5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンは、春がくるたび戸惑うようです

1 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:15:29.66 ID:gEv9JQS10
遅れました…というわけで、投下しますね。
まとめさん達はこちら。

http://yeisu.hp.infoseek.co.jp/matome/haru/haru.html

http://vipmain.sakura.ne.jp/576-top.html

http://nanabatu.web.fc2.com/boon/boon_haru_tomadou.html

http://boonnovel.g.hatena.ne.jp/bbs/358?mode=tree

※まとめさまを閲覧の際の注意。

まずは、鉛筆を用意します、次に転がします。
そして、鉛筆を買いに、近くの本屋に行きます。
本屋では、18禁コーナーに向かい、周囲の視線にしばらく怯えます。

そして、アイスを買って帰宅します、食べると、きっとおいしいですね。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:17:30.09 ID:gntulSsIO
まってた、しえん

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:17:49.69 ID:duEigYMlO
待ってた!

4 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:19:30.02 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「……米?」


状況があまりに不明なので、とりあえず反復してみた。
すると、少女は僕を無視して、水たまりを更に進んでいく。


lw´‐ _‐ノv「そう」


そんな水たまりの真ん中で、遠い目をしながら米を呟く女の子。

考えても、どんなに考えても、わけがわからない。
ええい、このままでは埒があかない。


(;^ω^)「あの、それで、そこで何をしてるんだお?」

lw´‐ _‐ノv「…ホウネンエビを撒くの」

(;^ω^)「え、エビ……? なんだお、それ?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:20:55.36 ID:WSlwXYgd0
キタ――(゚∀゚)――!!支援!

6 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:21:12.33 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「…豊作の年、と書いてホウネンエビ、この生き物がたくさんいると、
       その場所で育った米は、たくさん収穫できるという…おはなし」


( ^ω^)「ああ、縁起物の生き物なんだ…」


lw´‐ _‐ノv「ちなみにエビとは言うけど、エビじゃあない、おっきなミジンコ
       シーモンキーに近いのかもしれな…い」


(;^ω^)「へぇ……詳しいんだお」


あ、なるほど、そうか……理由とか、細かいことを色々スルーして考えたら、
この水たまりはもしかして、あれか。


( ^ω^)「あ、じゃあこれ、水田なんだね」

lw´‐ _‐ノv「違う…」


あれ、即答された、ていうか違うんだ……。
うーむ、かなり自信あり気に言ったから、ちょっと恥ずかしい。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:22:31.64 ID:I8bJClb2O
結構好きだ
そんな支援

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:23:10.51 ID:eKWkWmhQ0
〜お。って四六時中はつかねーの?

9 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:23:38.56 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「これは……そう」



lw´‐ _‐ノv「田んぼだ…よ」



( ^ω^)「………」

lw´‐ _‐ノv「………」



(;^ω^)「……そっか…田んぼか…」

lw´‐ _‐ノv「うん」


そうか、田んぼだったのか……。
よく分からないけど、それは盲点だった……。


10 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:25:58.70 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「と、とにかく、それで、そのエビを撒いてるわけだ、豊作のために」

lw´‐ _‐ノv「ううん……エビだけど、食べ物じゃない…よ」

( ^ω^)「うん…食べないから、大丈夫だお……」


lw´‐ _‐ノv「……ほんと?」

( ^ω^)「本当だお」

lw´‐ _‐ノv「よかった」


なんかもう、何がわからなくて、何を聞くべきなのかも、わからなくなってきた。
こんな事をやっている間にも、陽はどんどん暮れていきますし。

暗がりに映えるは、水面の揺らめき、佇む少女と風にたなびく紫。

それは何処か幻想的で、写真にしたら、とても綺麗なんだと思う。

だけど僕らはこうして対面していて、わけもわからず見合っている。
形勢は、僕が不利だろう、ちょっとそろそろ限界ですし。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:28:57.24 ID:B3Ck9JhyO
支援

12 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:29:23.28 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)(ど、どうしよう……)

lw´‐ _‐ノv「先に動いたほうが、やられる?」

(;^ω^)「やりませんお……」

lw´‐ _‐ノv「そうなんだ」


どこか残念そうに言うと、彼女は手にした袋を開け、
その中身を、お空にぶわっとばら撒いた。
無数の砂のような物が、霧雨のように降りそそぐ。

僕はなんとなく、そんな姿を眺めていた。

彼女はぬかるみの中、水をかきわけ、ばしゃばしゃ歩く。
あーあー、あれじゃ制服が泥だらけになっちゃう。


lw´‐ _‐ノv「スパッツはいてるから、平気」

( ^ω^)「ああ、なるほど」


( ^ω^)「何の意味もないね」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:29:28.28 ID:3H/ZT7ooO
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

支援

14 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:31:35.20 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「……あ、見たいの?」

一人納得したように、スカートを捲り上げた。
確かに、紺のスパッツを履いているようだ。
けど、暗くてよく見えないのが、惜しいところかもしれない。


lw´‐ _‐ノv「あげないよ?」

( ^ω^)「いらないかな……」

こうして、僕はすっかり帰るタイミングを逃した。
まあ、放っておくのも、それはそれで何だか気が引ける。
とりあえず、僕はその場に体育座りで腰を下ろした。


(;^ω^)(僕は、何をやってるんだろう……)

lw´‐ _‐ノv「暇なら手伝ってくれてもいいのに……」


そしたらなんか、文句を言われた。

ほぼ反射的に「あ、ごめん」と答えて立ち上がってしまった。

いやそもそも、何がしたいのかさっぱり分からないのに、どうしろと。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:33:31.87 ID:WSlwXYgd0
支援

16 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:34:10.87 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「ほら、あそこ」


すると、少女は指でなにかを指し示した。
なんだろう、小さなビニールハウスのような…。

lw´‐ _‐ノv「箱があるから、持ってきて……ほしい」

僕は言われるがまま、向かう。

あ、ほんとだ。

なんか大きなプラスチックの箱が、所狭しと詰まってる。
ひぃふぅみぃ……しかも計10箱……。

とりあえず持ってみようかな……って、すげー重い。

ちょっと、これ本当に重いんだけど。

だって中身、土ですし、そりゃ重いに決まってる。

けどまあ、持てないほどでもないかな。
一応、バイトで土木系もこなした身としては。


(;^ω^)「よっ!」

う、足がちょっとふらつく…。

17 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:37:09.07 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「ひ、一つめ…!」

lw´‐ _‐ノv「おお……すごいパワフル…」


lw´‐ _‐ノv「不覚にも濡れた」

そう言う彼女のスカートからは、ぽたぽた水滴がたれている。
あんな平然と水たまりを歩いてたら、そりゃあ…まあ、濡れるよね。


lw´‐ _‐ノv「でも、台車で運べばいいのに」

( ^ω^)「ああ、あるんだ……先に言ってほしかったなぁ…」


そして、運び終える頃には、すっかり暗くなって、
天に広がる一面の夜空、瞬く星は、そんな夜の隙間を埋めていた。

ちなみに、それはもう、真っ暗になるとばかり思っていたけれど。
グラウンドを照らす大きな照明や、校舎から漏れる光に照らされて、
まっ暗で何も見えなくなる、という事はなかった。

これなら別に、暗くなるのを心配する必要はなかったんだなぁ。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:37:39.65 ID:BpjbRd6NO
今週もフラグ乱立とハイスペックブーンに鬱になる時間がやってまいりました。
支援

