5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローゼンメイデン百合スレですぅ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 17:20:28.71 ID:VUEB3GXL0
ここはローゼンメイデンの百合妄想スレです。
絵師、文士求む。
雑談や一文字レスは保守代わりなので、気にせず、流れぶった切ってガンガン投下してください

エロ、グロ、鬼畜などは事前に注意書きをお願いします。

荒らし、煽りは構ってちゃんなのでスルー。
いい保守代わりなので生暖かい目で見守りましょう。



ローゼンメイデン百合アーノ パー速詰所
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1208357096/

ローゼンメイデン百合スレまとめ@wiki
http://www11.atwiki.jp/rozen-yuri/pages/1.html

VIP過去スレ一覧
http://rozen-thread.org/series/yuri/

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 17:25:01.96 ID:VUEB3GXL0
ですぅ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 17:43:04.40 ID:QMe4t2dDP
いちもつですぅ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 17:44:43.63 ID:XHYEN4u/O
>>1

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 17:55:34.25 ID:qmyHMEOlO
いちもつ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:04:50.87 ID:VUEB3GXL0
ヤングジャンプもうきた?

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:25:54.48 ID:Wkxi+2TaO
いちおつ!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:25:58.06 ID:XHYEN4u/O
どうだろう…

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:26:47.45 ID:QMe4t2dDP
ヤンジャンまだじゃない?

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:29:43.61 ID:er/uktBC0
 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|     
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|    この顔に
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |    ピンときたなら
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|    まきやがれぇです
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |

VIP列島でアリスゲーム!究極の少女を作れ!

*VIP列島はググって遊んでね!
 操作方法等の説明はインしてから右下にある■■列島初心者ガイド■■をクリック!
 アリスゲーム会場は神戸、YOKOHAMA、八丈島!

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:33:58.05 ID:QMe4t2dDP
蒼「翠星石のねじならまき切れれまでまくよ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 18:58:48.90 ID:XHYEN4u/O
「ローゼンメイデン百合スレですぅ」
「そういえば、今は花の百合が咲き始める頃だね」
「へぇ、そうでしたか」
「一緒に見に行こう?…その…二人っきり、で…」
「…ふふ、勿論ですぅ」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 19:19:47.24 ID:TWjaJgoHO
いちおつ

14 :以下、名無しの人にかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 19:24:29.51 ID:m6UxcGUq0
いちおつですぅ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 19:40:13.73 ID:XHYEN4u/O


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 19:55:55.97 ID:VUEB3GXL0
そうか・・

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 19:56:25.95 ID:wzbOGK/K0
百合スレの避難所でまた馬鹿が暴れてるね。
これからも継続的にうpがあるように協力してくれ。

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/39455/1198670526/l50

>>212-215氏または>>220-221氏に同意して、>>219を叩いてくれればいい。
ただし他所から来たのではなくあくまで最初から住人だったという感じでよろしく。
上手くいけばお礼にうp人さんが何かくれるかもな

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:09:42.79 ID:Wkxi+2TaO
保守

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:12:09.75 ID:XHYEN4u/O
投下するよ


『ハンカチ』


「……、……」

 視界に、眩しい太陽が写った。あまりにも眩しすぎて、視線を少しずらした。
 元々弱い体を無理矢理動かしたので、疲れた体は夏の陽射しに耐えられなかった。何とか人気の無い公園のベンチに座り、休憩をしようとした。けれど。

「(…全然…楽に、ならない……)」

 最早、陽射しに当てられているだけで体力は消耗される程、体は弱りきっていた。執事に迎えに来て貰おうと、携帯を取り出す。が、執事には黙って出てきた事を思い出し、戻した。
 と、同時に視界は真っ暗になった。

―――――

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:12:53.90 ID:XHYEN4u/O
>>19
「(…あ、れ…?冷、たい……)」

 額の辺りが急に冷たくなり、薔薇水晶は目を覚ました。ぼやけた視界に写ったのは、帽子をかぶった女性だった。

「あ。目、覚めた?」

 女性はにっこり笑った。
 額に手を伸ばすと、冷たい布の感触があった。

「熱中症みたいだったから、ハンカチ濡らしたんだ。それより、大丈夫?」

 大丈夫か、と聞かれて、薔薇水晶は頷いた。完全ではないが、先程より気分は良くなっていた。

「…ご迷惑、かけて…すみ、ません」
「ううん。大丈夫そうなら良かった」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:14:17.87 ID:XHYEN4u/O
>>20
 女性は再び笑顔になった。優しく、温かい笑みだった。薔薇水晶は不思議と見とれてしまった。

