5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クーの彼氏は小さいようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:01:34.35 ID:QZYzKk/o0

第二話ですよ


前スレですよ

http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1220165262/l50


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:02:15.06 ID:wMTalMOs0
いつものエスパークスの人か

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:02:25.50 ID:GLAx1Fyd0
パー速いけようんこ野郎が

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:04:22.81 ID:QZYzKk/o0
 

私には、秘密の場所がある

少し離れたところにある、小高い丘の上

街の光が届かない、星が良く見える場所



そこで私たちは出会ったんだ




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:05:20.90 ID:QZYzKk/o0



 川 ゚ -゚) クーの彼氏は小さいようです (∵ )

    −第二話:非日常的日常生活-




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:06:22.18 ID:QZYzKk/o0
 
―act.1―


川 ゚ -゚)「以上」

川 ゚ -゚)「これが私と彼の馴れ初めだ」

(;'A`)「短っ!」

(;^ω^)「え、何? それだけかお?」

川 ゚ -゚)「うん」

ξ;゚听)ξ「いや、何かもうちょっとあるでしょ?」

川 ゚ -゚)「う〜ん」


川 ゚ -゚) ポクポクポク

川 ゚ -゚) チーン


川 ゚ -゚)「…特にないな」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:09:10.16 ID:QZYzKk/o0
 
(;^ω^)「それだとact.1が終了してしまうから、頑張ってしゃべってくれお」

ξ;゚听)ξ「いやにリアルな事情ね」

川 ゚ -゚)「むぅ…、本当にたいしたことはないぞ」


川 ゚ -゚)「えっと…」

川 ゚ -゚)「さっきも言ったように、私は星を見るが好きでな」

川 ゚ -゚)「いつも行く、町外れの丘があるんだ」

( ^ω^)「一人で行くのかお?」

川 ゚ -゚)「あぁ」

ξ ゚听)ξ「それって、危なくない?」

('A`)⊂ξ ゚听)ξ「こんなのに襲われたらどうすんのよ」


('A`)「…」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:10:21.30 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「いや、大丈夫。これでも通信空手3段だから」

ξ;゚听)ξ「…それって意味あるの?」




( 'A`) …シクシク

(;^ω^)「涙を流さず泣いてるお…」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:10:21.79 ID:8XUl1Xh/O
お、wktk

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:12:05.59 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「でな」

(;^ω^)(何事もなかったかのように…)


川 ゚ -゚)「丘の上で星を見てたんだ」

川 ゚ -゚)「いつも30分ぐらいはそうしているんだが…」

川 ゚ -゚)「もう帰ろうかってときに、変な流れ星を見つけてな」


ξ ゚听)ξ「…」

( ^ω^)「…」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:13:56.75 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「見てると、どんどんこっちに近づいてくるんだ」

川 ゚ -゚)「どんどんどんどん近づいてきて…」

川 ゚ -゚)「私は真っ白な光に包まれてしまった」




川 ゚ -゚)「そして気がついたら、真っ白な部屋の手術台に縛り付けられて…」


ξ;゚听)ξ「ちょ、ストープッ!!」

(;^ω^)「めっちゃ拉致られてるお! どこが、たいしたことはないんだお!?」








( 'A`) …シクシク

(;^ω^)「お前はまだ泣いてんのかお!!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:15:14.92 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「それでだ」

川 ゚ -゚)「とりあえず脱出しようとしたものの、手足をガッチリ固定されて動けない」

川 ゚ -゚)「がちゃがちゃとやってるうちに、扉が開いた」

川 ゚ -゚)「仰向けになっている状態で、よく分からなかったが、どうやら何かの器具を準備しているようだった」


( 'A`) シクシク


川 ゚ -゚)「ビーズみたいなものに、先の尖った金属製の筒だったり」


( 'A`) …シク


川 ゚ -゚)「変なうねうねした触手とか、いかにも怪しげな注射器とか」


('A`)(…これは)