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:37:44.08 ID:+SUFos2aO
支援

20 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:39:35.78 ID:gEv9JQS10
けど、乗りかかった船だ、こうなったらとことん付き合ってみよう。
人に優しく、困ったときはお互い様、都会っ子のたしなみです。


( ^ω^)「んで、これどうするんだお?」

lw´‐ _‐ノv「そのまま沈めておくの」

言われるままにせっせと運び、水たまりに沈めていく。
ごぼぼ、と気泡が上がっては弾けていく。

地上では重くても、水中ならば多少は動かしやすい。
少女も、おぼつかない足取りで、水面に浮かべた箱をずらす。

うーん、しかし見ていて危なっかしい。
今にも転びそうなのだが、なかなか上手いことバランスを取っている。


(;^ω^)「あ」

lw´‐ _‐ノv「あ」

けど、それも流石に限界がきたのか。
ふとバランスを崩し、転びそうになったのを踏ん張るが、
片方の長靴が、ずぼっと脱げて、そのまま素足を泥水に突っ込んだ。

lw´‐ _‐ノv「……」

(;^ω^)「だ、大丈夫かお?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:40:05.33 ID:BpjbRd6NO
支援

22 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:42:23.84 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「この…下に何があるかわからない感じは」


lw´‐ _‐ノv「闇鍋に、似ている…」

(;^ω^)(つまり……怖かったと受け取っていいのだろうか…)

そういえば、今何時だ、げ、もうこんな時間じゃないですか。
いい加減、帰らないと怒られてしまう。

なので、僕はもう帰るよ、と伝えた、そしたら彼女はこっちへ近づいてきた。
彼女が陸に上がると、歩くたびに長靴から妙な異音がする。

ぐぼ、というか、がぽ、というか、そんな音。

どう考えても、水が浸入してるようだ。
そりゃ、あれだけ激しく歩き回れば、そうなるだろうさ。


lw´‐ _‐ノv「じゃ、今日は終わり、あがっていいよ」

( ^ω^)「あ、はい、お疲れ様でしたー」


(;^ω^)ハッ

あ、しまった、あの言葉を聞くと反射的に答えてしまう…。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:44:01.28 ID:BpjbRd6NO
土木系の名残w

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:44:04.24 ID:3QkK/egfO
心じゃよ……

支援

25 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:44:28.64 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「あ、ところで、長靴は?」

ちなみに、少女は脱げた靴を回収せず、そのまま戻ってきた。
だから今は片っぽだけ、泥まみれの靴下姿だ。

田んぼを見れば、水面は静かに揺らめいている。

あれ、よく見たら何か居る……亀だ、亀が居るぞ。
はてさて、それで、さっき脱げたはずの、少女の長靴は今いずこ。


(;^ω^)「……見えないお」

lw´‐ _‐ノv「うん…」


lw´‐ _‐ノv「でも、替えがあるから」


なるほど、でもさ、替えを用意してあるってさ、なんかあれだよね。
まず、失くす事を前提にしてるよね、何をどうしたら無くなる、なんて事態に……。

いや、でも、そうか、今現在……無くなってるか……。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:46:16.54 ID:BpjbRd6NO
支援

27 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:47:08.21 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「長靴は、犠牲になったのだ……田んぼの、犠牲にな」

何やら意味深な言葉を残し、少女はそのまま水田に背を向ける。
どうにも、このまま帰るつもりらしい、大したやつだ…。


(;^ω^)「ちょ、靴の替えはどうしたんだお」

lw´‐ _‐ノv「……?」

いくら何でも、靴下で帰るのは色んな意味で危ない。
すると、何故か少女は首をかしげ、とても不思議そうに僕を見た。


lw´‐ _‐ノv「だから、帰れば、ある…よ?」




( ^ω^)「……」




…家にかよ……。



28 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:50:32.62 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「じゃあ、今は無いの…? 」

lw´‐ _‐ノv「うん」

(;^ω^)「じゃあじゃあ、他に履くものは無いのかお? ほら、校舎に、上履きとか」


lw´‐ _‐ノv「上履きは……」


lw´‐ _‐ノv「…すでに」

( ^ω^)「?」

少女は静かにふりかえると、哀しみを帯びた瞳で、じっと田んぼを見つめた。


………沈んでいるのですか…あなたも……。

ていうか、こうなるともう、何が沈んでるか分かったもんじゃないですね。

lw´‐ _‐ノv「というわけで、ないです……お」

(;^ω^)「……本気で、そのまま帰る気かお?」

lw´‐ _‐ノv「……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:51:38.24 ID:B3Ck9JhyO


30 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:52:37.82 ID:gEv9JQS10
僕の問いかけに、少女はうつむき、自分を抱きしめるように身をよじる。


lw´‐ _‐ノv「それは…私を……ただじゃあ帰らせない…ということ?」


lw´‐ _‐ノv「ケダモ……の」


(;^ω^)「いや……うん、まあいいや………」

反応にとても困るので、スルーを決行した。

そして僕は鞄をあさる、実は、ちょうど上履きを持ってきているのだ。
昼間あんなことあったし、まーた何かされたら大変だもの。


( ^ω^)「じゃあ、はい」

lw´‐ _‐ノv「こ…これって……」


( ^ω^)「いくら何でも、それじゃ怪我しちゃうお、これ使ってくれお」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:53:27.89 ID:zkpq8QDH0
支援

32 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:54:15.84 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「あ…いや、もちろんよければ、だけど」


出してから気付いたけど、相手は変だけど女子だ、やろうの上履きなど嫌かもしれない。


lw´‐ _‐ノv「そんな……私で……いいの?」


( ^ω^)「………」

lw´‐ _‐ノv「………」


lw´‐ _‐ノv「じゃあ、片方だけ」

(;^ω^)「なんで片っぽ…」

lw´‐ _‐ノv「おそろい……ペアリングならぬ…ペアシューズ」

( ^ω^)「うん……数百人単位でペアってるけど」


lw´‐ _‐ノv「それなら……」


lw´‐ _‐ノv「匂いを共有、足の臭さが……おそろい」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:55:30.20 ID:tz4LB8jXO
シューかわいいよシュー

34 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:56:16.96 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「…………」


それはやだなぁ……凄くやだなぁ……。
ていうか、誰が喜ぶのそれ……。


lw´‐ _‐ノv「つまりおそろいで…ペア臭ズ」

lw´‐ _‐ノv「なんちゃっ……た」

(;^ω^)「はぁ……」


lw´‐ _‐ノv「…2のD、内藤…ホライゾン……」

(;^ω^)「……え?」

突然なにかと思ったら、上履きに書いてあるのを読んだのか。
そういえば、まだお互い、名乗りもしてないのだった。

( ^ω^)「そうだお、僕は内藤ホライゾンだお」

lw´‐ _‐ノv「……内藤…」

( ^ω^)「うん」

35 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 21:58:28.73 ID:gEv9JQS10
( ^ω^)「それで…君は?」

lw´‐ _‐ノv「私は……」








lw´‐ _‐ノv「……米仙人」




( ^ω^)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」







…………米仙人?