「あ、もうこんな時間か…。ごめんね、僕もう行かなきゃ」
「…あ…ハンカチ…」
「それあげるよ。いらなかったら捨てて良いから」

 よっぽど急ぎの用事があるのか、速足で公園の出口に向かった。途中で振り返って、気を付けて帰ってね、と言い残し、何処かへ走り去っていった。

「……行っちゃった……」

 一人残された薔薇水晶はポツリ、と呟いた。
 暫く経ち、上半身を起こした。同時に、額にあったハンカチが膝の上に落ちた。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:15:57.03 ID:XHYEN4u/O
>>21
「…あ……」

 薄い青色で、ワンポイントに小さな花の刺繍が施されていた。
 暫くそれを見つめていると、手に取りギュ、と抱き締めた。その行動に意味はないが、なんとなく安らいだ。

「…いつか、このハンカチ…返せる、かな…?」

 理由はどうあれ、もう一度あの女性に逢いたい、と薔薇水晶は願った。
 その願いが叶ったのかは…別のお話。


end


>>19-22
投下終了

もう薔薇水晶と蒼星石の話しか出てこない…orz

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:31:41.09 ID:OfgFZSXAO
GJ!
薔蒼には独特の不思議な世界観があるなぁ…

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:34:52.38 ID:VUEB3GXL0
>>22
俺は大好物なんでもっとほしいぜ
GJ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:46:24.51 ID:QMe4t2dDP
おつなのだわ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 20:55:54.25 ID:78+VauRL0
明日まで残しときやがれですぅ!

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 21:08:53.37 ID:XHYEN4u/O


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 21:22:43.25 ID:VUEB3GXL0


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 21:36:28.25 ID:ROLKmOAp0
>>22
二人の馴れ初めかあ、いいなぁ…これからも甘い蒼薔薇期待してるぜ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 21:50:15.78 ID:VUEB3GXL0


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 22:06:23.03 ID:XHYEN4u/O


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 22:15:36.61 ID:VUEB3GXL0


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 22:30:12.24 ID:TWjaJgoHO


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 22:39:12.49 ID:TWjaJgoHO


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 22:51:01.19 ID:TWjaJgoHO


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 22:54:31.23 ID:QO+NyAtxO


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:03:16.03 ID:GokpJ+S20


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:09:33.18 ID:ROLKmOAp0


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:20:24.69 ID:TWjaJgoHO


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:23:02.97 ID:GokpJ+S20


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:39:35.76 ID:XHYEN4u/O


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:39:51.50 ID:TWjaJgoHO
キター

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:45:27.86 ID:t9q3inMwO
>>30-36

翠「蒼星石の頬を吸ってやるですぅ!」
蒼「ちょ…いきなり何するのさ」
翠「逃げても無駄ですよ〜」
蒼「僕の頬を吸っても何の味もしないよ?」
翠「でも、こうしてホイップクリームを塗れば甘くなる不思議!」
蒼「やめてよ、くすぐったいじゃないか…」
翠「蒼星石の頬、甘いですぅ♪」ペロペロ
蒼「…じゃあ、僕は君の唇で試してみようかな?」ニヤリ
翠「んっ…あっ…そうせ…」
蒼「君の唇は甘くて柔らかいね、翠星石」

こうですか、わかりません><
そして、銀ちゃんバージョンが思いつかなかった…。



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:51:58.32 ID:VUEB3GXL0
けしからんもっとやれ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 23:57:25.14 ID:VUEB3GXL0
今日も、恥ずかしいから夢の中で蒼星石に甘えようとする翠星石を眺める仕事が始まるお

ねるほ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 00:15:04.38 ID:ciibmwH6O
翠「頬を吸うです水銀燈!」

銀「な、なによいきなりぃ」

翠「お願いですぅ…ちゅうってして…?////」


こうでしか><

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 00:19:14.14 ID:gtKVn5Zx0
さ、はやくつづきを

