5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)明け方のようです

1 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 04:47:07.87 ID:arltjQvt0
午前3時


普通の人ならとっくに寝ている時間だろう


よほど特殊な職業や一日中ネトゲとかしている人達以外は



そんな朝になりかけの夜に




彼は目を覚ました



2 :ザ・乳輪☆キッド ◆wktky..j16 :2008/07/19(土) 04:47:38.76 ID:q8Feq5g20 ?2BP(2701)
     \ 2 g e t は 俺 の も ん だ !!! /
                _   _   _   _
       +   +   | |   | | | |   | |  +   
               | | Π| | | | Π| |     +
     / ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l +
   / ̄ ̄ ̄ ̄ /三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i、 ̄ ̄ ̄ i、
  / ̄ ̄ ̄ ̄ _/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄', ̄ ̄ ̄ ̄l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',三二二ニl   +
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/三三三三// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 04:49:59.27 ID:arltjQvt0
( ^ω^)「・・・」

彼は普通のサラリーマンだ

昨日も仕事を終え

家に帰り

風呂に入り

夕飯を食べて

眠った


何時も通りの生活


何時も通りならば普段は朝の6時とかに起きる


だけど今日はこの時間に目が覚めた

4 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 04:53:33.74 ID:arltjQvt0
二度寝しようかともう一度布団に潜るが

なぜか目が冴えて眠れなかった


( ^ω^)「どうしたもんかお・・・」

とりあえず机の電気を点け、椅子の上のパソコンを点ける

ブウンという機動音がなり、立ち上がるまでしばし待つ


完全に立ち上がったら、メールが来てないか確認する


( ^ω^)「・・・新着メールなしっと」

そして彼は静かにパソコンを閉じた

5 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 04:56:58.52 ID:arltjQvt0
ちらっと時計を見てみると、まだ3時10分だ


( ^ω^)「コーヒーでも飲むかお」

彼は自前のコーヒーメーカーを出し

手馴れた作業でコーヒーを炒れる

豆はインスタントだが

缶コーヒーとはまた違う味わいが彼にとってのこだわりだった


そして目覚めのコーヒーを口にする

( ^ω^)「苦い・・・砂糖を入れるお」



6 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:01:36.55 ID:arltjQvt0
一息ついたところで彼は考え込む

とりあえず二度寝したらそのまま起きれない可能性がある

ならこのまま起きてるのもいいかなと


( ^ω^)「・・・ズズっ」

コーヒーをすすり、ふとベランダに出てみる

雲が無く、星は弱弱しく輝いていた


だが、月だけははっきりと光を放っていた

その明るさは夜の太陽と言っても良いかもしれない

明るくなりかけている空にとてもマッチしている


( ^ω^)「さっきまで左側にあった月が今は右側にあるおー・・・」

7 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:03:53.72 ID:arltjQvt0
月を見てると地球が回っているということを実感する

同時に子供の頃、疑問に思っていたことを思い出す


地球は丸いし回転している

なら下側の人間はどうして落ちないんだろう


大人になった今となっては馬鹿馬鹿しい疑問だ


ふふっと笑いながらコーヒーをすする


そして、あの頃の記憶がよみがえる

8 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:07:21.55 ID:arltjQvt0
〜〜〜〜〜

彼は小学生の頃、大事なものがたくさんあった


大好きなヒーローの人形

友達から貰ったゲームソフト

親には内緒の秘密基地


どれも大切なものばかりだったが一番大事だったのは


( ^ω^)「おかーさんーwww」

J( 'ー`)し「あら、ブーンどうしたの?」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:07:44.69 ID:TO6FOC5bO
期待してる

10 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:12:24.01 ID:arltjQvt0
( ^ω^)「あっちのほうにね、凄くきれいな花があったんだお」