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:58:35.45 ID:B3Ck9JhyO
支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 21:59:09.93 ID:BpjbRd6NO
しえーん

38 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:00:18.66 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「私のことは……米仙人と呼んで」

(;^ω^)「……米…仙人?」

lw´‐ _‐ノv「うん」

これは、本気で言ってんのかなぁ……。
できれば判断に迷いたいんだけど、きっと、これ、本気なんだろうなぁ……。
どうせなら、米仙女、とかにすればいいのに、そういう問題でもないけど。

ちなみに、苗が置かれていた場所を、米ハウス。
田んぼに住む亀は、ウリゴメと言うそうだ。


そうして、僕と米仙人は、照明に照らされるグラウンドの脇を抜け、
点々とつづく街路樹の道を、黙ったまま、並んで歩いた。

暗いし、家まで送っていった方がいいかな、とも思ったが。

道行く人々は、だれも米仙人を見るなり、バッ、と避けるので、
ああ……これなら、別に平気かぁ、と思った。

何せ彼女、びっしょり濡れたスカートに、泥だらけの姿で、
歩くたびに、ガッポガッポと、異音を鳴らしているのだ。

不審人物ってレベルじゃないぞ。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:00:40.74 ID:qM51LSugO
期待してる

40 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:03:20.56 ID:gEv9JQS10
ああ、ほらまた、すれ違ったサラリーマン風の男が、奇異の目で見てる。


lw´‐ _‐ノv「……恋人同士に、見られて…る?」

( ^ω^)「……たぶん、それは違うお」


変人同士に、見られてるんだよ。


lw´‐ _‐ノv「内蔵さん……」

誰だよ内蔵……ていうか内蔵って……。


(;^ω^)「じゃあ…僕、家こっちだから……」

lw´‐ _‐ノv「うん……」

僕らは、何の気なしに立ち止まる。

このあたりは住宅の密集地、あるいは住宅街、というのだろう。
どの家にも、黄色かったり白かったり、明るい光が灯り。
ゴールデンタイムなので、たまに、おいしそうな匂いもした。

41 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:06:29.66 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「それじゃ、また……ね」

lw´‐ _‐ノv「……ばいばい」

( ^ω^)「うん、気をつけてね」


lw´‐ _‐ノv コクン

こうして、ガボガボ音と共に、米仙人は去っていった。

僕は、その場で立ち尽くしたまま、ふと空を仰ぎ見る。

街灯がにじませる黄色い三日月は、やけに遠く、小さく感じた。
星は、ちょんちょん、いくつか、都会は見えないと聞くけど、それなりに見れるものだ。

その時、冷えた夜風が、僕を包み込むように吹いた。

さっきまではあまり感じなかったが、一人になったとたん、強くそれを感じる。

うーん、流石に夜になると、まだちょっと冷えるなぁ。
そういえば、あの子なんか水に漬かって、濡れていたのに、大丈夫かな……風邪ひかなきゃいいけど。
せめて、何か羽織る物があれば渡したんだけど、あいにく持ち合わせていなかった。


まあ、それは流石にやり過ぎか、初対面なんだから。

42 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:09:15.76 ID:gEv9JQS10
そうだ、初対面なんだよね……その割には、我ながら自然だったなぁ。
うーん…不思議な感じ、馬が合うとでもいうのか、いや、それは無いな。

( ^ω^)「…ま、いいか」

何にせよ、感傷的になっていたのが、今は嘘のように落ち着いている。
あの子のおかげか、それとも、あの子のせいか……まあ、今は帰ろう、怒られちゃう。



……。



翌朝、僕はどこからか聞こえてくる物音に、目を覚ました。
たぶん外からだ、ガシャガシャ、と金属的な音がした。

( つω-)「ふぁ……こんな時間に…」

けど、音はすぐに止んでしまう、起こされ損だ。
それにしても、何だろう、新聞屋さんだろうか?

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:09:22.96 ID:3QkK/egfO
支援あるいは埼玉

44 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:11:26.34 ID:gEv9JQS10
いや、いくら寝起きの頭でも、それは違うだろう。

しん、と静まり返った部屋の中は、肌寒さをも感じさせる。
ぼんやり見れば、カーテンは外の明るさを受けて光っていて、
このまま眼を閉じてしまいたい、けど折角なので、起きることにした。


( ^ω^)「んー……お?」

大きく伸びをすると、またさっきの音がした。
近所迷惑だな、なんだと言うのか。

そう思って、僕はベランダへと向かう。
ぼんやり輝くカーテンを開くと、遥か遠いさきの空に、陽が昇りはじめている。
朝焼けはない、見渡すかぎりの青空は、まだ夜の名残を残していた。


(;^ω^)「……なんだあれ」

そして、僕はさっきの音の正体を知った。

見えるのは向かいの家だ、そこに、金属製のはしごがかけられていたから。
しかもそれがまた、えらく長いハシゴで、屋根まで届いてる。

うーむ、なんでハシゴ……まさか泥棒?


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:14:15.22 ID:3QkK/egfO
支援なんだよなサラリーマンなんて結局

46 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:14:56.45 ID:gEv9JQS10
いやーこんな堂々と?

まっさかー。

とか思っていると、何やらガタイの良い男が、しゃかしゃか登っていく。
おいおい、怪しすぎますよ、いくらなんでも……。

姉さん、事件です、事件の匂いがします。

どうしよう、何かあったら、警察とか呼んだほうがいいのかな。
でも、まずは様子見だ、果たして何をするつもりなのか…。

僕はドキドキしながら、ハシゴを登る男の、尻を見つめていた。
ガッシリとしていて、太いが、引き締まっているのがよくわかる、いい尻だ。

(;^ω^)「…?」

やがて男は、ハシゴを登りきった、つまり屋根まで登ったのだ。
流石にここまでくると、もう怪しさより、単に好奇心がわいてくる。


(;^ω^)「何をしてるんだろう……」

男は、屋根をすいすい歩いて、端で立ち止まった。
まさか飛び降りる気か、と思って、再び怖くなった。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:15:42.79 ID:B3Ck9JhyO
支援

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:15:51.52 ID:PpNJOXXaO
ktkr支援

49 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:17:35.78 ID:gEv9JQS10
しかし、男はそのまま、身動きひとつ取らない。
両手をがっしりと組んで、仁王立ちしたまま、遠い朝陽を眺めているだけだ。

僕もそれにならって、昇りかけの太陽を見る、うおっまぶし。
いつの間にか、半分以上とびだして、張り詰めた朝の空気を和らげていく、
そんなぬくもりと一緒に、僕の部屋にも光が射した。


その時、ふと、男に動きが見えた。


男は、キラキラ輝く朝日の中で、組んでいた腕を解き。


片手は腰に、もう片手は口元にそえて。



(#゚∋゚)「こけこっこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



声高々に、朝を叫んでいた。

そして、僕はずっこけた。

おはようございます。


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:18:05.18 ID:BpjbRd6NO
支援

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:19:22.99 ID:BpjbRd6NO
変人だー!

52 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:20:42.04 ID:gEv9JQS10
…………。


(;^ω^)「あ……あれ?」

学校に着くと、僕の上履きが無くなっていた。

まさか、誰かに隠されたのだろうか……。
こないだは画びょう入ってたし、酷いことするなぁ。


(;^ω^)(ハッ…)

そこまで考えて、そういえば昨日、持ち帰ったのを思い出した。
同時に、そのあと上履きの片っぽを、米仙人に貸したことも。


とりあえず、キョロキョロ見回すけれど、彼女が居るはずも無く。

ならば、やむを得ない、片足で行くとする。

そんな訳で、片足でジャンプしながら、教室を目指すのが僕です。
でも、早々に疲れてしまった、まだ、階段にも着いてないと言うのに…。


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:20:57.62 ID:vxIGpPWdO
<丶`∀´>支援ニダ!!!