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 00:20:42.81 ID:JE7RZQ40P
蒼「けしからんね二人とも…さて、ビデオカメラはどこだっけ…。」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 00:43:52.14 ID:tqiYkPtOO
>>30-40

翠「頬を吸うです水銀燈!」
紅「私の頬にして頂戴、水銀燈!」
薔「銀ちゃん…私にもお願い……」
雪「私が吸ってさしあげますわ、黒薔薇のお姉様」

こうですか 分かりません><



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 00:57:36.49 ID:xVF2uiie0
前スレの「巴とのりのほのぼの」リクエストが完成したので投下します。

51 :疲れたときには糖分を:2008/08/23(土) 00:58:12.08 ID:xVF2uiie0
「のりさん、この公式って分かりますか?」
「どれ? …うーん、ここはχに数字を代入して…」

 定期テストも差し迫ったある放課後、のりは勉強会と銘打って巴の家で巴と一緒に勉強していた。
 勉強会、と言ってものりのが年上だから必然的に教えるのが多くなる。
 どっちかと言うと家庭教師に近いだろう。でもそんな事はどうでも良い。
 テスト週間でお互いに一緒にいられる時間が減ってしまう中で逢う、その為の口実だった。
 それは巴も察していたが、同じ心情だったので何も言わずに受け入れているのが現状だ。

「…なるほど、こうすれば良かったんですか」
「そうよ。難しいって思い込むから分からなくなるのよ。落ち着けば解けるんだから」
「ありがとうございます。すいませんね、教えてもらってばっかりで…」
「ううんいいのよ。ここのが落ち着いて勉強できるし」

 前に一度のりの家で勉強を一緒にした事があったが、雛苺や翠星石がいるからとても落ち着いて勉強出来なかった。
 特に雛苺は巴がいると大喜びで飛び付いて来るからその相手で勉強時間は消えてしまう。
 普段ならいくらでも遊んであげるのだが、今は話が別だ。

「それに、巴ちゃんと一緒にいられるから」

 いつもと変わらぬ笑顔で言われて、巴も頬を赤くして微笑んだ。

「…そう、ですか。なら良かったです」
「うん。じゃあ、続きしよ。どこが分からないんだっけ?」
「えっと…ここなんですけど…」
「どれどれ…ふうん、なるほどここね…」

 勉強を再開し、二人は再び問題集に向かい合った。

52 :疲れたときには糖分を:2008/08/23(土) 00:58:54.91 ID:xVF2uiie0
 それから一時間後、さすがに疲れてきて巴があくびを一つ漏らした。
 それを見たのりにもあくびがうつり、同じように漏らす。

「…ちょっと疲れたね。休憩しよっか」
「そうですね。ちょっとコーヒーでも淹れてきます」

 目に浮かんだ涙を拭いながら巴が立ち上がり部屋から出て行った。

 しばらく待っていると、巴がお盆に湯気が立ったコーヒーが入ったカップ二つと角砂糖をいくつか乗せて戻ってきた。
 巴は床に座り、同じように座っているのりにカップを差し出した。
 コーヒーの香ばしい匂いが、疲れと眠気を少し晴らしたような気がした。

「のりさんは苦いのは苦手ですから少しミルクと砂糖大目にしておきましたよ」

 言われてコーヒーを一口飲む。確かにコーヒーの苦さが大分まろやかになっていて飲みやすい。
 自分の好みを把握してくれているのが嬉しく、のりはほんのりと微笑んだ。

「うん。飲みやすくて美味しいわ。ありがとう」
「口に合ってよかった。一応砂糖とか用意しましたから、好みで使ってください」

 そう言って巴も自分のコーヒーを飲む。
 それと同時に、のりはある事を思い出した。

53 :疲れたときには糖分を:2008/08/23(土) 00:59:40.82 ID:xVF2uiie0
「あ、そうだ。お菓子買ってきたんだった」
「お菓子?」
「うん。疲れたときには甘い物が良いかなって思って。ちょっと待っててね…」

 のりは鞄を開けて中を覗き込み、すぐにそれが入っているコンビニ袋を取り出した。
 更にその中から菓子の箱を取り出し、机の上に並べる。
 ブルーベリー味とオレンジ味と書かれたプレッツェル菓子がそれぞれ二つずつだ。