川 ゚ -゚)「あー、これはマズいなー何かされちゃうだろなーと思っていたんだが…」


(*'∀`)(これは虐辱タイムですかー!)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:17:11.65 ID:QZYzKk/o0
 

川 ゚ -゚)「そこにビコーズが、あ、ウチの彼の名前な、現れてな」


(;^ω^)「なんと!」

ξ;゚听)ξ「ここで!?」

(*'∀`)






('A`)



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:18:18.05 ID:kHlPnrtBO
ドクオw

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:18:18.03 ID:7SfMH2GSO
支援

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:19:02.68 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「周りの宇宙人をちぎっては投げ、ちぎっては投げ」

川 ゚ -゚)「私を助けてくれたんだ」

、( ∵), ピョコ

川 ゚ -゚)
 つ( ∵) コクコク



(;^ω^)「ちぎっては投げって…」

川 ゚ -゚)「手足をもぎ取っては投げ、身体を真っ二つにしては投げ、ということだな」

ξ;゚听)ξ「グロい…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:19:59.06 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「最終的に宇宙船は大爆発」

川 ゚ -゚)「助けてくれた彼に一目惚れというわけだ」

川 ゚ -゚)「な」

川 ゚ -゚)
 つ(*∵) テレッ


(;^ω^)「ラストが適当すぎるお…」

ξ;゚听)ξ「まぁ、本人たちが幸せそうだからいいけど」





('A`)

(;^ω^)「…なんでドクオは落ち込んでるんだお」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:20:21.33 ID:kHlPnrtBO
しえーん

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:21:06.59 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「ま、こんなところだ」

ξ ゚听)ξ「ねぇ、それって、いつの話?」

川 ゚ -゚)「ちょうど、3日前かな」

(;^ω^)「この前の山火事騒ぎはそれのせいかお」

ξ ゚听)ξ「ふーん」

ξ ゚听)ξ「でもさ、その子も宇宙人なんでしょ?」

川 ゚ -゚)
 つ( ∵) コクコク

ξ ゚听)ξ「よかったの? 自分の仲間じゃないの?」

川 ゚ -゚)
 つ( ∵) コクコク

川 ゚ -゚)「クーのためなら、なんてことないそうだ」

川*゚ -゚)「きゃっ」


ξ;゚听)ξ「こいつら…」

(;^ω^)「完全にバカップルだお…」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:22:07.26 ID:7SfMH2GSO
支援

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:22:29.56 ID:QZYzKk/o0
 









('A`)

('A`)「…虐辱タイム」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:22:59.41 ID:EpWJzWSI0
エスパークーやれよ……

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:24:20.52 ID:QZYzKk/o0
 
―act.2―


川 ゚ -゚)「はい、あーん」

( ∵) ア、アーン

川 ゚ -゚)「おいしい?」

( ∵) …




ξ;゚听)ξ「ひ、ひぃ!」

(;^ω^)「何の儀式だお?」


川 ゚ -゚)「むっ。人のラブラブ食事タイムを、丑の刻参りとは失礼だろう」

(;^ω^)「そこまでは言ってないお」

ξ;゚听)ξ「…っていうか、食事だったのね」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:24:38.17 ID:QBz9/nFs0
支援

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:25:34.27 ID:QZYzKk/o0
 
ξ ゚听)ξ「で、何食べさせてるの?」

川 ゚ -゚)「釘」

(;^ω^)「丑の刻参りじゃねーかお!!!」



川 ゚ -゚)「ん? 鉄分豊富なんだぞ」

ξ ゚听)ξ「まぁ、鉄分ってか鉄だからね」

川 ゚ -゚)「ほら、こんなに美味しそうに…」


:(;∵): ブルブル



川;゚ -゚)「ふ、震えてる!?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:26:49.94 ID:QZYzKk/o0
 
川;゚ -゚)「どうしたビコーズ! お腹痛いのか!?」


( ^ω^)「いや、それは明らかに嫌がってるんだお」

ξ ゚听)ξ「頑張って食べてたのね。彼氏の鑑だわ」




川;゚ -゚)「大変だ! 今すぐ保健室に!!」


( ^ω^)「いやいや…って、あー…行ってしまったお」

ξ ゚听)ξ「先生、驚かないといいけど…」

(;^ω^)「普通は驚くと思うお」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:28:18.90 ID:QZYzKk/o0
 

グワァラリ!!