54 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:23:18.06 ID:gEv9JQS10
だが、この程度でくじける訳にはいかない。

僕はもっと辛いことや、苦しいことを知っているもの。
だから、たとえ片足ケンケンで、長い階段を往かねばならぬとしても、負けないのだ。


(;^ω^)「こんじょーーーーー!」


「おい、そこの変なの、止まれ」

(^ω^;)「はいお?」


(^ω^;)「……あれ?」

あれ、今、誰かに呼ばれたと思ったのに、おかしいな…。
振り返った先には、誰も居ない、いや正確には、僕を見ているのは居ない。

よく分からないが、気のせいだったらしい。

僕は自分に活をいれ、いま再び、階段を片足でジャンプする作業に戻った。


「あ、待てこら!」


(;^ω^)「ひぃひぃ、あと3階……」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:25:11.37 ID:BpjbRd6NO
しえーん

56 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:25:22.32 ID:gEv9JQS10
僕は、このだだっ広い校舎を呪った。

いやまあ、いい加減あきらめて、普通に歩けばいいんだけど。
ここまで来ると、足を床につけたら、負けかと思ってる。


「おい! 無視すんなてめぇ!!」


(;^ω^)「え、は、はい!?」


再び、声をかけられた、というか叫ばれた、びっくりして振り向く。
だけど、やっぱり誰も居ない……どうなってるんだ…。


(#*゚∀゚)「どこ見てんだ! こっちだこっち!!」

(;^ω^)「え、あ、ほんとだ……」

もしや、聞こえてはいけない何かが聞こえているんじゃ……と、思ったら、
すぐ真下に人が居た、背の小さな女の子だった。


(*゚∀゚)「よーし、やっと止まったかー」

(;^ω^)「えーと…?」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:26:56.31 ID:rnNEkKF10
しえんせざるをえない

58 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:27:34.15 ID:gEv9JQS10
階段がある分、よけいにちんまい、誰だろう…知らない子だけど。

うしろで二つに束ねた、淡い銀色のなめらかな長髪、
パッチリした水色の瞳に、ちらっと覗く八重歯がとても愛らしい。

おそらく一年生だろう、かわいいなぁ…なでなでしたい。

うむむ……妹者ちゃんと言い、昨日の米仙人と言い、
どうにも、年下っぽい子に、僕は弱いのかもしれない。

そして、よく見れば頭部には、ていうか……え?


…あの、これは…。


 ∧∧
(*゚∀゚)

(;^ω^)(……ねこ……み…み…?)


なんか、頭の左右に、ふさふさした、あれが。
いわゆる、猫耳が、ねこみみが、がが…ががが……がふっ……。





(*゚∀゚)「おい、聞いてんのか?」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:27:49.45 ID:B3Ck9JhyO
さてこれは風呂敷を広げたな

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:28:13.76 ID:i8Gsd6fI0
ここでつーだと・・・?

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:28:25.14 ID:rnNEkKF10
ねっこみみ!ねっこみみ!

62 :象魔神 ◆TAJ//ICmY. :2008/10/10(金) 22:30:14.19 ID:fhSmRiC5O
標的が増えたな

63 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:30:18.87 ID:gEv9JQS10
…はっ…いけない、あまりの事に、ちょっと意識がフェードアウトしてた。

しかしどうしよう、これ、ちょっと、かわい過ぎるんですけど……。
あああ、あのフサフサに触りたい…柔らかそうだな……持ち帰りたいな……。


(*゚∀゚)「それで、だ……お前なぁ、さっきからその」


(*^ω^)「あああ…猫さんかわいいお……よーしよしよし」

(* ∀ )「アヒャぁん…」

僕は気付けば、その子の頭に手を置いていた。
ぬおお、サラサラで、きめ細かい繊維のような毛が、
指の隙間をくすぐっていく……めっちゃ気持ちいいんですけも。


(;*-∀゚) ハッ


ヾ(#*゚∀゚)ノシ「うがあーーー!! 気安く人の頭を撫でるんじゃねええええ!!」


(;^ω^)「あいたっ、ごご、ごめんなさいお!」

と、いきなり撫でる手を全力で弾かれた。
ちょっと痛い、けど確かに今のは失礼だったね、うん。

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:31:08.38 ID:rnNEkKF10
つーかわいいよつー

65 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:33:27.95 ID:gEv9JQS10
(#*゚∀゚)б「で、お前!」

(;^ω^)「はい?」

(*゚∀゚)「なに変な歩き方してるんだ、ていうか、上履きはどうした」

何だろう、教師のような物言いだ。
よく分からないが、ちゃんと答えたほうがいいのかな。

(;^ω^)「えーと……人に貸してしまいまして」

(*゚∀゚)「…片方だけを、か?」

( ^ω^)「ですお」

(*゚∀゚)「まさか……苛められてる、とかじゃねーだろうなぁ?」

(;^ω^)「ええ!? そっ、そういうわけじゃないですお!」


(*゚∀゚)「………」


(*゚∀゚)「まあいいさ、とりあえず来い、スリッパ貸してやる」

(;^ω^)「はあ、どもですお」


66 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:36:15.51 ID:gEv9JQS10
何だか、いじめだと思い込まれてる、ような気がする。
けどこの場合、迂闊な言い訳はどうせ逆効果だ、とりあえず、何も言うまい…。


こうして、僕は猫さんに連れられて、道を行く。
廊下には生徒がちらほら、まだ早い時間なので、こんなものだろう。


その道中、話を聞けば。

彼女はつー、4年生で僕の二つ上、そして、生徒会みたいな場所の人らしい。
だから、困ってる後輩が居たら、放っておけないそうだ、良い子だなぁ。


(;^ω^)「……ていうか、4年…? え、ええええ!!!?」

(#*゚∀゚)「なんだその反応は!」

(;^ω^)「あ、いえ、ちょっと信じられないというか…信じない、というか」

信じたくない、というか。

(*゚∀゚)「うん、正直なやつだなー、ぶっ殺すぞ」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:36:48.24 ID:3QkK/egfO
風呂敷を広げるとはこういう事をいうんだなぁ

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:38:03.61 ID:B3Ck9JhyO
支援

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:38:18.92 ID:rnNEkKF10
しえん

70 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:39:13.99 ID:gEv9JQS10
本当は「あ、飛び級でしょ?」とか聞きたかったけど、
目がマジなのでやめました、妙な威圧感、こわいよう……良い人っぽいけど。

やがて、客用の玄関にて、僕はスリッパを頂戴した。
貸してやる、とか言ってたけど、これ勝手に持ってっていいのだろうか。


(*-∀-)「……ま、お前が忘れただけって言うなら…今日のところは見逃してやる」

( ^ω^)「どうもですお、猫さん」


(;*゚∀゚)「猫さんはよせ……とにかく、もしまた何か見かけたら、
     今度は、ちゃんと話を聞かせてもらうからな」

(;^ω^)「は、把握ですお…」


うーん、違うのになぁ…。

けど、この様子では何を言っても、信じてはくれなそうだ。
何ていうか、優しさと言うより、正義感ってかんじだもの。


(*゚∀゚)「さてと、んじゃーな、お前も遅れんなよー」

( ^ω^)「はいですおー」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:42:22.80 ID:rnNEkKF10
しえん


72 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:42:28.16 ID:gEv9JQS10
こうして、親切な猫さんに感謝とお別れをつげて、僕は教室をめざします。


(;^ω^)「お?」


その時、僕は視線を感じて、ふりかえった。
最近はとくに、そういうのに敏感になってるので、わかるのです。


ザワ ザワ


しかし、周囲はすでに、生徒達がざわめきを作っている。
人波の中、ひとまず見渡しては見るが、特にそれっぽい人は見当たらない。

……いや、居た。

見つけると、すぐ、人ごみに溶けるように去ったけど。
あれは確かに僕を見ていた、たぶん、気のせいじゃない。


(;^ω^)「……?」

今のは……見間違いじゃないよね。

どどど、どうしてここに?

