5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

('A`)が青い花を追うようです

1 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:05:31.27 ID:SCe5evHE0
足の踏み場も無いくらいに荒らされた部屋の中、
藍色の制服を着た人間たちが、所狭しと動き回っている。
いかにも高級そうな壷や壁画が、完全な姿を保てていないまま地面に散乱していた。

その中に、ただひとつ、ぴくりとも動くことの無い人体がある。

瞼はもう二度と開くことはない。
その表情は、すべての苦しみを味わったかのような苦痛の表情。
身体に血痕は一つも無い代わりに、首筋にはしっかりと縄の後が残っていた。

胸には鈍い様子で光っている、国を代表するバッヂ。
今回の事件の仏、斎藤またんきは、最近テレビにもよく姿を出す、国会議員であった。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:06:42.05 ID:SCe5evHE0
('A`)「死因は絞殺っつーことで結果出ました」

(´・ω・`)「みたまんまだろ。今回は血が出てなくて良かったな」

(;'A`)「ぐ……」

表情一つ変えることなく、ショボンさんが俺に皮肉を言う。
前の事件で血を見て倒れた時以来、決まってショボンさんはこれを言うようになった。

(´・ω・`)「仏さんは国会議員か……」

('A`)「最近はニュースでよく取り上げられてますね。
    何でも、裏金問題やらなんちゃらで……」

(´・ω・`)「恨みはたくさん持ってるって訳か」

('A`)「はい……それより、一番気になることが。」

斎藤またんきの死体を見下ろしながら言う。
隣でショボンさんが座り込みながら、俺の言葉に続いた。

(´・ω・`)「これか」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:07:57.43 ID:SCe5evHE0
ショボンさんが指差す先にあるのは、一本の青い花。
魂の抜けた被害者の体の上に、静かに置いてある。

('A`)「明らかに不自然に置かれた花……
   恐らく犯人が残したものだと思います」

(´・ω・`)「この花は何の種類か分かるか?」

('A`)「あ、まだ現場検証の途中ですので……もう少し待ってください」

ショボンさんが立ち上がり、一人でどこかに歩き始める。
俺が後ろから着いていこうとすると、ショボンさんは小さく右手を上に上げた。

('A`)(俺はあっち見るから、お前はあっちを見ろ、ね……)

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:08:22.58 ID:Tybjxsx30
どれどれ

5 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:09:06.71 ID:SCe5evHE0
ショボンさんと一緒に仕事をするようになってから、二年が経過した。
それはつまり、俺がこの職についてから、二年が経ったということ。
ここにいる警官の中で、一番経験が浅いのは、明らかに俺だった。

('A`)(殺人事件自体、あんまり慣れてねーしな)

普段は、盗みとか自殺の現場検証のみ。
俺にとってこういう殺人事件は、不謹慎ながらも心が落ち着かない物であった。

('A`)(さーて、調査調査っと……)

殺された斎藤さんの自宅の中を、俺は目を凝らして歩き始めた。

6 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:10:02.67 ID:SCe5evHE0




('A`)が青い花を追うようです



第一話『青い花』





7 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:12:37.36 ID:SCe5evHE0
調査が一通り終わった夜、署内の自販機の前には、俺とショボンさんの二人だけがいる。
俺は小さくため息を着きながら、ショボンさんに愚痴を零した。

('A`)「結局なんも見つかんなかったっすね……」

(´・ω・`)「そういう時もあるさ。そう簡単に事件が解決すると思うな」

('A`)「またまた。伝説の垂れ眉様が何を言ってるんですか」

俺が軽く笑いながら言うと、隣の伝説の刑事が俺の頭をたたく。

(´・ω・`)「次その名前で呼んだらぶっ殺すぞ」

(;'A`)「あいたた……分かりましたよ」

この伝説の刑事、ショボンさんが担当した事件で、未解決の物は一つも無い。
並み外れた調査力、間違いのない的確な判断。
そして何より、長年の経験によって培われた、刑事の勘。
普段冗談の一つもいえないおじさんを、俺は誰よりも信頼し、尊敬を置いていた。


8 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:15:10.45 ID:SCe5evHE0
(´・ω・`)「それにしても、確かに不気味な現場ではあったな」

('A`)「不気味……ですか?」

(´・ω・`)「あぁ、不自然な点が多いんだよ。あの現場には」

手に持つ缶コーヒーをもう一口飲みながら、ショボンさんは話を続けた。

(´・ω・`)「まず、犯人の手がかりとなるものが少なすぎる。異常にだ。
      ……まぁ、これは念密な計画さえあれば、そんなに珍しいことではない」

(´・ω・`)「──だが、他の全てが、おかしすぎるんだ」

もう一口、コーヒーを口に含めるショボンさん。
そこで話を止めたショボンさんに、俺は当然の疑問を投げかける。

('A`)「他の全てって……えっと……何ですか?」

疑問を投げかけると同時に、ショボンさんの拳骨が俺に飛んでくる。
予想はしていたが、その拳骨は何度受けても痛みに慣れることは無い。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:15:19.91 ID:it0pkhmBO
面白そうだな
支援

