそうでしたからね」

 翠星石は嬉しいですよ、と一言加えて、にっこりと笑った。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:44:55.13 ID:iHfc6UQXO
>>45
「でもさ、僕は髪短いし…」
「そんなの関係ねぇ!です。寧ろ短いからこそ可愛く出来る筈ですよ!」

 若干何処か壊れてきている姉。そんな姉の迫力に、妹は言葉を発する事が出来なかった。

「ちょっと待ってるですよ!」

 そう叫ぶと、風の様な早さで(勿論実際は違うが)、部屋を出ていった。一人ポカンとする蒼星石を置いて。
 暫くすると、風の様な早さで(勿論実際は(ry)帰ってきた。小さめの箱を持って。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:45:37.98 ID:iHfc6UQXO
>>46
「な、何それ?」
「翠星石のお洒落BOX(仮)ですぅ。さ、覚悟するですよぉ〜…」
「だ…誰か助け…!」

 目をキランと光らせ、怪しい手の動きをさせながら蒼星石に迫っていた。
 背後に逃げる蒼星石だが、徐々に距離を詰められ、降伏を余儀なくさせられた。

―――――

「完成ですぅ!」

 櫛を片手に何かをやり遂げた表情で、翠星石は高らかに言った。
 鏡の前に座っているのは、羞恥の色に顔を染める蒼星石だった。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:46:27.14 ID:iHfc6UQXO
>>47
「……や、やっぱり変だよ……」
「んまっ!翠星石の最高傑作にケチつける気ですかぁ!?」
「そ、そっちじゃ無くて……短いのを無理矢理結ぶのは……」

 蒼星石の頭の上には、ちょこんと出た髪の束が左右にあった。

「……僕には似合ってないよ……」
「…はぁ、相変わらずネガティブですねぇ。……………じゃあ」

 悩むそ振りを見せて、暫くすると口の端が釣り上がった。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:47:07.41 ID:iHfc6UQXO
>>48
「可愛くなる魔法、かけてあげます」
「え……?」

 問おうとした蒼星石の唇は、翠星石の唇によって塞がれた。

「…………ふふ、可愛くなったですぅ」
「…な…なな…っ!!」

 魔法によって、真っ赤になった蒼星石を見て、翠星石はにこにこと笑っていた。



end

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:47:58.41 ID:iHfc6UQXO
>>44-49
投下しゅーりょー

つまりばかっぷるの戯れ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:51:49.35 ID:RHa66YvG0
なんというバカップル…イイヨーイイヨー
御洒落した蒼もなかなか興味あるな…ハァハァ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/18(金) 23:57:39.62 ID:BgKfG5LkO
いいなぁバカップルWWW
乙です!

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:12:46.50 ID:x1VLpx2S0
バカップルって…良いよね…

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:15:17.66 ID:HvqXdU7mO
>>18
あのさ、毎回毎回ゴミの名前出してスレの雰囲気悪くするのやめてくんない?

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:36:01.81 ID:eOTkfXc/O
双子ほのぼのいいよーいいよー

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:40:02.61 ID:bQrIXi73O
>>50
バカップルいいよバカップル!
桃種先生にもこんな双子を書いてほしいなぁ。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:43:39.64 ID:mpG8rkQU0
よしYJ編集部にはがき送ろうぜ
「バカップル蒼と翠だしてくだしあ><」って

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:57:54.28 ID:eOTkfXc/O


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 00:59:17.14 ID:mpG8rkQU0


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:02:07.24 ID:x1VLpx2S0


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:06:43.17 ID:eOTkfXc/O


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:14:57.58 ID:x1VLpx2S0


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:30:57.25 ID:mpG8rkQU0


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:32:45.17 ID:C9h9RMB7O
デフォルメ薔薇乙女劇場
第2回「お前ら、ここ教室だぜ?」
http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1216398463.jpeg
http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1216398516.jpeg
http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1216398589.jpeg
http://rozeen.rdy.jp/cgi/sym/1216398559.jpeg

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:36:53.03 ID:mpG8rkQU0
字がちょい読みにくいけどGJw
何年かは結局わかんないんだなwwモエス

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:37:18.57 ID:HvqXdU7mO
>>64
糞キム出てくんなゴミが
死ねクズ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:42:55.33 ID:tSKsVobv0
>>64
かわいい絵柄だなw
ちょっとセリフが読みにくかったけど乙

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:56:59.83 ID:GTEoJiCJ0
ドール同士の苛めで真紅、翠星石、蒼星石が
雛苺の肛門を完全破壊するSSをお願いします

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 01:57:17.55 ID:x1VLpx2S0
>>64
可愛くてよかったw
銀さま大胆だw

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 02:19:51.82 ID:x1VLpx2S0
SS書いてるけど終わりが見えないよ保守

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 02:23:54.89 ID:L02X6p6wO
今日初めて一話から全部見た俺がきましたよ
蒼星石かわいいよ雛苺つうかみんなかわいいよ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 02:38:54.75 ID:x1VLpx2S0
寝るほ
明日も仕事なのになんでこんな時間まで起きてんだ…orz

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 03:03:17.73 ID:eOTkfXc/O


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 03:22:20.21 ID:eOTkfXc/O
ネルホ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 03:22:39.42 ID:mpG8rkQU0


21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)