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:42:50.47 ID:iAqUN4u70
しえん!!!

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:44:11.30 ID:B3Ck9JhyO
高…

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:45:11.46 ID:3QkK/egfO
4年生?
何学校の設定だっけ?
大学じゃないよな小学校でもないよな

76 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:45:12.41 ID:gEv9JQS10
いや、それより、何で僕を…?



……もしかして……と思い。

いや、そんなまさか……と否定する。


そんな都合の良いこと、あるわけない。

けれど、なら、どうして……?


そんな疑問が、頭の中でぐるぐる回って、
僕は、ただ、人波の前に立ち尽くすことしかできなかった。




…………。




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:45:34.89 ID:rnNEkKF10
まさか・・・

78 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:48:12.65 ID:gEv9JQS10
授業の終わりを告げる鐘が鳴った。

そういえば、僕の故郷では、お昼になるとサイレンが鳴るんだよね。
近くの山から、あの映画化したゲームよろしく、鳴り響くんだ。
何処もそうなのだろうか、ちなみにここは都会なので、鳴らないようです。


川 ゚ -゚)「……」

クーさんは、昨日ほどではないけど、眠そうだった。
現に、今もどこか呆けていて、眼もとろーんとしている。

それが意味することは……おそらく……。


川 ゚ -゚)「……」

とか思ってたら、なんかこっちを向いた。
そして、何も言わず、ただじっと僕を見ている。

(;^ω^)(……こ、これは……)


( 'A`)チラチラ


川 ゚ -゚)「…内藤君」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:48:22.83 ID:B3Ck9JhyO
支援

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:52:02.00 ID:BpjbRd6NO
支援

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:52:19.81 ID:rnNEkKF10
支援

82 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:52:35.39 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「は、はい…!」

川 ゚ -゚)「……お昼は」


まずい、と、頭をよぎる不安。
その時を同じくして、勢いよく立ち上がる者が居た。

  _
( ゚∀゚)「うし、サイフ確認」


川 ゚ -゚)「また」

(;^ω^)「!!」

  _
( ゚∀゚)「よっしゃ! ジョルジュ、突貫する」


          _,
ガシッ(;^ω^)つ(;゚∀゚)「……ぜ?」

 _
(;゚∀゚)「……え? 何? 何で掴むん?」


83 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:56:32.83 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「い、行っちゃ……やだお…」
 _,
(;゚∀゚)「お前……」

ジョルジュは、さりげなく尻を隠した。
我ながら、すごい速度でジョルジュを捕まえに行ったのだが、
クーさんはさして、気にする様子もなく、こっちへ歩み寄ってくる。

川 ゚ -゚)「……妹が持ってくるから、よければ、一緒にいいかな」


( A )……


やはりそういう事か。

なら、ここでジョルジュを逃がしたら、もうチェックだ。
何が何でも、行かせるわけにはいかない。


('A`)(こうなれば……次の手だ…)


( ^ω^)「わかったお、じゃあまた皆で、いいかお?」

川 ゚ー゚)「…ああ、あれも昨日が楽しかったらしくてね、張り切っていたよ」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:56:35.08 ID:BpjbRd6NO
しえーん

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:56:46.61 ID:iAqUN4u70
しえんしえん

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:57:26.69 ID:rnNEkKF10
しーえん

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:57:47.03 ID:BpjbRd6NO
ドクオ無双に期待

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:57:58.32 ID:vxIGpPWdO
( `ハ´)支援アル

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 22:58:32.50 ID:LqG7uygbO
どくお……

90 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 22:58:46.43 ID:gEv9JQS10
ちなみに、皆にはすでに、僕の身の上を話してある。

ほら、弁当の件で、あのままじゃ誤解されちゃうから、経緯を話すことにしたんだ、
なので、僕の境遇を知った優しい彼女らが、弁当をくれる事になった、という設定になってる。


……もっとも、実際は、ヒートさんなりの、口止め料なのだろう、
そんな事しなくても、誰にも言わないと言ってるのに、全然聞いてくれないから困る。

あ、勿論だけど、そっちはちゃんと隠しているよ。

 _
(;゚∀゚)「それはいいが、とりあえず離してくれよ……」

(;^ω^)「だって、今、思いっきり学食行こうとしてたじゃないかお……」
 _
(;゚∀゚)「いや、今のは、つい癖で……」

(;^ω^)「じゃあ……逃げない?」
 _
(;゚∀゚)ノシ「あー、逃げない逃げない」


A`)コソコソ

('A`)(ふふふ……今の内に、隣の席に座っておけば…)

91 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:01:18.63 ID:gEv9JQS10
その時、やはり先日と同じように、けたたましい足音と共に、
教室の扉が、壊れんばかりの勢いで開かれた。


ノパ听)「毎度おなじみ、スナオ便です、内藤さまへ」

ノハ*゚听)「愛情たっぷりのお届け物だぞおおおおおおおおお!!」


う……一言が余計だ……。

なんだか、ますます視線に敏感になってきたよ……。
振り向くのが怖い……。


ノパ听)「さあ! 今日もでーんと作ってきたぞ!」

(;^ω^)「って、またこんなに……クーさん、大丈夫なのかお?」

川 ゚ -゚)「…仕込みは、昨日の内にやっておいたし」


川 ゚ -゚)「それに、元々、三人分は作っていたから」

どうやら、以前からクーさん達は、お弁当持参だったらしい。
そういえば、僕はすぐ学食に向かっていたから、気付かなかった。


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:02:37.09 ID:cSyXrlwN0
ヒートのお弁当食べたい

93 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:03:44.01 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「う、うーん……でも、食費とかもあるし…」

ノパ听)「問題ない、少なくとも米と卵は自家製だからな!」

(;^ω^)「……?」

農家の方だったのだろうか、いや、でもこんな都会で…?

  _
( ゚∀゚)】「……あ、よお、そっちはどうだ?」

ふと見れば、ジョルジュが誰かに電話していた。

携帯をいじってるのを見るたびに、いつも思うんだけど、
僕ってば、実は未だに、彼の携帯アドレスを知らない。

何だか、言うタイミングがわからなくて、ずっと聞けずにいるんだ。
でも友達としては、はやく知りたい……ああ、もどかしいなぁ。


( ´ω`)(携帯おしえて、って言うだけなのに……どうして僕は、言えないんだろう……)


A`)……

'A`)(これより、作戦行動の確認に移る)

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:06:17.12 ID:BpjbRd6NO
支援

95 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:06:23.75 ID:gEv9JQS10
'A`)(まずは、こうして内藤の近くの席を取る)

(*'A`)(そして……ここぞって所で「あれ、内藤君、お弁当なんだ」と話しかける……)

('∀`)(すると、どうだ……



        ノパ听) あれ、友達か?

       (;^ω^)そうだお、ってあれ? ドクオ君、お昼は?