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:16:19.52 ID:KDJ4b30fO
支援だ

11 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:16:57.00 ID:SCe5evHE0
(´・ω・`)「だからお前はいつまでも新入って呼ばれるんだよ」

(;'A`)「サーセン……」

(´・ω・`)「違和感を感じないのか?あの部屋の状況に」

(;'A`)「……」

(´・ω・`)「あれだけ"一つも"証拠を残さないで殺しを出来る人間が、
      部屋を荒らした状態にするか?」

確かに、言われてみれば、どこか違和感を感じることはある。
盗まれたと思われる物は一つもなく、明らかに、殺しを目的とした犯行なだけにだ。

(´・ω・`)「それに、あの青色の花」

一息置いて、続く。

(´・ω・`)「あれは間違いなく、意味のある花だ。
      何かを伝えようとしているか……」

(´・ω・`)「もしくは自分を定義づける何かか、だ」

12 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:18:44.58 ID:SCe5evHE0
('A`)「自分を、定義づける……?」

(´・ω・`)「いるんだよ。そういう奴が。
      自分を漫画の主人公か何かと勘違ってる野郎がよ」

もう一度、ショボンさんは缶コーヒーを口につける。
思いっきり傾けた後、空となった缶を、ゴミ箱へと投げ捨てた。

(´・ω・`)「簡単に言うと、"シンボル"だ。
      自分の存在を定義づけるマーク」

('A`)「ああ、なるほど」

ようやく理解した俺に、ショボンさんがため息を着く。
溜息を着くときは、まだ何となく元気がある時だ。
本当に怒っているときのショボンさんには、話しかけることができない。

(´・ω・`)「こういうパターンはな、決まって続きがあるんだよ」


13 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:19:59.20 ID:SCe5evHE0
('A`)「それって──」

(;´ー`) 「ショボンさん、ドクオ!大変ダーヨ!」

俺の言葉を遮る様に、一人の男が駆けてくる。
先輩刑事である、シラネーヨ刑事。
俺らの前で止まり、彼は口を開いた。

(;´ー`) 「殺人事件発生ダーヨ!被害者は警察の副長官!
      俺らの上司ダーヨ!」

上司と言っても、俺たちの直接的な上司になる訳ではない。
ずっとずっと上の存在の、警察のトップ2。
その警察のトップ2が、殺された。

(;´ー`) 「場所は副長官の自宅。それと、被害者の死体の上に……」


(;´ー`) 「青色の花が、置いてあったそうダーヨ」

14 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:21:29.51 ID:SCe5evHE0
俺とショボンさんは、同時に立ち上がる。
飲みかけのCCレモンを一気に飲み干し、缶をゴミ箱に捨てる。
シラネーヨ刑事の後ろにつき、俺たちは走り出した。

(´・ω・`)「ドクオ」

('A`)「はい?」

(´・ω・`)「この事件、思ったよりもでかいぞ」

走りながら言うショボンさんの表情は、読むことができない。
どこか寂しそうで、それで、どこか嬉しそうな表情で。

('A`)「それは、伝説の垂れ眉様の勘でございますか?」

(´・ω・`)「……馬鹿野郎ッ」

さっきと同じように怒鳴るショボンさん。
しかし今度は、俺の頭に拳骨が飛んでくることは無かった。


第一話 終

15 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:22:03.59 ID:SCe5evHE0
支援ありがとうございます。
続いて第二話を投下します。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:25:23.33 ID:it0pkhmBO
さぁ来い

17 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:26:26.33 ID:SCe5evHE0
──……・・
─…・・


(´・ω・`)「これはひどいな……」

今度の現場は先ほどと違い、赤色に染まっていた。
被害者の左胸は、一点を中心に血の渦が広がっている。
銃で撃たれたということは、一目見て分かった。

(;'A`)「おぇ……」

(´・ω・`)「気分悪くなってる暇なんてねーぞ。調べんぞ」

一気に顔が青ざめたであろう俺の背中をたたき、ショボンさんは歩き出す。
その後ろにはシラネーヨ刑事がぴったりと着いていた。

( ´ー`) 「死亡推定時刻は午後2時30分。
      先ほどの斎藤議員の死亡推定時刻の3時間後ダーヨ」

シラネーヨ刑事が、ショボンさんに呟くのが聞こえた。
二人が歩き出した後、残された俺は、ただただ必死に吐き気を抑えるだけ。

(;'A`)(血が……)