「新発売って書いてあったから二つ買ってきちゃった。一緒に食べ比べしよう」
「ええ。じゃあまずはこのブルーベリーを…」

 巴がそうブルーベリー味の方を指差すと、のりがそれを取り封を開け中からお菓子を取り出した。
 その一本を巴に手渡し、自分も一本取る。

「それじゃ、お先に」

 先にのりが一口かじり、巴も同じようにそれを食べる。
 ブルーベリーの爽やかな酸っぱさとほんのりとしたチョコの甘みが合っていて美味しい。
 これは当たりだな、と思った。

「結構美味しいね」
「甘さが抑えてて美味しいですね」
「じゃあ今度はオレンジの方開けてみるね」

 今度はオレンジ味の封を開け、同じように差し出し同じように二人とも食べる。
 ブルーベリーとは違う柑橘系特有の爽やかさが口の中に広がり、こっちもなかなか。
 一人納得したようにうんうんと頷く。

54 :疲れたときには糖分を:2008/08/23(土) 01:00:36.86 ID:xVF2uiie0
「こっちも美味しいね。巴ちゃんはどっちが好き?」
「そうですね…どっちかと言うとブルーベリーの方が好きかも知れませんね。オレンジも美味しいですけど」
「そっか。私もどっちかと言うとブルーベリーかな」

 コーヒーとお菓子を食べながらそんな他愛も無い話をしていく。
 やれ最近のドラマがどうだの、学校の様子がどうだの雛苺達はどうだの、話題は尽きずに楽しい時間が過ぎていった。


 どれくらい話をしていたのだろうか。
 のりがお菓子の入った箱に手を伸ばし、中から一本取り出そうとしたが何の感触もない。
 箱を取って中を見てみると、中は既にカラッポだった。
 もう片方の箱はどうだと見てみたが、そっちも既にカラッポである。
 話をしている間に全部食べてしまったようだ。

「もう無くなっちゃった。意外と早く食べちゃったわね」
「食べやすかったですから。ついつい摘まんじゃいましたね」
「もうちょっと食べたかったかな。もっと買ってこればよかった」

 名残惜しそうにその箱を見つめるのり。
 その様子を見て、巴は少し悪戯っぽい笑みを浮かべた。

55 :疲れたときには糖分を:2008/08/23(土) 01:01:15.62 ID:xVF2uiie0
「…それなら」
「え?」
「ここに飛び切り甘いのがあるじゃないですか」

 不意に巴が近付いてきて、何かと思ってその方を向く。
 それと同時に巴の顔が目の前に来て、唇に柔らかい感触が。
 しばらくすると巴が口を離して、そこでキスされた事を理解した。
 その瞬間、のりの顔が一気に赤くなった。
 悪戯っぽく、そしてどこか大人びた巴にのりは思わず抗議の声を上げる。

「と、巴ちゃん!? 何して…!」
「何って、甘いマシュマロを食べようと…」
「こ、こら! からかうんじゃないわよ!」
「ふふ、美味しかったですよ。本当に甘くて」
「…もう…私のがお姉ちゃんなのに…」

 恥ずかしさと嬉しさが入り混じった複雑な感情が心の中で混ざり合い、のりは頬を膨らませて巴を睨む。
 巴はそれを気にせずに、笑みを浮かべながら元いた場所に戻って行った。

「じゃあ、続き始めましょう。機嫌直して」
「…もう…こういう時だけ子ども扱いするんだから…」

 それから勉強を再開したけど、のりはイマイチ勉強に集中できなかったとさ。

終わり

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 01:02:55.27 ID:xVF2uiie0
投下終了。ほのぼのというか甘甘? 理想と違ってたらゴメン、というか遅くなってゴメン。
年下攻めってのもいいよね。

書き方変えたけどこっちのが読みやすいか…な?

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 01:24:58.80 ID:xVF2uiie0
ほす

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 01:40:15.00 ID:xVF2uiie0
人いないな保守

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 02:05:20.90 ID:gtKVn5Zx0
>>51-55
GJ のりが落ちついて勉強できる場所は無いのねw

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 02:27:51.92 ID:xVF2uiie0
ほす

落ちたらと思うと寝れない

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 02:51:02.70 ID:xVF2uiie0


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/23(土) 03:00:30.03 ID:xVF2uiie0
寝るホ

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)