        ああ、ちょっと忘れちゃってね、ははっ
        
       (;^ω^)それは大変だお……そうだ、よければ一緒にどうだお?
  
        え、いいのかい?

        川 ゚ー゚) たくさんあるから、遠慮はしなくていい


                                  と、なるではないか)


(*'∀`)(そして……ふふ、内藤が人情脆いのはサーチ済み…)

(*'∀`)(完璧だ……いやーすまんねクラスメイトの諸君! あと>>92、精々羨望の眼で見てくれたまえ!!)

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:07:33.11 ID:vxIGpPWdO
<丶`∀´>支援ニダwホルホルホルwww



最近読んだので1番期待してる
作者さん頑張ってNE!

97 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:09:27.97 ID:gEv9JQS10
( ´ω`)「はあ……」

川 ゚ -゚)「……?」

ため息をつくと、クーさんが不思議そうに僕を見ていた。
そういえば、なんだか沈んでいる時って、いつも見られている気がするなぁ…。
何だろう、もしかして、心配でもしてくれてるのだろうか。

  _
( ゚∀゚)】「おう、わかったぜぃ、じゃまたな」

ノパ听)「ささ、机寄せて!」


A`)……

  _
( ゚∀゚)「ちょい待ち、ここじゃ狭いし、食堂行こうぜ」

川;゚ -゚)(……食堂…か)

ノパ听)「食堂かー…まあ確かに、あそこなら飲み物もあるもんな」




A`) !?




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:09:31.91 ID:BpjbRd6NO
しえーん

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:09:31.80 ID:rnNEkKF10
支援

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:09:51.60 ID:LqG7uygbO
調子に乗るなよキモオタ

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:10:00.46 ID:4OvSDls50
それでもドクオなら…!

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:10:03.84 ID:rnNEkKF10
ドクオざまぁwwwwwwwwwwww

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:10:21.96 ID:BpjbRd6NO
食堂・・・だと・・・?

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:10:22.51 ID:B3Ck9JhyO
支援


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:11:38.71 ID:I1kRRiR90
ドクオwwwwww

106 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:12:04.08 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「え、でも…今から行っても、空いてないんじゃないかお?」
  _
( ゚∀゚)「ああ、だから今ショボンに連絡したら、席とってくれたってさ」

( ^ω^)「おお、ショボン君が」

ノパ听)「よし、じゃあ行こう!!」

ノハ*゚听)「ね、お姉ちゃん!」

川;゚ -゚)「う………うん…」


A`)

`)

)


こうして、僕らはぞろぞろ食堂へ向かった。
ふと見れば、クーさんが何処かこう、落ち着かない様子だった。


(;^ω^)「どうかしたのかお?」

川;゚ -゚)「……いや、実は、食堂には、嫌な思い出があるんだよ」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:12:08.31 ID:xsk1orHPO
支援

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:12:27.05 ID:rnNEkKF10
支援

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:12:47.78 ID:vxIGpPWdO
( `ハ´)支援

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:12:54.19 ID:BpjbRd6NO
ドクオ・・・
だがざまぁwww

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:14:57.27 ID:hlZJqBX6O
最後はフラグ立てた女キャラひとりひとりにブーンが刺されるENDをキボンヌ

112 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:15:33.26 ID:gEv9JQS10
ノハ;゚听)「え!? なな、何があったの!?」

川;゚ -゚)「それが……ほら、あそこ、うるさいじゃないか」

川;゚ -゚)「どうにか、カウンターで買う所まで行ったんだけど……」

川;゚ -゚)「……その、配膳の人に、私の声が小さくて、聞こえなかったみたいで…」


それで、結局何も買えずに、そのまま帰ってしまったらしい。
ああ、確かに……あそこってみんな、我先に買うべし、と叫ぶからなぁ…。


(;^ω^)「トラウマになってるのね……」
  _
( ;∀;)「ぶふっwwwwwwぎゃwwwははははははwwwwwwwwwwwwww」

川;゚ -゚)「……」

ノハ#゚听)「お、お姉ちゃんを、笑うなあああああああああああ」
  _
( ;∀;)「サーセンwwwwwwwwでも、あのクーがwwwwうぇww」

ノハ;゚听)「くっ……その場に、その場にさえ居合わせていれば…!!」

ノハ;凵G)「私が代わりに叫んだのにいいいいいいいいいいいいいいい!!」

(;^ω^)「今叫ぶのかお……」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:17:27.53 ID:rnNEkKF10
クーかわええwwwwww

114 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:18:50.64 ID:gEv9JQS10
川 ゚ -゚)(……ほんとの事は、言えないな)

ちなみに、あとで聞いた話だが、その日はヒートさんが風邪で寝込んで、
看病やらで、弁当を作る余裕がなかった為、学食に行ったらしい。


そして、ざわめく食堂に到着すると、ショボン君がすでにご飯を食べていた。

ノパ听)「ずるいなっ」

(;^ω^)「あれ、こっちのは食べないのかお?」

(´・ω・`) 「そっちだけじゃ足りなそうだからね」
  _
( ゚∀゚)「あー、俺もパンでも買ってくるかな」

川 ゚ -゚)「……男の子だな」

( ^ω^)「じゃあ、僕は飲み物とってくるお」

何となく、二人は飯が足りないというより、ただ、遠慮しているように思えた。
流石にこのまま、ずっと皆で弁当ってわけにもいかない、という事だろう。

だから、食堂に行こう、と行ったのかな、もしかして……。

115 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:21:38.39 ID:gEv9JQS10
そんな事を考えつつ、見れば外は快晴、白い雲はまぶしいくらいだ。
こうして僕らは、陽気な昼下がりを、みんなでわいわい過ごしたのだった。



………。



放課後、みな開放感に浸る間もなく、一様に帰りの準備をはじめた。
それに習って、僕もカバンを机の上に投げた。


( ^ω^)「ふぅ……」

さて、今日はどうしようかな、真っ直ぐ帰るか、また散歩でもしてみるか。
立ち上がると、今更だけど思いだした、そういえば、僕の上履き……。

米仙人はどうしたのだろう、またあそこに居るのだろうか。
よもや、僕の上履きまで、あの田んぼに沈めたりしてないだろうか。


(;^ω^)「う……行った方がいい気がしてきたお…」


と、その時。

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:22:03.46 ID:qM51LSugO
4年生が気になってしょうがない

117 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:24:04.96 ID:gEv9JQS10
「ナニアレー」

「キャー、カワイイー」

「ネエ、アレッテ、クーサンノ」

「ダヨネダヨネ!」

なんだか、黄色い声が聞こえてきた。

見れば、クラスの女子数人が集い、盛り上がっている。
まあ、別にそれはいい、いいんだけど、問題はその彼女らが見ている場所。

それは、教室の入り口。

何かが、こっちを見ている。

顔を半分だけ覗かせて、じーっと見ているのだ。


川 ゚ -゚)「……シュー?」

(;^ω^)「あれって……」


米仙人ちゃんだ。


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:26:17.05 ID:BpjbRd6NO
支援

119 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:27:08.59 ID:gEv9JQS10
(;^ω^)「お?」