川;゚ -゚)「先生!!」


从从从)「なんだ、うるさい」

从 ゚∀从 キィ

从 ゚∀从「んん? 素直の2番目か。なんだお前が保健室とは珍しいな」

川;゚ -゚)「先生! 急患です!!」

从 ゚∀从「急患って、一般的に自分で急患なんて言う患者はいないわけだが」

从 ゚∀从「…ほかに誰かいるのか?」

川;゚ -゚)「いますよ!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:29:48.95 ID:kHlPnrtBO
確かにエスパクの人っぽい

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:29:53.24 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「ここに!!」


川 ゚ -゚)つ(;∵) ドーン


从 ゚∀从「…」


 ※ハイン脳内会議

 从1゚∀从「おい! なんだありゃ!?」

 从2゚∀从「人形だな」

 从3゚∀从「そのくらい見れば分かるつーの!」

 从4゚∀从「あれが急患? バーローwwwwww」

 从5゚∀从「いや、彼女にとっては急患かもしれないな、うん」

 从6゚∀从「とりあえず話を聞こうよ! そうじゃないと始まらない」

 从7゚∀从「…しかし、ありゃ電波だろ」

 从8゚∀从「皆、紅茶にしよう」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:30:58.85 ID:QZYzKk/o0
 
从 ゚∀从「うん」

从 ゚∀从「わかった」

从 ゚∀从「先生、元々精神科医を目指してたんだ」

从 ゚∀从「うん」

川 ゚ -゚)「そんなことより先生早く!」

从 ゚∀从 フー

从 ゚∀从「よし、OK。ばっちこーい」

从 ゚∀从「で、どこが悪いんだ?」

川;゚ -゚)「どうやらお腹が痛いみたいなんだ!」

从 ゚∀从「…」


从 ゚∀从「えっと、誰が?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:31:44.95 ID:ta5vUEyRO
一人KYwwwww

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:31:56.90 ID:ITxkk3xR0
脳内会議www
支援

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:31:59.40 ID:QZYzKk/o0
 

川 ゚ -゚)つ(;∵) ドーン


从 ゚∀从「うん、知ってた。知ってたぞ、先生は知ってた」

川 ゚ -゚)、「食事中に急に震えだして…」

从 ゚∀从「食事中…?」

从 ゚∀从「食事って…、あぁ、うん、それのね」

从 ゚∀从「何食べてたの? カブトムシ? アブラゼミ?」

川 ゚ -゚)「釘を少々」

从 ゚∀从「…」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:43:05.10 ID:QZYzKk/o0
 
从 ゚∀从「あー、釘か」

从 ゚∀从「それはちょっと、先生も予想外だったなー」


 ※ハイン脳内会議

 从1゚∀从「いや、釘はねーだろ! 釘は!!」

 从2゚∀从「あるかもしんねーじゃん」

 从3゚∀从「実際そう言ってるしな!」

 从4゚∀从「人形に釘とか何の呪いですかwww」

 从5゚∀从「まて、彼は釘が好物なのかもしれないよ、うん」

 从6゚∀从「と、とりあえず話を聞こうよ! まずはそこからだよ」

 从7゚∀从「…やっぱ、ありゃ電波だろ」

 从8゚∀从「あ、コーヒーがいい? 淹れなおすね」



从 ゚∀从「…」

从 ゚∀从「たぶん、釘が嫌いなんじゃないかな」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:46:17.62 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「やっぱりそうか…」

川 ゚ -゚)「でも、好き嫌いはいけないと思うんです」


(;∵)ノシ


从 ゚∀从「なんか、もの凄い勢いで手を振ってるのは気のせいかな」

川 ゚ -゚)「ん? 気のせいじゃありませんよ」

从 ゚∀从「そっかー」

从 ゚∀从「あー、先生きっと疲れてるんだなぁ」

从 ゚∀从「早く帰って、ウッメシュ飲まないと…」


川 ゚ -゚)「先生、聞いてますか?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:46:17.63 ID:ajFmqRdX0
支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:46:36.11 ID:r50O6M9V0
8番w それより第1話が見たいけど見れない・・・