( ^ω^)「だから・・・これ!プレゼントだお!」

彼は照れくさそうに花を渡す

J( 'ー`)し「ありがとう、ブーン」

(*^ω^)「えへへ」

彼は母親が大好きだった

父親は小さい頃の他界し、女手一つで育ててくれた

たまに怒ったりもするけど、優しい母だった


( ^ω^)「僕、大きくなったらウルトラマンになるんだお!」

( ^ω^)「ウルトラマンになって怪獣からおかあさんを守るんだお!」

J( 'ー`)し「あらあらwじゃあ今のうちにいっぱい食べて大きくならないとね」

( ^ω^)「うん!おかわりだお!」



11 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:17:21.91 ID:arltjQvt0
ずっと一緒だった


風邪をひいたら看病もしてくれた

おねしょをしても笑って許してくれた

決して裕福ではなかったけど、いつも美味しいご飯を作ってくれた

そんな母親が大好きだった


J( 'ー`)し「ブーン、今日はどこにいくの?」

( ^ω^)「ああん?どこだっていいだろうが」

中学に上がると、彼は何かと反発するようになった

俗に言う反抗期である

この時はタバコや酒など悪いことを覚えようとした

普通の人間なら意外とこのまま中学生活を終えるだろう


だが2年の頃、彼は見た

夜中に薬を飲む母親の姿を

12 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:20:04.50 ID:arltjQvt0
思えば女手一つで自分をここまで育ててくれたのだ

疲れとかがないはずが無いのだ

そんなことにも気づかない自分は、やはりガキなんだ


そして彼の反抗期は終わった

同時に新たな夢が出来た

( ^ω^)「(早く大人になって仕事するお!)」

( ^ω^)「どんな仕事でいいお、とにかくかーちゃんに楽させるお」

13 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:25:06.58 ID:arltjQvt0
高校に入ってからは必死に勉強した

元々成績自体はよくないのだが、やる気は誰にも負けなかった

その成果もあってか、テストの回数を重ねるごとに順位は少しずつ上がっていった

J( 'ー`)し「ブーンもすっかり大きくなったわね・・・」

J( 'ー`)し「!! ゴホッ!」


しかしそれと比例するように、母親の体調は悪くなっていった

薬の量も増え、月に二度は病院に通うようになった


( ^ω^)「アルバイトするお!」

少しでも母親の助けになりたかった彼はコンビニでアルバイトを始めた

そしてバイトの半分以上は母に渡していた


14 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:29:13.73 ID:arltjQvt0
その間、勉強も怠らなかった

ある日、期末テスト前日に徹夜で勉強していたときに母が部屋を訪ねてきた


(;^ω^)「かーちゃん!?こんな時間に寝てなくて大丈夫なのかお?」

J( 'ー`)し「目が覚めちゃってね、はいコーヒー入れたから飲んで」


母は自分の為に夜遅くに起きてコーヒーを入れてくれた

それが彼には凄く嬉しかった

彼はあまりコーヒーを飲まないのだが

その時の美味さは今でも覚えている


そして3年の卒業間近のとき


母親は倒れた

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:30:19.24 ID:jLE7HJab0
なんか面白そうだな
がんばって続きを書いてくれ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:31:32.50 ID:ddYABqcS0
期待

17 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:33:50.34 ID:arltjQvt0
(;^ω^)「かーちゃん!かーちゃん!」

J( 'ー`)し「ブーン・・・」


この時彼は、就職が決まり、春に向けて準備をしていたときだった

ようやく、楽をさせられる

そう思っていた矢先の事だった


医者の話によれば、長い間に重ねられた疲労がここで全部襲ってきたらしい

もう長いこと持たないだろうと

( ;ω;)「やっと・・・かーちゃんに楽させてあげられるのに・・・!」

それからしばらくの間

学校を休み、母親の側にいた

いつも側にいてくれた母親

今度は自分が側にいてあげたい

むしろ、今の自分にはそれしかできなかったのである



18 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:38:23.02 ID:arltjQvt0
そしてある日の夜

J( 'ー`)し「今日は月が綺麗ねー・・・」

( ^ω^)「うん・・・」

その日は満月で、空にははっきりと月が浮かんでいた

J( 'ー`)し「ブーンももう社会人なのね・・・早いものだわ」

( ^ω^)「・・・」

J( 'ー`)し「こんなに立派な息子がいるなんて、本当に自慢になるわw」

( ^ω^)「僕は・・・何もできなかったお」

( ^ω^)「僕はかーちゃんに助けられっぱなしだったお」

(#^ω^)「だからようやく親孝行できると思っていたのに・・・!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:38:41.80 ID:QwDv9v7i0
支援だ