川 ゚ -゚)「…?」


僕とクーさんは、その姿を見るなり、スポーティな瞳で、同時に立ちあがった。
そのタイミングが、あまりにバッチリだった為、思わず互いの顔を見合ってしまう。

しかし、何よりも問題なのは、いくばくかの視線が、僕を貫いたことだった。

こう…お前じゃねえ、座ってろ、的な……。


(;^ω^)「え、あー、と……どうぞ」

何だかよくわからないけど、とりあえず、もっかい席に座ってみる。
すると、クーさんは疑問符を浮かべながら、入り口へと向かった。


lw´‐ _‐ノv「あ、お姉ちゃん」

川 ゚ -゚)「どうしたんだ、こんな所まで?」

lw´‐ _‐ノv「うん、用がある…の」

川 ゚ -゚)「……ん、なんだ?」


120 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:29:17.22 ID:gEv9JQS10
「ア、シューチャンダ」

「クーサンノイモウトダッケ」

「カワイイナー」


( ^ω^)「……」


よく見ると、米仙人ちゃんは、手に何かを持っている。

あれは……そう、見覚えがある。

みんな履いてる、僕は今は履いてない、上履きちゃんだ。


(;^ω^)「…………」

僕は、何となく、悪寒にも似た、嫌な予感を察した。
これ以上、ここに居てはいけない……僕の中で、何かが言っている。

そんな心の声に促されるがまま、僕は荷物をまとめ、こっそり裏の入り口へ向かった。



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:30:14.08 ID:BpjbRd6NO
しえーん

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:30:21.09 ID:I1kRRiR90
ブーンもてもてだな

123 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:32:14.21 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「ううん、違う」

川 ゚ -゚)「違う…?」

lw´‐ _‐ノv「用があるのは……あっち」


(;^ω^)「う……」


それは僕が、教室を出る、すんでの所だった。

クーさんと向き合う米仙人ちゃんが、クーさんを避けて、何かを指差した。

教室内には、まだ生徒たちがチラホラ残っている。
全員がではないにしろ、何人かは、その指し示す方向を向いた。


……えーと、ガンマナイフって知ってるかな?

まず人体を貫通する、たくさんの細くてか弱い光線を発射して、
それが交差する焦点にのみ、ダメージを与えるという医療技術だよ。

だからね、いくら一つ一つの線が弱くても、全てが一点に集えば、凄い威力なのね。
例をあげるなら、アバンストラッシュ・クロス、AとBを重ねることで、数倍の威力に。

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:34:04.34 ID:cSyXrlwN0
一つ一つの念が弱くても、怨みのレスを重ねる事でブーンに呪いを

125 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:35:13.27 ID:gEv9JQS10
だと言うのに、このクラスに来てから、もう何度目だろう、これ。
これなら、もし僕の体内に癌細胞があっても、きっともう死んでるよ。
大魔王バーンも、たじたじですよ、腕を切られてポカーンですよ。

(;^ω^)(いたたた……)


lw´‐ _‐ノv「……内蔵…さん」

彼女が、ほほえみを浮かべて近寄ってくる。
だから内蔵じゃないぞう……いやごめん、何でもない。


川;゚ -゚)「……?」

あ、ほら、クーさんまで、なんかきょとん、としてるし。


(;^ω^)「あ、それ、もしかして届けてくれたのかお!?」

lw´‐ _‐ノv「うん」


僕はとっさに上履きを受け取り、ちょっと大きめの声で言った。
そう、こうなったらあれだ、上履きを無くした事にしよう、

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:35:29.05 ID:4gyTLAoyO
こういうリア充を見ると学校行きたくなくなる

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:36:09.93 ID:vxIGpPWdO
(゚A゚)ほ

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:37:28.59 ID:mgMb+nKe0
支援

129 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:37:42.14 ID:gEv9JQS10
そして届けてくれただけなんだよ、とね。

作戦名は……さながら、コード上履き〜水没のロングブーツ〜 とでもしようか…ふふ。


( ^ω^)+「どうもありがとうだお、それじゃあ」

lw´‐ _‐ノv「それで、ね……話がある…の」


作戦失敗、はやい、はやいよスレッガーさん。

しかもなに、そのやたら意味深な台詞。
「…いい?」とか上目遣いに言われても、その、困ります…。

だって、悲しいけどここ、教室なのよね。


(;^ω^)「……なんだお?」

lw*‐ _‐ノv「えと、ここじゃ、ちょっ……と」

赤面しながらキョロキョロするのは、僕の方こそちょっと……なんですが。
て、え、何その……え、だってその言い方は…明らかに……ええ?

あ、どうしよう、背中に変な汗が。

130 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:40:09.73 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「…きて」

そんな僕の様子など、知るよしもなく。
米仙人さまは、僕の冷や汗まみれの、湿った手を握りなされた。

気持ち悪かったり、なさらないでしょうか。
あ、全然、気にもとめて居ないようで。

僕はそのまま、引きずられるように、廊下へ出た。

やや遅れて教室から、歓声にも似た声があがる、いや、あるいは、怒号だったかもしれない。

どっちにしても、騒ぎになったようだ。


川;゚ -゚)「……」


クーさんは、相変わらず、ぽかーんとこっちを見ている。
せめて、何か言ってくれれば、僕も言い訳なりできたのに……。


(;^ω^)「……米仙人さま、あの、どちらへ?」

lw´‐ _‐ノv「ないしょ…」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:40:11.01 ID:2R6D9nl60
うわあああああああああああああああああああああ





>>1氏ね



うわああああああああああああああああああああああ






もっとやれ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:41:22.72 ID:CltMbY4oO
おもしれー。支援

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:41:52.78 ID:vxIGpPWdO
支援

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:42:49.60 ID:BpjbRd6NO
>>131
もちつけ。物故割れるにはまだ早い

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:42:49.88 ID:cSyXrlwN0
ブーン氏ね

136 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:43:03.40 ID:gEv9JQS10
ああ、どうか、せめてクラスの皆さんが、気付いてくれる事を願おう。
だいたい、何で誰も、突っ込んでくれないんだろう………。



このクーさんの妹と思わしき少女、長靴はいてるんですけど。




………。



そして、連れられるがまま、やってきたのは昨日の田んぼ。
ちなみに、ここまで来るまでにも、視線が怖かった、
見られてるかどうかは、わからんね、けんど、そんが逆に怖かとね。


(;^ω^)「はあ……それで、話ってなんだお?」

lw´‐ _‐ノv「うん…」

シチュエーション的には、何だかアレっぽいけど、まず在り得ないだろう。
昨夜からのちょっとした付き合いだが、それくらいはわかる。

どうせ、また何か手伝ってほしい、とかだろう。

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:44:29.71 ID:2R6D9nl60
>>134
zenzenkowaretenaikedo?

138 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:45:25.86 ID:gEv9JQS10
僕はそう高をくくっていた、しかし……。


lw´‐ _‐ノv「まず、あの……ありがとう、昨日…は」

(;^ω^)「あ、いや、そんな改まって言われると……」

lw´‐ _‐ノv「……はじめて、なんだ…よ」


lw´‐ _‐ノv「何を言うでもなく……私と話をして」

lw´‐ _‐ノv「あんな、手伝いまで……ふつうに、してくれた…のは」


( ^ω^)「……」

しかし、何だか雰囲気がどこか違った。
やけに静かな空気の中、少女はうつむき加減に話を続ける。

僕も、そんな空気を前にして、思わず身をかしこまらせる。
だって、彼女の話すその声色は、表情は、真剣そのものだったから。


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:46:22.56 ID:vxIGpPWdO
あーくそ!まとめでゆっくり読むから全力で支援したいのに!