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:48:18.20 ID:QZYzKk/o0
 
从 ゚∀从「あ、うん。聞いてるぞ、先生は何でも聞いてる」

川 ゚ -゚)「あの…」

川 ゚ -゚)「これはどうしたらいいんですか?」

从 ゚∀从「いや、私に聞かれても…」

川 ゚ -゚)「さっき何でも聞いてくれると」

从 ゚∀从「…」




 ※ハイン脳内会議
 
 从8゚∀从「あれ、みんな? コーヒー冷めちゃうよー? ねー、どこー?」




从 ゚∀从「…」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:49:42.77 ID:QBz9/nFs0
8以外消えたww

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:50:05.23 ID:QZYzKk/o0
 





从;゚∀从「先生、もう無理!!!」 ダッ!!





ギブアップヤ〜…




川;゚ -゚)「あ、先生!?」

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「…行ってしまった」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:52:06.72 ID:QZYzKk/o0
 
川 ゚ -゚)「しょうがないな」


(;∵) …


川 ゚ -゚)「ビコーズ」

川 ゚ -゚)「好き嫌いは直すためには、やっぱりちゃんと食べないと駄目だ」

川 ゚ -゚)「戻って特訓だ」


(;∵)ノシ ……!!


川 ゚ -゚)「はは、そうか、やる気だなこいつぅ」


……!!!





ガラガラ…



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:52:26.05 ID:ajFmqRdX0
支援

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:52:57.04 ID:77LKX99s0
前スレ
http://www7.atpages.jp/mesimarja/boon/1220/1220165262.php

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:53:12.24 ID:QZYzKk/o0
 







(;'A`)「…」

(;'A`)「…すまんねぇな」

(;'A`)「出るに出れなかった…」


※ドクオ、ベッドでお休み中


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:55:02.26 ID:r50O6M9V0
>>43
サンクス (∵)ノシ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:55:40.08 ID:QZYzKk/o0
 
―act.3―


ξ ゚听)ξ「結局さ」

ξ ゚听)ξ「彼とはどこまでヤったの?」



川 ゚ -゚)
 つ( ∵)



川 ゚ -゚)「どこまで…?」

ξ*゚ー゚)ξ「そりゃ、アレがナニなことですよ」

(;^ω^)「ツン…、またそんな耳年増なことを…」

ξ#゚听)ξ「う、うっさいわね!! これは、女の子同士の大事な話なの!!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:57:07.16 ID:QZYzKk/o0
 

ξ#゚听)ξ「男はあっちに……」


             ドコォ!!

「行ってろ!!」ξ#゚听)ξ┌┛  メ)ω゚)ノ・∴


 ズザァ

 メ)ω゚)つ「ぼんべい!!」


 メ)ω;)「うぅ、ヒドいお…」

 メ)A`)「まったくだぜ…」

 メ)ω^)「ド、ドクオ!?」

 メ)A`)「一足先に待ってたぜ」

 メ)ω^)「いつぶっ飛ばされたんだお…」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 23:59:38.23 ID:8XUl1Xh/O
なんという暴力女

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:00:03.27 ID:EKYPSQXk0
 
ξ*゚听)ξ「ふぅ」

川 ゚ -゚)「お見事」

ξ ゚听)ξ「…それで、ク−」

ξ ゚听)ξ「実際のところ、どうなの?」

川 ゚ -゚)「どうなの、と言われてもなぁ」

川 ゚ -゚)「私たちはプラトニックな関係だからな」


川 ゚ -゚) 「なー」
 つ( ∵) コクコク



ξ ゚听)ξ「プラ…?」


※プラトニック、またはプラトニックラブとは、
  肉体的な欲求を離れた、精神的な愛のことである(Wikipediaより引用)


ξ;゚听)ξ「し、知ってるわよ! それくらい」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:02:26.04 ID:k8MciwW70
今読んできた!これは期待w
でも、エスパークーの作者って本当なのか?