20 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:41:53.20 ID:arltjQvt0
J( 'ー`)し「あら、親孝行なら充分してもらったわ」

( ^ω^)「?」



J( 'ー`)し「ブーン過ごした毎日、その全てが親孝行だったよ」

J( 'ー`)し「私は本当に幸せ者だなぁ・・・」


J( 'ー`)し「お父さんも喜んでるわよ・・・」


( ;ω;)「・・・カーチャン」


そして母は


ゆっくりと目を閉じ


二度と起きることは無かった


( ;ω;)「・・・ありがとう、かーちゃん」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:41:53.92 ID:zayph0AOO
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:44:31.33 ID:/1N75H5eO
支援

23 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:47:38.88 ID:arltjQvt0
〜〜〜〜〜

気づけばコーヒーはすっかり冷めていた

そして月は消え、朝日が昇ろうとしていた


( ;ω;)


彼は泣いていた

今、自分は何のために働いているのか

もっと色々してやりたかった

あの日の記憶と想いが、溢れてくる


24 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:48:21.65 ID:arltjQvt0
( ;ω;)



( ^ω^)


( ^ω^)「・・・さて、シャワー浴びて準備するかお」

そして彼は、残っているコーヒーを一気に飲み干した

太陽はすっかり昇り、朝になった



そしてまた、一日が始まる


( ^ω^)明け方のようです 終

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:50:29.51 ID:UHgZEMv50
見事すぎて言葉もでねえ
乙です

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:52:59.29 ID:/1N75H5eO
早いw


>>1

27 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 05:53:31.22 ID:arltjQvt0
こんな朝早くからありがとうございます

これは実際についさっき、3時ごろ目を覚ました
そして窓を見たら月が凄く綺麗だった
そしてふっと浮かんだ話です

プロット作って後でやろうとも思ったんですが
そうするとこの感動が薄れそうなので思いつくままやってみました



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 05:58:16.72 ID:UHgZEMv50
勢いだけの方がいいものできることってあるよね
是非また思いついたら書いて欲しい

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 06:00:11.49 ID:RjgXe5Ob0
いいもの見させてもらったよ
>>1乙!

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 06:01:04.75 ID:QwDv9v7i0
この時間まで起きててよかったわ
>>1に感謝と乙を

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 06:02:38.86 ID:Odl95ck1O
今日も1日頑張れそうだ!

>>1
乙!良い物読ませてくれてありがとう!

32 : ◆FOy3FlOjcQ :2008/07/19(土) 06:03:31.08 ID:arltjQvt0
本当にありがとうございます

では、この辺で失礼します
今程よい眠気が来ているので二度寝します



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 06:09:42.86 ID:UL0rsGGdO
乙です

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 07:12:56.89 ID:PPlUWIC3O
ほしゆ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 07:36:42.14 ID:zayph0AOO


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 08:34:25.77 ID:5Q5ms+9S0
良い短編だた乙

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 08:42:48.33 ID:qW/9Avp5O
感動した

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 08:45:00.57 ID:b6RqJGgAO

よかった

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 08:49:55.48 ID:70tK6Oo80
精神病になったようです思い出した

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 08:55:41.84 ID:y25TN9HbO
好きだ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 09:13:52.07 ID:up3ptPTxO
素晴らしい

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 09:45:57.63 ID:9eaeAAMUO
良いな

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 10:45:39.09 ID:343Awzk/0

よかった

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 10:56:51.47 ID:PPlUWIC3O
この酉なんかで見たことあるんだがなんだっけ?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 11:22:22.59 ID:RmWHCkQK0
>>44
夏の夜の夢のようです

だったっけ?

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/07/19(土) 11:36:25.64 ID:PPlUWIC3O
>>45
あーあれか
あれも結構面白かったな

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)