すげー気になるwww

140 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:48:10.88 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「私…嬉しかった」

(;^ω^)「……」

どうしよう、なんだか、ドキドキしてきた。
僕は何もいえず、ただ息をのむばかり。


lw´‐ _‐ノv「私は…こんなだか…ら、あまり、仲良い人とかも……居なくて」


だけど、何となく、本当になんとなく。
何が言いたいのか、わかってきた気がする。


この子は、不器用なんだ。



そして、きっと、僕と同じなんだ。



僕と、同じものを望んでいる。



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:48:57.32 ID:BpjbRd6NO
やばいこれはきた
ブーン詩ね

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:49:15.20 ID:2R6D9nl60
いいね、すごくいい
ブーン氏ね

143 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:50:45.79 ID:gEv9JQS10
lw´‐ _‐ノv「だから……その…」


胸の鼓動は、今でも強く響いてくる。
けれど、もうただの緊張によるものじゃない。

心に広がっていくような、そんな暖かさを持っていて。

これから訪れるであろう、言葉を待つそれは、高揚感にも似ている。

何て応えたらいいだろう、そう考えると、楽しみにすら思えた。



そう、それはきっと……。



lw´‐ _‐ノv「私と……」



( ^ω^)「……うん」




144 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:53:09.30 ID:gEv9JQS10


lw´‐ _‐ノv「一緒に……田植えをしてください…っ」


友達になる、という。

些細で、そしてかけがいの無い事。


そんな精一杯の願いに、僕はしっかりと頷きかえした。

言葉はいらない、最後にはそう思えた。


陽が傾いていく、けどまだ夕焼けには遠い。
風は、やんわりと吹き抜ける、音も無く。

水たまりでは、小さな波紋がひとつ、綺麗な円を描いた。

特に何もない、何でもない、いたって普通の日、普通の世界の中で。

僕らは今日、友達になりました。

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:53:57.75 ID:vxIGpPWdO
わからんけど便乗でブーン氏ね

146 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/10(金) 23:56:05.82 ID:gEv9JQS10
…。



……って。



あれ?


………。





…………田植え……?

友達に、とかじゃ……?



…………………………え?



                 Open your eyes for the next time――――→


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:56:20.72 ID:rnNEkKF10
しゅーかわいいよしゅー




ブーン氏ね

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:56:53.55 ID:2ZDLTMo8O
支援

ブーン去ね

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:57:06.21 ID:2R6D9nl60


ブーン氏ね

150 :象魔神 ◆TAJ//ICmY. :2008/10/10(金) 23:57:40.44 ID:fhSmRiC5O

ブーンはじけて混ざれ

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:57:44.27 ID:BpjbRd6NO
お疲れ様。このシューは個人的にツボ
だからブーンs(ry

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:58:28.25 ID:I1kRRiR90
おつ
今日も面白かったからブーン氏ね

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:58:53.22 ID:rnNEkKF10
lw´‐ _‐ノvは俺の嫁
異論は認めない



154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:59:16.08 ID:i8Gsd6fI0


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/10(金) 23:59:21.33 ID:xsk1orHPO
乙でした
ブーン死ね

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:00:39.04 ID:cfkrB/5v0
そういやこの話の副題は何?>>1

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:04:04.74 ID:gu2Zt1mgO


158 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/11(土) 00:05:17.85 ID:2QQoybtD0
以上になります。
支援ありがとうございました。

おかげさまで、見事さるめらをこらしめました。

>>8
実は普通に喋ることもできる的な…あ、あと、
ブーンって個人的には、「〜だね」って口調はありだと思うのですよ。
( ^ω^)このスレ定期的に立つNE って感じで。

>>59
つーは、実は鍵になるキャラなので、むしろ風呂敷を畳むためn

>>75
それなんてえろげーなノリなので、学校もフィクション入ってますです
描写は省いちゃいましたが、6年制で、およそ高校と大学を混ぜた感じです。

>>126
よし、引きこもろうぜ!


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:07:13.72 ID:GNYeBGR30
ハハハ、ファック

160 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/11(土) 00:08:19.88 ID:2QQoybtD0
>>156
忘れてました…ちょっと考えてきます…

161 :◇aYo30Ks4N6:2008/10/11(土) 00:08:59.76 ID:GNYeBGR30
じゃあ安価で副題決めます。

>>170

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:10:01.46 ID:AeC5Q0N60
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          ハ,,ハ    _,,-''"
                       _  ,(゚ω゚ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  .ー  レ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒)  、_ (__  /| _ノ  __ノ

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:16:38.04 ID:cfkrB/5v0
【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'







【お断りします】
     ハ,,ハ  .ハ,,ハ
  ハ,,ハ( ゚ω゚ )( ゚ω゚ ) ハ,,ハ
 ( ゚ω゚ ).ハ,,ハ) (.ハ,,ハ)( ゚ω゚ ) 
 | U ( ゚ω゚ )( ゚ω゚ ) .と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u' `u-u'


164 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/11(土) 00:17:23.14 ID:2QQoybtD0
>>161
それもいいなぁ…と思ったけど、おことわりなされたので。

こ、これで一つ…。



   ;;;   :::: ...        ::::: ::;;;:::.....
;;;; ,,, 、、   ,i'            :;;::.,,:  丶;;:;;:
      ヾヾ              ゞ  ```
ゞゝ;;;ヾ  :::,r'  `  `          i、;;;ヽ;;;  ヾ;;;
i;;;::::′~^        `    `        ;;; ″~  ~
ii;;::iヽ /      `               ゞ:,,,:: ヾ 〃::;:
iii;::i `           `     `          ii;;;;::: ::   
iii;;::i    ` B「稲作生活、はじめました」     iii;;;;::: ::
iiiii;;::i      `               `      iii;;;;::: ::
iii.,ii;;:i,                          iii;;;;::: :::
iiiii゚i;;:i            `        `      iiiii;;; :::::
iiiiiii;;::i                         ||iiii;;;;::::
iiiiiii;;::::ヽ;;,,';;"'';;";;""~"`"`;.";;""'"~"`~"'';;,,,   /iiiiii;;;;o;;;
iiiiiii;;::;';;"                    `;;/i:ii iii;;;;;::::

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:19:13.65 ID:JjYArTbAO
お疲れ

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:21:43.28 ID:R7P//I7k0


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:23:09.51 ID:h8d9+ExQO


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:23:43.85 ID:fysynmrb0
おつ

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:25:26.64 ID:3rfxAUNkO
>>1乙ブーン氏ね

次の投下はいつごろ?

170 :◇aYo30Ks4N6:2008/10/11(土) 00:30:22.51 ID:GNYeBGR30
B「稲作生活、はじめました」

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:34:04.85 ID:M/L7Lf0c0
>>170
お前やるな

172 : ◆aYo30Ks4N6 :2008/10/11(土) 00:35:39.19 ID:2QQoybtD0
>>169
連休中に、もう一回はしたいと思ってますです、希望ですけど。
基本、一日でぶわーっと仕上げる人なので、不可能ではない…はず。

特に、今回は気持ちが保たれる内に、一気に終えたいと切に願うので、
たくさんの氏ねをwktkに脳内変換して、がんばりますです。

>>170
大したやつだ……やはり天才…

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:38:02.44 ID:UBcTZcGaO
乙!!次もwktk

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 00:50:00.31 ID:3rfxAUNkO
>>132
了解。楽しみにしてる

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 01:36:26.23 ID:T7+UYuB9O


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/11(土) 01:48:13.47 ID:GNYeBGR30
控えめに言っても、さすが俺。

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)