血を見ていると、頭がくらくらしてくる。
その場に残るのが不可能と感じた俺は、ひとまず現場の外へと足を出した。

18 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:27:16.25 ID:SCe5evHE0



('A`)が青い花を追うようです



第二話『二つ目』




19 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:28:54.60 ID:SCe5evHE0
玄関の戸をくぐると、そこからは心地よい風が流れてきた。
先ほどの血なまぐさい匂いとは違い、清清しい草の香りがする。
泥に塗られた俺の気分は、多少回復したように思えた。

(;'A`)「助かった……」

どうも血のある現場は苦手だ。
いつまで経っても、この弱点は直りそうに無い。

('A`)(っても、直さない訳にはいかないよな)

ふぅ、と一息ついて、もう一度部屋に入る。
先ほどはしっかりと被害者を見ていなかった分、今度はそれを凝視する。
そこでようやく、この事件のキーワードとなる物を発見した。

('A`)「青色の花……」

血まみれになった体の上、それだけが綺麗に青色を保っている。
紛れもなく、斎藤またんき議員の遺体の上にあったものと同種だ。


20 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:30:55.33 ID:SCe5evHE0
('A`)「造花じゃ……ないな」

手袋をつけてその花を取る。
香りもまだしっかりと残っている、正真正銘の花だ。

360度回してみたり、花びらの中を覘いて見たりしたが、特に変わった点はない。
何か犯人に繋がるものはないだろうかと必死に思考を働かせるが、
これといった案は何も浮かばない。

そっと花を遺体の上に戻し、部屋を歩き始める。
さすが警察のトップ2の人間の家だ。
部屋には高級そうな物ばかりが並び、そのどれもが綺麗に磨かれている。

先ほどの部屋とは違い、部屋が荒らされた形式は無かった。

('A`)(ま、銃使ったんじゃ荒らすも糞もないわな)


21 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:32:19.42 ID:SCe5evHE0
('A`)(ん……?)

ふと、頭に一つの違和感を感じる。
今回犯人は、銃を使って副長官を殺害した。
その3時間前には、首を絞めて斎藤議員を。

何度考えても、おかしな事がある。

('A`)(何で一回目は銃を使わなかったんだ……?)

犯人は、約3時間の間に二人もの人間を殺害している。
銃を持っているならば、最初からそれを使用するはずだ。
途中から銃を手に入れたという話も、現実性にかけ離れている。

('A`)(銃が使えない……いや、使いたくない理由があるのか……?)

その理由とは一体なんだ?
しばらく考えてみるものの、それらしき答えは出てこない。

俺が見つけた事実と謎は、ただのそれ一つに終わった。

22 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:33:43.12 ID:SCe5evHE0
(´・ω・`)「ドクオ、そろそろ時間だ」

特に何か見付けられた訳ではない調査の終わりを告げられる。
俺はショボンさんに返事をして、その現場を出る。
ようやく血の匂いから開放され、俺は新鮮な外の空気を思いっきり吸った。

('A`)「ふぅー……」

(´・ω・`)「やけに真剣に考え込んでいたな。何か分かったか?」

('A`)「いや、別に、ちょっと気になっただけですよ」

(´・ω・`)「その"ちょっと"が解決への入り口だ」

ショボンさんが人の話を聞くときは、どんなときでも真剣だ。
昨日食べたご飯の話でも、それは変わらない。
事件に関することならば、たとえどんな些細な事でも真剣に聞いてくれるだろう。

('A`)「いや、犯人なんですけど……何で最初の事件では銃を使わなかったんでしょうね」


23 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:35:34.13 ID:SCe5evHE0
('A`)「二回目、つまりこの事件なんですけど。
    そん時には殺害の時に銃を使っている。
    犯人は銃を所持しているってことなのに、一回目の時は使ってないなんて……」

(´・ω・`)「なるほど。確かに"ちょっとした"疑問だな」

ショボンさんは小さくうなずくと、少し間を置いて、俺に問いを投げかけた。

(´・ω・`)「ドクオ、銃殺と絞殺の違いは何だ?」

('A`)「銃殺と絞殺……ですか?」

返事の変わりにうなずくショボンさん。
シラネーヨ刑事が車の準備が出来たことを告げるのを聞きながら、
俺はもう一度考えにふけり始めた。

('A`)(銃殺は一発でしとめれて……絞殺は時間がかかる……?)