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:02:47.70 ID:EKYPSQXk0
 
ξ ゚听)ξ「でもね、クー」

ξ ゚听)ξ「いくら言葉で繕っても、所詮は男と女、オスとメスよ」

ξ ゚听)ξ「愛を語るのに、“それ”はついて回ると思うの」

ξ ゚听)ξ「“それ”は、愛の証」

ξ ゚听)ξ「“それ”は、絆の証」

ξ ゚听)ξ「恥ずかしがることはないわ、愛する2人にとっては当然のことよ!」








ξ ゚听)ξ「決して、ちょっぴり変わった彼氏を持つクーの
       “それ”が知りたいとか、そういうのじゃないから」


川 ゚ -゚)「…」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:04:15.98 ID:EKYPSQXk0
 
川 ゚ -゚)「ツン」

川 ゚ -゚)「“それ”って?」


ξ ゚听)ξ「え」


川 ゚ -゚)「“それ”って、何だ?」


ξ;゚听)ξ「え」


川 ゚ -゚)「何だ?」


ξ;゚听)ξ「そ、それって言うのは…」

ξ*゚听)ξ「その、アレがナニで、ナニがアレで…」


川 ゚ -゚)「それはもう聞いた」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:06:51.24 ID:EKYPSQXk0
 
ξ*///)ξ「えっと、だから…」

ξ*///)ξ「雄しべと雌しべが受粉して…」

ξ*///)ξ「コウノトリさんがキャベツ畑から、受精卵を…」





(;^ω^)「…ツン、色々と酷いことになってるから、もう止めるお…」


ξ;///)ξ「!!!!」






                 ズガァァン!!!

「きゃぁぁぁぁ!!!」ξ;///)ξ┌┛    =::)゚)ノ・∴




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:07:36.50 ID:EKYPSQXk0
 

 ゴロゴロゴロズザ-

 :;・ω゚:)つ「dふぁがgrlまr」


 メ)A`)「お帰り」

 :;・ω゚:)「……し、しんでしまうお」

 メ)A`)「馬鹿だなー、お前。行かなきゃいいのに…」

 :;・ω゚:)「つっこみやくは…つらいお…」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:07:43.53 ID:ShCHUgpF0
ブーン原型とどめてねぇwwwwwwwwww

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:08:21.00 ID:EKYPSQXk0
 
ξ;--)ξ「……はー、降参」

ξ;--)ξ「参りました」


川 ゚ -゚)「何がだ?」


ξ;゚听)ξ「いいよ、もう」

ξ;゚听)ξ「興味本位で聞きたかっただけだから」


川 ゚ -゚)「そうか」

川 ゚ー゚)「望む答えが聞けなくて残念だったな、ツン」ニヤリ


ξ;゚听)ξ「…うっ」

ξ;゚听)ξ(クーって、結構Sっ気強いよね…)


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:09:50.07 ID:EKYPSQXk0
 
川 ゚ー゚) ニヤニヤ


ξ;゚听)ξ「あーもう、勘弁してよ」


川 ゚ -゚)「なら、勘弁しよう」


ξ;--)ξ「はー…」

ξ --)ξ「…」

ξ ゚听)ξ「てかさ、あんたら普段何してるの?」


川 ゚ -゚)「ナニしてる?」


ξ;゚听)ξ「違うわよ! 普通の意味で!!」


川 ゚ -゚)「うーん」

川 ゚ -゚)「大抵、家でゴロゴロしてるんだが…」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:11:31.35 ID:EKYPSQXk0
 
川 ゚ -゚)「昨日は2人でカフェに行ったんだよな」


川 ゚ -゚)
 つ( ∵) コクコク

川 ゚ -゚)
 つ( ∵) ……


川 ゚ -゚)「あぁ、そうだったな」

川 ゚ -゚)「ビコーズがパフェを食べたいとか言うから、一緒に食べたんだ」


ξ ゚听)ξ(どうやって意思の疎通をしているのかしら…)

ξ ゚听)ξ「…店員さんから、何にも言われなかったの?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:14:11.76 ID:EKYPSQXk0
 
川 ゚ -゚)「?」

川 ゚ -゚)「別に何にも言われなかったが…?」


  (゚、゚トソン「えっと、コーヒーとカフェオレ、それにパフェですね」

  (゚、゚トソン「はい、スプーンを二つ? 分かりました…?」

  (゚、゚トソン「お待たせしました、喫茶ロマネスク特製パフェです」





  ゚ ゚( Д ;トソン「って、人形が動いてる――――!!!?」






川 ゚ -゚)「こんな感じだ」

ξ ゚听)ξ「めっちゃ言われてるから、それ」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:15:39.24 ID:k8MciwW70
支援

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:16:32.76 ID:EKYPSQXk0
 
川 ゚ -゚)「そうか?」

川 ゚ -゚)「パフェは美味しかったぞ」

川 ゚ -゚)「なぁ?」


川 ゚ -゚)
 つ( ∵) コクコク


川 ゚ -゚)「なので、問題なし!」

ξ;゚听)ξ「……まぁ、いいけどさ」

ξ;゚听)ξ「何か話を聞いてるこっちのほうが疲れてきた…」

川 ゚ -゚)「大丈夫か、ツン?」


川 ゚ -゚)
 つ( ∵)ノシ


ξ ゚听)ξ「…」

ξ ゚听)ξ「もしかして、心配してくれてる?」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:18:16.14 ID:EKYPSQXk0
 


川 ゚ -゚)「いや、バイバイーノシ だそうだ」


ξ#゚听)ξ「この野郎!!!」






 メ)A`)「…なんだかんだで順応してるよな」

 メ)A`)「まぁ、オレもだけど」

 メ)A`)「…」

 メ)A`)「おい、ブーン。いい加減、起きろ」

 メ)A`)「おいってば」

 メ)A`)「…」

 メ)A`)「ナンマイダブナンマイダブ…」


 チーン


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:19:21.79 ID:EKYPSQXk0
 

川 ゚ -゚)「うーん、平和だ」

川 ゚ -゚)
 つ( ∵) コクコク



ξ#゚听)ξ「あんたらだけね!!」





 −第二話おしまい−


64 : ◆SEOMSVVqUg :2008/09/02(火) 00:23:06.91 ID:EKYPSQXk0
はい、ごめんなさい
何かもうモロバレですね

息抜きに書き溜めてたヤツが
大方完成したので投下しようと思った次第です

エスパーのほうも、近いうちに投下できると思います
ちゃんと書いてます、書いてます


支援等ありがとうございました


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:24:57.85 ID:ry8WkJLq0
乙!

同時進行大丈夫か?

こっちのほうは10話程度に早めで切り上げたほうが身のためだぞ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:25:31.83 ID:DySC58Jz0
乙 エスパーも頑張れよ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:26:55.66 ID:k8MciwW70
乙!本当にそうだったとはwww
でも、エスパークーは今熱い展開なんだからそっちが気になって仕方ないんだが・・・

68 : ◆SEOMSVVqUg :2008/09/02(火) 00:28:13.15 ID:EKYPSQXk0

ちなみに全5話です
ほとんど出来上がってるので、あとは時間があれば投下します

エスパーは一周年記念の日に投下できればなぁ、と
無理かな…頑張ります


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:29:40.05 ID:oNNI+8r8O
乙ん
まとめないの?

70 : ◆SEOMSVVqUg :2008/09/02(火) 00:31:35.80 ID:EKYPSQXk0
まとめがなくても心は錦です

次から>>43これを貼らせてもらおうと思います
それじゃあ、みなさん
おやすみなさい


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:37:24.59 ID:oNNI+8r8O
なんという名言
楽しみに待っておくよ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:46:25.09 ID:eAqnGm1WO


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/02(火) 00:49:45.81 ID:Us3XiEV1O
乙!

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)