他にも違いはたくさんある。
銃殺は馬鹿でかい音が鳴り、絞殺は無音で行える。
銃ならば近づく必要は無く、絞殺なら接近する必要がある。

( ´ー`) 「二人ともお疲れ様ダーヨ。
      一旦署に戻って書類を書いたら、解散してもらって結構ダーヨ」

署に戻るまでの車の中、疲れも忘れて、俺は頭をフル回転させる他無かった。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:36:01.77 ID:hB6epf8bO
支援

25 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:36:57.49 ID:SCe5evHE0
署に戻ってからは、必要な書類を作成し始めた。
現場の状態、考察、時刻。
記入する項目はさまざまであり、なおかつ二つの事件を一気に担当することもあり、
俺とショボンさんは二人がかりで書類に取り掛かった。

('A`)「ショボンさん」

(´・ω・`)「書類なら手伝わねーぞ。俺も忙しいんだ」

('A`)「いや、さっきの話なんですけど……」

ああ、と言って、ペンを机に置くショボンさん。
俺もペン先を止め、ショボンさんの顔を見た。

(´・ω・`)「犯人が一回目は銃を使わず、二回目は銃を使った理由か」

('A`)「はい。いろいろ考えたんですけど、どうしても答えは出なくて……」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:37:54.06 ID:G4WVQc9Q0
支援

27 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:38:56.96 ID:SCe5evHE0
(´・ω・`)「血だ」

はっきりと言い切るショボンさん。
俺は返事をしないまま、彼の顔を見続けていた。

(´・ω・`)「銃では血が出て、絞殺では血が出ない」

('A`)「そうですけど……犯人はどうして血を?」

(´・ω・`)「血が苦手なんじゃねーの?お前みたいに」

なるほど、と一瞬納得した後に、自分がおちょくられていることに気づく。

(;'A`)「ふざけないでください」

(´・ω・`)「お前もこんな簡単な事を聞くな」

そんな事を言われても、わからないことはわからないのだ。
困った表情の俺に、ショボンさんは答えを放つ。

(´・ω・`)「返り血だ」

(´・ω・`)「犯人は今回、約3時間の間に二人の人間を殺している。
      一回目の犯行の後、返り血を洗う暇なんて無かったんだ。
      だから、返り血を浴びる可能性のある銃は使えなかったんだよ」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:39:49.57 ID:G4WVQc9Q0
支援

29 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:41:39.54 ID:SCe5evHE0
('A`)「何故犯人はそんなに急いで殺人をしたんでしょうね」

(´・ω・`)「国会議員が殺されたとなれば、他のお偉いさんのガードは固くなるからな。
      事件が発覚する前にしとめたかったんだろう」

さすがショボンさんとしか言い様がない推理。
俺は頭の中のおもしが取れたように、すっきりと書類を進めることができた。



(´・ω・`)「そういえばドクオ」

書類作成も中盤に迫ったころ。
ショボンさんが唐突に俺の名前を呼んだ。

(´・ω・`)「あの青色の花、『リンドウ』だそうだ」

('A`)「聞いたことあるような無いような名前ですね」

(´・ω・`)「それでな……」

30 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:43:50.00 ID:SCe5evHE0
(´・ω・`)「……っと。よし、書類終わった」

がた、と音を立てて席を立つショボンさん。
俺の書類も、もう少しで終わりそうな頃だった。

(´・ω・`)「先に失礼させてもらうぞ」

('A`)「あ、お疲れ様でした」

ショボンさんがいなくなった署内には、ただの俺一人が残る。
寂しい署内、5分も立たないうちに、俺は書類の作成を終えた。

('A`)「俺も帰るかっと……」

自分のパソコンの電源を切る。
ふと、隣のパソコン──ショボンさんのパソコンの電源が入っていることに気づいた。

('A`)「消しとくか……いや、勝手に消しちゃ悪いか」


31 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:45:02.03 ID:SCe5evHE0
といいつつ、ふと画面を覗き込む。
画面には、一つのインターネットブラウザが開かれていた。
特に考えることもせずに、そのブラウザを、確認する。

('A`)「……!!」

('∀`)「ぷ……はははww」

そこに開かれていたのは、『花言葉』に関するウェブページ。
あの威厳高いショボンさんが、花言葉を調べていたらしい。
思わず俺は噴出してしまった。

(*'A`)「あのショボンさんが、花言葉かwww」

('∀`)「それで、なんの花言葉なんだ?」

青い花の写真と共に、そこには花の名前と花言葉が書いてあった。



リンドウ(竜胆)

花言葉:正義


第二話 終

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:45:46.89 ID:it0pkhmBO
支援

33 : ◆sHNGWXTAUA :2008/10/26(日) 22:45:56.40 ID:SCe5evHE0
支援ありがとうございました。
今日の投下はこれで終わりです。
もっと書き溜めしとけばよかった……。

乙でしたー

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:46:02.57 ID:G4WVQc9Q0


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:51:53.02 ID:it0pkhmBO
乙。次も楽しみにしてる

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 22:53:27.22 ID:WN7lfoGeO
乙 続き楽しみ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 23:03:51.42 ID:Tybjxsx30


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 23:28:31.55 ID:Ogx7YhKaO
乙。変わったねぇ。
久々だからそう感じるのかな。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/26(日) 23:35:04.95 ID:hFDDAAgF0
少し文章力があがったクーネジに乙
そしておかえり

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)